fc2ブログ

「極道烈伝」第2話 家出少女

第2話 家出少女

 好子はバーの店主をしていて、2人はボーイとして働いているが、16歳の2人は珍しいのか、ホステスがちょっかいを出してきた。
「健二君に秀樹君、オ○ンコ見たことある?」色目を使いスカートを捲っていく。

 すると2人の股間が膨らんでしまった。
「元気があっていいわね。もっと見たいでしょう?」なおも引き上げ、真っ黒な絨毛を露わにした。
「やめて下さい、漏れちゃいます…」両手で股間を押さえる姿に笑顔になっている。

 そんなホステス達に「まだ子供よ、からかわないで真面目に仕事しなさい!」好子の叱責が飛んで「気にしちゃダメよ、悪気じゃないんだから」慰めの言葉を掛けた。
「気にはしませんが、ヘアっていろいろの形しているんですね」
「そうよ。それにオ○ンコも人によって違うの。大人になればわかるわよ」好子はそう言うが(オ○ンコの形が違うって、本当かな?)健二と秀樹には信じられなかった。

 2人が働きだしてから数日後に、店にまだ若い女性が訪れ「ここで働きたいのですが?」と頼み込んできた。
それには好子も困って、一旦は断ったが熱心に頼み込むので働くのを許した。
しかし、住む所がないから「秀樹君に健二君、この子が行く当てがないの、一緒に暮らしてくれない?」と押しつけた。

 それには「えっ、女と一緒ですか?」と断ったが「オ○ンコしたいでしょう。させてあげるから、面倒みてよ」強引に押しつけられ承知するしかない。
「ありがとう。これで、必要なのを買ってあげて」2万が渡され、それを受け取り、店が終わると3人でアパートに向かった。

 アパートに入ると女性は気を効かせて布団を敷いていく。
「3人一緒でいいでしょう。私が真ん中で…」
「いいのか、エッチするかも知れないよ」
「そんな人じゃないのわかるわよ。それより、体を洗いたいの」

 「待てよ。それよりも、あんたの名前を聞いてないよ」
「そうだったわね、私は岡田直美です」
「俺、桜井健二ていうんだ」
「俺、亀田秀樹だよ」
「そう、健二君に秀樹君ね。とにかくお風呂に入らせて」直美は浴室に向かった。

 浴室と言ってもドアがあるだけで、着替えは外でするしかない。
「見ないでよ!」直美は牽制して服を脱いでいくが、2人は気になりそっと振り返っている。

 (白いパンツだ、オッパイも小さそうだ…)小さな乳房が目に止まる。
(オ○ンコはどうなっているのかな。人によって形が違うって言っていたし…)好子に言われたことを思いだし、2人は悪いとわ思いながら、ジッとパンティの引き下げるのを見ていた。

 背中を丸め、パンティを引き下げるとまだ幼い淫裂が露わになって(オ○ンコだ、綺麗な色してる!)薄い絨毛に囲まれた淫裂が2人に見えた。
「見ないでよ!」それに気づいた直美は慌てて、手で隠して中に入りドアを閉めた。

 「見たか、ピンクだったぞ!」
「見たよ。好子さんのとは全然違う。それにオッパイもあんなに小さいし」
「そうだよな、あんなオッパイもあるんだな」2人はヒソヒソ話していた。

 その夜、2人はなかなか寝付けなかった。
「クー、クー!」気持ちよさそうに寝息を掻く直美が気になっている。
そっと手を伸ばして乳房を触り(オッパイだ。これが乳首か…)ブラジャーを着けてないから直ぐに乳房を掴んだ。
(固いな、好子さんは柔らかかったのに…)2人は乳房を分け合い触り続けた。

 そして、乳房に飽きたか、下に手が伸びていく。
パジャマ、パンティを引き下げ絨毛を撫で出し(これがオ○ンコの毛だ。と言うことはここがオ○ンコ…)指で割れ目を捜す。

 すると「ゥ、ゥ~!」無意識の直美が声を上げた。
その声に体が一瞬動きが停まったが、また動き出し(ここがオ○ンコだ。ここにチンポが入るんだ!)2つの指が淫裂の中を動き出し、肉竿を掴んで擦りだす。
(気持ちいい。オ○ンコしている感じがする…)2人は肉竿から放出した。

 翌日「昨日オッパイと、あそこ、触ったでしょう?」直美が問い質した。
「あそこって、どこなの?」
「オ○ンコよ、私のオ○ンコ触ったでしょう?」
「触ってないよ、そんな事しないさ」
「嘘付いてもダメよ、ボタンが外れていたし、パンツが下がったままだったわ」それには(しまった!)という顔になっている。

 「やっぱりね、どうしてそんな事するの?」
「抜きたかったんだ。暫くしてないし…」
「オナニーしたかったの?」
「そう、直美さんとのオ○ンコしているのを想像しながらしたんだ…」

 「そんなに、私のオ○ンコが気になるの?」
「気になるよ。オ○ンコは人によって形が違うと言うし…」
「わかった、見たいなら見せてあげる。その変わり、2人ともオチンチンを出すのよ」
「直美さん、ありがとう」2人は急いで服を脱ぎだし、直美も脱いで全裸になった。

 「見て、これがオ○ンコなの」直美は腰を降ろして足を広げ、パックリ割れた中にピンクの膣がある。
「触ってもいい?」
「軽くよ、指は入れないで」2人の指が淫裂を触わりだし、クリトリスも撫でている。

 「直美さん、したくなっちゃった!」
「ダメ。できちゃうからダメ!」首を振るが、健二は直美を寝かせて乳房を吸い「気持ちいいわ、こんなに優しくされると感じていく…」淫裂の中が濡れていく。

 「いいでしょう。やりたいし」
「わかったわよ。その変わり、これを付けてからして」コンドームを渡す。
「知らないよ、こんなの使ったことないし…」

「仕方ないわね、して上げるわよ」直美は封を破り、肉竿に被せると根本の方に転がしていく。
「これでして…」直美は仰向けになり、まずは健二が抱き付く。

 「ゆっくりよ、優しく…」目を閉じ、肉竿の挿入を待っていると直美の胎内を突き刺しだした。
「直美さん!」健二は乳房を撫でながらピストンを始めていく。

 「私として、気持ちいい?」
「ウン、凄くいい。お姉さんとしている気がする」
「そう、姉さんとしている感じなんだ…」健二の背中を抱きながらピストンに耐えた。

 やがて「出た、出ちゃった!」肉竿を抜くとコンドームの先端に白い液体が貯まっている。
「直美さん、僕もしたい!」
「いいわよ、秀樹も付けてからしてね」言われるまま肉竿にコンドームを取り付けて覆い被さった。
「気持ちいい、直美さんとすると気持ちいい…」ピストンを始めたが程なくて噴射した。

 抱き合った3人は服を着ると世間話を始めていく。
「直美さん、家はどこなの?」
「ないわ、もう行く当てないの」
「何か、訳ありみたいだね」
「そうなの。義父に散々レイプされたから家でしたの…」

 「義父にレイプされていたんだ!」
「そうなの。お母さんがいないと必ずやられたわ。それに、妊娠して中絶までしたのよ」直美の話に静まりかえった。

 それを打ち消すかのように「ねえ、買い物手伝ってくれない?」と言い出す。
「いいよ、どうせ暇だから」こうして、3人は街に出たが、昼間の街を未成年の3人が歩くのは目立って「君たち、学校はどうしたんだ?」パトロール中の警官から声が掛けられた。

 「学生じゃありません。働いていますから」そう言うが、信用はしてくれない。
「家出したんだろう、来なさい!」
「違うよ、家出じゃないって!」3人が説明しても、風体からして信用できないのも無理もなかった。
3人は交番でいろいろ聞かれ、好子を呼び出してどうにか帰して貰った。

 こうして、3人の生活が始まったが戸惑いながらも慣れてきた。
「今夜もしたい?」
「うん、着けるからいいでしょう?」
「わかったわ。今日は安心日だから付けないでいいよ。思い切って出してもいいからね」
「わかった、僕から行くよ」直美は四つん這いになり、後ろから肉竿で突かれていく。

 「健二、チンポをなめさせて!」
「いいよ、直美さん!」言われた通りに、直美の口に肉竿を押しつけた。
「ウグ、ウグ!」直美は器用にも淫裂を突かれながら肉竿をなめている。

 やがて、秀樹が噴射すると健二が後ろから突き出し「あ、あ、あ~」声を上げて乳房を揺らせていた。
健二も淫裂の中に噴射すると、直美は浴室で体を洗っていく。

 「ねえ、背中洗ってよ」その声に2人も入って直美の背中と胸を洗いだす。
「私のオッパイ、小さいと思わない?」
「そんな事ないよ、いずれは大きくなるよ」
「そうかしら、大きくなればいいんだけど。ねえ、揉んでくれない?」2人の手が乳房を揉んでいく。

 「そうだ、これから毎日、オッパイ揉んで貰うわ」
「揉むだけなの?」
「吸ってもいいわよ」
「だったら、吸わせて」2人が乳首を吸うと「ダメ、変になっちゃう。またオ○ンコしたくなっちゃうから、もうダメ!」2人の頭を撫でていく。
「この次はもっとさせて」2人は頭を上げて出て行き、直美は淫裂を洗うと敷かれた布団の真ん中に寝た。

 直美が好子の店で働きだしてから半月ほど過ぎた頃、開店準備をしていると突然男が怒鳴り込んで「こんな所にいやがって。来い、来るんだ!」嫌がる直美を連れ出そうとしている。

 「お客さん、そんな事されたら困ります」若い健二と秀樹が間に入ったが「ふざけるな。こいつは俺の娘だ。俺が何しようとかってだろう?」と言いだす。
「違うわ、あんたなんか親でも何でもないわ。売春までさせていたんだから鬼よ!」

 「何だと~。オ○ンコやりたいから男を紹介しろと言ったのはどっちだ!」
「言ってない。無理に言わせたんじゃないのよ、素っ裸の写真を撮って!」
「ふざけるな、オ○ンコ好きのくせに。とにかく来るんだ!」男は強引で「やめなさい!」健二と秀樹が間に入ったが殴り飛ばされた。

 それには好子も切れて「あんた、ここをどこだと思っているのよ。松永組の幹部の店と知っての上かい?」遂に決まり文句が出た。
それを聞いて「松永組?」男の顔色が変わった。
「そうさ、亭主は監獄にいるけど、若い衆はまだ大勢いるからね。何なら、呼んでやろうか?」
「し、失礼しました。お許し下さい」男はすたすたと去った。

 「直美、あんた酷い目にあったんだね」泣いている直美に好子が声を掛けた。
「はい、あいつは鬼です、母さんばかりでなく、私にまで客を押しつけましたから」
「それ以上言わなくていいのよ。それにしても、あんた達痛かっただろう?」赤いアザの2人を気遣う。

 「はい、思い切りやられました…」
「でも、偉いわ。手を出さなかったし。その顔で店は無理だから当分休んで」2万ずつ渡された。
「わかりました。暫くおとなしくしています」そう言うと店を出た。

 夕方の街を歩いていると「おい、健二に秀樹じゃないか?」川崎から声が掛けられた。
「何だ、その顔は。ケンカでもしたのか、俺が、加勢してやるぞ」
「そんなんじゃないです」

 「そうか、それならいい。どうだ、面白いの見せてやるから来いよ」川崎は裏通りに入ったが繁華街の一歩裏は人通りも少なく、暫く歩いて古ぼけた店に入った。
「あら、珍しい人を連れてきたのね」
「そうだ、ピンピンしているぞ。暇なやついないかな?」
「暇じゃなくても、こんな若い子なら私もしたくなっちゃうわよ」
「あんたはダメだよ。行こう」3人は2階に上がった。

 2階には中年と呼ぶにはまだ早い女性がたむろしていた。
「あら、いらっしゃい。私と遊ぼうね」「ダメよ、私とよ」健二と秀樹の取り合いになり「待てよ。みんなでやればいいじゃないか!」川崎が提案する。
「そうね、この際だから一緒にやろうよ」2人は奥の部屋に連れて行かれた。

 「怖がらなくてもいいわよ。ここは気持ちいい事する所なの」そう言いながら2人の服を脱がしていく。
数人係だからアッという間に全裸にして、肉竿を奪い合うように擦りだした。

 「出るよ、そんな事したら出ちゃう!」
「だったら、その前にオ○ンコしようね」服を脱ぐと、下はなにも着ていないから乳房と淫裂が露わになっている。

 「最初は私としようね」2人は年輩の女性に馬乗りになられた。
「オッパイは私のよ」
「それだったら、私はこちらで」という具合に2人は女性達から責められていく。

 そして、数回噴射させられフラフラしながらアパートに戻ったが、何もする気がなく、布団を敷いて寝込んだ。
やがて、深夜に直美が戻ってきたが2人はイビキを掻いて寝ており「さっきはありがとうね」寝込んだ2人に唇を重ねていく。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター