fc2ブログ

「淫らなセレブ」第22話 仕置き室

第22話 仕置き室

 宗一は、翔子にいろいろな器具を取り付けていくが「もうイヤよ。それよりも、早くセックスしてよ!」催促された。
「オ○ンコは最後だよ。これも使うし…」それな細身のバイブだ。

 宗一はゼリーを塗ると、翔子の肛門に押し当てるが「やめて、お尻はイヤ。やるなら、オ○ンコにして!」拒むが、唸り音を立てながら、肛門から入り込んできた。
翔子は「あ、あ、あ~!」今まで、味わった事のない体験に(イヤ、お尻はイヤ…。でも、気持ちいい…)快感を覚えている。

 「翔子。これは、初めてだよね?」宗一はバイブを動かしていく。
「あ、あ、あ~。早く、始めて…」喘ぎながら言うと、淫裂の中が濡れている。
「これを、オ○ンコに入れようか?」
「イヤ、お尻で汚れているからイヤ。入れるなら、チンポでして!」

 「そうだよな、これは汚れたし。それなら、後からだよ、縛ったままで!」宗一はバイブを抜き、一旦翔子を自由にすると、両手を縛り、正座させた。
「脱ぐから待ってて。これからやるから」翔子が見守る前で、宗一は次々と脱いで全裸になった。

 「これで準備はいいよ。今度は翔子が、こうやって…」翔子は前のめりに、腰を持ち上げられ、頭で体を支えさせられた。
「これだと、オ○ンコの奥まではいるから気持ちいいよ」肉竿を淫裂に押し込んだ。

 すかさず「あ、あ、あ~!」(良いわよ、もっと強くして!)喘ぎ声を上げだす。
宗一が翔子の期待に応えて、肉竿をピストンしていくと「クチャ、クチャ!」淫裂から音が鳴り出し、淫汁も溢れて、漏れている。

 「どう、気持ちいいでしょう。縛られてのオ○ンコも?」
「いいわよ。犯された感じで凄く気持ちいいわ…」
「それなら、もっと気持ちよくしてあげるね」あのバイブを、また、肛門に押し込んだ。

 「あ、あ、あ~!」不自由な翔子は、体をくねらせながら、声を上げ体を震わせている。
宗一は肉竿のピストンをしながら、バイブを動かすと「ダメ、変になっちゃう。お尻はやめて!」肛門と膣への責めで、翔子は絶頂が迫り、宗一自身もバイブの振動で、肉竿が放出間近になった。

 「翔子、行きたいか?」
「行かせて、もう限界!」
「だったら、一緒に行こう!」バイブを抜き、肉竿の動きを速めた。
「行くわ、行きそう!」その言葉通りに、翔子が崩れると同時に、肉竿が噴射した。

 「出したよ、凄く気持ちよかった…」息を弾ませながら肉竿を抜くと、淫裂から精液が流れ出てくる。
「良かったわ。今までで、一番良かった…」翔子も荒い息使いをしている。

 放出を済ませた宗一は、翔子の縛った手を解いていく。
手が自由になった翔子は「宗一さん、今度は私にさせて!」精液で汚れた肉竿を、気にすることなく口に入れた。
「もう、出ないかも知れませんよ」(出なくてもいいわよ。もっと、オ○ンコしたいの)唇で擦りだす。

 すると、放出したばかりだが、また膨らんで使用可能になっていく。
「やらせて。宗一さん…」翔子は宗一を寝かせると馬乗りになって、淫裂に肉竿を迎え入れた。
「いくわよ!」翔子が腰を上下に動かすと、乳房も揺れていく。

 「翔子、凄くいいよ。オッパイも綺麗だよ」その揺れる乳房を掴んで揉んでいく。
「無理して、出さなくてもいいわよ。こうやって、オ○ンコしてるだけでいいの…」
淫裂からは精液に混じって、淫汁も流れている。

 やがて「ダメ、限界!」腰の動きが停まると「僕もダメだ!」また肉竿が噴射した。
「宗一さん、凄く良かった…」翔子は淫裂に肉竿を入れたまま、倒れて唇を押し付け「僕も良かった」宗一も吸い返す。

 2人は暫く休むと、服を着て車に乗って屋敷へと向かう。
「母さん。あんなオ○ンコもいいよね」運転しながら言うと「そうね、たまにはいいかも。毎日だと、つまらないかもよ」
「そうだよね。内の中にあれがあれば、会員同士が楽しめるしね」
「そうよ、それよ。屋敷の中に造りましょうよ!」
「良い考えだね。秋子もきっと、賛成するよ」2人は車の中で話しをまとめた。

 屋敷に着くと、早速秋子に打ち明けた。
「面白そうね。私も賛成よ」秋子も承知して、話を進める事にした。
「それから、ここを法人化したいんだ…」アトラス工業から言われた事も話すと「賛成よ。私も、言おうと思っていたの」それも賛成して法人かが決定した。

 「これは、僕の案だけど、理事長は母さんで、副理事が秋子がいいよ」
「宗一さんはどうするの?」
「僕は事務担当でいいよ。直系じゃないし」
「何か、宗一さんには申し訳ないわね」翔子が申し訳なさそうに言うと「母さん、気にしないで下さい。僕には、秋子がいますから」それを聞いて「嬉しい、今夜は、お口でしてあげる」秋子は宗一のズボンに手を掛けた。

 「待って、それよりも、ネットで調べようよ」宗一は慌てて言う。
「そうよね、その方が先よね」宗一と翔子が、ラブホテルで楽しんだ事を知らない秋子は素直に従った。
(良かった。ばれたら、ただじゃ済まないし…)翔子も、秋子との約束だから一安心だ。

 翌日、宗一は建築会社と話をして、部屋の改装に掛かった。
改装と言っても、小規模だから、そんなに時間は掛からず、1週間ほどで終えた。
「後は、器財だな」ネットで調べて置いた器財を注文し、計画してから2週間程で、仕置き室が完成した。

 仕置き室が完成すると、早速、秋子と翔子が裸にされ、縛られると天井から吊り下げられた。
「どれ、ここにもするよ」秋子の肛門にバイブが入れられ「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げながらも、満足そうな顔をしている。
「母さんにも入れるよ」翔子の肛門にもバイブが入れられ「あ、あ、あ~!」声を上げて悶えている。

 「宗一さん、お尻もいいけど、あそこに入れて…」翔子は潤んだ目をしながら催促する。
「あなた、オチンチンはダメよ。私を先にして!」秋子は、翔子と先にセックスはさせたくなかった。
「わかっているわ、秋子。バイブで我慢する…」

 「それなら、やるよ」唸り音を立てるバイブを翔子の淫裂に押し当てると「あ、あ、あ~!」声をあげ、体を震わせながら、自ら淫裂を押し当てていく。
「いいわ、膣の中に入れて!」催促するが「膣ってどこなの、ここかな?」惚けて、尿道に当てた。
「そ、そこじゃないわ。オ○ンコよ、オ○ンコの穴に入れて!」

 卑猥な言葉に「母さん、オ○ンコなんて言っちゃダメだよ。罰として、根本まで入れるからね」バイブが、膣穴を広げながら押し込まれた。
「いいわ、凄くいい…。奥まで感じてる…」声をあげ、淫汁を流し出ていく。

 (母さんが、気持ちよさそうだわ。私も宗一さんのチンポでされたい…)潤んだ目で宗一を見つめると、宗一も服を脱ぎだした。
(宗一さん、凄く興奮してる…。オチンチンがいつもより堅そう…)全裸になった宗一だが、肉竿は今までになく、堅く、そそり立っている。

 「秋子、お尻と同時にやるからな!」秋子の淫裂に肉竿を押し込むが、すでに、濡れているから、すんなりと入り込んだ。
「いいわ、膣の奥が気持ちいい!」秋子も快感に声をあげた。
「俺も凄くいいよ。バイブがチンポを刺激してるし」肛門のバイブが振動していて、肉竿を刺激している。

 「宗一さん、一杯出して。今日は、一杯欲しい…」
「わかっている。オッパイにもやるよ」乳首を吸いながら、肉竿を動かし出した。
その動きに合わせ「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音と共に、淫汁が流れ、宗一は次第に肉竿の動きを早て「行く、もうダメ~!」秋子は絶頂を迎えた。

 「俺も、ダメだ。出すよ!」動きを停めて淫裂の中で噴射した。
「感じる、膣の中が気持ちいい…」息を弾ませながら、秋子は余韻に浸った。
宗一は肉竿を抜くと「母さん。出したばかりだから、今日は無理だよ」詫びながら、乳房を撫で出す。
翔子は(わかっているわ。今日は、バイブで、我慢する…)喘ぎ声をあげながら淫汁を流していた。

 翌日、3人がいつものように、朝食を摂っていると「おぇ~!」秋子が吐き気をもよおした。
「秋子、生理はどうなの?」
「ここ、2回ないの」
「出来たのよ。これから病院に行こう!」

 「恥ずかしいわ。あそこを見せるんでしょう?」
「何言っているのよ。性器くらい、見られたっていいじゃないのよ!」
「でも、ヘアが、まだ揃ってないし…」確かに、剃った絨毛は、まだ、完全には生え揃ってない。

 「そんな事気にするな。何なら、僕も行こうか?」
「そうして貰えると、助かるわ」
「わかった。2人で行こう」食事を済ますと、秋子と宗一は病院に向かった。

 病院で診察を受けると、秋子に妊娠が告げられた。
「宗一さん、出来たんだって!」秋子が言うと「そうか、出来たか。俺も親父だな」笑顔になり、2人は屋敷に戻って翔子に伝えた。

 「やっぱりね。これで、跡取りも出来たわ」翔子は笑顔で話が(まだ、やってないのがあるんだよな。今やっておかないと…)宗一は思案している。
 

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター