fc2ブログ

「拗れた関係」第15話(最終話)女王様と召使い

第15話(最終話)女王様と召使い

 智子と麻子は幾度も犯されて、仰向けのままだ。
「わかっているだろうが、警察に訴えたら仲間がこれを近所にばらまくからな」ビデオカメラをちらつかせた。

 「誰にも言いません。ですから、もう許して下さい」淫裂を押さえて液体の漏れるのを防いでいる。
「もう少し我慢しろ。旦那や婚約者にオ○ンコされたのが知れるよりはいいだろう」
その言葉に「う、う、う!」また泣き出した。

 「とにかく、秘密を守っている間はこっちだって守るぞ!」相手が変わってまた犯されていく。
「ダメ、もうダメです!」
「やらせろと言っているんだ!」強引に智子の肛門に肉竿が入り込んみ、同じように麻子の肛門にも肉竿が入って「お尻はいや~!」顔を歪め痛みに耐えている。

 「その顔がいいよ。好きでね」腰を振り続けて噴射して「いや、お尻の中はいや!」大腸の中に不快感が漂っていく。
「ケツもいいもんだな…」放出を済ますと肉竿を抜き、タオルで拭いていく。

 その後「いや、いや~!」智子は足首を持ち上げられて、淫裂と肛門から流れ出る様子を撮られた。
「お前だ!」麻子も足を持ち上げられた。

 「撮らないで、セックスしたから撮らないで~!」股間を手で押さえると、背中を足で蹴られ「イヤ、蹴らないで!」泣き出してしまった。
「素直にオ○ンコを撮らせろ。ケツもだ!」渋々手を退けてカメラに収まっていく。

 撮影が済むと解放され、服を着終えると出て行き「悔しいわ。手も足も出せないなんて…」2人は電車の中で話し合う。
「麻子さん。この事は絶対に秘密よ、言ったらもうお終いになってしまうからね」
「わかっているわ、元克さんを失いたくないし…」
「それにしても、何とかならないかしら…」考え巡らすが、いい考えなど思いつかなかった。

 その日の夕方、智子は弘毅と一緒に風呂に入った。
「あなた。背中を流すわね」
「ああ、頼んだよ。風呂の次は召使いだからね」
「わかっています…」石鹸の付いたタオルを背中に当てると(傷だわ。引っ掻いた後だ。もしかして…)弘毅に気づかれないように振る舞っていく。

 「今夜もヌードを撮ってね。ヌードを見られると何だか変な感じになるの…」タオルで背中を擦っていく。
「智子はもう人妻なんだから、変な考えをするなよ」
「わかっています。はい、前向いて!」
「チンポも洗ってくれよ」
「全く、しょうがない赤ちゃんね」言われるままにして洗っていく。

 翌日、智子は弘毅のシャツを調べた。
「血が付いている。間違いないと思うけど…!」電話で麻子と連絡を取った。
「麻子さん、朝からごめんね。大事な話があるの、時間を取ってくれない?」
「構わないわ、今からでもいいけども…」

 「元克に気づかれないようにして。大事な話だから」
「わかったわ。午後からなら時間を取れるけど」
「それでいいわ。うちに来て欲しいの、くれぐれも、元克には気づかれないようにね」話し終えると受話器を置いた。
「これでよしと。後は証拠を見つけないと」弘毅がいない事をいい事に家の中を調べていく。

 そして、押入の隅からビデオとCDを探し出した。
「何かしら。パソコンのデータには間違いないようだけど…」
CDには「CD-R」と印刷されている。
「弘毅さんには悪いけど、調べないと…」パソコンのスイッチを入れた。

 智子はOLをしていたのでパソコンには精通し、難なくCDを入れ調べていく。
「画像データだわ。どのソフトかしら?」見覚えのあるソフトで読んでいく。
「イヤだ、ヌード写真だ。しかも、私と麻子さんのヌードじゃないのよ!」モニターには麻子と智子の全裸姿が映っている。

 しかも、淫裂と乳房までしっかり写っていた。
「これは、何のかしら?」次々と調べていく。
そして「イヤ、こんなの撮っていたんだ!」それは脅迫されて勤務先でのヌードだ。
「これで間違いない。あの2人は元克と弘毅さんだ!」なおも調べていく。

 「ビデオはどうかしら?」CDを調べ終えるとビデオを再生した。
「これは違うわ、これかしら?」テープに丸印の付いたのを再生した。
『イヤ、やめて、お願いです!』いきなり手足を縛られた智子の姿が映った。

 乳房をロープで縛られ、太股を持ち上げられて淫裂が丸見えになっている。
『やめて、イヤ、入れないで!』淫裂に肉竿が入っていく。
「これは弘毅さんよ。間違いない!」確信したが、なおもテープを再生していく。

 そして、昼に麻子が訪ねてきた。
「見て、麻子さん」ビデオを再生していく。
「どうしてこんなのがあるの、誰も知らないはずよ」
「あの2人は、弘毅さんと元克よ。昨日、麻子さんが引っ掻いたのが弘毅さんよ」
「えっ、兄さんだったの?」

 「そうよ、これを見て、血が付いているわ、背中にね」
「兄さん達が、私達にあんな恥ずかしい事をさせていただなんて、信じられない!」
「でも見て。まだあるのよ」パソコンにCDを入れて画像を調べていく。

 「イヤ、こんなのイヤ。見たくもない!」それは射精された2人で、淫裂からドロドロの液体が流れている。
「どう、これでわかったでしょう。懲らしめてやらないと収まらないわね」
「私だってよ、人前でヌードになって、セックスまでしたんだから!」

 「問題は、どうやって懲らしめるかよね…」
「私にいい考えがある。とにかく、これを数枚印刷してからよ」2人は光沢紙に自分の淫裂と乳房が写ったヌードを印刷していく。
「これを見て、どんな顔をするかしら」印刷を済ますと、また元通りにしていく。
「面白いわね。どんな顔をするかしらね」笑顔の2人だ。

 それから数日後、手紙が届いた。
「イヤ、あなた。こんなの出来ない!」泣きながら弘毅に差し出す。
「どうしたんだ?」渡された手紙を読むなり、弘毅の顔色が青ざめていく。
「そんな、馬鹿な!」後は言葉にならない。

 「私、脅されていたんです。仕方なくヌードになったんですが、こんな事に…」演技していく智子だ。
「でも、素っ裸で町を歩けるか?」
「やるしかないわ。このヌード写真の方が恥ずかしい…」弘毅の顔が震えている。

 「やめろ。もう裸を晒すのはやめるんだ!」
(嬉しいわ、心配してくれて。でも許さないからね!)
「警察に訴えましょうか?」
「ダメだ、そんな事をしたら大げさになってしまうよ。とにかく考えさせてくれ。素っ裸になるまで余裕があるし…」

 「あなたの言う通りにする。でも、ヌードを撮るのは忘れないで」服を脱いでいく智子だが、下腹が一段と膨らんでいる。
「わかった、記念だからね。撮らないと…」弘毅は動揺している。
同じように「元克さん、私、どうしたらいいのよ」智子と同じように演技をしていた。

 それから数日後「あなた行ってきます」「元克さん、やってきます」智子と麻子は悲しそうな顔をしている。
「ホントにやるのか?」
「やらないと、あの写真がばらまかれるし…」

 「やめてくれ、智子。もうすぐ子供が生まれるんだから、人前での裸はやめてくれ!」
「麻子もそうだ。婚約者がいるんだから、素っ裸になるのはやめてくれよ」必死に説得している。
「でも、あの写真がばらまかれたら困るし…」困った顔をしていく。

 「そんな心配は要らないよ。絶対に!」
「あら、どうしてなの?」弘毅と元克は顔を見合わせて「あれを撮ったのは実は僕なんだ…」遂に真相が暴かれた。

 弘毅と元克は、今までの事を詳しく打ち明け、覆面や、拘束具、声を変える唇などの小道具を差し出す。
「酷いわ。そんな事をした身になってよ。人前でセックスまでしたのよ!」泣きながら言う。

 「謝るよ。でも、人前でセックスした時は凄く興奮した。それも、お前達を奴隷が代わりにする為だったんだ…」
「奴隷代わりに?」
「そうさ。僕は麻子が好きで、元克君は智子が好きなんだ。こうすれば2人を自由に出来ると考えて…」

 「それで、近親相姦のビデオを撮らせて、召し使い代わりの事をさせたんだ!」
「その通りだ。うまくいっていたんだがな。一体誰がこんな写真を送ったんだかね」考え込んでいく。

 「この写真の送り主は私達よ、これでやっとわかったわ」
「酷いな、騙すなんて!」
「騙したのはどっちよ。こっちの身にもなって!」
「謝るよ」
「口だけではダメよ、態度で示して貰うからね」

 「わかったよ、何でもする」
「だったら、素っ裸になって、私達にさせた事をするのよ」立場が逆転し、弘毅と元克は全裸になった。

 「ほら、私の服を脱がすのよ」
「はい、御主人様!」
「女王様よ。これからは、そうお呼び!」肉竿を握りしめた。
「ヒー。女王様お許しを!」顔を歪める2人だ。
「わかったようね。これからはこうするからね」
「はい、女王様!」麻子と智子は服を脱がされて全裸になった。

 全裸にされるなり「オッパイよ。オッパイのマッサージをするの」また肉竿を握りしめた。
「ヒー。お許しを!」弘毅は顔を歪めながら、智子の乳房を揉んでいく。
「もっと気持ちよくよ。そんなやり方では感じないわよ!」
「お、お許しを!」詫びを入れ、乳首を吸いながら揉んでいく。
「そうよ、それでいいのよ…」荒い息づかいの智子だ。

 同じように麻子も「何やっているのよ、マッサージよ!」足を元克の頭に上げた。
当然に、パックリ開いた淫裂が丸見えになっている。
「女王様、オ○ンコが綺麗です。マッサージいたします」淫裂をゆっくりと撫でていく元克だ。

 (気持ちいいわ。でも、懲らしめないと…)「そこじゃないわ。誰がオ○ンコと言ったの。オッパイよ!」麻子も肉竿を握りしめていく。
「ヒー。お許しを、女王様!」顔を歪めて本気で詫びを入れている。
(そうよ、それくらいやらないとね。結婚しても響くわよ)ニヤニヤして眺めている智子だ。

 智子と麻子は乳房の後、淫裂を愛撫されていく。
(もう、お尻にやってもいいかしら?)
(そうね、あの辛さを味わって貰わないとね…)
「四つん這いよ。犬になりなさい!」おとなしく従っていく。

 「ほら、足を開いて!」言われた通りの弘毅と元克だが「ヒー!」「いてー!」肛門に浣腸器が押し込まれた悲鳴を上げた。
「やめてくれ。お願いだ!」
「痛いでしょう。懲りたわね」薬剤を一気に押し込むと、その効果は直ぐに現れた。

 「女王様、トイレに行かせて下さい」
「その前に、男同士で抱き合ってしなさい!」思わぬ言葉に顔を見合わせる。
「出来ません。漏らしてもいやです!」
「私もです、男同士で抱き合うのはイヤです。ここで漏らします」計画が狂った。

 (漏らせるわけには行かないし…)
「あなたは麻子さんを満足させなさい。それならトイレに行ってもいいわ」
「やります、必ずやります」元克はトイレに走っていく。
「あなたは、智子さんを優しく労るのよ」
「わかっています、妊娠していますから優しくします!」弘毅もトイレに走った。

 そして、トイレから戻ると麻子を元克が優しく愛撫していく。
「女王様、こんな感じでよろしいでしょうか?」乳房を揉みながら肉竿をピストンしていく。
「いいわ、凄くいい。愛している、元克さん…」

 「ダメ。召使いにそんな事言ってはダメ、麻子さん。あの悔しさを忘れないで!」
「わかっています。でも、元克さんの気持ちがわかって…。あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げる麻子だ。

 「女王様、私にもオッパイを下さい!」弘毅は智子の乳首を吸いながらゆっくり肉竿をピストンしていく。
「あ、あ、あ…。愛している、弘毅さん…」途切れ途切れに言う。
弘毅も「女王様、愛しています!」唇を吸いながら肉竿を半分程入れピストンしていく。

 やがて、弘毅と元克は爆発を始めた。
「いいわ、とろけそうでいいわ…」2人は淫裂から精液を流している。
「交代よ、今度はあなたが行かせるのよ」
「わかりました、女王様」今度は兄弟同士での愛撫に変わった。

 「姉さん、愛している」肉竿が淫裂に押し込まれていく。
「いけないわ。あなたには麻子さんがいるのよ」
「麻子も愛しているけど、姉さんも愛しているんだ!」

 同じように「麻子、側にいてくれ!」麻子も兄の肉竿が押し込まれている。
「兄さんには、智子さんがいるわよ」
「ダメだ、麻子も欲しいんだ。智子と同じく」ピストンを繰り返して胎内に再び放出した。

 それからは、毎日のように家を行き交っている。
「抽選を始めるよ。今夜はどっちかな?」
「麻子さん、お願いだから引いて。私だと、また召使いになっちゃうし…」
「わかった、私が引くわよ」麻子がクジを引いた。

 「やったわ。今夜は女王様よ、タップリ行かせて貰うからね」
「良かった、私も久しぶりに行きたいの。お尻は綺麗にして置いたしね」全裸になった智子のお腹が大きく膨らみ、乳首も真っ黒に変色している。

 「女王様、お相手させて下さい」四つん這いになった智子の肛門に弘毅の肉竿が入っていく。
「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げる智子だ。
一方「いいわ、もっと奥まで入れて!」淫裂から淫汁を出しながら悶える麻子だ。

 その後は、兄弟同士で結合していく。
「姉さん、愛しているよ、いつも側にいてくれ!」元克は肉竿の半分を淫裂に入れてピストンしていく。
「兄さん、愛しているわ、一杯出して!」馬乗りになった麻子が腰を振っている。
秘密の内に、禁じられた行為が毎夜のように行われている。

ー完ー

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター