fc2ブログ

「淫らなセレブ」第18話 秋子の子造り

第18話 秋子の子造り

 その翌日、宗一は渡辺を訪ねた。
「待っていたよ。これはお礼だ」小切手を渡す。
「ありがとうございます。ですが、あんな事はもう、しませんよ」秋子への執着心と罪悪感があった。

 「わかっている。今回限りだし、誰も知らない事だ」渡辺も承知した。
二人は、その後も話して「子造り」が話題になった。
「秋子が直り次第、やろうと思いますが…」
「それだったら、立ち会わせてくれ。それに撮りたいし」

 「セックスをですか?」
「そうだ、秘密は守れるし。いいだろう?」そう言われれば拒めず「わかりました、お待ちしてます」そう言うしかない。
宗一はその後、渋井や中里とも会って、礼金を貰うが、子造りに立ち会うと言い出した。

 当然、断り切れずに承知するしかなく、屋敷に帰って秋子に告げた。
「イヤよ、セックスを見られるなんて!」拒む秋子に「ほら、これだけ手に入るんだ」先ほどの小切手を見せると「900万もある!」3枚の小切手に驚いた。

 「これだけあれば、大助かりなんだ。だからお願いだ!」頭を下げると「仕方ないわ、恥ずかしいけど有馬家のためだし…」渋々承知した。
その事を翔子にも言うと「それだったら、皆を呼んだ方がいいわよ。公平だし」「そうですよね、会員は公平でないとね」宗一は電話を掛けまくった。

 それから数日後の夜、有馬の屋敷では、翔子と秋子が全裸になっていた。
「恥ずかしいわ。ヌードを見られるなんて!」まだ慣れてない秋子は、恥ずかしがっている。
「自信持って。こんなにいいスタイルなんだから」宗一は秋子の乳房と股間を撫でていく。

 「秋子、今度は手入れだね」
「産んだらする。それまで待って」秋子はヘアの手入れを承知した。
「それなら、私もやらないと」翔子はハサミで絨毛を短くし「これくらいならいいでしょう?」絨毛から淫裂が覗いている。
「そうだね。それならいいよ」宗一も満足そうに見ていると、チャイムが鳴った。

 「来たみたいだね。僕が出るから、頼んだよ」宗一が玄関に向かうと秋子と翔子は準備を始める。
迎えに出た宗一は、応接室へと案内していく。
「今夜やるんですってね。楽しみにしてるわよ」女性達は、はしゃいでいるが「準備はいいのか?」男性から注意された。

 「そうよね。準備をしないと」規則を知っているから服を脱ぎ出す。
「榊原さん、相変わらずいいですね」渡辺は露わになった純子の乳房に目が行っている。
「渡辺さん、それなら交代しましょうか?」
「いいですね、今夜は交代しましょう」それを聞いて中里と渋井も「奥さんを変えましょう」と交換が決まった。

 女性達が下着を脱いで全裸になると「お待たせしました」秋子と翔子がワゴンを押してきたが、全裸だ。
「若いからいいわね。こんなにピチピチして!」秋子の乳房が触られていく。
「恥ずかしいです。そんな事されるなんて…」顔を赤らめるが「それよりも、あれをやって欲しいな」注文が付けられた。

 「それでしたら、準備が出来てまして」宗一が言うと「やろうよ、話は後で良いし」「そうよ、早く見たいわ」皆が催促する。
「わかりました、それではこちらへ」応接室を出て、広間へ向かい、中に入ると、マットが敷かれ、カメラが準備されている。

 「カメラの持ち出しは厳禁です、後で私がプリントしますから」名前の入ったカメラを配っていく。
「わかっているよ。早速始めてくれ」
「わかりました」宗一は皆が見守る前で服を脱ぎだした。
上着、シャツと脱いで上半身が裸になると、ズボンを脱いだ。
(凄いわ、もう立ってる!)パンツを押し上げている肉竿に女性客は興奮気味だ。

 そんな事を気にせず、パンツを脱いで全裸になると「秋子、やってくれ!」フェラを求め「恥ずかしいけど、やってみる…」秋子は宗一の前で正座すると、肉竿を掴んで口に入れた。

 その様子を、男達はカメラで撮っていくが「私にもやらせて!」純子は、相手をする榊原のズボンを引き下げ出す。
「私もやるわ」それに倣って、相手に決まった男性の肉竿を露わにして口に入れた。

 「フグ、フグ!」秋子は唇を動かしていくと肉竿は更に、堅さを増していく。
(凄いわ、これが、膣に入るんだ…)恐れを感じながら、口を動かしていくと「やろうよ、今夜は何回もやるよ」秋子を寝かせると、覆い被さって淫裂を突き出す。
「ゆっくり、そう、それくらい…」目を閉じ、足を開いて宗一に任せると、肉竿が小刻みに動き続ける。

 やがて、淫裂も馴染んだのか「ヌチャ、ヌチャ!」淫汁と共に音が出だした。
その音に、肉竿の動きが早まり「あ、あ、あ~!」秋子の喘ぐ声が響いている。
その声に「凄いわ。あんなに深く入ってる…」フェラをやめて見入るが、男達は、相変わらず、カメラで撮っている。

 宗一は、なおも肉竿を動かして「でる~!」動きを停めた。
「感じる、膣が暖かい…」秋子は射精を感じ肉竿を抜くと、淫裂から白い液体が漏れ出し、それをカメラに撮るが「恥ずかしい。これだけは撮られたくない…」顔を隠すと「ダメだ、ちゃんと撮らせないと!」注意され、足を開いたままカメラを見つめた。

 暫くカメラに撮られた秋子は「もっと、するんでしょう?」また、肉竿を舌でなめだし「そうだよ、今度は馬乗りだからね」秋子の乳房を揉みながら言うと、秋子は頷き、舌でなめていく。

 その効果で、また肉感が膨らんだ。
「秋子、やってくれ!」宗一が仰向けになると、秋子は馬乗りになった。
「行くわね」肉竿を掴んで、淫裂に吸い込むと「あ、あ、あ~!」心地よい、快感に喘ぎ声をあげだした。

 「僕も、気持ちいいよ!」宗一も揺れ動く乳房を掴んで揉んでいく。
「いいわ、凄くいい!」声をあげ、腰を動かしているが、見ている女性達の淫裂が濡れて(やりたい…。私もやりたい…)目が光っている。

 そんな気配を知ったか「撮るのはこれくらいで…」渡辺はカメラを置いて、純子に抱き付いた。
「欲しい。一杯欲しい…」純子も渡辺を寝かせて、馬乗りになると「私もやりたい…」女性達は、相手を寝かせて馬乗りになっていく。

 「わかった、やってもいいよ」カメラを置いて、乳房を揉み「いくわね」腰が動き出し、淫裂を肉竿が突きだして「あ、あ、あ~!」喘ぎ声が一斉に上がった。

 そんな中で、秋子は腰の動きを速めていくと「もうすぐ出るよ」乳房を揉みながら宗一が言う。
「出して。オ○ンコに一杯出して!」わざと卑猥な言葉で刺激していくと「オ○ンコが、グジョ、グジョだよ」宗一も卑猥な言葉で返す。
「恥ずかしい、オ○ンコを見られるなんて…」羞恥と快楽に秋子は絶頂間近になった。

 「ダメ、限界…。もうダメ…」その瞬間に、肉竿が爆発し「暖かい、また出したのね…」秋子は宗一の胸に倒れ、荒い呼吸をしている。
「良かったよ、秋子」宗一は秋子を抱きしめて労を労っているが、二人はまだ結合したままだ。

 秋子と、宗一は抱き合ったまま、休んでいるが「行く、行く~!」馬乗りになった女性達は限界になっている。
それに、男性も爆発寸前で「出た~!」次々と膣奥に噴射していく。

 「良かった、こんなセックスも良いわ」射精を受けた女性達は満足そうに、降りて淫裂を拭いていく。
「そうよね、たまには、相手を変えるのも面白いわね」満足そうな顔になっていた。

 その後、皆で話し合いが行われ「相手を変えて、またやりましょうよ」スワッピングをまたやる事にした。
「どうせなら、泊まりがいいわ。じっくり楽しみたいしね」
「でも、そんな場所あるかしら。知られたら大変よ」

 「それなら、無人島なんでどうかしら。邪魔はいないし、何やってもいいし」
「いいわね、それで行きましょうよ」
「でも、そんな都合のいい所って、あるかしら?」そこで話が止まったが「あるよ、島は私に任せて貰えないかな?」星野は職業柄、事情に詳しい。

 「そうだったな、星野さんなら大丈夫だ。後は宗一君にお願いするよ」
「わかりました。いい思い出になるように計画します」宗一も承知して、12時近くに皆が帰り「さてと、これは仕舞っておかないと」カメラを仕舞うが、翔子が何か物足りなそうな顔をしている。

 「母さん、オ○ンコしたいの?」宗一が聞くと「そう、秋子のを見ていたら、私もやりたくなった…」宗一の股間を撫で出す。
「今夜は無理だから、明日やろうよ」

 「約束よ、オ○ンコするって!」
「勿論です、今夜はぐっすりお休み下さい」
「わかったわ、そうする」翔子は未消化のまま部屋の戻り、宗一も秋子の所へと向かった。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター