fc2ブログ

「淫らなセレブ」第2話 夫の前での全裸

第2話 夫の前での全裸

 それでも、内藤は腰を振り続け、翔子の口で肉竿が膨らみ、使用可能になっている。
「奥様、今度は四つん這いですよ!」無理矢理に、翔子を四つん這いにさせて、後から淫裂を突いていく。

 「ダメ、こんなのダメ!」膣の奥まで突き刺す肉竿に「あ、あ、あ~!」声を上げていると、膣奥に3回目の射精が行われ、やっと解放された。
解放された翔子は、全裸のまま淫裂を押さえて、浴室に向かう。

 「あなた、許して下さい…」夫に詫びながら、淫裂を丁寧に洗うと、内藤も入ってきて「奥様とオ○ンコできて、夢のようです」肉竿を洗いながら言う。
それには「今夜の事は、誰にも言わないわ。だから、もうしないで…」翔子が言うと「わかっていますよ、奥様」そう言う内藤だが、本心からではなく(そうはいくか、もっとオ○ンコしないと…)乱れ喘ぐ翔子を、妄想しながら洗っていた。

 翌朝、何もなかったかのように翔子は振るまい「宗一さん、病院へ行きたいの」車を準備させる。
「何なら、私もお供をしましょうか?」
「一人で行くから、いいわ!」申し出を断り、病院に向かう。
残された内藤は、機嫌が悪くなり「オ○ンコした仲なのに…」呟きながら、仕事を始めた。

 一方、翔子は病院で夫の忠夫と話していた。
「そうか、あいつらが来たのか…」顔を曇らせながら言う。
そして「安心しろ。まだ大丈夫だから。それよりも、また、見せてくれよ」意味ありげに言い「わかっているわ。今なら誰も来ないしね」笑顔になり服を脱ぎだす。

 スーツを脱ぎ、ブラウスを脱ぐと、いきなり、乳房が飛び出た。
「翔子、相変わらず綺麗だよ」忠夫は、その乳房を眺めながら「今日は大丈夫だからやるよ」下半身を露わにしていく。

 翔子も「無理しなくていいわよ」スカートを捲り上げると、絨毛に包まれた淫裂が露わになった。
「大丈夫だよ。後ろからやるから」ベッドから降りると、翔子の淫裂に肉竿を押し込んだ。

 「入ったぞ。分かるか?」興奮気味に、翔子の淫裂に肉竿を押し込むと、ピストンを始める。
「あなた、分かるわ」(でも、昨日、宗一にレイプされたのよ…)昨夜の事を語らず、黙っていると、淫裂は濡れずに痛いだけだ。

 (違うわ。宗一の時とは違う…)それでも、拒むことなく、淫裂を突かれていくが(もうやめて。痛いだけよ…)拒むことなく「オッパイにもして…」とせがむ。
「分かっている。これからだ!」手を伸ばし、乳房を揉みながらピストンしていく。
「あなた、いいわよ。久しぶりだし…」嘘を言うと「俺も気持ちいいぞ!」忠夫は次第に登り切り、絶頂を迎えて噴射を始めた。

 「ダメ。できちゃうから、ダメ!」逃れようとしても、忠夫は離さず、膣奥に暖かい液体が漂いだした。
忠夫は放出を済ますと、肉竿を抜きズボンを上げて元通りだが、翔子はパンティを履いてないから、丁寧に淫裂を拭いている。

 「翔子、俺が死んだら内藤に頼れ。それに、秋子の婿にして、家を守るんだ!」言い聞かせるように言う。
「あなた、本気なの。宗一が秋子の婿になるなんて、イヤよ!」(私をレイプしたのに、婿だなんていやよ!)内心、穏やかではない。

 「イヤでもやるんだ。この有馬家を守るためには、内藤がいないとダメだ!」確かに、翔子だけでは有馬家を守ることはできないが、執事の内藤が、婿養子になるのには抵抗がある。

 (レイプした相手よ。これからも、やられるかも…)内藤との事は言えないから、黙り込んでしまった。
そんな翔子に「今度来るときは内藤と一緒だぞ」忠夫は言い放つ。

 翔子は、病院から屋敷に戻ると、真っ先に風呂に入り、鍵を掛けてから淫裂を洗い出した。
「宗一との事は忘れないと…」丁寧に洗い、バスタオルを巻き付けて、浴室を出ると内藤が立っている。

 翔子が顔を背けて、部屋に向かうと「奥さん、綺麗です」バスタオルを掴んで解こうとする。
「いや、やめて!」その手を振り払おうとしたが、バスタオルは足下に落ちて、全裸が露わになった。

 「イヤ、見ないで!」両手で乳房と淫裂を押さえ、首を振りながら言うが、抑えの効かない内藤だ。
「来ないで、来たら声を上げるから!」怯えた声で言うと「声を上げても無駄です。今は奥様と二人きりですから」そう言うと、淫裂を押さえた手を退けさせた。

 「イヤ、そんなの見なくていい!」淫裂を見られ、顔を背けると「見るだけじゃ、ありません、出させてください!」乳房を押さえた手も掴んだ。
「分かったわ。やりたいなら、してもいいけど、ここじゃイヤ。お部屋でしよう」逃れられないと悟り、寝室へ連れ込む。

 内藤は部屋に入るなり、翔子をベットに押し倒して覆い被さり、乳房を鷲掴みする。
(また、宗一にレイプされてしまう…)翔子は為す術がなく、淫裂にはカチカチに固まった、肉竿を押し込まれた。
「奥さん、今日は優しくやります」根本まで押し込むと、唇を吸いながら肉竿を動かし出し「クチャ、クチャ!」淫裂から音が出ていく。

 (気持ちいいわ…。忠夫さんとは、痛いだけだったのに…)若くて堅い肉竿に、淫裂は濡れていく。
(レイプされているのに、膣が濡れていく…。もう、どうなってもいい…)快感に負けて、内藤を抱きしめた。

 「奥さん、出させてもらいます…」
「膣はイヤ、お外に出して!」
「外か…。だったら、奥様の口に出させてください」
「口に出すなんて、した事ないし…」
「イヤなら、オ○ンコの中ですよ」
「分かったわ。お口に出してもいいわよ…」翔子が承知すると、内藤は仕上げにかかり、肉竿の動きを速めた。

 それには「あ、あ、あ~」喘ぎ声を上げ、背中を弓のように反らせて、淫裂から汁を漏らしている。
「奥さん、気持ちいいんですか?」
「ええ、宗一のオチンチンが凄くいいの…」乳房を揺らせながら応え「僕も最高です。奥さんとのオ○ンコが最高です」言いながらも絶頂を迎えた。

 「出ます。約束ですから、口に出させて下さい!」肉竿を抜くと、翔子の口に押し込み放出を始める。
(イヤ、こんな事したくない!)膣に射精されるわけには行かず、渋々口の中で受け止めたが(臭い、これが精液なんだ…)初めての体験にとまどいながらも「ゴクン!」と飲み込んだ。

 「さすがは奥様です。私は奥様のために、身を捧げますから、ご安心下さい」内藤はズボンを履きながら言う。
「約束よ。私をレイプ同然で抱いたんだから、償ってもらうからね」
「はい、奥様のためなら頑張ります」内藤はそう言い残して、部屋から出たが「宗一が秋子の婿になるなんて…。確かに、才能はあるけど、私とセックスしたがっているし…」まだ踏ん切りが付かない。
しかし、忠夫から言われたからには、従うしかなかった。

 それから数日後に、翔子は内藤を伴って忠夫を訪ねた。
忠夫は翔子を見るなり「見せてくれ!」とせがむが、翔子は内藤がいるから「ここではイヤよ」躊躇している。

 「俺の言いつけが、聞けないのか?」痺れを切らして、忠夫が怒鳴った。
それには、渋々スカートの裾を持ち上げて下半身を露わにしていくが「お、奥様!」驚く内藤だ。

 「宗一、黙って見ていろ!」忠夫に言われて見守ると、淫裂を露わにしていく。
「次だ。宗一、翔子の胸を晒せ!」それには戸惑ったが「奥様、お許し下さい」詫びを入れてから、胸のボタンを外していくと、乳房が露わになっていく。
(下着を着けていないんだ!)驚きながらも、前を開いて乳房を丸見えにした。

 それには、翔子も恥ずかしさに、太股が震えだす。
「今更恥ずかしがるな。散々やったじゃないか!」
「でも、今日は宗一が居ます…」下を向いて言うと「これからは家族になるんだ。宗一に、もっと見てもらえ!」正面を向くように言う。

 「恥ずかしい。あそこまで、見られるなんて…」体が赤く染まっていくのが、忠夫にもわかった。
「宗一、翔子の体をよく見ろ。話はその後だ!」忠夫に言われ、内藤は体を屈めて股間を見つめた。

 「そこは見ないで。恥ずかしい…」淫裂を下から見られ、太股が震えている。
「奥様、綺麗です…」内藤は乳房も見たが、恥ずかしさに、乳首が堅く勃起していた。
(恥ずかしがる奥様を見ると、興奮してくる…)肉竿が膨らんでいくのが分かった。

 それは、翔子にも分かり(セックスしたがっている…)乳房と淫裂を、これ以上見られたくなかった。
その思いが通じたのか「もういい。服を着ろ!」その言葉で急いで服を直す翔子を見ながら「宗一、大事な話がある!」秋子の婿養子の事を告げ、内藤もそれを受諾した。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター