fc2ブログ

「淫らな学園」第18話 2度目の仕置き

第18話 2度目の仕置き

 男達に犯された和代は、再び目隠しをさせられ車に乗せられて、町一番の繁華街に向かい(ヌードで歩いたら変態と思われてしまう…)体の震えが止まらないが、車は繁華街の手前で停まった。
「これを持っていろ。金も入ってる。それから、この繁華街を歩ききれば、お前の顔見知りがいるから、そこでオ○ンコやるんだ!」

 「もし、イヤだと言ったらどうします?」
「頼み込め。それがダメならチンポをしゃぶれ!」バックを持たせると、目隠ししたままの和代を降ろして走り去った。
「行くしかない、素っ裸で…」昼下がりの繁華街をバック片手に全裸で歩き出すと「キャ~!」「素っ裸だ。オ○ンコ丸出しの素っ裸だ!」悲鳴と歓声が上がっていく。

 その悲鳴に、和代の回りには人垣が出来た。
「見ろよ、オ○ンコ剃っているぞ」
「それにしても、いい乳してるね」
「恥ずかしくないのかしら、女性の恥よね」人垣は和代の事を話している。

 (私だって、こんな事したくないわ。やらないといけないのよ…)流れる涙を手で拭き、歩き続けるとカメラに気づいた。
(撮っている、私のヌードを…)予想はしていたが、恥ずかしさが、倍になっている。

 それでも和子は乳房を揺らせ、淫裂を晒したまま歩くと、人垣も当然に付いてくる。
「いいね、あのオッパイ。揺れ具合がいいよ」
「俺、オ○ンコしたいよ、やらせてくれないかな?」取り囲んだ男達は勝手なことを言っている。
(そうよ、セックスしなければいけないんだ。相手が誰だかわからないから、コンドームを使った方がいいわ)バックの中を確認してから歩いていくと薬局が目に入る。

 「ごめん下さい」ドアを開けて店に入ると「いらっしゃ…」後の言葉が出てこない。
「コンドームを下さい」小さな声だ。
「コンドームですか。準備がよろしいですね。もう裸になって」じっくり乳房や淫裂を見てからコンドームを手渡す。
「あの~。性器のヘアが邪魔でしたら、脱毛クリームもありますから、試しますか?」無毛の淫裂に興味があるようだ。

 「今はいいです。急ぎますから…」
「そうですよね、セックスするんでしたね」皮肉を聞きながら代金を払い、また歩き出した。
「コンドームを買ったんだってさ。間違いなく、オ○ンコやる気だよ」
「見たいね。オ○ンコやる所を」人垣がセックスするのを期待しながら一緒に歩いている。
そんな連中と一緒に繁華街を歩いているが(誰よ、誰がいるというのよ)不安だった。

 やがて、繁華街も途切れて寂しくなっている。
「和代さん!」振り向けば悦子がおり、それに高田や桃子達もいて「そんな、そんな…」歩くことも出来ず、やっと立っている。
「どうしたのよ。素っ裸で歩くなんて!」何も知らない悦子は尋ねるが和代は「う、う、う!」と泣くだけだ。

 「なんとか、言ったらどうだ?」高田も言い出し(どうしよう。言わないとあれが表沙汰になるし…)和代は迷ったが「お願い。セックスして、ここで!」高田のチャックを引き下げ、肉竿を取りだした。
「やめろ。こんなとこで、何する気だ!」
「お願い。せめて、しゃぶらせて!」強引に掴み、口に含むと隠れてカメラが撮っていく。

 「何て事を…」悦子達は呆然と見てから「とにかく、一緒に帰りましょう!」肩を抱かれ、車に連れ込まれ走っていく。
「何だ、もう終わりか。もっと見たかったのにな」車が走り出すと人垣も消え、何もなかったように元の静けさに戻った。
そんな中で「撮れたかな?」「多分な。これであいつも、おとなしくなしくなるよ」笑顔でカメラを仕舞い込んでいく2人がいた。

 一方、アパートに連れ戻された和代は同僚からの質問攻めにあっている。
「どうしたのよ、素っ裸で歩くなんて!」
「何があったのよ、教えて!」次々と問われるが「う、う、う!」と泣くだけで(言えないわ。散々レイプされたあげく、素っ裸で放り出されたなんて…)誰にも言わないと心に決めた。

 「それに、コンドームよ。これ買って、やる気だったの?」
「そうみたいだな。俺のをチンポをしゃぶりたがったしな。そんなにオ○ンコしたいなら、ここでやろう!」高田はズボンを脱ぎだし「しゃぶれ、やりたかったんだろう?」肉竿を差し出す。
(やりたくない。でも、やらないと…)つじつまが合わないから、やるしかない。

 肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」頭を動かしていく。
「オ○ンコもやりたかったんだろう?」それには頷いて答える。
「おかしいわよ。人前でセックスしたかったなんて…」
「一種の病気だよ。旦那と暫くオ○ンコやっていないから恋しくなって!」
「旦那さんのチンポが凄くよかったのね」

 「そうかもな。とにかく、俺が慰めてやるぞ!」和代を抱きかかえ駅弁での結合を始めると「あ、あ、あ~」肉竿が淫裂を突き刺す度に声を上げている。
「凄いわ。お汁がもう流れている…」
「よほど、セックスがしたかったのね」

 「私も興奮してきた。誰かとやりたくなってきた…」理沙は股間を撫でだす。
「わかったわ。これを見ながらしましょうよ!」即席のカップルが出来上がり、服を脱ぎ乳房を吸い合いだす。
「いいわ。もっと強く吸って…」「噛んで、乳首を噛んで…」喘ぎ声を上げだした。
その声を聞きながら、和代は高田から淫裂深くに精液の噴射を受けた。

 翌日、明正学園では臨時の職員会議が行われた。
「峰岸先生。困ったことをしてくれましたね」
「すみません、私どうかしていたんです。裸で歩くなんて…」泣きながら詫びた。
「泣いても困ります。ここは重大な違反ですからそれ相応のお仕置きをしませんとね」
「校長の先生のおっしゃる通りです。ここは、厳罰で行きませんと」

 「取りあえず、高田先生。準備をお願いします」
「わかりました。及川先生に松島先生。お手伝いをお願いしますね」3人が出て行くと「峰岸先生、準備をお願いします」石塚に言われ和代は脱ぎだす。
(前より痛い思いをさせられるわ…)顔を強ばらせながら脱いで全裸になった。

 「こんなに立派な体だから、寂しかったんですかね」石塚は乳房、淫裂と撫で回している。
「私もそう思います。旦那さんと暫くやっていないから、やりたかったと思います」
「それでしたら、考えてあげませんと…」石塚が思案していると「準備が終わりました」高田が戻って声を掛ける。
「それでは行きましょう」皆が資料室へと向かった。

 資料室に入ると、和代は小さな机に仰向けに寝かされ、手足を縛られ動けないようにされた。
「先生。2度目だからここにピアスを付けます」淫裂の肉襞を消毒しだし「夫がいます。お願いだからやめて下さい!」顔色が変わった。
「仕方ないのよ。あんな事したんだから。校舎の中だったら、こんな事にはならなかったのに…」
「そうよ。町中だったから、仕方ないのよ」
「でも、イヤ。イヤです!」手足をバタバタさせるが何にもならない。

 消毒を終えると肉襞を掴まれ、器具が当てられて「ギャ~!」悲鳴と共に太股を震わせている。
「空いたわよ。これを付けるからね」ピアスが取り付けられ「う、う、う!」和代は泣くだけだ。
それが済むと「それでは、始めます」石塚はムチを持ち、和代は机から降ろされ、両手を縛られぶら下げられた。
「ピシ、ピシ!」ムチが振られ「ギャ~!」悲鳴が響き渡っている。

 しかし、仕置きはこれで済まず、夏休みが終わると生徒から懲罰委員会の開催申し込みがあった。
勿論それは和代のことで、石塚も今回はかばいきれず、罰として公開セックスと、2ヶ月間の全裸授業と決まった。
罰が決まると、和代は全生徒が見守る前で、演壇に登らされると服を脱がされ「う、う、う!」抵抗も出来ないから泣くしかできない。

 生徒がパンティ、ブラジャーと剥ぎ取って全裸にすると「凄いわ。ピアスよ、性器ピアスよ!」淫裂に付けられたピアスがキラキラ輝いている。
全裸にされると、足を閉じれないように左右の踵を棒で固定され、更に両手を後ろ手にされ完全に自由が効かない。
下から見上げる生徒達には口を開いた淫裂が丸見えになっている。

 「先生、生徒側からお仕置きを始めます」背中から抱き付かれ、淫裂に肉竿が入れられ「あ、あ、あ~」すかさず声を上げていく。
「凄いや、オ○ンコにチンポが…」
「あれがチンポね。あんなに太いなんて…」生徒達は食い入るように見ていたが、股間を手で撫でだている。
それを知ってか、生徒も和代の両乳房を揉みながらピストンを始めた。

 だが、程なくして「ダメだ、限界だ~!」動きを停めると、淫裂からは白い液体が垂れだす。
「次だ、次の委員!」相手が変わり、また淫裂に肉竿が入り込んで「あ、あ、あ~」和代は声を上げ続けた。
(どうして、こんな事させられるのよ…)涙も流していくが、生徒の10人から膣の中に射精された。
こうして、公開セックスが終わると授業が始まったが、和代だけは、全裸のままで授業をしなければならない。
前はストッキングとガーターベルトを付けていたが、今回は何も着けてはおらず、乳首と淫裂のピアスを輝かせながら授業をしている。

 そんな中、3年生だけは受験の準備で大忙しの日々を送っていたが、3年生の気休めにと水泳大会が催された。
生徒は紅白に別れ、教職員も紅白に別れての応援をすることに決まった。
また、どこからとなく「罰として、負けたら応援の教職員は素っ裸になる」との噂も流れている。
それには「そんな、ヌードになるなんて…」考え込む教師達だが、生徒達は勝とうが負けようが、素っ裸を見れるから喜んでいる。

 やがて、水泳大会は始まった。
「頑張って、負けないで。勝ったら、オッパイ触らせて上げるから」
「私もよ。勝ったら、触らせて上げるからね」と言う具合で、教師達は全裸になりたくないから、必死になって応援している。

 やがて、全ての競技が行われ水泳大会が終了したが、生徒会側から「負けた方の先生がヌードになると聞いていました!」とクレームが付いた。
「そんな事はない。それは噂だよ」石塚が打ち消すが、生徒達はガンとして聞かず、反対に「先生が嘘を言いました!」懲罰委員会の開催さえ言い出す。

 石塚は考えたあげく、半日だけ女性教師が全裸での授業をすることで了解させた。
しかし「イヤよ、どうしてヌードよ!」泣き出す教師もおり「決定したことだ。イヤだったら、お仕置きだ!」石塚のその脅しに渋々承知するしかない。

 翌日、教師達は職員室で服を脱いでいく。
「恥ずかしい。こんな小さいオッパイですから」震えながらパンティも脱いで淫裂を露わにしていく。
「イヤだわ、どうして全裸よ」泣き声の慶子だが(私はズーッと全裸で授業よ…)和代は脱いでいく同僚を見つめている。

 やがて、女性教師は皆全裸になったが、慶子の股間だけが真っ黒な絨毛で覆われている。
「恥ずかしいわ。私だけヘアが生えていると変な感じがする…」
「剃って上げましょうか?」
「イヤよ、夫に変に思われるから。剃るなら夫にして貰います」
「そうですよね、その方がいいですよ。そろそろ、行きますか」恒例の朝礼で、体育館に向かった。

 「見ろよ、先生がオ○ンコ丸出しだ!」歓声が上がり、その歓声を聞きながら教師達は演壇に並んでいく。
「先生、もっとくっついてください。それに手を退けないと」写真部員がカメラを構えている。
「撮らないで。ヌードは撮らないで!」顔色を変え、頼み込む教師達だが「記録に残すのが使命ですから」と聞き入れられない。
(性器丸出しのヌードを撮られている…)皆強ばった顔をしながらカメラに収まっていく。

 そして、朝礼を終えると授業が始まった。
教師達は各教室で出欠を取っていくが「先生、オッパイ触らせる約束しましたよね?」と言われた。
「そうだったわね。そんなに触りたいの?」
「はい。それに約束ですからね」
「わかった。オッパイだけよ、ここは絶対ダメだからね!」

 「オ○ンコは見るだけです!」生徒が言うと机と机の間を回りだす。
「触っていいわよ」両手を組んで乳房を差し出すと「柔らかい。オッパイってこんなに柔らかいんだ。それなのに、乳首はコリコリしている!」触られる。
「ダメ、優しくして。乳首は敏感なの」そう言いながら、次の生徒に触らせ「オ○ンコも触りたいな」淫裂を見ながら乳房を揉んでいた。

 「先生、男だけでなく、私にも触らせて下さい!」女生徒からも声が上がった。
「わかっています。触っていいわよ」女生徒達も乳房を揉んでいく。
「先生の性器は私と形が違うんですが…」
「大人になると、こうなるの。ヒラヒラが発達して飛び出るのよ」

 「これが、大きくなるんだ!」肉襞が触られている。
「いいな、俺も、オ○ンコ触りたいな」
「男はダメ。女はいいけど…」そう言いながら生徒に乳房を触らせていく教師だ。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター