赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第1話 ウィルス発見  

 「高杉君、真面目に仕事やっているの?」美人の女性が男性を怒鳴った。

「所長、真面目にやっていますよ。新型肺炎のウィルスの遺伝子を分析しています」怒鳴られた

男性は女性の方を向いた。

(こんな美人を素っ裸にして写真を撮りたいな)ジッと胸や腰を見つめた。

「高杉君、イヤらしいこと考えているでしょう。私のヌードを想像したりして」

「そんな事考えていませんよ」

「嘘言わないで。オチンチンが膨らんでいるわよ」確かに女性のいう通りで高杉の股間が盛り

上がっている。

「仕方ないでしょう、生理現象だから」

「そんな暇が合ったら、真面目に研究しなさい。私のヌードを想像するなんて10年早いわよ」

そう言い残して女性は去っていくがその後ろ姿を高杉は見ている。

「いいよな、あの揺れるケツもいいよな…」ジッと揺れる尻を見ていた。

 

 怒鳴った女性は防疫研究所の所長をしている田中美沙だ。

まだ28歳と若く、顔立ちやスタイルがモデル並みで才能を見込まれ所長に就任している。

一方、怒鳴られたのは高杉伸吾といい、32歳になるがまだ独身で顔立ちがあまり良くない。

それに、研究にもあまり熱が入っていなかった。

「ヌードを想像するのは10年早いか…」先程言われた言葉を思い出し、また美沙の全裸を想像

している。

「オッパイとヘアはどうなっているのかな?」また股間を膨らませてしまった。

「抜くしかないや。誰もいないし」チャックを引き下げ、隠してある美沙の写真を見ながら肉竿

を擦りだした。

「美沙、お前のオ○ンコを見せろ…」高杉は項垂れ恥ずかしそうに両足を広げる美沙を想像して

手を動かしていく。

「そうだ、オ○ンコをもっと見せるんだ…」美沙の淫裂を想像して手を動かし続けた。
   
                新型ウィルス01

「気持ちいい、オッパイも触らせろ」美沙の乳房を想像しながら肉竿から白い液体を噴射した。

「スッキリしたな。どれ始めるか」肉竿をティッシュで拭き取ってから高杉は研究を始めた。

暫くして「おや、このウィルスは今までとは形が少し違うぞ」電子顕微鏡を覗きながらウィルス

を調べていく。

「そうだ、これを別なウィルスと組み合わせてみたら面白いかも…」思い立ったら直ぐに行動す

る悪い癖が出た。

高杉はその癖のおかげで、同僚達は次々と出世していくのに、いまだに研究員のままだ。

「いいぞ、うまく結合していく」細胞内に新型肺炎の遺伝子を押し込んだ。

「うまく行ったな。後は培養して実験だ」満足そうにウィルスを培養器に仕舞い込んでいく。

それから数日後、高杉はマウスで実験始めた。オスとメスのそれぞれに培養したウイルスを注射

器で送り込む。

すると、直ぐにメスの方が反応して「早いや、もう効いたのかよ」メスの方が震えている。

 

 一方、オスの方は何ともない様子で「これじゃぁ、わからないな。一緒にしたらどうなるの

かな」2匹を同じ容器に入れた。

すると、メスがオスに襲いかかった。

「何だよ、メスがオスを襲っているぞ」メスがオスを押し倒して上に重なっていく。

「オ○ンコだ、メスがやりたがっているぞ!」確かにメスがオスを襲い逆レイプしているがオス

はメスにされるがままだ。

「こんな事ってあるのかな。もし、人間にも使えたら面白いな」すると美沙の全裸が脳裏に浮か

んでくる。

「面白いや。所長の素っ裸を見られる上に、オ○ンコやり放題だな」笑顔でマウスの結合部を見

ていた。

メスのマウスは射精を受けると次第におとなしくなり、何もなかったように振る舞っている。

「もしかして、射精されると抗体ができるのでは?」直ぐにメスの血液を採って分析していく。

「間違いない、抗体ができている。これが人に使えたらな…」高杉はウィルスの詳細を直ぐに分

析し始めた。

 

 それから数日がすぎて「高杉君、今日は真面目にやっているわね」美沙が高杉の研究室に現

れた。

「僕はいつも真面目ですよ」美沙の方をチラリと見てまたマウスの方を見ている。

「そのようね、私のヌードも想像してないみたいだし。これからもその意気込みでやってね」何

も知らない美沙は部屋から出た。

「ヌードは想像してないよ。オ○ンコしているのを想像しているだけさ」

呟くようにいいながらまた美沙の写真を取りだし、チャックを引き下げ肉竿を擦っていく。

「所長、必ず俺がオ○ンコを頂きますからね」気が狂ったように淫裂に肉竿をピストンするシー

ンを想像して手を動かし続けた。

高杉は今までになく熱心に取り組んでいた。

「副作用もないや。ただ、一回射精されると後は効かないな」目先だけしか考えない高杉だが今回

はいつもと違って慎重だ。

「そんな事、知らないと言われたら困るしな…」美沙が言い訳できないようにと思案していく。

「いつやるかだな、それに場所も問題だ…」高杉はカレンダーを見ながら考えた。



 そして、そのチャンスの日が来た。

他の研究者達は学会の用事で出かけ美沙と高杉だけが残されている。

「この日がくるのをどれほど待っていたか」高杉は笑顔でビデオカメラと培養したあのウィルス

を持って美沙のいる所長室を訪ねた。

「あら、どういう風の吹き回しかしら。高杉君から来るなんて。もしかして、私をレイプする為

に?」笑いながら言う美沙だ。

「まさか、所長をレイプだなんて。やりたいけど無理ですよ」

「そうよね、私だって高杉君とはイヤだしね。どうせなら美男子にバージンを奪われたいしね」

美沙には冗談を言う余裕がまだあった。

(そんな事を言えるのも今の内だ。もうすぐお前の素っ裸を見せて貰うからな)

持ち込んだ培養器の蓋を開けてウィルスを部屋にばらまいた。



 「それは何なの?」

「これですか、所長が男を欲しがるおまじないです」悪びれた様子はない。

「バカ言わないで、仕事に戻りなさい!」美沙は高杉の言葉に語気を荒立てた。

「所長、本当に男が欲しくなるんですよ。もうすぐにわかりますから」

「冗談はいいから、早く部屋から出て行きなさい!」怒鳴ったが体が震えだした。

(効いたぞ。こんなに早く効くなんて以外だな)ニヤリと笑い高杉はチャックを引き下げた。

「欲しいでしょう、これが」自慢するかのように美沙の前で肉竿を露わにした。

「しまって、そんなの見たくもないわ…」拒む美沙だが唇もブルブル震え目が肉竿を潤んだ目で

見ている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/116-e76991e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top