fc2ブログ

「淫らな学園」第20話(最終話)再会

第20話(最終話)再会

 文化祭も無事に終わると同時に、和代の罰も終わって、服を着られるようになった。
しかし、教え子が自分の性器を晒した写真を持っていると思うと、情けなくなってしまう。
それは、和代だけでなく皆がそうで、授業をしていても気になって仕方ない。
それでも「もうすぐテストよ、頑張って!」と励ましていた。

 だが「峰岸先生、オ○ンコ見せて下さい」授業中言われ「そんな事できないわ。性器は見せもんじゃないし!」首を振って断った。
「先生、見せてくれないなら手抜きですよ。それでもいいんですか?」「またお仕置きよ。今度は痛いわよ」女性徒までも脅している。

 「やめて。お願いだから、手抜きなんてしないで!」
「だったら、今すぐオ○ンコ見せて下さい」それには震えだし(やらないとお仕置きだし…)覚悟を決め「わかった。見せるから、頑張るって約束して!」
「約束します!」その声にスカート、パンティと脱いで下半身を剥き出しにした。

 「見て、これが性器よ」和代の淫裂は短い絨毛で覆われ、ピアスが付けられており、恥ずかしいのか顔を背けている。
「先生、そのヘア邪魔です、剃って下さい!」
「許して。ヘアを剃ったら夫に叱られます…」
「そうか、先生は人妻だったな。仕方ないな」素直に引き下がり(よかった。拓也さんのことを言って!)急いでパンティを履いていく。

 「先生、授業が始まる前に明日も見せて下さい!」
「そんな、明日もだなんて…」
「イヤなら、手抜きしますからね」
「わかったわ、明日も見せればいいのね」約束させられ、授業を終えると職員室に戻って悦子に打ち明けた。

 「峰岸先生もですか。私も性器を見せろと言われたの…」
「それで?」
「脱いだわ。生理だから、凄く恥ずかしかったけど…」
「それじゃ、今度の授業でも?」
「そうよ。間違いないわ」2人がヒソヒソ話していると「私もよ。性器を見せろって言われたの…」慶子も打ち明けた。
他の同僚も「私も言われたわ。仕方ないから脱いだけど…」次々と打ち明けて「脱ぐしかないわね。恥ずかしいけど…」
「そうね、痛いのはもうこりごりだし」諦めてチャイムと共に教室に向かった。

 次の教室でも同じで「先生、オ○ンコ見せてくれないなら手抜きするからね」と脅された。
それには渋々スカート、パンティとにで淫裂を晒すと「先生、触らせて!」言われる。
「ダメ、それは絶対ダメ!」断ると「だったら、みんなで手抜きしよう!」と言い出す始末だ。
「わかったわ。触ってもいいわよ」和代は淫裂を触られて「ダメ、指は入れないで!」悲鳴に近い声を上げていた。
同じように他の教師も淫裂を触られて「う、う、う!」泣きながらも、教え子の辱めに耐えている。
こうして教え子の辱めに耐えながらも、どうにか試験を終える事が出来た。
「よかった。手抜きしてなくて…」安心して採点していき、同じように、他の教師達も笑顔になっていた。

 こんな事があったせいか、和代は無性に拓也に会いたくなり、石塚に拓也の元で正月を過ごしたいと申し出た。
「いいでしょう。ご夫婦ですから構いません」素直に認め、和代は拓也に電話したが「来なくていいよ」と避けている。
それでも「お願い、会って頂戴!」泣きながら頼み込みんで、承知させた。
そして、正月が迫った日、和代は久しぶりに拓也のアパートを訪ねた。

 「あなた。会いたかった!」拓也に抱き付くが「今更なんだ。俺を変態呼ばわりしていたくせに」素っ気なく言う。
「その件はこの通り謝ります!」土下座して額を付けた。
「それくらいじゃ、収まらないな」
「わかっています。ですからこのように…」カーテンを閉め、服を脱ぎだすと「何だ、色仕掛けかよ」ジッと見ているが、シャツを脱ぐと「あっ!」と声を上げた。

 和代はブラジャーでなく、細い紐で乳房を縛って「和代、あれほど嫌がっていたのに…」驚く拓也だ。
それを後目にス、カートも脱いで「そんな…」現れた姿に呆然とし「あなたは、こうして欲しかったんでしょう?」両手を後ろで組んだ。
和代は黒い太股までのストッキングを履き、ガーターベルトで吊っている。
勿論、パンティは履いておらず、絨毛は綺麗に剃ってあり、淫裂のピアスがキラキラ光り「そうだ。こうしたかった…」和代の淫裂を撫でていく。

 「待って。これでしてもいいわよ」バックからロープとムチを取りだし、拓也に渡し「縛って欲しいの。それにお尻を叩いて欲しいの…」拓也は信じられないと言った顔で、両手を後ろ手に縛り尻を叩き出した。
和代は「ヒ~!」叫びながらも、拓也の好きなようにさせて「オ○ンコだ、オ○ンコもやらせろ!」縛ったまま押し倒して、乳房を揉みながら淫裂を突きだし「お願い。抱っこでして…」和代がねだる。
「駅弁か。お前が嫌いじゃなかったか?」
「あなたが好きだから、あれでされたい…」
「わかった。駅弁でやる!」腕が解かれ抱き上げられると「いいわ、膣の奥まで入ってくる~!」声を上げ続けた。

 翌日、2人は淳子夫婦を訪ね、アパートに入るなり「和代、脱げ、素っ裸になるんだ!」と命令する。
「わかりました脱ぎます」淳子夫婦の前で服を脱ぎだし、和代はもう逆らうこともなく、従順で次々と脱いで全裸になった。
「そんな、ピアスまでして…」淫裂と乳首にピアスがあり「凄い、凄すぎる!」淳子の夫も淫裂を見つめている。

 「和代、淳子さんとやれるか?」
「あなたが望むなら、何でもします。淳子さん、私としましょう」顔を押さえて口づけしていく。
「そんな、レズなんてイヤよ!」
「やれ。淳子やるんだ!」夫から怒鳴られ「わかったわ。やるわよ…」嫌々和代を受け入れ、和代に服を脱がされ、全裸にされると淫裂をなめられて「ダメ、そんなのダメ!」声を上げていく。

 「我慢できない。奥さんとやっても、いいでしょう?」
「いいですよ。私も淳子さんとしますから」2人も脱ぎだして「あ、あ、あ~!」と声が上がりだした。
やがて、二つのカップルは四つん這いになり「あなた、見ないで。恥ずかしいから見ないで!」淳子は拓也との行為を見られ恥ずかしがっている。
「俺も、和代さんとやっているんだ。お前もよく見ていろ!」2人は顔を見合わせながら楽しんだ。

 それが済むと「峰岸さん、こんな事ならまたやりたいですね」と言いだす。
「私もしたいわ。夫も嫌っていたのに、こんなに燃えて…」
「仕方ないよ、理解できなかったんだから」照れる淳子の夫だ。

 そして、元日になると和代はコートだけを身に着け、街を歩かされている。
「脱げ。ここから素っ裸で歩くんだ!」
「わかりました。綺麗に撮って下さい」コートを手に持って町の中を歩き、それを拓也がビデオに撮っていく。
その後、地下鉄、ビルの中と和代の全裸を撮って昼近くアパートに戻ったが、暫くして淳子夫婦が訪ねてきた。

 淳子はアパートに入るなり服を脱ぎだし「峰岸さん見て下さい、私も奥さんと同じくしました…」全裸になった淳子も絨毛を綺麗に剃り落とし、淫裂にはピアスが付けられていた。
更に乳首にも、取り外しが出来るピアスが付けられており「凄いや。今日も行きますか?」「ええ、行きましょう」和代と淳子は両手を後ろ手に縛られ、膝を付けて座らされて尻をムチ打たれ続けた。

 こうして、拓也に久しぶりに抱かれた正月を過ごした和代は、満足そうにアパートに戻ったが「峰岸先生、明日は新年会だそうです」と高田が告げる。
「新年会ですか?」
「ええ、場所は私がご案内します」高田はそう言うと、悦子の部屋に向かう。

 翌日、和代達は迎えに来た車に分乗して会場へと向かうが、理事長の屋敷とは知らなかった。
車は大きな屋敷に入って行くが、そこにはPTA役員もいる。
「揃いましたね。それでは始めましょう!」一行は屋敷の中を歩いて金属製のドアを開けた。
そこは、鉄格子や鎖が並べられ和代も見覚えがある場所で「先生方、準備をお願いします」高田の言葉に皆が怯えている。

 「許して。痛い思いはイヤです!」
「今さら、何言ってますか。準備しないと痛い思いですよ」細めのムチを振った。
「やります。ですから打たないで下さい!」悦子は泣き顔で脱ぎだし、同じように同僚が次々と脱いで(私も脱がないといけないんだわ)和代も黙って脱ぎだした。

 そして、皆が全裸になると両手に手錠が掛けられロープで吊されていく。
「いい眺めです。これだからやめられなくてね」役員達が教師の乳首を摘んで引っ張ると「ギャ~!」悲鳴が上がった。
「何ですか、これくらいで泣くなんて。だらしないですよ」淫裂を広げクリトリスも潰して「ギャ~」また悲鳴が上がっていく。

 「おや、峰岸先生はかなり楽しんだみたいですね。何回やりましたか?」指が膣に入れられた。
「5回です。それ以外に友人とも2回しました…」
「友人と言いますと?」
「夫の友人で、スワッピング相手です…」
「教師がそんな事しちゃダメですね。ここはお仕置きです」クリトリスが掴まれ「ギャ~。お許し下さい、夫の言いつけですからやるしかないんです!」
「旦那の言いつけなら何でもするんですか?」
「します。それで喜んで貰えるなら、何でもします…」

 「素っ裸で歩けと言われてもですか?」
「はい。正月に全裸で歩かされました…」和代は泣きながら答え「そんな破廉恥なことをしたからには厳罰です」尻や乳房が叩かれて「ギャ~!」体を震わせ悲鳴を上げたが「夫が…喜んでいます…」途切れ途切れに叫んだ。

 「いくら夫のためとはいえ、罰は罰です!」なんだ、かんだと因縁を付けられムチで打たれ、同じように悦子や桃子達も打たれていく。
それには「許して下さい、痛いのはイヤです…」泣きながら頼み込んでいると「何でもしますか?」と聞かれる。

 「はい、何でもします」
「それでしたら、卒業式が済んでからの謝恩会で、素っ裸のダンスをやって下さい」
「やります。ですから、痛いのは許して下さい!」
「それならいいでしょう。今度は気持ちいい事しますよ」背中から抱かれ、淫裂に肉竿が押し込まれ「あ、あ、あ~!」声を上げだした。

 「生徒のために頑張りますよね?」ピストンしながら尋ね「はい、勿論その覚悟です…」返事すると「それはいいことです」そう言いながら、淫裂深くに射精した。
それから数か月後、卒業式が行われ居並ぶ生徒達の前で石塚が祝辞を述べていた。
そんな中で(ヌードダンスをやらないといけないんだわ…)女性教師達は緊張した顔でいる。

 やがて、蛍の光が流れて卒業式が終了すると「行きましょう。謝恩会よ」女性教師達は謝恩会場へと向かい、そこには卒業生達がずらりと並んでいる。
「皆さん、卒業おめでとう。先生達も嬉しいです…」慶子がもっともらしいことを話してから「それでは、皆さんのはなむけに、踊りをご披露します」礼服を脱ぎだす。
教師達は下着は着けていなかいから、乳房や股間が露わになっている。

 しかも、慶子も絨毛を剃っているから、皆の淫裂が剥き出しで「凄いや。オ○ンコのオンパレードだ!」歓声が上がった。
その歓声の中、教師達は音楽に合わせて乳房を揺らせ、淫裂を惜しげもなく晒し踊り出し、その全裸のダンスを生徒達は歓声を上げながら見続けた。

 その夜、拓也は町外れにある大きな屋敷に入った。
屋敷に入ると男性が出迎え「峰岸君、よく来たね。上がってくれ」中に案内されたが、井上もいた。
「理事長には感謝しています。これで、うまく行きそうです」
「後輩を助けるのが先輩の勤めだ。石塚や高田もずいぶん楽しんだようだしな?」
「私も楽しませて貰いました。息子も喜んでいましたよ」井上も満足そうに言う。

 「井上さん、ビデオですが、よく撮れていました。妻の泣き顔は最高です。それに、素っ裸で町中を歩くのは傑作ですよ」
「そう言って貰えれば、撮った甲斐もありますよ」3人は笑顔で話した。

 暫くして「峰岸君、君の奥さんは井上さんの奥さんと楽しんでいるんだ。君も好きに楽しんでいいよ」そう言って襖を開けると、全裸の女性がズラリと並んでいる。
「まずは、踊りからだ!」
「かしこまりました」女性達は一斉に踊り出した。
「いいですね、最高です!」
「好きな女とやっていいいよ。奥さんのお礼代わりだかから」

 「それでしたら、まずはこの人と…」拓也が選んだのは悦子だ。
「優しくして下さい…」
「僕は優しくは嫌いなんだ。こうやって!」
「ヒ~!」乳房を鷲掴みして淫裂を責め立てていく。
「いいね、元気があって!」それを、踊りながら見つめているのは和代の同僚だ。
「理事長、今夜は3人とさせて下さい」
「いいよ、好きなだけして。明日もやっていいからね」笑顔の理事長だ。

 そして、和代は東京に戻り拓也と一緒に暮らしている。
「和代。お仕置きだ!」
「お許し下さい。何でもしますからお許し下さい…」臭い演技をしながら全裸にされ、両手を縛られ尻をムチで叩かれていく。
「なめろ。お前の好きなチンポだ!」不自由な姿勢で肉竿もなめさせられ、背中から淫裂を突かれて「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げていた。

 「いいか、明日は淳子の旦那とオ○ンコしろ。俺は淳子とやるからな!」
「はい。わかりました…」あれほど嫌がっていたのに、素直に拓也を受け入れる和代は(あんな思いするなら、拓也さんと一緒がいいわ。それにセックスも気持ちいいし…)拓也に乱暴に扱われることに快感を覚えている。

 「あなた、またヌードビデオを撮って下さい…」
「何だ、また素っ裸になりたいのか。しょうがないやつだ。今夜はタップリお仕置きだ!」乱暴に肉竿をピストンしていく拓也も満足げな顔をしている。

~完~
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター