fc2ブログ

「拗れた関係」第2話 恋人の妹

第2話 恋人の妹

 翌朝、2人はいつものように一緒に家を出た。
智子が「元克、今日は遅くなるから先に食べててね」言うと「デートだね。うまくやりなよ」元克も言う。
「何言っているのよ。そんな事は、関係ないわよ」顔を赤らめて言い返し、駅で別れ、智子は電車に乗って会社に向かった。

 会社に着くと制服に着替えていくが「智子さん、彼とはどうなの?」同僚が話し掛けてくる。
「相変わらずね。進化がないのよ」
「早くしないとダメよ。年を取るだけだからね」
「そんな事、わかっているわよ」制服に着替えると仕事場に向かった。

 そこで「田中さん、昨日はどうでした?」話し掛けた。
「妹も喜んでいたよ。帰りは寄って欲しいな」
「勿論伺います」智子は笑顔で話し、いつものように仕事をして終業時間となると、田中と一緒にビルから出て、田中の住むマンションへと向かう。

 田中の住むマンションは駅から離れており、智子の家とも離れている。
2人はエレベーターで昇り、降りるとすぐに「帰ったよ」田中はインターフォン越しに声を掛けた。
すると「兄さん、お帰り!」女性の声がして「ガチャ!」施錠が外された。

 「帰ったよ、麻子。智子さんも一緒だからね」「おじゃまします」智子は麻子に挨拶をした。
麻子は田中の妹で大学2年生だ。
田中は智子同様に2人暮らしをてるが、生活費を節約するために同じマンションに住んでいる。

 「智子さん。上がってください」智子は言われるままに中に入ると「智子さん、お土産があるんだ。来て!」田中は智子を自分の部屋に連れて行き、それを寂しげに見る麻子は「兄さん…」小さな声で言う。

 しかし、そんな事とは知らない智子は「会いたかった…」田中に抱かれ唇を重ねていく。
「僕だってそうさ。でも、妹の用事だし…」智子の胸を撫でていく。
「弘毅さん、奪って欲しいの。弘毅さんに奪われたいのよ」

 「わかっている。時間が合ったら必ずしような」スカートの裾を捲り上げ、パンティの脇から指を入れ、淫裂を撫でると「いいわ、すごくいい…」智子も目を閉じ、弘毅の股間を撫で返す。
そんな2人を麻子は(このままでは、兄さんを取られてしまう…)寂しげに見ている。

 2人は5分ぐらい抱き合って、麻子が待つリビングに戻ってきた。
「智子さん、お茶をどうぞ」
「いただきます」智子は麻子の入れたお茶を飲み、麻子と一緒に夕食を作っていく。

 「智子さん、上手なんだね」
「そんなじゃないけど、慣れているだけよ」2人が作った夕食を3人で食べている。
「そうだわ、麻子さん。今度、弘毅さんと一緒においでいただけませんか?」
「そうだな、麻子、今度の休みは2人で行こうよ」
「兄さんが行くなら、行ってもいいわよ」
「お待ちしていますわ」こうして、智子は10時には自宅に戻った。

 家に戻ると元克が待っていて「楽しかったかい、姉さん」元克が話し掛ける。
「楽しかったわ。それより、今度の休みには2人が来るからね」
「えっ、田中さんの妹さんも来るの?」
「そうよ。一緒よ」
「俺、あの子苦手なんだ。何か暗くて…」
「これからは身内よ。仲良くしなさいよ」
「そうだな、仲良くやるか!」元克も笑顔で答える。

 だが、日曜日を間近に控えた金曜日に、また手紙が届いた。
「どこから撮ったのよ!」ベランダで全裸で立っている智子が写っている。
それに、浴室で撮ったらしく、元克の肉竿を掴んだ写真もあった。

 「いや。こんなのいやー!」写真を見るなり悲鳴をあげた。
さらに、元克が淫裂を触っている写真もあり、また手紙が入っている。
「え、今度の日曜日にまたフルヌードですって!」思わず叫んだ。
「日曜日には弘毅さんと、麻子さんが…」顔がブルブル震えている。

 悲鳴で「どうしたんだい、姉さん!」元克が声を掛けた。
「こんなのが、送られてきたのよ」写真を元克に見せると「こんなのが撮られていたなんて…」それだけしか言えない。
「それに、こんな事もしなければいけないのよ」手紙を読む元克だ。

 暫くして「それで、この前素っ裸になったんだね?」元克がポツリと聞いた。
「そうなの。今度は元克にヘアを剃ってもらえだ何て…。私、もうできない!」泣き出す智子だ。
「でも、やらないとこれが会社にばらまかれるんだろう?」
「そうなったら会社には行けない。それに、弘毅さんとも…」後は声にならない。

 「やろうよ、姉さん。剃ろうよ、剃ってあげるよ!」
「いや。ヘアを剃った上に、それを弘毅さんに見せるなんて。いやよ!」
「会社を首になるよりましだろう。それに弘毅さんだってわかってくれるさ」
「それならいいけど、嫌われたらどうしよう?」怯えて不安になっている。
「大丈夫だよ。僕が付いているから」励ます元克だ。

 そして土曜日になった。
「智子さん、申し訳ない。出張になっちゃった!」
「いつからなの?」
「これからだ。月曜には帰ってくるよ。日曜日は妹だけが行くからね」
「わかりました、麻子さんだけね」顔が強ばる智子だ。

 会社が終わると、智子は買い物を済ませてから帰ってきた。
「元克、弘毅さん来れなくなったの。出張になったの」
「何だ、来ないのか。だったら、麻子さんだけだよね?」
「そうなの。フルヌードの言い訳は、何て言おうかしら?」また泣き出す智子だ。

 「大丈夫だよ、僕が何とかしてあげるから。それよりも、明日の準備があるだろう。体を洗っておいたほうがいいよ」
「そうよね。ヌードにならないといけないし…」麻子の接待準備を済ませてから浴室に入った。

 翌朝、智子は朝から準備をしていた。
「ヌードにならないといけないし」ネグリジェを脱ぎ、全裸になって調理をしていく。
「もうすぐだわ、もうすぐ9時だし…」時間が立つに連れ不安になってきた。
「姉さん。大丈夫だよ、落ち着いて!」姉の股間を食い入るように見つめながら元克が言う。

 「見ないで。元克でも、見られると恥ずかしいのよ」両手で絨毛を隠していく。
「恥ずかしいけど我慢しないと。手を退けないといけないよね?」
「そうだよね。ここも剃るんだしね」手を退けて絨毛を晒しているが、太股はブルブル震えている。

 その時「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「来たわ。どうしよう?」両手で乳房と股間を押さえて、おろおろしている。
「大丈夫だよ。ほら、麻子さんを出迎えないと」
「わかっているわ…」智子は玄関に向かった。

 「どちら様ですか?」智子の声が震えている。
「田中です。田中麻子です!」
「お待ちしていました」震える手で鍵を外し「ガチャ!」「バタン!」ドアが開いた。
「おじゃましま…」麻子はそれ以上、言葉にならない。

 「とにかく、お入り下さい」麻子は黙って家の中に入って行く。
(見られている。フルヌードを見られている!)泣きそうな顔をして麻子を応接室に案内した。
そこで「智子さん。フルヌードよ。どうしてヌードに?」やっと麻子が口を開いた。

 「姉さんは暑がりなんだ。それに、麻子さんに全てを見て欲しくてヌードになっているんだよ」
「私に全てを?」
「そうです。これからは義理の妹になりますし…」また嘘を言う智子だ。
(言えない。脅迫されているなんて言えない…)目を伏せたままコーヒーを差し出すと「頂きます」麻子は智子の乳房を食い入るように見つめている。

 「姉さん、ヘアも剃った方が良いよ。料理にヘアが入ったら汚いし」
「そうね。ヘアはない方が良いわよね。元克がそってくれるの?」
「手伝うよ。僕が姉さんのヘアを綺麗にしてあげる」

 「だったら、お願いするわね」智子は一旦応接室から出て、石鹸やカミソリ、水を入れた洗面器などを持ち込んだ。
「これで準備はいいわよ。元克、剃って!」監視されているかも知れないと言う恐れから、手紙に書かれたいた通り、麻子の前で弟の元克にヘアを剃らせようとしている。

 元克が石鹸を泡立て、智子の股間に塗っていくと、絨毛が肌に密着していく。
「動かないで!」カミソリが絨毛を捕らえ「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えてピンクの肌が見えてくる。
それには「そ、そんなー!」コーヒーカップを持った麻子が、悲鳴を上げてしまった。

 「驚かないで。ヘアは汚いし」
「そうだよ、麻子さん。姉さんの全てを見られるしね」元克はカミソリの動きを止めず、絨毛はあっけなく消え失せ、ピンクの地肌が露わになり、裂け目からは2枚の肉襞がはみ出ている。
「これが私の全てなのよ。麻子さん…」智子は上擦った声で言い(恥ずかしい。麻子さんがヘアのない性器を見ている!)太股がブルブル震えている。

 「麻子さんの性器も、こうなのかい?」元克が言うと「ちょっと違うわ。このヒラヒラがはみ出ていないの…」割れ目からはみ出している肉襞を撫で回す。
(ダメ、触らないで。そこはだめよ!)麻子の指が淫裂を広げてクリトリスを撫でると「ん、ん、ん!」鼻から息が抜けている。

 「ここが違うのよ、私のはこんなに大きくないの」なおも、指で撫で回して「だめ、そこは…」智子の腰が動いていく。
「敏感なんだね。智子さんのは…」
「麻子さんのはどうなの?」
「そんなに感じないの。私、異常かしら?」

 「確かめて見ようか、麻子さん!」元克が麻子の肩に手を掛けた。
「恥ずかしいわよ。そんな事!」
「姉さんだってフルヌードなんだ。麻子さんもヌードだっておかしくないよ」
「でも、でも…」ためらう麻子だ。

 そこに「プルプルプル!」電話が鳴り「もしもし、仁科ですが…」淫裂を手で押さえながら受話器を取った。
「約束は守っているようだな。手を退けてツルツルオ○ンコを見せるんだ!」
「そんな、ツルツルオ○ンコだなんて…」卑猥な言葉に智子の言葉が途切れた。

 「女がもう1人いるよな。そいつを素っ裸にしろ!」
「できないわ、他人よ。そんなのできない!」
「やりたくなかったらそれでいい。後は責任持たんからな」
「やります、何とかヌードにします!」

 「それならいい。その女もツルツルオ○ンコにするんだ。お前が剃るんだぞ!」
「それはできないわ。本人の意思もあるし…」
「それをやるんだ。お前がな!」そこで電話が切れ、困惑する智子だ。

 元克は「姉さん、またあいつからだね」心配そうな顔になっている。
「そうなの。でも平気よ。麻子さん、ここでは何だから私の部屋で女同士の話しをしません?」
「女同士か。いいわね、行きましょう!」智子と麻子は応接室から出た。

 2人だけになると「麻子さん、こんな事した事ある?」智子は麻子の手を掴み、自分の乳房に押し当てる。
「智子さん!」慌てる麻子だがゆっくりと乳房を撫でていく。

 「してみませんか、私と…」ゆっくりと唇を重ね、麻子の胸を撫でだすと「おもしろそうね、してみるわ」麻子も唇を吸い返した。
「私に脱がさせて。私に任せて欲しいの」麻子の服を脱がしていく。
「任せます、智子さんにお任せします…」麻子は目を閉じている。

 (ご免なさいね。こうしないといけないのよ)麻子はあっけなく下着だけの姿にされた。
「これから行くわね」パンティから脱がしていく。
「麻子さん、綺麗よ。綺麗なヘアよ」絨毛が綺麗に揃っており「手入れしているの。レオタードも着るから…」恥ずかしそうに言う麻子だ。

 智子はパンティを脱がすとブラジャーも外した。
「小さいの。恥ずかしいけど、小さいのよ」麻子は恥ずかしいのか顔を背けている。
ブラジャーを脱がすと「小さくないわ、普通よ」小振りな乳房が現れた。

 麻子は「智子さん、恥ずかしい!」全裸にされると抱きつき「しましょうね、楽しまないと…」2人はベッドに倒れ乳房、淫裂と撫で合う。
麻子は智子の淫裂を舌でなめ、智子は「あ、あ、あー!」声を上げながらも「ヘアがないから、邪魔にならないでしょう?」と言う。

 「ヘアを剃るといいのね。私も剃ってみようかしら?」
「剃った方が良いわよ、邪魔にならないし。剃ってから楽しみましょうよ」
「それなら剃って欲しいわ」麻子が承知すると、智子は電話からの命令通りの事をしていく。

 「ジョリ、ジョリ!」智子の持ったカミソリが綺麗に並んだ絨毛を消し去り、まだ汚れを知らない麻子の淫裂が露わになった。
(ご免なさいね。こうしないと…)智子も麻子の淫裂を舌でなめていくと「いいわ、いいわ!」何も知らない麻子は喘ぎ声を上げている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター