fc2ブログ

「淫らな学園」第14話 懲罰委員会

第14話 懲罰委員会

 「先生。ここに座ってください」会長がイスを指さすと「その前に、皆さんにお詫びします。このような事をしたお詫びをさせて下さい!」和代は皆が見ている前でスーツを脱ぎだした。
「先生、どう言うつもりですか?」
「ですから、お詫びです。最後までご覧下さい…」ブラウス、スカート脱いで下着姿になり、ブラジャーのホックを外すと、白い乳房が飛び出していく。

 「先生、オッパイを見せたいんですね?」
「そうです。それにここも…」手首に絡まった紐を外すとパンティを掴んで引き下げた。
露わになった股間には絨毛が生えておらず「パイパン…」と生徒達が顔を見合わせる。
それでも、なおも引き下げるとピンクの淫裂が剥き出しになった。

 「お詫びです。こうして、恥を忍んでヘアを剃りました…」パンティを足首から抜くと両手を後ろで組んで全裸を晒した。
「お、オ○ンコが丸見えだ…」生徒側の委員は肉竿が膨らんでしまい、手で押さえている。
「先生。謝りたい気持ちは分かりましたが、それだけでは許されませんよ」
「それは分かっています。ですから、罰として、私のオッパイと性器をご自由に…」

 「皆さん、処分を決める前に、峰岸先生もこうおっしゃってますから」石塚は真っ先に乳房を掴み「いいね、このオッパイは最高だよ」満足そうな顔をして揉んでいく。
「それでしたら、私も!」慶子は淫裂を撫でだし(ダメ、指は入れないで、触るだけです…)声を出すまいと堪えていた。

 「僕達にもやらせて下さい!」生徒側の委員も吊られるように和代の体を触りだし「ここがオ○ンコなの?」膣を広げて覗き込む。
「そうよ、そこにチンポが入るの。やった事ないの?」
「うん。見るのも初めてだし…」珍しそうに覗き込み、中を触っていく。
(膣はイヤだけど、我慢しないと)太股を震わせながら耐えた。

 そして、皆が乳房や淫裂などを触り終えると「委員の皆さん、ここは峰岸先生もヘアまで剃って詫びていますし、大目に見ませんか?」
「僕達は、先生の体をじっくり見たからいいですが、他の人の事も考えないとダメです」
「当然です。そこで、先生には性教育のモデルをやって貰いましょうよ」
「それはいい考えだ。私も賛成だな」石塚はしてやったりの顔になった。

 「でも、それだけでは軽すぎます。公開オ○ンコですよ、バランスを考えないと…」
「1週間、上半身丸出しなんてはどうでしょう?」
「いい考えだよ。バランスも取れるし」委員は笑顔になったが(イヤよ、オッパイ丸出しの授業だなんて…)泣き顔になって項垂れていると「峰岸先生、どっちを選びますか、公開オ○ンコと1週間のトップレスとでは?」石塚が言う。
「トップレスを選ばせて下さい…」

 「でも、オッパイ丸出しにスカートは似合わないよ」
「だったら、ストッキングとガーターベルトなんてどうだろう?」
「いいかね。しかも、黒だよ。パンツもね」懲罰委員は笑顔になって話していたが(オッパイ丸出しだなんて…)和代は悔しさで涙を流していた。

 和代の懲罰委員会の処罰が決まると早速、生徒にも知らされた。
「凄いや、オッパイ丸出しの授業だぜ!」
「信じられないな。生で見られるんだからな」掲示板を見ながら笑顔になっていた。
和代は罰委員会の決定が済むとアパートに帰ったが、同僚にはすでに知れ渡っている。

 「和代さん。トップレスの罰なんですってね?」悦子や理沙が心配そうに声を掛けた。
「はい、身から出た錆でしょう…」呟くように言って部屋に入り「どうして、私だけがこんな目に…」泣きながら拓也との生活を、愛しく思えてしまった。

 翌朝、和代は元気なく登校した。
「峰岸先生、準備はよろしいので?」
「はい、この通りです」スカートのホックを外しファスナーを下げた。
スカートは足元に落ち、下半身が露わになって、黒いレースのパンティが淫裂を包み、太股まで同じ色のストッキングが覆い、更にガーターベルトで吊っていた。

 「凄いわ。夫がみたら襲っちゃうわね」
「私だって、そう思う」恵理や悦子もジッと股間を見ている。
「峰岸先生、上の方はどうなっていますか?」
「この通りです…」上着とブラウスのボタンを外して胸を広げた。
「いいですね。相変わらず形もいいし」満面の笑みで乳房を見ている同僚の前で、和代は上半身を剥き出しにしている。

 「いいですか、1週間はこれで授業ですよ」石塚は乳首を指で撫でながら言い、「わ、わかっています…」その手を退かせて手で胸を隠す。
「先生、ダメです。隠すのはダメです。そんな事したらもっと罰を受けますよ」今度は乳房を揉んでいく。
「そんな、隠したらダメだなんて。もし、教え子にされたらどうすればいいんですか?」
「我慢してください、直ぐに終わりますから」
「そんな、何もできないだなんて!」
「仕方ないでしょう。罰なんですから。それより時間です」同僚達と一緒に体育館に向かった。

 体育館には明正学園の全生徒が並び、皆が和代の上半身丸出しの姿を期待して待っていた。
和代は、生徒達の見守る中、同僚と一緒に演壇に上がると「オッパイだ!」思った通り、生徒達は乳房に興奮して声を上げ(オッパイを見られている…)恥ずかしさに、乳首も膨らみ体も震えている。

 「静かにしなさい!」石塚が騒ぐ生徒に声を上げると、直ぐに静かになって「今日から、1週間の間、峰岸先生は罰を受けます。それは…」長々と話し出しが、その間、下を向いたまま聞いている和代だが、生徒は乳房とパンティの淫裂を押さえた部分ばかり見ている。
(薄い生地だから見えないかしら?)淫裂に食い込んでいるのが気になっている。

 こうして、朝礼は10分程で終わると授業が始まり、和代も同僚と一緒に教室に向かった。
教室に入ると異様な雰囲気に気づく。
(何よ、この雰囲気は…)それでも授業を始め、乳房を揺らせながら黒板に書いていると、後ろから男子生徒がそっと近寄り、パンティを一気に下げた。

 「お~!」歓声が上がるが「イヤ~!」悲鳴も上げた。
「先生。どうせなら全部見せてよ」
「イヤ、イヤです!」脱がされまいとするが、数人掛かりで押さえられ、引き下げられると「ない、ヘアがない!」無毛の淫裂が現れ驚いている。

 「見て。ヘアを剃っているのよ。生えた跡があるし…」女生徒も淫裂を触り「イヤらしいわね。ヘアがないと、こんな形なんだ!」指が膣を撫でだす。
「やめて。オッパイだけのはずです!」
「それは表向き。素っ裸で授業して貰おうよ!」
「イヤ、できない。そんな事できないわ」首を振って言う。

 「イヤでもやって貰わないと」ガーターの留め具を外して、パンティを足首から抜かれ「やめて。こんな性器は見なくていいのよ~!」叫んでも淫裂を剥き出しにされた。
「先生、これは罰が終わるまで預かるからね」両手でパンティを広げて見せた。
「返して。性器を見られるなんて、イヤなのよ!」手で股間を押さえ泣きだした。
「ダメだね、素っ裸でやって貰わないとね。それに手で隠したら、また罰だからね」

 それには「う、う、う!」泣きながら淫裂から手を退け、教え子に晒していく。
「そうだよ、それでいいんだ。早く授業しないと」
「そうよ。悪い点を取ると、先生がまた罰を受けるわよ」
「分かりました、始めます」涙を手で拭き、全裸同然で授業を始めると静かになって(これで済むならいいけど…)ふと、頭を上げると教え子が肉竿を擦っている。

 (オナニーしている。私の性器を見ながらオナニーを…)ジッと見ていると、生徒も笑顔になって動きを早めた。
(やめて、私のヌードでオナニーなんて不潔よ)目を逸らすと別な生徒も肉竿を擦っており(授業中よ、オナニーなんてしないでよ!)よく見回せば大半がやっていた。
(不潔。私はヌードモデルじゃないのに…)唇を噛んで授業を続けた。

 和代は、堪えながら最初の授業を終えたが(そうよ、パンティがないんだわ。性器を見られてしまう…)顔が真っ青になってしまった。
「お願い、パンティを返して!」土下座して頼み込んだ。
「先生、言ったはずよ。罰が終わるまで返せないって!」

 「素っ裸なのよ。性器を見られてしまうのよ!」
「公開オ○ンコよりはいいでしょう。見られるだけだし」
「そうだよ。いやなら20人とオ○ンコする?」完全に立場が逆転している。
「わかりました…」泣きながらストッキングとガーターベルトだけを身に着け教室から出た。

 それを待っていたかのように、外には生徒が並んで待ちかまえており「そ、そんな…」それだけしか言えない。
「見ろよ、オ○ンコも丸出しだよ」
「いいよな。ヘアまで剃ってオ○ンコ見せてくれるんだから」
「それに、性教育には体を提供するんだってさ」淫裂を見ながら話していた。

 和代はその言葉を聞きながら、手で隠す事ができないから、丸出しのまま職員室に向かう。
途中、すれ違う生徒も「オ○ンコだ!」声を上げ指さし、女生徒も「オ○ンコよ。峰岸先生がオ○ンコ丸出しにしているよ」と声を上げている。
(酷いわ、こんな酷い事されるなんて…)泣きながら職員室に戻った。

 和代が戻ると「素っ裸だ!」同僚が声を上げた。
「パンティはどうしたの?」
「罰が終わるまで預かると言われて…」泣きながら事情を説明した。
「困ったわね、私も換えは持ってないし」
「そうよね、黒のレースなんて無理よ。白ならあるけど」

 「仕方ないわ。今日はこのまま授業しなさい」
「性器を見せるんですか?」
「手の施しようがないわよ。どうせ、見られたんだから」他人事のように慶子が言う。
「そうよね、慶子さんもやらされたし、私もやったしね。ここは、和代さんも覚悟決めてやりなさい」それには何も言えない。
(みんなもやったんだ。ここはいったい何なのよ)黙り込んだままで、授業が始まると和代はストッキングとガーターベルトだけを身に着けて教室に向かった。

 こうして、どうにか、授業を終えて放課後となり(よかった。これで服を着られる)安心して廊下を歩いていると、いきなり、教え子に押さえられ「静かにして!」口も塞がれ、最初に住んでいた建物に連れ込まれた。
「やめて。お願い、レイプはイヤ!」手で胸と淫裂を押さえて言う。
「レイプじゃない。先生がやりたがっているから、やって上げるんだ!」ズボンを脱ぎ、下半身を剥き出しにしていく。

 「レイプしたら、訴えるからね」
「そんな事したら、先生のオ○ンコ写真をばらまくよ」
「そうだよ。野球部だけでなく、俺たちにもやらせてよ」和代のレイプ写真を見せた。
「どうして、これを…」
「言えないな。とにかくやらせて!」和代を押し倒して覆い被さった。

 和代は下着を着けていないから、簡単に淫裂に肉竿が入り込み「いや~!」膣が無理に広げられ悲鳴を上げた。
「我慢して。やり方分からないんだ!」強引に肉竿を動かしていく。
(痛いわ、膣が痛い。それにしても、あの写真は誰が撮ったのよ…)不安を感じながら犯された。

 やがて、淫裂の中が暖かくなった。
「イヤよ、射精だなんて…」
「野球部だって出したよ。飲んでいるから平気でしょう。それより次だ!」
「イヤ、これはイヤ、普通でして!」四つん這いにされて犯されていく。
「ダメ、ダメ…」喘ぐ和代の乳房が前後に揺れ、次々と射精されると生徒は出て行った。

 残された和代は「どうしたらいいのよ。教え子にレイプされたのに…」淫裂を丁寧に拭いて職員室に戻った。
「峰岸先生。まさか…」入るなり、ただならぬ姿に悦子が声を上げた。
「レイプよ、レイプされたのよ…」泣きながら話すと「ダメ、言っちゃダメ。レイプなんかじゃないわ。何にもなかったわ」
「そうよ、何もなかったわよ。それより服を着ないと」同僚達が意味ありげに言う。

 「でも、間違いなく…」
「夢よ、夢を見たの。それより急いで!」言われるまま、服を着込むと、悦子や理沙と一緒にアパートに戻った。
「いい、絶対レイプされたと言っちゃダメよ!」悦子が念を押し「そうよ。それが身のためよ」理沙もそう言って自分の部屋に戻った。

 「勝手な事言わないで、こっちの身にもなってよ!」不満げに服を脱ぎ、シャワーで淫裂を洗いだした。
「でも、どうしてなの。レイプされたって、言うなだなんて…」疑問に思いながら丁寧に洗い続けた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター