fc2ブログ

「淫らな学園」第11話 授業中の撮影

第11話 授業中の撮影

 木下は敷かれた布の上で仰向けになった。
「早くしてよ、先生!」催促するが、和代はまだ踏ん切りが付かない。
「やらないと、責任持たないからね」
「わかったわよ、やればいいんでしょう?」木下に跨って腰を下げると「入った。チンポがオ○ンコに入った!」興奮気味に乳房を撫で出す。

 「まだだよ。全部入れて!」井上に言われて腰を密着した。
「チンポが締められる。これがオ○ンコか…」
「そうだ、先生腰を使って!」和代は言われるままに腰を動かしていく。
「気持ちいいや。オナニーなんて目じゃないよ」
「そうさ、オ○ンコやったら癖になるよ」(勝手な事言って。やってる身にもなってよ!)和代は腰を振り続けた。

 「何だか、変な感じになってきたよ。凄くいい…」
「ダメ、出さないで。お腹はイヤ!」
「口だよ。先生、口で!」木下から降り、肉竿を口に含んで「ウグ、ウグ!」唇で擦ると、肉竿も刺激され噴射し「出た、出た~!」和代もそれがわかり「ゴクン!」と飲み込む。

 「よかったよ。これがオ○ンコか。今度は中に出したいな」満足そうな木下に「先生。ついでだから、俺にもやらせてよ」井上は和代を四つん這いにした。
「イヤよ。獣みたいでするのは、イヤなの!」
「イヤでもやって。やらないと責任取らないからね」
「わかったわよ…」渋々四つん這いを受け入れ「いくよ!」井上は腰を押さえ、淫裂を肉竿で突き刺し、ピストンを始めた。

 すかさず「あ、あ、あ~」和代の喘ぎ声が響き「先生、声が大きいよ。これで口を塞がないと…」佐藤の肉竿が口に押し込まれる。
(イヤ、汚いからイヤ!)首を振るが、頭を押さえられ咽の奥まで入っている。
「俺もやりたかったのにな。仕方ないから順番まではこれで我慢か…」両脇から乳房を揉まれていく。
(やめて、こんなのイヤ。セックスだったら1人ずつ普通でしてよ!)そう思いながらも淫裂の中はヌルヌルになっていた。

 こうして、6人に淫裂を突かれた和代はグッタリしたままだ。
「先生、服を着て。それより、面白いのを見せてあげる!」言われるまま脱がされた服を着ていく。
そして、着終えると井上と一緒に部室から出て、体育館にある用具室に入り「先生、静かにしているんだよ。今にわかるから」薄暗い中で物影に体を隠した。

 それから暫くしてドアが開き、運動服姿の2人が入ってきた。
2人は入るなり「美紀!」「知代!」名前を呼び合い唇を吸い合い運動服を脱がし合う。
「美紀、可愛いわよ」美紀と呼ばれた子のブラジャーが外され、小振りな乳房が揉まれていく。
「気持ちいいわ。知代にされると。吸ってもいいわよ」
「わかった、吸わせて」乳首が吸われた。

 「いいわ。凄くいい!」声を上げた。
「美紀、私にもして」今度は知代のブラジャーが外され乳房を吸われた。
「いいわ、美紀に吸われるといいわ…」2人は交互に吸い合う。
そして、ズボン、パンティと脱いで全裸で抱き合った。
(凄いわ。まだ子供なのにあんな事して)淫裂を口でななめたり、指を入れたりして30分程して出て行った。

 「どう、先生?」
「凄いわ。あんな事しているなんて…」
「今度は、先生同士でやっているのを撮りたいな」
「イヤよ。私はその趣味ないからね!」
「そうだった。先生は旦那とオ○ンコしてたんだった!」笑う井上で「そんなに笑わないで。もう用事がないんでしょう?」和代は機嫌悪そうに職員室に戻った。

 職員室に入ると悦子が声を掛けてくる。
「明日だってね?」
「そのようです。でも、どうして及川先生が?」
「それは峰岸先生と同じよ。誰かにレイプされて、その写真からこうなったの」
「それは、いつ頃の事ですか?」
「今の校長が赴任してからかな。もう4年にはなるわね」

 「辛かったでしょうね?」
「辛かったわよ。でも、セックスされて楽しい時もあるから五分五分かな」
「セックスが楽しいですか?」
「そうなの。この前見たく、縛られたり、乱暴にされると感じる時があるのよ」
「それって、マゾ趣味じゃないですか?」
「そうかもね。でも、いつもじゃないわよ、たまに凄く感じるだけだから勘違いしないで!」
「それはわかっています」そう答えたが(縛られたり、虐められると感じるなんて変態よ。拓也と一緒だわ)後は黙ったままだ。

 和代はアパートに帰っても、明日の事が気になって、なかなか寝付かれないまま朝を迎えた。
「授業中にヌードになるなんて…」憂鬱なまま学校に行ったが「どうかしたの、顔色悪いし」理沙が声を掛けてきた。
「何でもないわ、気のせいよ」
「それならいいけど。それより、PTA会長が来るんだって!」
「そう。そうなんだ…」よけいに顔色が悪くなった。

 やがて、チャイムと共に授業が始まると、教師達は職員室から出て行き、和代も授業があるから教室に向かった。
授業はさすがにプロで、抜け目なくやったが、休憩時間に職員室に戻ると「ヌードか…」気が重かった。

 そして、3時間目が始まった。
和代と悦子は受け持ちがないから職員室で待機していると「先生、お願いしますよ!」井上や父親の孝明が入ってきた。
「わかったわ。行きましょう!」
「違うよ。ここからだよ、ここで素っ裸だよ!」
「そんな、ここからだなんて…」
「やらないならいいよ。責任持たないからね」

 「わかったわ。やるわよ」悦子は覚悟していたのか脱ぎだし(私も脱ぐしかない…)和代も脱ぎだすと、カメラとビデオが2人を撮りだす。
「先生、今回はビデオですからね」孝明は念を押し(勝手にしなさいよ)黙ったまま、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
2人の股間には、生えかけの絨毛が点々としている。

 「いいですね。暫く撮ってから出ましょう」2人を井上や鈴木達が撮っていく。
勿論、孝明もビデオで撮り、5分程撮ると廊下に出たが、2人は心なしか震え「及川先生、オ○ンコ震えていますよ」淫裂の肉襞も震えていた。
「仕方ないわよ。緊張しているんだから…」
「そうだよね。こんなヌードは初めてだもんね」静まりかえった廊下を乳房を揺らせ、淫裂の形を変えながら歩いていくが(先生ならいい訳聞くけど、生徒に見られたら、どう言えばいいのよ…)体の震えは止まらない。

 孝明はそんな2人の歩く姿を正面から撮っていく。
当然、和代の目にも入り(撮られている…。きっと性器もアップで撮っているはずよ)顔を強ばらせながら歩いた。
一行が歩いていくと、授業をしている教室の前に来た。
(見られたら、どうすればいいのよ)和代は不安になってきたが「先生。ここでやりましょう!」鈴木が背中から抱き付き、乳房を握りしめる。

 「ダメ、ここはイヤ、別な場所で…」小さな声だ。
「ダメだよ、ここでオ○ンコ撮るんだから」淫裂に肉竿を押し込んで(あ、あ、あ~)喘ぐような声を上げたが、なおも入り込んできた。
(ダメ、入れないで。授業中なのよ!)拒んでも鈴木は乳房を揉みながらピストンを始めて「ピシャ、ピシャ!」尻と股間がぶつかる音が響いている。

 (撮らないで。こんなのは撮らないで!)和代は首を振るが「及川先生は、オ○ンコしているのを見ながらオナニーして!」悦子は黙って頷き、乳房を撫でながら淫裂も撫でだす。
「凄いや。これはいい絵になるぞ!」呟くように言う孝明はビデオを回し続けた。

 一方、和代と抱き合う鈴木はピストンを早めて「ダメ。出さないで、お願いです!」小さな声で言うが、すでに遅く「そんな…」淫裂の中が暖かく感じられる。
「中出しだね。しっかり撮るよ」カメラが向けられた。
(撮らないで、お願いよ~)声が出せないから首を振っているが、肉竿が抜かれ「カシャ、カシャ!」シャッター音がし、淫裂からはドロドロした白い液体が流れ出てくる。

 和代は隠したくとも手を押さえられ「う、う、う!」と嗚咽を上げるだけで「及川先生、後始末です!」井上に言われて悦子はオナニーをやめ、鈴木の肉竿を舌でなめていく。
「気持ちいい。またやりたくなりました」舌で肉竿の汚れが落とされていくと、また膨らんでいく。
「及川先生、やらせて!」
「ダメよ、危ない日なの。できたら困る…」
「だったら、オッパイはいいよね?」悦子の乳房を揉みながら吸いだし、それを撮っていく。

 その後も、廊下を歩かされ職員室に戻ってきた。
(よかった。誰にも見られずに済んで!)ホッとして、服を着ようとしたが和代の服がない。
「ない、脱いだ服がない!」もうパニック状態だ。
「そんなはずないよ、よく捜したら?」
「捜すってどこよ、ここに脱いだのよ」もう泣き声だ。

 そこに「皆さん、どうかしましたか?」高田が現れた。
「ないんです。ここに置いた服がないんです!」乳房を揺らせ、淫裂を晒したまま言う。
「ああ、あれは峰岸先生のでしたか。それなら片づけて置きましたよ」
「返して、服を返して!」
「それなら、私の頼みも聞いて下さいね」

 「何でしょう?」
「部員に見せて欲しいんです。先生の素っ裸を!」それには和代も唖然とし、暫く声が出なかったが「イヤです、生徒の前で裸なんてイヤです!」キッパリ断った。
「イヤですか、それなら服は返せませんね。素っ裸のまま授業に出て下さい」そう言い残し職員室から出ようとし「待って、ヌードになります。ですから、服を返して下さい」泣きながら頼み込んだ。

 「最初からそう言えばいいんですよ」
「でも、顔を隠して誰だかわからないようにしたいの…」
「わかっています、道具を用意します。それにしても、立派なオッパイとオ○ンコだな」乳房と淫裂を触ると「あれ、やったんですか。ザーメンが付いていますよ」それには黙ったままだが「それより服を着ないと。後5分しかないです!」和代が叫ぶ。

 「わかりました・ここに片づけてあります」掃除用具を開けるとスーツが置かれてある。
和代はそれを取り(下着は後で着ないと。とにかく急がないと…)直にブラウスを着込み、スカート、上着と着ていく。
「約束ですよ、放課後に迎えに来ますからね」

 高田が出ようとすると「高田先生。ご一緒してよろしいでしょうか?」孝明が頼んだ。
「構いませんよ。むしろ、会長にも見て貰った方がいいかも。これは性教育ですからね」
「わかりました、お伺いします」笑顔で職員室から出て行くが(生徒の前でヌードになるなんて…)仕方がない事とはいえ、後悔している。

 そして、放課後になると高田が声を掛けてきた。
「峰岸先生、お願いしますよ」「わかりました…」逃げ出したいのを堪えて付いていく。
「この服だったらまずいですよね。これに着替えて下さい」紙袋が渡され「気遣いありがとうございます」礼を言って更衣室に入っていく。

 和代は服を脱ぎ、全裸になると袋から取りだした服を着ていく。
「ワンピースだわ、直ぐに脱げるように考えたんだ」頭からくぐって着込み、黒い目出し帽を被ったが「これって、あの時のでは?」レイプされた時の帽子に似ているが断言はできない。
「そんな事ないわ。高田さんの声とは違っていたし…」疑問を感じながらも、被ると誰だかわからない。

 「これなら、ヌードになってもわからないし」鏡で確認すると更衣室から出た。
「いいですね。オッパイの形が…」ワンピースは和代の乳房を引き立てている。
その乳房を撫でるとブラジャーをしてないから、膨らんだ乳首に当たり「乳首が痛いです。それより…」高田の手を押さえる。
「そうでしたね。行きましょう」高田と一緒に懇親会をやった和室に入った。

 そこには、教え子達が20人程正座しており(生徒の前でヌードになるんだ…)緊張のあまり、鼓動も早まっている。
「今日はお前達のために、特別な授業だ。誰にも言うなよ、知られたら、二度とできないぞ!」
「わかっています。ですから早く始めて下さい」
「この授業のために、わざわざ名乗り出たAさんを紹介しよう!」
(そんな事してないわ。あなたが無理にやらせようとしたんでしょう)黙ったまま、お辞儀をした。

 「A子さん、お願いします」和代はワンピースの裾を持ち上げていくと下半身が見えて「オ○ンコだ!」歓声が上がった。
(見られた。性器を見られた!)目を閉じ、なおも持ち上げ首から脱ぐと「オッパイだ。オッパイが揺れている!」初めて見る女性の裸体に歓声が上がった。
(静かにして。そんなに騒がれたら恥ずかしい!)乳首が限界まで膨らみ、淫裂からはみ出た肉襞も震えている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター