fc2ブログ

「淫らな学園」第15話 襲いかかる災難 

第15話 襲いかかる災難 

 翌日、和代は下着を捜したが、黒いレースのパンティは見あたらない。
「どうしよう。黒はあるけど…」悩みながらも足を通し、ストッキングとガーターベルトも着け、いつものようにスーツを着込んで学園に向かった。

 途中で「先生、おはよう」井上が声を掛けてきて「おはよう」嫌々ながらの返事だ。
「先生、最近冷たいね」
「仕方ないでしょう。こんな事になったのも、井上君のおかげよ!」
「怒っているんだ。だったら、お詫びしないとな」
「今更遅いわよ。謝ったって許さないわ!」機嫌悪く突き放すと「やれやれ、困ったもんだ…」頭を掻きながら呟いた。

 その後2人は黙ったまま校門をくぐり、校舎に入ると、和代は真っ先に職員室に入り服を脱ぎだした。
「峰岸先生。それじゃあダメですよ、黒のレースでないと」
「分かっていまが、これしかなくて…」
「弱りましたね。あれじゃないと、また罰が増えますよ」

 「そんな、またフルヌードですか?」
「そうです。それが無難です」
「そうよ、峰岸先生。小手先のごまかしは後で痛い思いをしますよ」
「分かりました、そうします…」項垂れてパンティを脱ぎ淫裂を剥き出しにした。

 「これでよろしいでしょうか?」
「はい、結構です。それでは連絡ですが…」ミーティングが行われ、それが済むといつものように授業が始まった。
和代が教室に入ると、カメラを構えた井上が待ちかまえて「イヤ、撮らないで!」慌てて胸と股間を隠す。
「先生、許可は取ってあります。それより、隠したらまた罰だよ」
「そんな、ヌードは撮られたくないのよ」泣き顔で胸と股間から手を退けていく。

 「それでいいです。普通通りにやって下さいね」
(そんなの出来ないわよ、性器丸出しでやっているんだから…)今にも泣き出しそうな顔で、出欠を取り授業を始めた。
そんな和代をカメラが撮りだし、黒板に書いている姿も撮った。
(後ろから撮られたら、あそこまで撮られてしまう…)足を閉じたままでいたいが、そうも行かず、足を開いて体を下げていくと「オ○ンコだ!」淫裂が見えたのか、声が上がる。
(言わなくていいから、黙っていてよ…)唇を噛んで書き続け、井上はそんな和代を撮り、放課後になると悦子と理沙が付き添ってガードをしてくれた。

 こうして、1週間が終わり、和代の服を着られるようになると「峰岸先生、性教育のほうもお願いしますよ」高田が声を掛ける。
「わかっています…」
「それならいいです。このスケジュールでやりますからね」計画表を手渡す。
「それから、万が一に備えて飲んでいるでしょうね?」
「まさか、セックスも…」
「そうです。やった事がない連中ばかりでしてね。童貞狩りと思って楽しんでください」

 「イヤよ、セックスはイヤです!」
「今更、何言ってるんですか。しっかりやって下さい。アパートに帰ったら僕とリハーサルしますからね」
それを聞いて「面白そうね。見学してもいいでしょう?」教師達は笑顔になっている。
「構いません。ご覧になりたい方は是非どうぞ!」
「私も見たいわ」同僚達は次々と名乗りを上げるが(承知してないわよ。勝手に決めないで!)和代は叫びたいが、何も言えなかった。

 その夜、狭い和代の部屋には同僚達が集まっている。
「和代さん、始めましょう」高田が和代を脱がしていく。
「自分で出来ます…」
「遠慮しなくていいです」拒んでも脱がして、パンティとブラジャーだけにした。

 「まずは、これから」パンティを引き下げ、その後ブラジャーを脱がし全裸にした。
「今度は、峰岸さんがやって下さい」高田に言われ、黙ったまま脱がしてシャツ、ズボンと脱がすと、そそり立った肉竿が現れる。
それを「まあ、ご立派です事…」目を輝かせて雅子が見ている。

 「それでは始めます。まずは、愛撫からです」高田は和代を寝かせ、唇を重ねてから乳房を撫でだし、リズミカルに揉んでいく。
すると「あっ…」と声が上がる。
(セックスを見られるなんてイヤだわ。でも、いつもと違って感じていく…)優しく乳房を揉まれ、淫裂も撫でられていく。

 「ダメ、そこは…」クリトリスを撫でられると腰が動き「あ、あ、あ~」指に合わせ声も上がっていく。
(気持ちいい。膣が濡れていく…)和代も手を伸ばして肉竿を擦り出す。
それに答えるかのように、高田が覆い被さって、肉竿をゆっくり淫裂に押し込んできた。
「あ、あ、あ~」声と共に背中が浮いていく。

 高田はなおも押し込み、股間同士が密着するとピストンを始めて「クチャ、クチャ!」淫裂から音が鳴り、淫汁も流れていく。
「凄いわ。私もされたい…」雅子はスカートの中に手を入れ淫裂を撫でだし、悦子も胸を広げて乳房を揉んでいる。
(やめて。人のセックスを見ながらオナニーはしないでよ…)それは和代にも見えていた。

 「峰岸先生、今度は駅弁ですよ」太股が持ち上げられ「ダメ、危ないからダメ!」落ちまいと両手で高田の首に抱き付いた。
「行きますよ!」肉竿が淫裂深く入って「あ、あ、あ~」体を反らせて声を上げ「クチャ、クチャ!」肉竿は勢いよくピストンをしていく。
「ダメ…強い…。行く…行く…」次第に淫裂から流れる淫汁も多くなってきた。

 高田はなおもピストンを続け「限界です…後ろからして…」和代は初めて自分から『後ろからして』と言った。
「四つん這いですか?」
「そうです…」
「分かりました。そうします」降ろされた和代は、自ら四つん這いになって高田を待ち、それに答え、後ろから肉竿をピストンしていく。

 「行く、行く、行く~!」
「ダメです。まだ行かないで下さい!」腰の振りを早めたが、和代は崩れて太股まで淫汁を流し、荒い息使いをしている。
「困ったな、まだなのに…」
「それでしたら、私が続きを…」雅子が待っていましたとばかりに肉竿を擦り出す。

 「分かりました。お願いします」雅子の服を脱がしだし、その傍らではグッタリした和代の乳房を、理沙と悦子が揉んでおり「ハア、ハア!」相変わらず胸が波打っている。
「和代さん、いいでしょう?」悦子は我慢できないのか服を脱ぎ、同じように理沙も脱いでいく。
こうして、教師達は全裸になって抱き合い「いいわ。もっとして!」悶え声が響き渡っている。

 そして、いよいよ性教育が行われた。
和代は教え子の前で足を広げ、淫裂を剥き出しにしている。
「本当はここまで、ヘアが生えているが、お願いして剃って貰った!」高田は淫裂を触って体の構造を説明していく。
その間、和代は恥ずかしいのか顔を背けたままだ。

 やがて「これから、オ○ンコの実習をするから裸に慣れ!」それには歓声を上げて脱ぎだす。
「成績のいい順にやるからな!」名前を読み上げ並ばせると「よし、始めろ!」教え子に乳房を揉まれながら、肉竿を迎え入れさせらる。
「ダメ。そんな乱暴にしないで…」初めての事に手加減が分からず、ピストンも力任せだし、乳房も鷲掴みしている。

 (痛い。オッパイは敏感なのよ)堪えていると淫裂に暖かい液体を感じた。
「何だ、終わったのか。次だ!」次の生徒が挑むが、初めてなのか、あっけなく放出していく。
こうして、教え子の相手を終えた。

 「どうだ、オ○ンコのやり方分かったか?」
「はい、分かりました。またやりたいです」
「それは彼女とやれ。それから、これも忘れるなよ」コンドームを見せ、避妊の事も話して講習が終わった。

 講習が終わると教え子達は出て行き、高田と和代だけが残された。
「僕もやりたいよ。やらせて下さい!」高田はズボンを脱ぎだし「授業中です。今はイヤ!」服で体を隠すが、ズボンを脱ぎ終えた高田に奪われ、抱かれていく。

 「今度は、大人のオ○ンコです」和代を四つん這いにして、後ろから肉竿で突きだした。
「ダメ…いけない…授業中です…」(気持ちいい。後ろからされると感じる…)喘ぎながらも、また淫汁を流し(出して。私の子宮に出して…)和代もピストンに合わせて腰を動かしている。

 「気持ちいいです。出しますよ」
「出して、早くエキスが欲しい…」高田は限界に達したのか放出し「気持ちいい。膣の中がとろけそう…」満足そうに俯せになっていく。
「僕もです。またさせて下さい」
「もうダメです。これでも、夫がいますから…」
「それは分かっていますが、少しは遊びましょうよ」唇を重ねていく。
(そうよね、どうせ分からないし…)和代もその気になったが、覗き見をしていた影には気づかなかった。

 和代は高田が作ったスケジュールの通りに、教え子の前で全裸を晒し続けて、中間テスト前には男子生徒の皆と性行為を終え、テストが行われた。
「峰岸先生、英語の点数が伸びませんね」石塚が採点表を見ながら話し掛けてくる。
「そう言われても、生徒の理解力に差がありますし…」

 「そこを、うまくやるのが教師です。ご覧下さい、ほら!」確かに和代が受け持つクラスだけが成績が悪い。
「特に、男子ですね、男子の低落が目立ちます」石塚の言葉には黙ったままだ。
「峰岸先生。ここは気合いを入れるために、お仕置きしましょうよ!」それには顔を引きつらせ「許して下さい、お仕置きはイヤです!」

 「イヤでも受けて貰います。高田先生、準備をお願いします」
「分かりました、準備します」高田は職員室から出ていくが「イヤ、イヤです…」泣き続けている。
「先生、泣くのはまだ早いわよ、お仕置きが始まってからよ」人ごとのように慶子が言いい(勝手な事言わないで、こっちの身にもなってよ)涙は止まらない。

 暫くして「準備が出来ました」高田が元気よく入ってきた。
「皆さん、行きましょう」和代は腕を掴まれ職員室から資料室に向かう。
「峰岸先生、脱いで下さい。素っ裸ですよ」
「許して下さい。頑張りますから!」
「往生際が悪いですね。そんな事すると、重いお仕置きに変わりますよ」そう言われれば脱ぐしかない。

 「わかりました、裸になります」服を脱ぎだすと、高田がそれを撮っていく。
(ビデオだわ、お仕置きを撮る気だ!)カメラを気にしながら下着姿になった。
「峰岸先生、そんな下着はダメです。明日からはこれを着けて下さい」悦子がボタンを外して胸を広げると「そんな、オッパイを…」縁取り簿ブラジャーを着け、乳首にはピアスが付けられている。

 「いい事。忘れたら、お仕置きよ!」
「でも、ピアスなんてイヤ。乳首に穴は開けたくありません」
「大丈夫よ。穴あけ式じゃなく、挟むタイプだから」ピアスを外して見せた。
「いい事、あなたは黒なの。2年間は黒よ!」

 「私は長いから、ほらね」慶子も胸を広げたが、白い縁取りのブラジャーを着け乳房を飛び出させている。
(何よ、『着るな!』って仕置きしておきながら、今度は着ろだなんて身勝手よ!)不満を堪えて黙ったままだ。
「分かったら、早く脱いで!」急かされ、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

 「これで、よろしいでしょうか?」両手を後ろで組んで項垂れている。
「そうです。それでいいですが、手を出して下さい」言われるまま両手を差し出すと手首が縛られていく。
(ムチ打ちされるんだ。悦子さんのように…)覗き見した時のことを思い出した。

 その思った通りに両手を上げたまま吊され、足を開かされる。
「撮らないで、性器はイヤです!」
「性器ね、これはオ○ンコよ」意地悪く理沙が指で広げ「イヤ、イヤです!」体を動かすしか出来ない。
「見て。これが峰岸先生のオ○ンコの中よ」更に広げ、膣や尿道などを見せて、高田がビデオに撮っている。

 「いや、いやです!」恥ずかしい部分を撮られ、泣き声を上げると「これくらいで泣かないの。こんな事もされるんだから!」理沙が乳首を潰し「ギャ~!」悲鳴が響いていく。
「あら、痛かったかしら。ご免なさいね。でも、ここにもしないと」クリトリスの包皮が捲られ潰され「ギャ~!」悲鳴を上げ体を震わせている。

 「私にもやらせて下さい」石塚もムチで尻を叩き出し「ギャ~!」と赤い筋が出来るたびに叫んでいる。
「許して、お願いですから許して下さい…」泣きながら頼み込んでも聞き入れられず、乳房と淫裂にも赤い筋が出来ていく。

 やがて、堪えきれず淫裂から黄色い液体を噴き出させてしまった。
「あら、お漏らししたわよ」カメラも撮っていく。
「撮らないで。せめてものお情けです…」停めようにも停まらず、足元を濡らしていく。
和代は「う、う、う!」屈辱に泣くだけしかできない。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
279位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
狙われた女教師 連載中 
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事数メーター