fc2ブログ

「淫らな学園」第4話 暴漢

第4話 暴漢

 明るい所に連れ出された和代は、カメラを向けられた。
「お願いですから、ヌードは撮らないで!」泣きながら言うが聞き入れられず「剃るんだ。オ○ンコを丸出しにしろ!」カミソリが渡された。

 「できない、ヘアを剃るなんてできない…」首を振りながら拒むと「やらないなら、痛い思いをして貰うよ」ナイフが乳首を押し「ヒ~。剃ります…。ですからナイフを…」承知する。
「最初から、そう言えばいいんだ!」ナイフが退けられ、和代は濡れた絨毛にカミソリを当てて剃りだす。
(こんな事させて、何が楽しいのかしら?)黙って絨毛を剃っていくとカメラがその様子を撮っていく。

 やがて、絨毛は股間から消え去り、ピンクに割れた淫裂が露わになり「オ○ンコだ。これがオ○ンコだ!」カメラが撮り捲ったが、飽きたのか触りだす。
「ここにチンポが入るのか?」膣を広げられ「そうです…」それしか言えない。
「俺のチンポで確かめさせろ!」男がズボンを下げだした。

 「イヤ、レイプはイヤ!」叫ぶが、手足を押さえられ寝かされる。
「オ○ンコ、やった事あるんだろう。俺にもやらせろよ!」男は股間を押しつけてきた。
「イヤ、イヤ~!」抵抗しても無駄で、淫裂には肉竿が入り込んでしまった。
「入れないで、お願い…」泣き出す和代は、別居中の夫以外とはセックスした事がなく「う、う、う!」嗚咽も上げだした。

 「泣くなよ。気持ちいいんだろう?」乳房を握りしめたまま腰を動かすと「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が響く。
「俺にも、オ○ンコやらせろよ!」
「終わってからだ。それより、ちゃんと撮れよ」
「わかったよ。俺もやるからな」また写真を撮られだすが(レイプされた…。誰だか分からない相手に…)呆然としている。

 そんな和代を無視して、男はピストンを早め「気持ちいい。このまま出したい…」その言葉に和代は「出さないで、お腹に出さないで!」我に返ったようだ。
「オ○ンコがダメなら、どこに出せばいいんだ。口に出すのか?」
「そうよ、口に出して…」
「噛まないと約束できるか。もし噛んだら、みんなでオ○ンコに出すぞ!」
「噛まないわ。だから、お腹に出さないで」和代は膣に射精されるよりは、フェラした方がいいと考えた。

 「それならいい。口でやってくれ!」淫裂から肉竿が抜かれ、口に押し込まれると(こんな事したくないけど…)嫌々ながら肉竿を唇で擦っていく。
「気持ちいい。オ○ンコと同じだ!」乳房を揉まれながら口を動かしていくが、勿論、その様子も撮られている。

 やがて「出た、飲むんだぞ!」登り詰めたか爆発し、和代は口の中に不快な異物を感じたが、拒む事もできず「ゴクン!」と飲み込まされた。
「次は、俺だからな!」和代は四つん這いにされ、淫裂に肉竿が押し込まれる。
「やめて、こんなのイヤ。セックスしていいから、普通でして!」
「ダメだ、これでやる!」肉竿が淫裂深くピストンして行く。

 「お願いだから、普通でして!」
「そうは行かないな。馬乗りになると言うなら別だが…」
「やります。ですから、獣みたいな事はしないで!」
「わかった。やってくれ」和代は仰向けに寝た男を跨いで、馬乗りになった。

 「ここだ、これを入れろ!」腰を降ろして、淫裂に肉竿を迎え入れ「あ、あ、あ~」と喘ぎ声を上げた。
「やれよ、やり方知っているんだろう?」乳房を掴まれ「乱暴にしないで。オッパイは敏感なのよ」そう言いながら、ゆっくりと腰を動かしだす。
「もっと、早くやれ!」乳首が摘まれ「限界よ。これが限界なの」腰の振りを早めると「いい眺めだ、これは絵になるよ」写真がまた撮られた。

 こうして、和代は4人の男に犯され、口の中に射精された。
犯し終えた男は満足したのか出て行き、和代だけが残され「レイプされた。誰だか知らない男に…」浴室に戻り、体を幾度も洗った。

 翌日、和代は飯塚から言われた通りに校舎に向かい、部活の生徒が見慣れない和子を食い入るように見ている。
それには(もしかして、レイプされたのを知っているのでは?)疑心暗鬼になっていく。
(そんな事、無いはずよ)気を取り直し職員室に入ると、同僚が一斉に振り向いて見つめ「おはようございます」挨拶する。
「おはよう、峰岸先生。今日からはお願いしますよ」「はい、そのつもりです」やっと笑顔になった。

 和代が席に座ると正面は高田だ。
(そうだわ。昨日は理沙さんと一緒にどんな事をしたのかしら?)自分が犯されたのに、他人が気になっている。
「峰岸先生、これが名簿です」悦子が声を掛け「申し訳ありません」礼を言って悦子を見ると、胸が気になった。
(イヤらしいブラを着ているのね。娼婦みたいに)胸を見つめると「あら、どうかしましたか?」悦子は胸を押さえた。

 「大きい胸ですので…」
「イヤだわ、大きいだなんて。島津先生のほうがもっと大きいわよ」
「そんな、及川先生に言われたら恥ずかしいですわ」同僚達が笑顔になって(フー。うまく、ごまかせたわ)一安心だ。

 その後、和代は悦子や慶子達から教わりながら、新学期の準備をしていると「峰岸先生、今日はこれくらいにしましょう、明日もあるし」
「そうですよね、明日もありますしね」和代は机の上を片づけると、職員室から出て部屋に戻ったが「おかしいわ、私だけ帰すなんて。もしかして…」昨日の事が思い出され「ここは、確かめないと…」暫く過ぎて確かめる事にした。

 暫く部屋で過ごしていると、周りも薄暗くなっている。
「そろそろ行かないと…」校舎へ向かい、真っ先に職員室を覗いたが、誰もいなかった。
「間違いない。あそこだわ」資料室へと歩いていくと、ドアの隙間から灯りが漏れて「あっ、あっ!」喘ぐような声も聞こえる。

 和代が隙間から覗き込むと(今日は悦子さんが縛られている…)悦子は全裸にされ、両手首を縛られ吊り下げられている。
それを取り囲む同僚達は、やはり、縁取りのあるブラジャーを付け乳房を飛び出させ、パンティは着けずに、ストッキングだけを履いている。

 「悦子。オ○ンコを剃られた感想はどうだ?」悦子は絨毛が無く淫裂が剥き出しだ。
「恥ずかしいです。ヘアがないなんて…」
「私だって昨日剃られたのよ。これで、あなたもパイパンオ○ンコになったからね」理沙が淫裂に指を入れた。
「許して。そこは…」体を反らすと「これくらい我慢しなさいよ。もっとしてあげるから」今度は両乳房を鷲掴みして「う~!」苦しいのか呻き声を上げる。

 「悦子はこれが好きだったよな」平べったい板を見せ、尻を叩き出し「ピシャ~!」音と共に体を震わせている。
「ここにもだ!」乳房も叩かれ「あっ、あっ!」呻き声を上げていく。
「感想はどうなのよ!」理沙がクリトリスを撫で出すと「あ、あ、あ~」声が大きくなっていく。
それを(凄いわ。まるで変態の集団だ!)と和子が見ていると、いきなり後ろから押さえられた。
「うっ!」呻き声を上げると、鼻にハンカチが当てられ(放しなさいよ…)そう叫ぼうとしたが、意識が薄れていく。

 それから、どれくらい時間があったろう。やっと和子の意識が戻ってきた。
「やっと、お目覚めだね」男の声がし、見上げれば数人が和代を取り囲み、顔を隠している。
「誰なのよ!」襲いかかろうとしたが手も効かず、全裸で柱に縛られているのを知った。
「驚いたわ。ヘアが生えてないなんてね」女性の声もする。
「そうだよな、オ○ンコ丸出しだもんな。まともじゃないぞ」淫裂を撫でていく。

 「やめて、触らないでよ!」
「そう言わないで。毎晩やっているんでしょう?」女性が加わり乳房を撫で出す。
「やめて、イヤ~!」
「やめてじゃなく、やってだろう?」指が膣の中に入り「ダメ、動かさないで…」敏感な部分を責められ、和代の体が反応していく。

 「お汁だよ。オ○ンコからお汁が出てきたぞ!」
「好きなのね。こっちもしてあげるわ」乳房を揉まれ、乳首が吸われて「ダメ、そんなのダメ…」首を振り出す。
「ダメじゃなくて、オ○ンコやってだろう?」別な男がズボンを下げ「イヤ、レイプはイヤ~!」叫んだ。
「レイプじゃないわよ。やって上げるのよ」
「そんなの、欲しくない。セックスなんてしたくない!」

 そう叫ぶが、和代の右足が持ち上げられると、淫裂に肉竿が押し込まれ「あ、あ、あ~!」顔が歪んでいる。
「気持ちいいだろう。本気でやるからな!」肉竿のピシトンが始まった。
「ダメ…こんなのダメ…。やるなら普通でして…」喘ぎながら言うが、淫裂から流れ出る淫汁も多くなっており、それはレイプしている男にもわかっている。

 「言えよ。オ○ンコされて、気持ちいいって!」
「イヤ。絶対言わない…」
「言わないと、オ○ンコの中に出すぞ」
「言います。ですからお腹には出さないで下さい」
「言えよ、正直に!」
「オ○ンコされると、気持ちいいです…」屈辱だが言った。

 「毎晩、亭主とオ○ンコやっていたんだろう?」
「していません、3ヶ月間していません!」
「暫くしてないんだ。だったら、頑張るぞ!」肉竿のピストンが早まり、乳首も軽く噛まれて「あ、あ、あ~」喘ぎ声も大きくなっている。
「気持ちいいか。もうすぐ出そうだ!」

 「出さないで。お願いです!」叫ぶと肉竿が抜かれ「下さい、私に!」乳房を触っていた女が、その肉竿を口に入れ動かしていく。
「出る、出る!」叫ぶと身震いを始める。
2人は暫く動きを停め、出し終わったのか、女が顔を上げた。
「おいしかったです」口を手で拭き、それを聞いて満足そうに男はズボンを履いていく。

 「俺にもやらせろ、俺のチンポもいいぞ!」別な男の肉竿が入り「あ、あ、あ~!」和代はまた声を上げた。
和代は2人に犯された後、また鼻にハンカチが当てられ、意識が薄れていく。
そして、意識が戻った時は布団の中だった。

 「確か、資料室の前で…」布団を退かせ、起きあがると全裸だ。
「そんな、ヌードだなんて。それに、膣が痛い」淫裂を触ると痛みを感じる。
「夢じゃないわ。間違いなくレイプされた…」急いで浴室に飛び込み、淫裂を丁寧に洗いだし「誰よ、誰がレイプしたのよ。射精されなかったからいいけど…」見えぬ相手に不安が高まった。

 和代はなかなか寝付かれないまま朝を迎え、明正学園へと向かった。
校舎に入ろうとすると「峰岸さん、アパートが空いたわよ」と理沙が駆け寄る。
「ありがとう、今日にでも越したいわね」
「それは無理よ、今度の休みに入れるようにしておくから」
「ありがとう、お願いしますね」

 「礼は要らないわよ、これが仕事だから」事務室に向かう里沙の後ろ姿を眺め、職員室に入った。
入ると直ぐに「和代さん、アパートに越すんだってね?」悦子が声を掛けてくる。
「はい、空きができたそうですから…」
「アパートですか。僕も住みたいな、和代さんの隣に」
「高田先生。和代さんは、旦那さんがいるのよ、変な考えしないでね」
「わかっていますよ。でも、人妻も魅力的だな」ジッと見つめる高田に「恥ずかしいわ。そんなに見つめられると」顔を赤らめ(もしかして、高田さんがレイプしたのでは…)思案した。

 それから数日後、和代はアパートに越した。
「待っていたわよ、今夜は歓迎会だからね」段ボールを運び終えると、理沙や悦子が顔を出す。
「和代さん、手伝わせて!」2人は箱から荷物を取りだして片づけていくが「あら、こんなのを着ているんだ。もっといいのがあるのに」白いブラジャーとパンティに声を上げる。
「私、奥手ですから」和代はそれを奪うかのように仕舞い込む。
「勿体ないわよ。もっと自分を飾らないと」残念そうか顔をして、また片付け出した。

 そして、それが済むと和代は理沙の部屋に呼ばれ、歓迎会が始まった。
ビールで乾杯し、歓迎会が始まると話しに華が咲き、ビールを次々と飲み干し、酔いも回っている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
328位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園連載中
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター