fc2ブログ

「淫らなセレブ」第5話 ヌード撮影

第5話 ヌード撮影

 「それだったら、私が相手しないとだめね」内藤に教わった通りに、床に膝を付け肉竿を唇で擦っていく。
「気持ちいい。今夜は何回も出しますよ。まずは後ろからですが…」翔子は言われるがままに、四つん這いになり、足を開くと淫裂が口を開いている。

 「奥様、オ○ンコがチンポを欲しがっていますよ」
「恥ずかしいから、そんなこと言わないで。それよりも、早く入れて…」内藤は両手で腰を押さえると淫裂に肉竿を突き刺した。

 「あ、あ、あ~!」翔子は声を上げるが「まだ始まったばかりです。気持ちいいのはこれからですよ」根本まで押し込んで、肉竿のピストンを始めた。
「いいわ、宗一のオチンチンが凄くいい…」淫裂からは淫汁が流れ出て「ヌチャ、ヌチャ!」音が出ている。
  
 内藤は肉竿のピストンを速めて、次第に登り詰めていくと「まだダメよ。私にさせて…」翔子は内藤を寝かせて、馬乗りになった。
「一杯出していいのよ。今夜は、出してもいい日なの…」肉竿を掴むと、腰を降ろして淫裂の中に迎え入れた。

 「わかりました。奥様にやって貰います」両乳房を掴むと「そうして、私も頑張るから」腰を上下に振り出した。
それには「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から出る音も、大きくなっている。

 翔子が腰の動きを速めると「限界です…。出させて…」両手を乳房から腰に移した。
「私も限界よ…」翔子は内藤と胸を合わせるように倒れ、淫裂深く放出される。
「出したのね。感じる…」二人は荒い息づかいをしながら、抱き合った。

 暫く休むと「宗一さん、もっとオ○ンコしたい…」唇を押しつけた。
「僕もやりたです。奥様の部屋でやりましょう」2人は翔子の部屋に入り、内藤が仰向けの翔子に覆い被さり、乳房を吸い出した。

 「いいわ、凄く気持ちいい。もう、一回して…」手を伸ばして肉竿を擦りだす。
「オ○ンコは任せて下さい。そのかわり。奥様はヌードを任せます」内藤は肉竿で淫裂を突き出した。

 「私を見捨てないで…。約束よ…」喘ぎながら言う。
「奥様を見捨てる事はしません。秋子と一緒になってもオ○ンコさせてもらいます」
「それを聞いて安心した。宗一のためなら、笑われようとヌードになる…」
「ありがとう。今夜は奥様のために頑張ります!」その言葉通りに、内藤は翔子の淫裂に3回噴射した。

 内藤は翔子がヌードを承知すると、ネットで「これがいい、母さんに似合いそうだし…」いろいろと選んで行く。
「これも、あった方がいいかも」怪しげな道具も選らんで注文した。
注文した品物は翌日届き、中を調べていと翔子が現れた。

 翔子は、メイドがいるから下着は着けないが、服は着ている。
「これは、奥様の衣装です。今夜やりますから」
「今夜、ヌードを撮るの?」顔を曇らせながら言うと「そうです。その代わりといったら変だけど、ここにしてあげます」スカートの裾から手を入れて、淫裂を撫で出す。

 「まだ早いわ。メイドが帰ってからにして…」さすがに、メイドには知られたくないから、手を払いのけた。
「仕方ないか。5時まで我慢だな」時の過ぎるのが長く感じられる内藤だが「ヌードを人前で晒すなんて…」時が短く感じられる翔子だ。

  そして、5時になるとメイドも帰り、屋敷には二人しかいない。
「奥様、脱がないと…」内藤に言われ、翔子は服を脱いで全裸になると「まずは、これをつけて撮りましょうよ」黒いストッキングを翔子に履かせた。
「イヤだわ。まるで、娼婦みたい」太股までの黒いレースが卑猥さを引き立てている。

 「そこに立って!」言われた通りにすると、内藤がカメラを構えて撮りだす。
(恥ずかしい…。ヘアがないから性器が丸見えになってる…)目がを充血している。
「奥様、そんな顔しないで。もっと気楽に」
「そんなの無理よ。オ○ンコを、撮られる身にもなってよ!」
「我慢して下さい。今夜はいつもより、激しくやりますから」内藤は平然と撮り続けていく。

 10分程撮ると「これを着けて!」同じ色のガーターベルトを腰に巻き付けてストッキングを吊った。
「いいね、足をここに乗せて!」
「出来ない。オ○ンコが丸見えになっちゃう!」

 「頑張ってやらないと、ダメです!」なだめるように、乳房を撫でていくと「恥ずかしいけどやってみる…」淫裂剥き出しのポーズを取った。
それを逃すまいと、内藤は撮りまくり、カメラに収めると、次の衣装を着けさせ撮っていく。
こうして、終えたのは10時近かった。

 撮影が済むと、二人は軽く食事を済ませて抱き合う。
「この衣装はいいね。オッパイが飛び出してるし」最後に着た衣装は、薄い黒地のミニスリップで、乳房の部分がくり抜かれており、丈も短く淫裂が丸見えになっている。
「恥ずかしいわ。これじゃ風俗と同じよ」そう言いながらも、気に入った様子だ。

 「私は好みです。こうやれるし…」飛び出した乳房を掴み、乳首を吸い出す。
「ここじゃダメ、お部屋でしましょう…」そう言うが、火のついた内藤には通じず、翔子はマットの上に押し倒された。
「最初は普通でやります…」翔子に覆い被さると、肉竿を掴んで淫裂に押し当てる。

 「そうして、次は私よ。最後は、四つんばいだからね」翔子は肉竿を迎え入れ、内藤を抱いた。
「奥様、行きます!」肉竿のピストンが始まると「あ、あ、あ~!」声を上げ体を反らし出し「オッパイにも…」乳房への愛撫も求める。

 「わかっています」姿勢を変え、両乳房を揉みながらピストンを行うと「いいわ、凄く、気持ちいい!」翔子は前にも増して声を上げた。
この後は、翔子が馬乗りなったり、四つん這いで後ろから挿入したりと、深夜まで抱き合った。

 翌日、内藤は撮った写真を調べていく。
「これがいいな。それに、これもいい」使えそうな画像を選んで印刷していく。
そして、写真をファイルに入れて翔子に見せたが「これを見せるなんて出来ない…」
写真を見るなり泣き出した。
淫裂がハッキリ写っているから泣くのも無理がない。

 「奥様、生きていくためですから、我慢して下さい…」慰めにもならない言葉を掛けて「今から電話で合う予約をします」立ち上がると部屋から出て行く。
残された翔子は、写真を見ながら「恥ずかしい。他人に性器を晒すなんて…」涙が止まらなかった。

 内藤は翔子の思いを聞き入れず、忠夫が生前親交の合った人を選び出して、電話を掛けまくり、面会を予約した。
「これで7人になったな。これくらいで十分かな?」あまり大勢だと、翔子のヌード写真が表沙汰になる恐れがあるから、人数を制限した。

 電話で、面会予約を取ると翔子に伝える。
「えっ、今日の午後2時からなの?」
「はい、丸日証券の榊原社長です」
「分かった準備する…」
「そうして下さい。それから、下着は無しです。それに、僕が婿養子になった事も秘密ですからね」
「わかった、そうする…」顔を強ばらせて自分の部屋に向かい、着替えを始めた。

 着替と言っても、翔子は下着を着けてないから、直に着ていく。
撮影で使った、黒いストッキングとガーターベルトを着け、乳房の見えるブラウスを着込み、その上にスーツを着て、スカートを履いていく。
「本当に大丈夫かしら?」自分のヌード写真が心配だ。

 翔子は不安を抱きながらも、約束した2時前には榊原の会社に着いた。
「恥ずかしがってはだめですよ。いいですね!」内藤が注意する。
「わかっています…」翔子も返事をし、受付で手続きを済ますと応接室に案内される。

 二人が入って暫くすると「これは奥さん、お久しぶりです」笑顔で榊原が現れた。
「葬儀の時はお手数掛けまして…」
「あれくらい当然です。それよりお話があるとか?」
「その件につきましては、私が説明します」内藤が切り出す。

 「奥様には、残された資産がありませんで…」資金の提供を申し出たが、いい顔はしない。
「生活のために、奥様はここまで覚悟してまして…」鞄からファイルを取りだし手渡すと「こ、これは!」目を丸くしながらファイルを捲って見ていく。

 暫く沈黙してから「この写真を売るつもりですか?」尋ねた。
「はい、構いません。ですが。秘密保持のため屋敷で預からせてもらいます。貸金庫のようにします」
「そうか、行くしかないか…。秘密のためだから、仕方ないな。で、いくら出せばいい?」

 「1口200万は欲しいです…」
「200万は高いぞ」
「それだけの価値があります。奥様を自分で撮っても構いませんし、特別の接待もありますから…」

 「特別の接待って何だ?」
「風俗に、負けない接待を考えております。それも、奥様自身がやります…」
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター