fc2ブログ

「淫らなセレブ」第4話 忠夫の死

第4話 忠夫の死

 翔子は、京都にいる秋子を呼んで、内藤の事を打ち明けた。
秋子も、内藤を知っているが「まだ、学生だし…」いい返事はしない。
「宗一さんなら、この有馬を守れるのよ」忠夫が長くない事を告げると「考えさせて、時間が欲しいの」秋子はそう言うと京都に戻り、残された翔子は内藤と一緒に忠夫の病院を訪ねた。

 2人が病室に入ると「翔子、わかっているよな。見せろ!」いつもの通りに、裸を見せるように言う。
「分かりました。でも、驚かないでください…」そう言って、胸のボタンを外し、服を広げ、乳房を露わにすると、スカートの裾を持ち上げた。

 忠夫は「翔子、剃ったのか!」いきなり、無毛の淫裂が現れたから声を上げた。
「あなに見て欲しかったの。私の本当の姿を…」恥ずかしそうに、顔を赤らめながら淫裂を露わにした。

 「いいねパイパンも。綺麗じゃないか。やりたくなったけど無理だしな。そうだ、宗一、後ろからオ○ンコしろ。翔子は俺のを口でやれ!」思わぬ言葉に顔を見合わせた。
(そんな、宗一とセックスだなんて…)躊躇していると「やるんだ、ほら!」布団を捲り、肉竿を露わにした。

 (やれというんだから…)「奥様、やりましょう!」内藤も、肉竿を露わにすると翔子の腰を押さえた。
「ダメ、いずれは親子よ。いけない事なの!」
「俺がやれと言っているんだ。早くオ○ンコしろ!」忠夫の声に、内藤は、まだ準備の出来ていない淫裂に肉竿を押し込んだ

 翔子は「う~。まだ早い…」やはり、痛さを感じている。
それでも、肉竿を動かし出すと、次第に濡れだし、痛みは感じられない。
(痛くない…。私もやらないと…)忠夫の股間に顔を埋め、肉竿を掴むと、口の中へ入れた。

 「そうだ。それでいい…」うわずった声を上げながら、翔子の垂れ下がった乳房を揉んでいく。
静まりかえった病室には「ヌチャ、ヌチャ!」と音が響いて、内藤も次第に登り詰めている。

 「宗一、出せ。オ○ンコの中に出せ!」
(イヤ、それはイヤ!)翔子は首を振って拒むが「う~!」呻き声と共に淫裂の奥が暖かくなった。
(射精だわ、射精された…)淫裂から白い液体が漏れだした。

 「奥様、拭きます」肉竿を抜くと、ハンカチを淫裂に押し当て、漏れ出すのを防ぐ。
忠夫も登り詰めて、口の中に噴射した。
「あなた、口の中はイヤです…」口の中の液体をハンカチにで拭き、服を直していく。

 「そう言うな。これが最後かもしれないし…」意味ありげに言う忠夫だ。
翔子は、淫裂を拭くとスカートを戻し、服のボタンを掛けながら、秋子の考えを伝えた。

 「そうか。まだ、学生だからな…」
「秋子は、まだ3年生よ。卒業してから進めましょうよ」
「婚約って手もあるぞ。俺が生きている間に決めろ!」
「そんな言い方しないで。まだ、あなたは大丈夫よ」

 「イヤ。俺の体は、俺が一番知っている。だから急ぐんだ!」
「分かりました、秋子に当たってみます…」翔子は病院を出ると、新幹線に乗り、京都へと向かった。

 秋子も不意の訪問に驚いたが、忠夫の考えを伝えると、渋々だが承知をして、翌月には婚約が成立し、それを聞いた忠夫は喜んでいる。
だが、忠夫は次第に病魔に冒されて、余命幾ばくも、なくなっていた。

 そして、婚約してからまもなくして、忠夫が他界した。
忠夫が他界すると、早速借金取りが現れ、内藤は前から準備しておいた金を渡して、追い返した。

 「さてと、これから、どうしたらいいのかな?」自分でも、どうしたらいいのかわからないが、葬儀だけは、無事に済まそうと必死だ。
忠夫の遺体は一度屋敷の戻され、お通夜が執り行なわれた。
勿論、秋子も京都から帰っており、弔問客もいなくなると3人だけが屋敷にいる。

 内藤は「お嬢様、お疲れでしょうから、お休みになられては?」秋子を気を遣った。
だが「宗一さん、あなたが一番大変だったのよ。休んでいいわよ」翔子が言う。
「わかりました。そうさせていただきます」

 内藤が出て行くと「秋子。これから母さんやる事は、有馬家のためなのよ…」秋子に言うと、服を脱ぎだす。
「母さん、どうかしたの?」
怪訝な顔で見ていると「宗一さんを引き留めるの。辞められたら、有馬家はお終いよ。秋子がやればいいんだけど、まだ学生だし…」翔子は、下着も脱いで全裸になった。

 「母さん。まさか、セックスする気なの?」
「そうよ。セックスして、ここから逃げられないようにするの…」乳房と絨毛を露わにしている。

 「気は確かなの。私の婚約者よ!」
「だったら、秋子が相手して。出来ないでしょう?」秋子は答えず、黙ったままだ。
「イヤでしょう。だから、ここは、私の出番なの…」屁理屈を並べて、内藤の所へと向かった。

 内藤は、全裸で現れた翔子に「綺麗です…。今夜は、凄く欲しいです…」服を脱ぎだす。
そして、全裸になると「宗一さん、私にやらせて」翔子は床に膝を付けて、肉竿を掴むと、口を押しつけた。

 「ウグ、ウグ!」唇で擦っていくと、肉竿もカチカチに堅くなっていく。
「もう大丈夫ね。オ○ンコやりましょう」内藤を寝かせると、馬乗りになり肉竿を淫裂で吸い込む。
「凄くいいです…。奥様にやって貰えるなんて、いい気持ちです…」上擦った声を上げながら、乳房を撫でていく。

 翔子も、それに答えて腰を振りだした。
「クチャ、クチャ!」淫裂から音が出ていき、濡れていく。
「いいわ、凄くいい。こんなオ○ンコなら、もっとしたい…」
「私も、そう思います。何時までも、奥様と居たいです」

 「それなら、ここに一緒にいて。何時までも…」
「わかりました。何時までも一緒にいます!」
「約束よ。私とオ○ンコしたんだから…」
「約束します。ですから、今夜は出させて貰います…」その言葉通りに、肉竿から噴射が始まり「気持ちいいわ、夫の通夜だというのに…」喘ぎながら、内藤に抱きついた。

 2人は抱き合っているが(本当に、セックスしたなんて…)後を付けてきた秋子は覗き見していて、興奮している。
(私も、いずれは、宗一さんとセックスするんだ…)2人の結合部を見つめていた。

 翌日、忠夫は斎場に運ばれ、葬儀が執り行われた。
葬儀が終わると、秋子も帰り、また2人だけになっている。
「さてと、これからだが…」内藤はこれからが心配だ。

 葬儀は見舞客の弔問金で足りたが、これからの生活費にはならない。
勿論、忠夫の保険金もあったが、足りるわけなどない。
「これからは、奥様の出番だな…」前から計画していた事を、翔子に打ち明ける決心をした。

 「これからは、奥様が頑張って下さい…」
そう言って、計画を打ち明けたが、それを聞くなり「イヤ、ヌードなんて絶対イヤ!」首を振って泣き出した。

 「生活が出来ないんです。家を売り払うしかないんですが…」
「それもイヤ。ここは守るの!」
「でしたら、やるしかないです。練習を兼ねて、今日からは素っ裸です…」着ている服を脱がしていく。

 「やめて。もう、裸は見飽きたはずよ!」抵抗しても、内藤に下着も脱がされ、全裸にされると、手で胸と股間を隠している。
「奥様、そんな事ではこの家は守れません。そうなったら、私も出て行くしか、ないのです…」

 「行かないで、ヌードになるから、見捨てないで…」泣きながら両手を退けて、乳房と股間を露わにしていく。
「見捨てる事はしません。奥様がヌードになればですが…」

 「わかったわ。ヌードにはなるけど、他人には見られたくない…」
「他人といっても、信用できる人だけにします。それに、口も堅い人だけだから、安心して下さい」
「誰にも言わないって、約束できる人だけだからね」

 「当然です。それにしても、暫く見てない間に大部伸びましたね。今夜は手入れしないと」ハサミを取り出し、絨毛を数ミリに短くしていく。
「剃るのはやめて。カットだけにして欲しい…」
「どうして、ですか?」
「私のオ○ンコを見られちゃう…」

 「何だ、そんな事ですか。見られるだけだから安心して下さい。それより、今夜は欲しくなってきました」カミソリで、淫裂の周りを剃りだした。
短い絨毛は、あっけなく消え失せ、変わってピックの淫裂が剥き出しになっている。

 「恥ずかしい、こんな姿になるなんて…」食い入るように淫裂を見つめてから「宗一さん、秋子とセックスしたい?」と尋ねた。
「当然やりたいです。でも、まだ学生ですから無理です…」そう言いながら服を脱いでいくと、堅く膨らんだ肉竿が現れた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター