fc2ブログ

「淫らなセレブ」第23話 野外ヌード

第23話 野外ヌード

 宗一は秋子と翔子に「今の内にやっておかないとダメなんだ!」話を切りだした。
「それって、なんなの?」
「ヌードだよ。秋子の産む前のヌードを撮っておきたいんだ!」

 「ヌードなら、今まで撮ったはずよ」
「撮ったけど、室内でだけだよ。野外で撮りたいんだ!」宗一が言うと「そんな、野外でヌードだなんて…」秋子の顔が強ばっている。

 「産んだら、体が崩れるから、今の内に撮りたいんだ。ヌードになってくれよ」
「ヌードになってもいいけど、野外では…」秋子は野外でのヌードに躊躇している。
(きっと、誰かに見られるはずよ…)そんな思いがあるから躊躇している。
「お願いだから、野外で撮らせてくれよ」宗一はなおも頼むが、いい返事はしない。

 それを聞いていた翔子が「私もヌードを撮って欲しいわ。体がもっと崩れるから、今の内に残したいし…」言い出す。
「母さん、野外よ。見られたらどうする気なの?」

 「見られたって、構わないわ。どこの誰だかわからないし。それに、犯される訳じゃないしね」翔子が言うと「母さんのヌードも撮る。だから、秋子もいいだろう?」
「仕方ないわ、母さんがヌードになるなら…」渋々承知した。
「ありがとう、明日撮るからね」宗一は撮影の準備を始めた。

 翌日、メイドに休暇を取らせ、心おきなく、3人は車に乗って家を出た。
宗一は以前に、翔子を撮った海岸へと走らせていく。
走り出してから2時間ほどすると海岸が見えてきた。

 「あそこで撮るよ」以前、翔子達が撮った松林の近くに車を停めて3人は降り、歩いていくと人影はなく、波の音だけが聞こえている。
「秋子、準備してくれ」
「わかった、母さんも一緒よ」秋子は脱ぎ出すが、下着は着てないから乳房と、淫裂が露わになった。

 「綺麗だよ。まずは、秋子からだ!」宗一は秋子に注文を付けるが「性器ばっかり撮って。もっと、芸術的に撮ってよ!」反対に注文が付いた。
「わかっているよ。まずは、オ○ンコを撮ってからだよ」平然と秋子の淫裂を撮りまくった。
その後「こういう風にして!」注文を付けて、普通のヌードを撮り、翔子も全裸になって、カメラに収まった。

 一通り、2人のヌードを撮ると「秋子、やらせてくれ!」宗一も服を脱いで全裸になった。
「恥ずかしいわ。外でのセックスだなんて!」
「恥ずかしくはないさ、誰もいないんだ。母さんは、これで撮って!」ビデオを渡すと秋子に抱き付いた。

 「恥ずかしいわ、昼間からセックスだなんて…」恥ずかしがる秋子を尻目に、四つん這いにすると、肉竿で突きだした。
「ダメ、奥まで入れないで。赤ちゃんがいるのよ」秋子が叫ぶと肉竿の動きが停まった。

 「そんな事言ったら、オ○ンコにならないよ…」情けない顔をする宗一だ。
「お口でしてあげる。だから、母さんとやって!」秋子は宗一の前で正座して肉竿を口で擦りだす。
「秋子、気持ちいい。出したいけど、母さんのオ○ンコに出すからな!」次第に宗一は登り詰めていく。

 「わかった、母さんとならいいわ。今度は私が撮る!」翔子から、カメラを受け取ると「母さん、宗一さんとやって。私の分もやってもいいのよ」カメラを構えた。
「それなら、遠慮無く秋子の分もやる…」翔子は宗一に抱き付いた。

 宗一は、仰向けになった翔子の乳房を揉みながら、肉竿をピストンし「いいわ、凄く気持ちいい…」野外でのセックスに満足している。
「僕もいいよ。秋子と思ってやるからね」宗一は肉竿を激しく動かし出した。
誰もいない松林には「あ、あ、あ~!」翔子の喘ぐ声が響いていく。

 それを秋子が(凄いわ。母さん、本気でやってる。私も、赤ちゃんがいなければやれたけど…)無理の出来ない体だから、おとなしくビデオに撮っている。
その後、宗一と翔子は、いろいろな体位で結合していく。
「宗一さん、最後は抱っこでして…」翔子は前から気になっていた、駅弁で射精を望んだ。

 「わかった、それでやるよ!」若いから難なく翔子を抱え上げ、淫裂を突き出した。
それには「深い、奥まで入ってくる~!」翔子の膣奥まで肉竿が突き刺し「あ、あ、あ~!」声も上げ出す。

 「僕も気持ちいいよ。もうすぐ出すよ…」翔子を抱えたまま、肉竿を動かしていると「う~!」声を上げて身震いを始めた。
(射精だわ。母さんに射精した…)撮っている秋子にもそれはわかり、淫裂から「ポタ、ポタ!」と精液が垂れていく。

 「母さん、出したよ」翔子を降ろすと「凄く良かった。またして欲しい…」息を弾ませ、淫裂を拭きながら言うが「私が産む迄だからね。相手できるようになったらダメよ!」秋子が釘を刺す。

 「そうよね、秋子の旦那だし…」翔子は脱いだ服を着だした。
「そうよ、私の夫なの」秋子は宗一の肉竿を拭いてから服を着だした。
「秋子、たまにはいいだろう。見ている前でなら?」宗一も服を着ながら言う。
「たまによ。たまに、だからね!」宗一に言われ、渋々承知して服を着だした。

 服を着た3人は、車に乗って場所を変えて、砂浜まで来た。
「ここで撮ろう」足下まで波が打ち寄せている。
「仕方ないわね、約束したし…」秋子は服を脱ぎ、全裸になってポーズを造る。
「いいね、それいいよ」満足そうに撮っていると「私も撮ってよ!」翔子も服を脱いで全裸になった。

 「わかったよ、一緒に撮るよ」翔子と秋子は並んでポーズを取り、カメラに収まっていく。
「宗一さん。ここも撮って!」翔子は大胆にも足を開いて淫裂を露わにしていく。
「母さん。恥ずかしくないの、丸見えよ」

 「これくらい平気よ。秋子もやるのよ」翔子に言われ、秋子も足を開き、淫裂を晒していく。
「いいね。バッチリ、見えるし」笑顔でカメラに収めていく宗一だが「イヤらしい、性器を出してる!」女性の声がした。

 その声に「やばい、服を着て!」急いで2人は服を着るが「ヌードよ、ヌードを撮ってた!」女性の声に人が寄ってきた。
「何だ、もう終わりなの」服を着終えた2人を見て、落胆した声をあげるが「行こう」3人は人垣から逃れて車に戻り、町へと向かった。

 車は繁華街を抜けて、裏通りに、入妖しげな看板の店で停めた。
「宗一さん。まさか、買う気なの?」驚く翔子と秋子だ。
「そうだよ。行こう」宗一に言われ、渋々2人も店に入ると、中年の女性が店番をしていた。

 「この2人に合ったのが欲しいんだが…」
「それでしたら、これはいかがで」役目のしない下着を見せた。
「黒が好きなんだけど、あるかな?」

 「それでしたら、これなどいかがで?」色々、並べていくと「これがいいな。それに、乳首に付けるのが欲しいんだ」
「これですね。これは人気がありまして」金色の鎖を並べた。
「これもくれ。それから、クリに付けるのはないか?」言いにくいのか、小さな声で言う。

 「それでしたら、こちらがよろしいかと」慣れたもので「これですと、穴を開ける必要もなく、挟むだけで、そんなに痛くはありません」説明を聞いて「わかった、それも買おう!」金を払うと3人は急いで車に戻り走り出した。

 「恥ずかしかった、ヌード見られるより恥ずかしい!」
「そうかな。遊びだから、大抵持ってるよ」
「そうじゃないの。店に入った事が恥ずかしいのよ。私が淫乱だと思われるし」3人が無意味な話をしている内に屋敷に戻ってきた。

 屋敷にはメイドがおらず、秋子と翔子が家事をしていく。
その間に、宗一は撮った画像とビデオを処理した。
「これは、いいや。この次は使わないと」独り言を言いながら処理していく。

 そこに「宗一さん、お風呂沸いているけど」秋子が入ってきた。
「風呂か。この際だから、3人一緒に入ろうよ!」
「そうね、たまにはいいわね」秋子もその気になって翔子を誘う。
「いいわよ、私も仲間に入れて」3人は浴室に入り、体を洗い出す。

 「母さん、大部伸びたね。剃ろうよ」翔子の絨毛が気になっている。
「そんなに、ヘアを剃りたいの?」
「剃りたいよ。剃ると、興奮するんだ」
「それなら、剃ってもいいわよ!」
「私はダメよ。これから、定期検診があるし…」

 「わかってる。秋子のヘアは剃らないよ」そう言いながら石鹸を泡立てて、翔子の絨毛に塗った。
塗り終えると剃刀を持って、絨毛に当てて剃りだし、翔子は肉襞も露わにされた。

 「恥ずかしいわね。ヘアがないと…」少女のようになった割れ目を撫でながら言う。
「でも、僕はこれが好きなんだ」宗一も撫でるが(オチンチンが、あんなに元気になってる!)昼に噴射したばかりの肉竿が、膨らみきっている。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター