fc2ブログ

「淫らなセレブ」第17話 汚された秋子

第17話 汚された秋子

 榊原から貰った小切手を持って屋敷に帰ると「何の話だったの?」秋子が心配そうに話しかけた。
「これからの事だよ。どうしたらいいかを聞いてきたんだ…」
「そう、生活大変なんだ…」

 「秋子が心配しなくていいよ。僕がやるから」そう言い、テレビを見ていると「ねえ、もうすぐ卒業よ。式は何時にしようか?」言い出す。
「そうだよな、いつがいいかな。母さんと相談しないと決められないよ」
「だったら、相談する」秋子は翔子に相談した。

 翔子は「卒業が終わったら、いつでもいいわ」二人に任せる気だ。
「だったら、今年の6月にしようかな?」
「秋子がいいなら、それでいいんじゃないの」翔子が承知すると二人は日取りを決めたが「誰を呼んだらいいか…」悩んだ末に、渡辺や榊原などの会員も呼ぶ事にした。

 式場の予約も取れると、会員に挨拶をして招待状を配っていく。
「そうか、いよいよか。楽しみにしてるよ」笑顔で祝福している。

 それから数ヶ月が過ぎて、式が間近に迫った頃、宗一は、渡辺に呼ばれた。
指定された時間に渡辺を訪ねると、渋井や星野もいる。
「宗一君、実は君に頼みがあって呼んだんだ」渡辺は会うなり言う。

 「何でしょう。私に出来る事なら何でもしますが…」
「君にしかできない事なんだ。秋子さんとやらせてくれないか?」
「やらせるって、何をですか?」
「男と女が裸でやるやつだよ」渡辺も言いにくそうだ。

 「まさか、秋子とセックスをさせろとでも?」宗一の顔が強ばった。
「その通りだ。秋子さんとやりたいんだ。礼はタップリ弾むから、1回だけやらせてくれ」

 「そんな、秋子とセックスだなんて…」動揺する宗一だ。
「宗一君、僕からもお願いするよ。3人が交代でやるから、一晩だけ秋子さんを貸してくれないか?」渋井も言い出す。

 それには「秋子を、貸すだなんて…」体を震わせながらやっと言えた。
「悪いようにはしない。ゴムを着けてやるから心配は要らないよ」
「でも、秋子が承知するかどうか…」
「眠らせてしまうんだ。新婚旅行先で…」渡辺は自信ありげに言う。
(もしかしたら、榊原さんから聞いたのでは?)疑問が出た。

 「渡辺さん、もしかしたら?」
「それは言えない。約束だから。私達も仲間じゃないか。頼みを聞いてくれ」反対に説得され、逃げられない状況だ。

 「わかりました。その変わり、私にも、いい思いをさせて下さい」渋々承知すると「勿論だよ。悪いようにはしない」笑顔になる3人で、計画を打ち明け、それを聞いている宗一だ。

 そして、二人は結婚式をあげ、終了後には新婚旅行に出かけた。
名所や史跡を回り、2人だけの時間を楽しんでいたが(秋子を売るんだ…)宗一の脳裏からは離れない。

 それでも、秋子には気付かれないように振る舞い、夕方にはホテルに入って、夕食を済ませてくつろいだ。
「秋子、酒を飲もうよ」宗一は薬を溶かした水割りを渡した。
「ありがとう、いただくわ」秋子はそれを飲んだ。

 宗一は飲み干したのを確認すると「秋子、いいだろう?」抱きついて服を脱がし出す。
「待って、自分でする…」秋子は自分から服を脱ぎ出す。
上着、スカートと脱いで下着姿になった。

 だが、足下がふらついて「なんだか、酔ったみたい…」眠そうな顔だ。
「疲れているんだよ」宗一がブラジャーを脱がすと、白い乳房が揺れている。
「宗一さん、もうダメ…」秋子は抱きついて、グッタリしている。

 「仕方ないな」秋子をベッドに寝かせると「グー、グー!」イビキをかき出す。
「秋子、大丈夫か?」体を揺すっても、反応がない。
それを確認すると、携帯で「もしもし…。はい、寝ました…」連絡していく。

 暫くして、ドアがノックされ、ドアを開けると渡辺達3人が立っている。
「眠っています…」宗一が言うと「そうか、それなら安心だ」中に入ると、渡辺は下半身を露わにし、渋井は秋子のパンティを引き下げた。

 「着けてからですよ」「わかっている」渡辺は肉竿にコンドームを取り付けると秋子に抱きつく。
「凄く、良い臭いがする…」肉竿を掴んで淫裂に押し当てた。
「行くぞ!」腰を押し付けると、肉竿が入り込み「うっ!」意識のない秋子が呻き声を上げた。

 それでも、なおも押し込み、ピストンしていくと「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。
そして「う~!」渡辺は絶頂を迎えて、動きを停めた。

 それを見て「次は、僕ですからね」渋井が、下半身を剥き出しにすると、コンドームを装着していく。
放出を済ませた渡辺は満足そうに起きあがり、変わって渋井が秋子の淫裂に肉竿を押し込んだ。

 「本当だ。良い臭いがする」…」渋井も肉竿をピストンしだした。
こうして、秋子は眠っている間に、3人の相手をさせられた。
放出を済ませた3人は、何もなかったように出て行き、宗一と秋子だけが残された。

 宗一は服を脱ぎ、全裸になると抱きついた。
「秋子、ゴメンな!」詫びを入れ、乳房を吸いながら肉竿を動かし出した。
やがて、絶頂を迎えると「中は、まずいし…」肉竿を抜いて外に放出し、一緒に眠り込んだ。

 翌朝、宗一は秋子に起こされた。
「宗一さん、痛いわよ。何回もしたんでしょう?」4人でしたから、淫裂も痛いのが当然だ。

 「そうだよ、だって、抑えが効かなくて…」嘘を並べて秋子をベッドに押し倒した。
「もう、無理よ。膣は無理だから、お口でさせて!」肉竿の進入を防いでいる。

 「そんなに痛いのか?」
「ヒリヒリするの。暫く、お口だけで我慢して」そう言うと、肉竿を口に入れて行く。
「それでも良いよ。出そうになったら言うから」乳房を揉みながら言うが(気づかれなくて済んだけど…)まだ不安だ。

 そんな事とは、知らない秋子は肉竿を唇で「フグ、フグ!」擦っている。
それには「もうすぐ出るよ、出すから…」宗一も登り切った。
「でる~!」言った瞬間に、秋子の口の中で噴射してしまった。
「出ちゃった…」

 「気にしなくていいわよ。それより、お口ではどうだった?」秋子はそっちが気になっている。
「凄く良かった。上手だったよ」
「嬉しい、喜んで貰えて」笑顔で、放出を終えた肉竿を拭いている。

 2人はその後も、各地を回って1週間後には翔子の元へと戻った。
屋敷の戻ると、秋子は翔子と話を始め、宗一は事務処理をしていく。
だが「これ以上、秋子を抱かせたくはないし…」秋子への執着が強まっている。

 その夜、屋敷では3人が全裸になっている。
「秋子、今夜で決めような!」宗一が秋子に抱きついて、肉竿を押し込んだが「まだ痛い。今夜は無理…」淫裂がまだヒリヒリする。
「でも、やりたいよ。こんなだよ」肉竿がカチカチになっている。

 「宗一さんが、激しいからよ。仕方ないわよ」そう言われれば、返す言葉がない。
(あの事を喋る訳には行かないし…)秋子を売った事は言えるはずがない。
「お口でするわ。だから我慢して…」秋子は宗一の肉竿を掴んで口の中に入れた。
「フグ、フグ!」唇で擦っていくが、不満顔をしている。

 それを見かねたのか「秋子、私が相手する…」翔子が宗一に抱き付いた。
「母さん、本当に、やって良いんだね?」
「良いわよ。秋子と思って、一杯出して」
「わかった。秋子、良いよね?」

 「仕方ないわよ。お母さん、頼むわね」秋子の承諾を貰った宗一は、翔子の乳房を握り締めたまま、肉竿を突き刺した。
すかさす、声をあげ腰を動かし出す。(気持ちいいわ、久しぶりのセックスだし…)翔子は「あ、あ、あ~!」満足げに声を出し、淫汁も流していく。

 (母さん、寂しかったのね。私の変わりが都合良かったんだ)秋子は二人の結合部を見つめている。
その目の前で、宗一は翔子を抱きかかえて、駅弁での体位で淫裂を突き出す。
「いいわ、奥まで入ってる!」声をあげ、喘いでいるが「母さん、出そうです、出しますからね」絶頂間近になった。

 「出して、私のオマンコに出して!」翔子も乳房を押し付けて催促すと「う~!」肉竿から噴射していく。
「いいわ、気持ちいい…」満足げに余韻に浸って淫裂から精液を垂らしていく。
(お母さんが、射精された…)自分が相手できないとはいえ、情けなさを感じる秋子だ。

 (宗一さんを、母さんに取られたくない…)そんな事から「宗一さん、私にさせて」翔子を降ろした宗一の前に膝を付けて、肉竿を口に入れた。
「秋子、汚れているよ」そう言うが「フグ、フグ!」唇で擦って、綺麗にした。

 「秋子、ありがとう」礼を言うと「明後日あたりは大丈夫だと思うの。だから、私も母さん見たく、抱っこでされたい…」甘えるように言うと「わかった、やってやるよ」乳房を撫でながら返事した。
 

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター