fc2ブログ

「淫らなセレブ」第16話 夫婦交換

第16話 夫婦交換

 二人は踊り終えると、招待したお客の相手を始めた。
「羨ましいわ、こんなに出されて…」漏れ出た精液が目に付いている。
「恥ずかしいです。見られるなんて…」秋子が淫裂を拭きながら言うと「秋子、洗ってきなさい」翔子に言われて秋子は浴室に向かう。

 残された女性から「面白かったわ。今度は、秋子さんも入って貰いましょうよ」意見が出た。
「私も、賛成!」「私もよ!」皆の賛成で、秋子の参加が決まった。
「それだったら、早速撮りましょうよ」

 「そうね、私も撮りたいし。で、どこで撮るの?」
「そこが問題よ、この前と同じじゃ、変化がないし…」なかなか、意見がまとまらない。
「とりあえずは、ここで撮りましょう、それまで考えておこうよ」皆も承知して、この次の日曜日に女性だけでの、撮影が決まった。

 それを、宗一が秋子に告げると「イヤよ、ヌードを撮られるなんて…」泣き出した。
「有馬家のためだよ。守りたいんだろう、秋子の裸で守るしかないんだ」
そう言われれば「わかった、モデルになる。でも、秘密にしてよ」そう言うしかない。
「秘密は守れるから、安心していいよ」宗一も約束した。

 それから数日が経って,屋敷には女性が集まった。
「持ち出し厳禁ですよ」宗一はそう言って、カメラを配っていく。
「わかってるわよ。こっちもヌードになるし」女性達も脱いで全裸になると、股間の絨毛が無く、淫裂が剥き出しになっている。

 「あら、奥様も手入れを?」股間の絨毛が剃り落とされている。
「そう、この方がやり易いし」見比べながら言い合っていると「お待たせしました」全裸になった秋子が現れた。

 秋子は首にネックレスを付け、腰にもウェストチェーンを付けている。
「綺麗ね、いい感じよ」現れるなり、秋子を撮りだした。
秋子は、緊張した面もちでポーズを造るが、恥ずかしさで目が赤くなっている。

 そんな秋子に「手を伸ばすの」「足をあげて」ポーズを求めてカメラに収めた。
撮り始めてから、2時間も過ぎると「ちょっと、遊ばせて」純子がカメラを置いて、秋子に抱きついた。

 「そんな事、困ります…」戸惑う秋子だが「気にしなくて、いいわよ」乳房を撫でながら、淫裂を押し当ててくる。
「純子さん、面白そうね。撮ってあげるわよ!」抱き合った様子を撮られた。
「次は、私よ」今度は里奈に抱かれた姿が撮られ、秋子は皆と抱き合う写真が撮られた。

 それから、数日が過ぎた日に、宗一は榊原から呼び出しを受けた。
「頼みがあって、来てもらったんだ…。実は、秋子さんとオ○ンコがしたいんだ…」
榊原はいきなり切り出したが「無理です。秋子が許しません!」キッパリと断った。

 「何も、ただという訳じゃないよ。それなりの金は出す。それに、ゴム着けてやるから心配ないと思う」そう言われれば、断りにくい。
確かに今の有馬家では資金が足りない。
だが、秋子は絶対に引き受けないと思っている。

 「秋子を説得する自信はありませんから…」宗一は断ろうとしたが「宗一君には迷惑を掛けないよ。勝手にやるから」どうしても、秋子を抱くつもりで、榊原は手順を打ち明けた。
そこまで言われると、弱みがあるから「私も立ち会います…」と承知するしかない。
「それでいいんだ。早速だけど、今度の休みには二人で…」榊原はまた話し出した。

  宗一は、屋敷に帰ると「秋子、榊原さんから招待されたんだ!」と秋子に告げると「いいわね、旅行なんて。新婚旅行みたい」喜ぶ秋子だ。
だが(気が乗らないけど、仕方ないし)浮かない顔をしている宗一だ。

 しかし、承知したからには、行動するしかなく、二人は榊原夫婦と一緒に旅行に出かけた。
4人で、各地の名所を巡り、同じホテルに入った。

 ホテルに入り、夕食を済ますと宗一と秋子は部屋に向かう。
「秋子、少し飲もうな」宗一はグラスにビールを入れたが、薬も一緒に入れた。
「ありがとう」何も知らない秋子はそれを一気に飲む。
宗一は、なおも、ビールを注いで秋子に飲ませると「ダメ、なんだか酔ったみたい…」秋子の意識が薄らいでいく。
 
 「秋子、疲れているんだよ。寝た方がいいよ」
「そうさせて…」フラフラしながら、服を脱いで下着だけになると、ベットに倒れた。
「薬が効いたんだ…」意識が完全にないのを確認すると、電話で「眠りました」榊原に告げた。

 暫くして、ドアがノックされ、開けると榊原夫婦が立っている。
「寝たんだろうな?」
「はい、ご覧の通りです…」榊原も確認するが、完全に熟睡いしている。
「それでは、やるぞ!」服を脱ぎだした。
それを、後ろ髪を引かれる思いで見ているが「私も仲間に入れて」純子は秋子の下着を脱がしだす。

 「綺麗ね、羨ましいわ!」剃り上げられた恥丘には、ピンクの淫裂が口を開いている。
「まずは、俺からだぞ」榊原はカチカチの肉竿にコンドームを着けると、秋子に覆い被さった。
乳房を吸いながら、肉竿を淫裂に押し込むと、秋子が「うっ!」呻き声を上げた。

 それでも、肉竿を押し込み、入りきると、ピストンしていく。
「気持ちいい、純子とは比べにならない…」満足そうに肉竿を動かしていくと「仕方ないわよ、私は歳だし…」純子も秋子の乳房を撫で出す。

 榊原は、動きを速めて登り切った。
「出る~!」肉竿の動きを一旦停めてから抜くと、コンドームの先端には、白い精液が溜まっている。
「こんなに、出したんだ…」満足そうにコンドームを外すからね服を着出す。
宗一は秋子の淫裂を拭くと布団を被せた。

 「宗一君、今度は君の番だからね」服を着終えた榊原は出て行き、純子が残された。
「奥さん、ここでやるんですか?」
「あっちでしましょう。気まずいでしょうし」二人も部屋から出てで榊原の所に向かう。

 部屋に入ると「乱暴にして。優しくはイヤなの」純子が宗一を挑発する。
「わかりました、それでは、遠慮はしません!」宗一は、純子をベッドに押し倒すと、強引に服を剥ぎ取りだした。
「ダメ、乱暴はダメ!」口では言うが、体は拒まず、脱がされやすいように、腰も上げている。

 「これで、オ○ンコ丸出しだぞ!」パンティを引き下げると「イヤ、見ないで、イや!」顔を両手で隠しながら、足を開いて催促した。
「待ってろ。今、オ○ンコしてやるりから!」宗一も服を脱ぎ、全裸に乗ると純子に抱きついた。
「入れないで、イヤ!」そう言いながら、自分から肉竿に淫裂を押し当てている。

 「行くぞ!」肉竿を押し込み、ピストンを始めると「あ、あ、あ~!」声をあげ、淫汁を流し出している。
宗一は、秋子がされた憂さを晴らすかのように、純子を責めている。
「四つん這いだ!」体位を変えて、突きだすと「あ、あ、あ~!」声を上げ、髪の毛を振り乱すが、なおも責めていく。

 それを見ていた榊原も、興奮したのか「やれ、口でやれ!」肉竿を露わにして、純子の口に押し込んだ。
「ウグ、ウグ!」声にならない、声をあげなら、首を振っていくと「出してやる、オ○ンコに出してやる!」宗一は絶頂まで来た。

 「俺も出してやる!」榊原も登り切ったか、二人がほぼ同時に噴射した。
噴射が済むと、肉竿は抜かれ、淫裂と口からは、白い液体が流れ出てくる。
「ハア、ハア!」荒い息をしながら満足そうな純子に「良かっただろう?」榊原が聞くと「良かった。すごくよかった…」満足して答える純子だ。

 噴射を済ますと、宗一は服を着て、部屋に戻ったが、秋子は寝ている。
「良かった。寝ていて…」服を脱いで、全裸になると一緒に寝た。

 翌朝、秋子は何事もなかったように起きた。
「恥ずかしいわ、裸だなんて!」落ちている下着を着ようとするが「やろうよ、もっとしたい!」宗一が抱きつく。
「昨日、やったんでしょう?」
「ああ、眠っている間にやったよ」

 「全く、乱暴なんだから。少し痛いのよ!」
「我慢して。もっとやりたいし」甘えるようにしながら、秋子の淫裂に肉竿を押し込むと「ゆっくり、ゆっくり入れて!」痛みに堪えていた。
(これでいいんだ、これで…)秋子を売った事に、罪悪感を感じながら、抱いていた。

 それから数日後に、榊原から呼ばれて訪ねると「これは、この前の謝礼だ」300万の小切手が渡された。
それを受け取ると(秋子を売った金か…。これからもやったら、もっと増えるかも…)罪悪感が薄れて、金への欲望が芽生えた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター