赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第2話 美沙の喪失  

 「所長、正直に言った方が体の為にもいいですよ」勝ち誇ったように美沙を見下して言う。

「欲しくない、そんな物…」体を震わせながら股間を両手で押さえていく。

(もうすぐだ、もうすぐ言うぞ)その様子に高杉はビデオを構えた。

それと同時に美沙の理性がウィルスに負け「せ、セックスして…」呟くように言った。

「聞こえませんね、もっと大きな声で言わないと」

「高杉君、お願いだから私とセックスして…」今にも泣き出しそうな顔で叫んだ。

「セックスね。だったら所長が素っ裸にならないと」

「脱ぐわ、だからビデオは仕舞って」

「そうは行きませんよ、後でレイプしたと言われたら困りますから証拠を残さないと」

「そんな事言わないと誓うから、ビデオを仕舞って」

「ダメです、ビデオがダメならセックスはしてあげませんよ」

「そんな、ヌードを撮られるなんて…」落胆の顔になったが、白衣のボタンを外しだした。

(そうだ、お前の素っ裸を撮って置かないと、これっきりになってしまうしな)笑顔でビデオの

ファインダーを覗いている。



 ウィルスに侵され理性を失った美沙は白衣を脱ぐとブルーのスーツを着ていた。

美沙は呼吸を荒立てながらボタンを外し上着を脱いでいく。

「高杉君、ヌードは誰にも見せなと約束してね」

「勿論です。レイプされたと訴えない限りはね」

「約束だからね」守られる保証のない約束をして美沙はスカートも脱いだ。

(いいね、ピンクのパンツだ)パンティが高杉の目に入ったのか、肉竿が更に膨らんでいる。

「欲しいの、早くセックスして欲しい…」呟くようにいいながら美沙はブラウスも脱いで下着姿

になった。

(思った通りだ。オッパイも大きいぞ)カップから白い乳房がこぼれそうに溢れている。

「高杉君、やっぱり、ビデオはイヤ。お願いだからヌードになるからそれを仕舞って」

「ダメです、イヤなら、これでオ○ンコしてあげませんからね」

「意地悪言わないでセックスして」

「ダメです、イヤならセックスは無しですよ」

「わかった、脱ぐわよ」美沙のパンティに手を掛けたが淫裂を押さえる部分が濡れている。

(かなり効いているぞ。オ○ンコが濡れているなんて…)高杉はパンティを引き下げていく美沙

を撮っている。

 

 美沙は体を震わせながらパンティを膝まで引き下げると黒い絨毛に覆われた股間が露わになっ

ていく。

(結構大目だぞ。いずれ、あのヘアを俺が剃ってやる)ジッとファインダー越しに見ている。

そんな事など知るよしもなく、美沙は体を丸め、パンティから足を抜いて下半身を覆う布を全て

脱いで、両手には温もりのあるパンティが残されている。

「綺麗ですよ、所長のオ○ンコが…」

「イヤ、オ○ンコなんていわないで。差別用語よ」首を振りながらパンティを仕舞い込み両手を

背中に回して、ホックを外し両手を下げると白い乳房がブラジャーから飛び出し揺れていく。

「大きいですね、それに形もいいですよ。ヌードになったんだから撮らないと」
  
「撮らないで。それより早くセックスして…」美沙の目が光っている。

「ダメです、両手を退けて素っ裸を撮ってからでないとして上げませんよ」

              新型ウィルス02


 高杉がそう言えば逆らえない。美沙は乳房と股間を隠した手を退け全裸を晒していく。

「これでいいでしょう、もう我慢ができないのよ」震える美沙だ。

確かに絨毛に覆われた淫裂から筋となって透明な液体が流れている。

「そうですね、ヌードはこれくらいにしてオ○ンコ始めましょうか」ビデオをやっと停め、美沙

の乳房を撫でていく。

「オッパイよりもここよ。早く入れてよ」勃起した肉竿を撫で、乳房を揉む高杉の手を淫裂へと

導いていく。

「グジュ、グジュですね。早くやりたいですか?」淫裂を触ると淫汁で濡れている。

「入れて、早く!」美沙は高杉のベルトを外して下半身を剥き出しにしていく。

(そうだ、それでいい。後はタップリとオ○ンコしてやるからな)美沙の乳房を揉みながら脱が

されていく。

 

 そして、全裸にされた高杉は美沙に仰向けに寝かされた。

「いいですね、所長とのオ○ンコは」

「言わないで、オ○ンコなんて嫌いよ」

「嫌いでも、これからはオ○ンコと言ってください。言わないとして上げませんよ」

意地悪く淫裂の入口に入ろうとする肉竿を手でふさいだ。

「やらせて、オ○ンコって言うからやらせて!」

「約束でしょ、これからもオ○ンコしてくれるって」

「約束する、オ○ンコして上げるから手を退けて」

「わかりました、やって下さい」手を退け乳房を揉みだした。

肉竿から手を退けられると美沙はゆっくり腰を振りだし淫裂に迎え入れた。

「気持ちいいわ。これがセックスなのね…」

「セックスじゃないでしょう、オ○ンコです」

「そうよね、オ○ンコがこんなに気持ちいいなんて…」肉竿が入っているが、処女膜に肉竿が当

たり躊躇している。

「所長、痛くないように一気にやった方がいいですよ」

「そうよね、これじゃあ何時までたってもオ○ンコできないしね」覚悟を決めて腰を激しく振り

だした。

「そうです、それでいいんです、私の手の動きに腰も合わせてくださいね」

 

 高杉は両手で腰を持ち動かしだした。

「いいわ、凄くいい。早く膣の中に出されたい…」上擦った声になった。

「その前に、やることがありますからね」美沙の腰を一気に引き下げた。

「あ、あ~!」肉竿が根本まで淫裂を突き刺し処女膜を破った。

真っ赤な鮮血が淫裂から流れ出て高杉の股間を赤く染めていく。

「これで関門をクリヤーしましたよ。後は所長のお気に召すままに」

「わかったわ。やるから出してね」喪失した美沙は満足げに腰を振っていく。

「クチャ、クチャ!」淫裂から濡れた音がしている。

(うまく行ったな。ビデオも撮ったし、この次はオ○ンコしているシーンを撮らないとな)乳房

を揉みながら考え廻らしていく。

やがて、美沙のピストンに高杉も登り詰めていく。

「出る、出ますよ!」「出して、私の子宮に出して!」美沙は動きを停めて高杉に体液を膣深く

噴射された。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/117-8b21d1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top