fc2ブログ

「極道烈伝」第8話 しきたり

第8話 しきたり

 撮影が済むとカメラマン達は帰り、健二達が残っている。
「ねえ、久しぶりだから浮気してみない?」「いいわね、私も言おうと思ったの」好子と愛子は健二と秀樹の肉竿を掴んで擦り出す。
「そんな事したら、殺されます!」
「そんな事させないわよ。義昭だって、あの子の処女を奪ったし」

 「バージンを奪った?」その声に女性は項垂れてしまった。
「そうよ、借金の肩にやっちゃったの。可愛そうに、一晩泣いていたわ」そう言って健二の肉竿を口に含んだ。
「私にもさせてよ」秀樹の肉竿を掴んで擦っていく。

 「そんな、クビにした人からされたら困ります!」
「仕方がなかったのよ。後1ヶ月我慢して。そうしたら、また雇うから」そう言うと肉竿を口に含んだ。
「約束ですよ、生活が大変なんですから」その言葉に肉竿をくわえたまま頷く。

 「わかりました、信用します…」秀樹は愛子のボタンを外しだし、同じように健二も好子の服を脱がし、全裸にすると四つん這いにして後ろから挿入し「あ、あ、あ~」好子は髪の毛を振り乱して声を上げていく。
「愛子さんも後ろからだよ」秀樹も同じく後ろから入れ「いいわ、凄くいい!」2人は声を上げているが、あの女が乳房と淫裂を押さえてジッと見ていた。

 やがて、2人は絶頂を向かえ「出して、一杯出して!」その言葉に2人は淫裂の中に噴射し白い液体が淫裂から流れ出ていく。
噴射が済むと「好子さん、直美さんをヌードにしないで下さいね」健二が頼んだ。
「あら、直美に惚れてるんだ。あんたが言うことを聞く間だけは約束する」好子は服を着ながら答え「約束ですよ」健二と秀樹も服を着ていく。

 「ところで、この子を面倒見てくれないかしら?」愛子の言葉に2人は顔を見合わせたが「私からも頼むわ。家においたら義昭がやっちゃうし…」好子も言う。
「内もなのよ。だから、あんた達が世話して」愛子と好子から言われて戸惑っている。

 「だって、この子も家があるんでしょう?」
「それが、行く当てないのよ。夫婦は夜逃げして、この子だけ残されたのよ」
「それで、借金の肩代わりにこんな事を…」哀れみの言葉に女が泣き出した。

 「悪いけど、頼んだからね。これ、モデル代と当座のお金よ」好子は20万ほど渡し「私もお小遣い上げるから、頼むわよね」愛子も5万手渡すと2人は出て行く。
「仕方ないけど、直美さんになんて説明したらいいんだろう…」悩む2人だ。

 2人は女性を連れてアパートに戻ったが、直美は好子から言われていたからそれほど驚いた様子ではない。
「あなた、名前は?」
「望月ルミです…」
「ルミさんか、これからは一緒に暮らすけど…」直美は丁寧に話し、4人での生活が始まった。

 朝になると、健二と秀樹は新聞の勧誘に出かけ、家事を直美とルミがしていく。
そして、夕方には直美と、ルミがバーで働いて深夜に帰って来た。
「直美さん、久しぶりにさせてよ」敷かれた布団の中でごそごそ動いていく。
「ダメよ、聞こえちゃうから」
「だって欲しいよ、直美さん!」2人が直美に抱き付くと「私にもして下さい…」ルミが健二に抱き付いてきた。

 「ルミさん、いいのかい?」
「いいわよ、私も仲間になりたいし」ルミは健二のパジャマを脱がしていく。
「わかった、今日はルミさんだけど、明日は直美さんだよ」
「それでもいいわ、明日は秀樹さんとするから」二組のカップルは明け方まで抱き合い続けた。

 だが、4人で暮らすには手狭に感じていると、どういう訳か義昭が家を紹介した。
勿論、普通の家ではなく、競売妨害を狙って4人に住まわせようという魂胆だ。
その思惑通りに4人は越して、片づけをしていた。

 「ほう、大部住めるようになったじゃないか…」義昭の手下が現れた。
手下は4人で男2人に女2人だ。
「この2人なのね。まだ可愛い顔しているわね」
「そうよね、あっちは凄いという話よ」2人の女性は秀樹と健二に気があるのか、寄り添っていく。

 すると「あなた達、やめてよ!」直美とルミは2人を引き離そうとする。
「あら、やきもち焼いているわ。だったら、あなたもいい事すればいいのよ」
「いい事って?」
「男と女がすることよ。これからは同じ仲間になるんだからね」

 「馬鹿言わないで。どうしてセックスしなければいけないのよ!」
「しきたりよ、松永組のしきたりなの」2人はそう言うと直美とルミの服を剥ぎ取りだし「やめて、何するのよ!」抵抗すると「ピシャー!」頬を叩かれた。

 それには「やめろ、直美さんとルミさんに手を出すな!」秀樹と健二が2人の女を押さえたが「あんちゃんよ。おとなしくしていな。ここは女の出番なんでね」2人にナイフが押し当てられる。

 「そうなの、あんた達は危ないから縛ってあげるわ」秀樹と健二は後ろ手に縛られ手が効かない。
「これで邪魔はいなくなったしね。楽しもうよ」また2人の服を脱がし出した。
「やめて、イヤ~!」叫びに、助けたい2人だが両手を縛られているからどうにもならず、服を脱がされていくのを黙って見るしかない。

 パンティ、ブラジャーと脱がされ2人は「イヤ、イヤ~!」胸と淫裂を押さえて蹲ったままだ。
「若いっていいわね。こんなにピチピチだし」乳房を掴んだ。
「そうよね、オ○ンコも綺麗よ」手を退けさせ、淫裂も覗き込んでいる。

 「おい、そっちはもういいだろう。こっちをやれよ!」
「そうよね、私はこの子が好みだわ」
「だったら、私はこちらで」2人は健二と秀樹の服を脱がし出した。

 「やめろ、何する気だ!」
「言ったでしょう、私と言い事するのよ」ズボン、パンツと脱がして下半身を剥き出しにし「可愛いわ、これ!」萎縮した肉竿を口に入れると、瞬間に膨らんでいく。
「固いわね。これなら楽しみがいがあるわ」肉竿を撫でると服を脱ぎだす。

 2人は黒い下着を着けているが、その下着も脱いで全裸になっていく。
「見て、これがオ○ンコよ」手で淫裂を広げた。
「見たくない、そんなのは!」そう言うが、肉竿が更に膨らんでいる。
「強がり言わないの。出してもいいからしようね」健二と秀樹は仰向けに寝せられ女が馬乗りになっていく。

 「やめろ、やめるんだ!」叫ぶが肉竿を掴まれ、淫裂に吸い込まれ「ズル、ズル!」という音がして「あ、あ、あ~」喘ぐ声も上がっている。
「気持ちいいでしょう、大人のオ○ンコも…」根本まで吸い込むと腰を動かしだした。

 「俺達も始めようか?」それまで見ていた手下の2人も服を脱ぎだした。
「やめろ、直美さんと、ルミさんに手を出すな!」
「そうは行かないな。こっちも、しきたりがあるしな」次々と服を脱ぎ、全裸になると直美とルミに抱き付いた。

 「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げるが容赦なく押し倒され、淫裂に肉竿が押し込まると「ヒ~!」悲鳴を上げるが、根本まで入ってピストンを始めた。
「気持ちいいな、この締まりはいいよ」
「ホントだ。ガキとのオ○ンコもいいもんだな」満足そうに腰を振りだす。
「こっちもいいわよ。凄くいい!」手下の4人は喘ぎながら腰を振っていく。

 特に、馬乗りになった2人は腰の使い方がうまく、若い肉竿を登り切らせた。
「出して、出していいわよ…」絶頂間近とわかり腰の動きを早めると「イヤだ、出したくない…」そう思うが肉竿からは噴射していく。
「気持ちいいわ、もっと出して…」淫裂から白い液体を流しながら、胸に乳房を押しつけている。

 「見ろよ、相棒が出したぞ!」それは直美とルミにもわかっている。
「俺も出すからな」
「出さないで。お願い、出さないで!」そう言っても聞き入れられず、動きが早まり、突然に動きが停まって、それと同時に「いや~!」悲鳴を上げた。
「出したよ、タップリと…」2人は起きあがるが「う、う、う!」直美とルミは泣いている。

 その後、手下は相手を変えて、再び挑んでいく。
「今度はこれで!」直美は太股を抱え上げられ、駅弁での結合をし「こっちもだ!」ルミも駅弁での結合になっている。

 「イヤ、降ろして。降ろして~!」結合部が秀樹と健二に丸見えになってて「見せるんだよ、オ○ンコしているのを!」わざと腰を揺すって見せている。
「直美さん、それにルミさんのオ○ンコに…」2人の肉竿も更に膨らんでしまい「そう、それでいいのよ、今度は私に出して…」腰を振っていく。

 こうして、2人は2回噴射させられ、それが済んでから縛った腕が解かれた。
「直美さん、ルミさん!」グッタリした2人を起こしていく。
「いいか、これがしきたりだ。覚えておくんだ!」
「そうなのよ、これであんた達も仲間になったの」2人の女性は淫裂を拭いて服を着だした。

 「あんちゃん、これを飲ませろ。俺のガキは産みたくないだろうし」薬を渡すと4人は出て行き「レイプよ、レイプされてしまった…」泣きながら2人は浴室で淫裂を洗い続けた。

 それから数日後、義昭と好子が訪ねて来て「ちょっと、付き合ってくれ!」強引に4人は連れ出されて車に乗せられた。
車は5分ほど走ると真新しい建物に入っていくが、そこには泣き顔の女性が乳房と淫裂を露わにしており(きっと、ヌードにされる…)顔色が真っ青になった。

 その予想通りに「お前達も手伝うんだ、素っ裸になってな」義昭が言い出す。
「イヤ、ヌードなんてイヤです!」
「イヤか、だったら、この写真がどうなってもいいんだな?」それは2人の淫裂丸出しの写真だ。

 それには「松永さん、約束が違います。裸にはさせないと言ったじゃないですか!」健二は抗議したが相手が悪く「親分に向かって、その言葉は何だ!」手下が健二の胸ぐらを突いた。
「そうよ、誰のおかげであそこに住めるようになったのよ」好子も言い出す。

 「それは、わかっていますが…」弱みを突かれ言葉がでない。
「何も、売春しろとは言っていない。ただ素っ裸になって喜ばせればいい。触らせたり、口を使ってな」ニヤリと笑う。
「そうよ、あなた達はここを触らせればいいのよ」秀樹と健二の肉竿を撫でて言う。
「そう言うことだ。ケツも覚悟しろよ」2人は顔を見合わせた。

 「わかっただろう、お前達も脱ぐんだ!」その言葉に「う、う、う!」直美とルミは泣きながら脱ぎだし、健二と秀樹も脱いでいく。
そして、4人が生まれたままになると並ばされたが、女が6人で男が2人だ。

 「手で隠すな!」手で隠そうとした女の頬が叩かれ「ひ~!」悲鳴を上げ乳房を揺らせている。
「痛い思いをしたくなかったら、堂々と見せてやれ!」揺れる乳房を握り絞め「い、痛い…」呻き声を上げると「わかったか、隠すなよ」やっと手を退けた。

 「いい、ファッションショーのモデルと思って、自分の体をアピールするのよ」好子が注意してから、1列に並んで別な部屋に向かった。
部屋に入ると「お~!」全裸姿に歓声が上がる。
その歓声を聞きながら前に並び、1人ずつ、中央に進み出てポーズを作っていく。
勿論、健二や秀樹もやらされ、それが済むと1人ずつ、テーブルに案内された。

 女性は男のテーブルに連れていかれた。
「いいね、この子可愛いよ」乳房と淫裂が触られ、肉竿を掴まされる。
「お、お口だけですよ。セックスは、無しですから…」口で肉竿を処理していく。
その間、別な男に乳房を揉まれ、淫裂を指で触られている。

 一方、健二と秀樹は女性だけのテーブルだ。
(良かった、ケツは無しで…)ホッとしたが、女性達は2人の肉竿を奪い合うように掴んでいたが「初めは私よ」腰にペニスバンドを取り付けていく。

 (まさか、あれで…)呆然としていると肛門に押し込まれ「うっ!」と呻き声を上げた。
「いいわね、男をレイプするのもいいわよ」満足そうに腰を振り「あ、あ、あ~」(こんな事をさせられるなんて…)秀樹と健二は顔を歪めていた。

 その呻き声に「見ろよ、ケツでやっているぞ!」と声が上がり(健二と秀樹がお尻を…)ディルドーが肛門を突き刺すのが見える。
「俺もケツを使うか。オ○ンコじゃないし」ルミは四つん這いにされた。

 「イヤ、お尻はイヤです!」叫んでも肛門から肉竿が挿入されて「ヒ~!」悲鳴を上げた。
「凄いや、俺にもやらせろよ」女性の皆が四つん這いにされ肛門に押し込まれて「ギャー!」悲鳴があちこちから上がるが、そんな光景を義昭と好子は満足そうに見ている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター