fc2ブログ

「淫らな学園」第8話 仕置き

第8話 仕置き

 怯える和代は、同僚達に資料室に連れ込まれた。
「お仕置きされる人は、全部脱ぐ決まりなの」
「イヤよ、どうして脱がなくていけないのよ!」
「逆らうんじゃない。素直に脱げ!」高田の掌が頬を叩き「ピシー!」という音と瞬間に、痛みで押さえる。

 「やめて、暴力はイヤです!」
「だったら脱ぐんだよ。保健室のようにな!」
「わかりました…」逆らっても無駄と悟って脱ぎだした。
上着、スカートーと脱いで、前と同じくストッキングとガーターベルト姿になている。

 「しかし、峰岸先生のオ○ンコは人妻とは思えないな」ニヤニヤしながら撫で回し「やめて下さい。そんな事は…」その手を押さえた。
「そうよ。高田先生、先にやる事があるでしょう?」
「そうでした。早速始めましょう!」和代の両手を縛りだす。

 「やめて。何する気よ!」
「お仕置きだよ、痛いけど我慢しろよ」縛り終えるとロープが引かれ、バンザイする格好になった。
「やめて、何するのよ!」高田が淫裂に指を入れ「オ○ンコ、やりたいだろう?」指が動き出す。
「抜いて。お願い、抜いて…」自由が効かないからされるがままだ。

 「私も、お仕置きしないとな」石塚も加わって、乳房を揉みだす。
「いいわね、2人にされて。それなら写真を撮らないと」
「写真か、それもいいよな」高田と石塚は和代の後ろから触るが「撮らないで。お願いです!」叫ぶしか出来ない。
「それはダメ、決まりなの。お仕置きされたら撮らないとダメなの」

 「それだったら、上だけにして。下は撮らないで!」
「だめなのよ、規則だから」高田は淫裂を広げ、石塚は乳房を握りしめて「ピカ!」閃光がまたくと「う、う、う!」嗚咽を上げていく。
「これくらいで泣くな。後で気持ちいい事してやるから!」また閃光が瞬いた。

 (ヌードを撮られた。これを拓也が見たら何て言うだろう…)別居中の夫だが気になった。
「写真は一休みして、楽しみの時間だな」また淫裂と乳房が撫でられていく。
「ダメ、吸わないで!」乳首が吸われ、クリトリスも撫でられて「ダメ、そこはダメ…。あ、あ、あ~」喘ぐ声に変わった。

 「峰岸先生、オ○ンコしたいでしょう?」
「したくない。セックスなんてしたくない…」
「正直言いなさいよ。言わないと乳首を食いちぎられるから」
「そうよ、校長先生、やって上げて!」乳首が噛まれ「ギャ~!」悲鳴を上げ、体を震わせた。

 「痛い思いはイヤでしょう。正直に言いなさいよ!」
「やりたいです。セックスを…」言うしかなかった。
「そうですか、オ○ンコしたいんですね。それでしたら、まずは私が!」石塚がズボンを引き下げ、高田は和代の足を縛って引き上げていくと「イヤ。こんなのイヤ~!」開脚したまま体が浮いている。

 「いいわね、それならオッパイも触れるし」下半身剥き出しになると、石塚は開脚した和代に体を押しつけていく。
「入ったわよ。チンポが入っていくわ!」
「凄いわ、あんな太いのが入るなんて」同僚は目を輝かせてみている。
(レイプよ、これはレイプだわ…)何もできない和代は泣くことしかできない。

 肉竿を押し込んだ石塚は、乳房を揉みながら腰を振って行き「あ、あ、あ~!」反動で肉竿を淫裂が突き刺してくる。
「凄いね、オ○ンコの締め付けもいいよ。旦那が羨ましいな」満足げに腰を振り続けた。
やがて、石塚は登り詰めようとし「出さないで。お腹に出さないで!」危険を察知して叫ぶと「あら、避妊薬飲んでいるじゃないのよ。薬局で買ったのを知っているわ」(そんな事まで知っているなんて…)もう返す言葉がない。

 「それなら、安心して出しますよ」石塚は腰の動きを停めて身震いを始め「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げたが淫裂から白い液体が垂れていく。
和代は「う、う、う!」嗚咽を上げるが、どうする事もできない。
「校長先生、撮りますよ」
「わかった。うまく頼むよ」石塚が退くと、精液がドット流れ出て、それも撮られた。

 「今度は、僕のお仕置きですからね」高田も和代を犯していく。
「ホントだ、膣圧が高いだけあってチンポが締められますね」満足そうにピストンし(もう、どうなってもいい…)犯されている和代は自棄気味になっている。
やがて、高田も登り詰めて淫裂の中で爆発し、精液を流すと撮られた。

 「今度は私の番ね。痛いのと、気持ちいいのと、どっちにする?」慶子が尋ねたが黙ったままだ。
「あっそ。それならいいわよ」慶子は平べったい板で淫裂を叩き「ギャ~!」悲鳴を上げ体を震わせた。
「聞いたでしょう、どっちがいいかって!」
「気持ちいいのです。痛いのはイヤ…」泣きながら答えると「そうよね、痛いのはイヤよね」今度は打って変わり、乳房を撫でながら揉み出す。
「気持ちいいでしょう。もっと気持ちよくして上げる」乳首も指ではさんで潰していく。

 さらに桃子も加わり、精液が漏れる淫裂にバイブを押し当てた。
「ダメ、そんんなのダメ…。あ、あ、あ~」また声を上げだすと「遠慮は要らないのよ。お尻にもして上げるわよ」雅子も加わった。
雅子は細身のバイブを肛門から押し込んで、和代は「イヤ~!」悲鳴を上げたが、もう入り込んでしまった。

 「いい、一緒に行くわよ!」バイブが同時に動き出し「あ、あ、あ~」喘ぎ声を上げ体を反らせる。
「気持ちいいでしょう、行ってもいいのよ」動きも早まっていく。
(行くわ、こんな事されたら行く…)同僚の前で痴態を見せる訳にも行かず堪えているが、淫裂の中はドロドロになっている。

 「あら、お汁よ。精液じゃないわ。気持ちいいのね」
「言いなさいよ。気持ちいいって!」
「気持ちいいです…」小さな声で言うと「やっと素直になったわね。それでいいの。行きたいなら行ってもいいのよ」相変わらずバイブが動いている。

 やがて「ダメ、行く、行く~!」体を震わせ、声を上げるとパタリと動かない。
「行ったのね。気持ちよかったでしょう」バイブが抜かれた。
「あら、こんなにオ○ンコ濡らして…」
「ホントだわ。よほど感じたのね」ジッと淫裂を覗き込んでいると「はい、そこまでだ。後は保健室でね」グッタリする和代のロープが解かれ、自由が戻った。

 「及川先生、後はお願いしますね」
「わかったわ、後は任せて」和代と悦子を残して、同僚達は保健室に向かった。
「和代さん、気持ちよかったのね。こんなに漏らして」悦子はグッタリと横になっている和代の淫裂を撫でていくが、黙ったままだ。

 「私も行きたい。こんな風に…」悦子は服を脱ぎだした。
「悦子さん…」
「して、私として…」上半身を剥き出しにすると、悦子の口に乳房を押しつけた。
(悦子さん、レズをしたがっている…)その乳房を揉みながら乳首を吸うと「いいわ。凄くいい。もっとして!」悦子は声を上げながら和代の頭を撫でだした。

 一方、保健室では同僚達が全裸になっていた。
「島津先生、ヘアが生えてますよ」
「仕方ないわよ。夫がいるのよ、剃ったら変に思われるし…」
「剃って貰えばいいのよ、『あなた、ヘアを剃って』とか言って!」
「そうだよ、男は喜ぶからね」

 「わかった、今晩やってみる。それより、オ○ンコの締まりを計って!」
「わかっています。まずは、こうして」慶子を寝かせ、乳房、淫裂と撫でていくと「私も手伝うわね」桃子や理沙も加わり、3人で愛撫が始まった。
「気持ちいいわ。夫とセックスしているみたいよ」慶子の息が荒くなり、淫裂も濡れている。

 「計りますからね」淫裂に計測器が押し込まれた。
すると「あ、あ、あ~」腰が動いて「凄いや、締まり具合がいいですよ」計測器をピストンしだした。
「ダメ、そんのじゃイヤ。高田さんのオチンチンが欲しい…」高田の肉竿を擦りながら言う。
「わかりました。その変わり、規則ですからヘアはお願いしますよ」

 「わかったわ。何とか剃るから、早く入れて!」慶子は高田と抱き合い「見て、膣が濡れているわよ」「チンポもカチカチよ。オ○ンコの締め付けがいいんだわ」同僚達はジッと見つめ、高田はピストンを始めた。
「出して。飲んでいるから出して!」
「わかりました。遠慮無く出しますよ」ピストンを早め、一気に噴射した。

 「高田先生、次は私を計って!」そう言われると、理沙の淫裂と乳房を撫でだす。
「欲しい。私もオチンチンが欲しい…」里沙が言うと「それでしたら、私がお相手を!」石塚が理沙に抱き付く。
「校長先生、オ○ンコを計ってからでないと…」
「そうでしたね。まずはこうしてと」淫裂に測定器が入ると「あ、あ、あ~」と声を上げだし「いいですね。松島さんも締まりいいですよ」石塚が抱き付いていく。
「入れて、早くチンポを…」こうして、保健室は乱交会場と化してしまい、同じように、資料室でも「いいわ、和代さん、凄くいいわ」「私もよ、女同士でも感じるのね」2人はシックスナインで淫裂を指と舌で愛撫しあった。

 翌日「高田先生、ちょっとお話が」慶子が皆の前で高田に声を掛けた。
「何でしょう?」
「あの件です。昨日、夫に頼んだら凄く喜んでしてくれました」顔を赤らめて言う。
「それはよかったですね、早速確かめましょう。皆さん、島津先生も手入れしたそうですから、見ましょう!」
「皆さんにお見せするなんて恥ずかしいです…」

 「大丈夫よ、早速保健室に行きましょう」同僚達と一緒に和代も移動し、保健室に入ると慶子はスカート、パンティと脱ぎ、下半身を露わにして淫裂を見せた。
淫裂の回りには絨毛がなく、ピンクの割れ目が剥き出しで、愛撫されたマークもある。

 「凄いわ、キスマークよ。性器にされたのね」
「そうよ。3回もセックスしたわよ」
「どんなやりたでしたの?」
「いろいろよ。馬乗りになったり、四つん這いになったりしたけど、抱っこされたのが一番よかった!」
「ああ、駅弁ね。あれって、結構奥までオチンチンが入ってくるらしいわよ」

 「よく知っているわね。四つん這いも凄くいいわよ」慶子はパンティを履きながら言い(ここの教師達は変態だわ。獣のようにセックスだなんて…)和代はそう言い聞かせるが、確かに膣深く入り込み、気持ちいいが認めたくはない。
「和代さん、戻りましょう」
「そうよね、戻らないと」慶子の無毛になったのを確認すると職員室に戻った。

 職員室に戻ると「峰岸先生、PTA戸の懇談会の件は大丈夫ですよね?」
「まだ、何もやっていませんが…」
「困りますよ。早く計画してくれないと」
「校長先生。それでしたら、私がこんな計画を立てましたが…」書かれた用紙を石塚に手渡し、それを読むと「さすがだね。松島さんにはかなわないな」笑い顔になった。

 「これで、いいのですよね?」
「勿論です。峰岸先生に指導をお願いしますよ」
「はい、お任せ下さい。責任を持って指導します」
「松島さん、もしもの時は2人でお願いしますからね」それには理沙も困った顔になったが「わかりました」と返事した。

 (ホステスって、何をすればいいのかしら?)不安になる和代に「峰岸先生、今日から特訓ですからね。もう5日しかありませんから」
「特訓ですか?」
「そうです、アパートに帰ったら早速始めます」
「わかりました、お願いします」力無く返事する和代だが「見学していいかしら?」同僚が興味深そうに話し掛けてくると「ご免なさいね。当日のお楽しみと言う事で」理沙は丁寧に断った。

 そして、アパートの帰ると、早速理沙に呼ばれて特訓を受けた。
「言っておくけど、ホステスは素っ裸なのよ」その言葉に「イヤ、ヌードなんてイヤです!」キッパリ断った。
「あら、断る気なのね。それだったら、今までの写真が全て公になるわよ。教え子とのオ○ンコや校庭での素っ裸写真も…」
「どうして、そんな事まで知っているのよ」和代は真っ青な顔になったが「後を付けたのよ。知らなかったでしょう?」得意顔だ。

 「そんな、卑怯な事までしてたんだ…」
「卑怯かどうかは知らないけど、ほら、証拠よ」理沙は隠し撮った写真を見せると、全裸の和代が生徒と一緒に映っていて「う、う、う!」見るなり声を上げ泣きだした。
「わかったでしょう、やるしかないのよ。早く始めましょう!」
「わかりました…」和代は泣きながら服を脱ぎ始めた。


スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター