赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第6話 二人目の犠牲者  

 2人はその後も歩き、美沙のマンションに戻ると女性が待っていた。

「お姉さん、遊びに来たけどデートだったの?」

「そんなデートだなんて…」下を向いてしまう。

「美沙さん、こちらは?」高杉が興味ありそうな顔で尋ねる。

「妹です、妹の美香です」

「初めまして、私は美沙さんと一緒に仕事をしている高杉伸吾と申します」挨拶した。

「田中美香です」美香も挨拶し、その美香を高杉がジッと見つめた。

それに気づいた美沙が「高杉さん、これから美香と話があるから今日はここまでにしましょう」

割って入った。

「そうですよね、今日は楽しかったです」素直に引き下がり自分のアパートに向かった。

アパートに戻ると先程撮ったビデオを再生していく。

「いいぞ、これなら美沙は俺の言うがままにできるな」泣きそうな顔をして淫裂を晒す美沙を見

つめていた。

 

 そして、休日が開けると高杉は所長室に向かった。

「高杉さん、本当に撮るの?」顔がブルブル震えている。

「勿論ですよ。持ってきましたから」デジカメを撮りだした。

「後ではダメですか?」

「ダメです、今すぐ素っ裸です」先送りしようとするが通じない。

「わかりました、脱ぎます…」美沙はドアに鍵を掛けて服を脱ぎだした。

白衣を脱ぎ、スーツを脱ぐと乳房が透けている。

「下着は着けていませんから」そう言いながらブラウスを脱ぐと乳房が露わになっている。

「いいですね、ここでのヌードも」高杉は撮りだした。

「ピン!」電子音が響く中乳房を揺らせながらスカートを脱いだ。

太股まで白いストッキングを履いているだけで淫裂が剥き出しになっている。

「これでフルヌードです…」項垂れたまま両手を垂らした。

「顔を上げて!」その言葉に渋々顔を上げていく。

 

 高杉は美沙の全裸を撮りまくり、飽きたのか今度は乳房を触りだした。

「やめて、お願いです」

「そうは行かないよ、やりたくなったんだ」強引に美沙を押さえつけズボンを引き下げた。

「セックスするなら大きな声を出します」

「出せるなら出してもいいよ。その変わり、美沙の素っ裸とマ○コビデオが知られるぞ」そう言

われれば抵抗する力も抜けていく。

「わかったようだな、これからは俺の言うがままにして貰うぞ」美沙を中腰にして後ろから挿入

していく。

「あ、あ、あ!」淫裂にいきなり入る肉竿に首を振って堪えている。

「オ○ンコしたいだろう、言え!」

「お、オ○ンコしたいです…」屈辱に大粒の涙がこぼれ落ちていく。

「そうだろうな、美沙はオ○ンコが大好きだからな」勝ち誇ったように腰を振りながら乳房も揉

んでいく。

「う、う、う!」美沙は嗚咽を上げながら淫裂を精液で汚されてしまった。

 

 それから数日が過ぎたある日、高杉の研究室に同僚が訪ねてきた。

「相変わらず、下らない事やっているのね」かつての仕事仲間だった坂本依子が訪ねてきた。

「何のようですか。忙しいんですけどね」機嫌悪く高杉が言う。

「そう嫌わなくていいでしょう。立場も考えず、私にプロポーズした人がね」笑いながら言った。

高杉は見下した態度に我慢できず、自分が培養しているウィルスの培養器を取りだした。

「何なの、それ?」

「新型肺炎ウィルスの抗体だよ」

「バカ言わないで、あなたにそんなの作れるわけないでしょう」声を上げて笑い出した。

その笑いの中、培養器の蓋を開けて振り回すと、その様子に唖然としている。

「今にわかるさ、泣いたって知らないぞ」またビデオを準備していく。

「私が泣くって、よく言うわね、だから後輩にも追い越され、未だにこんな所で…」言いかける

と体が震えてきた。

 

 「効いてきたか。依子、これが欲しいんだろう?」チャックを引き下げ肉竿を取りだした。

「欲しくない、そんなの欲しくない…」股間を押さえ首を振るが限界に近い。

「言えよ、正直に」ビデオを構えた。

「欲しい、高杉さんのオチンチンが欲しいの」依子もウィルスの効き目で理性が消えている。

「脱ぐんだ、素っ裸になってオ○ンコして下さいと言ったらやってやるぞ」

「脱ぎます、脱ぐからオ○ンコして下さい」潤んだ顔をして服を脱ぎだした。

(そうだ、俺を馬鹿にした奴にはこうしてやるぞ)ビデオ構えていると依子は下着姿になってお

り、うっすら色の付いた下着から乳房と絨毛が透けている。

(何だよ、政府高官のくせにこんなスケベな下着を着けているぞ)その下着も脱いで行く。

             img20090614122340.jpg

「これでいいでしょう。早くオ○ンコして下さい…」全裸になると高杉に抱き付きズボンを引き

下げていく。

「わかったよ、やってやる」ビデオを置いて依子を四つん這いにした。

「早く入れて、膣が疼くのよ」確かに淫裂が濡れていた。

 

 高杉はねだる依子の腰を押さえ肉竿を淫裂に押し込むと「あ、あ、あ~!」気持ちよさそうな

声を上げだした。

淫裂はすでにヌルヌルになって、すんなりピストンが始まった。

「凄く気持ちいいわ。早くエキスが欲しい…」ウィルスの効き目は絶大で依子はもう射精を待っ

ている。

「本当に出してもいいんだな、責任は取らないぞ」

「出して、膣の中に一杯出して、。責任は私が取るから迷惑は掛けません…」

「わかったそれなら安心して出してやるぞ」腰の振りを早めてクライマックスを迎えた。

「子宮の中がとろけそうだ…」射精を受けた依子はうずくまった。

「効き目が覚めたらどんな顔になるかな」肉竿を抜くと笑顔でズボンを履いていく。

 

 やがて依子も冷静さを取り戻した。

「見ないで、見ないでよ!」自分が全裸姿に気が付き両手で乳房と淫裂を押さえた。

「今更何言っているんだ。オ○ンコしてやったんだから礼を言えよ」

「そんな事頼まないわよ!」

「嘘じゃないぞ、お前が自分から素っ裸になったんだからな」撮ったビデオを再生していく。

画面には自分で服を脱いでいく依子が映し出され、それに『私とオ○ンコして下さい』とも言

っている。

「嘘よ、こんなの嘘よ」認めたくない事実に泣きだした。

「そんな事言っても仕方ないだろう。確かにお前が頼み込んだんだからな」乳房を揉み出すと、そ

れには泣くだけだ。

「お前が射精してくれと言ったから出したけど俺は一切責任は取らないからな」

「そんな!」股間を撫でると悲鳴に近い声を上げている。

「早く処理しろよ、亭主に知られたら困るだろう?」その言葉で急いで淫裂を拭き服を着込むと

研究室から青い顔をして出て行った。

「これで暫く来ないな。人妻もいいもんだな」余韻を楽しむかのようにビデオを眺めていた。

 

 その翌日、また依子が訪ねてきた。

「高杉さん、お願いがありまして…」今回は下手に出ている。

「昨日の元気はどうなさいましたか?」意地悪く尋ねた。

「び、ビデオです。あれを消して下さい」

「そうは行きませんね。それなりの事をしていただかないと」

「それなりの事と言いますと?」

「こうですよ、これをさせて下さい」いきなり依子に抱き付きスカートを捲り上げた。

「やめて、声を出すわよ」

「そんな事したらビデオがどうなっても知らないよ」その言葉に「そんな…」依子の力が抜けた。

高杉はなおも捲り上げパンティを引き下げた。

「許して下さい、私には夫がいます」

「オ○ンコしたらビデオはくれてやる。だから素直にやらせろ」露わになった淫裂を撫で肉竿を

押し込んだ。

「あ、あ、あ!」泣きながら声を上げる依子だった。

依子をレイプ同然に扱い満足した高杉は約束した通りにビデオを渡した。

「以外にオッパイが小さいんだな。もっと大きいと思っていたがな」

「そんな事言わないで、もう会う事もないでしょうから」急いで出ていく。

「バカな女だ。コピーもあるのに。いずれオ○ンコしてやるからな」呟くように言っていた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/121-8fd9dd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top