赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第9話 姉妹の全裸  

 翌日、高杉が研究所に行くと、いるはずの美沙がまだ来ていない。

「あれ、所長は?」と尋ねたら「具合が悪いから、休むそうです」と事務の好恵が答えた。

「へえ、珍しいな。所長が体を壊すなんて」ニヤニヤしながら自分の研究室に向かった。

研究室に入ると机の中にある美沙の全裸写真を大事そうに取りだし眺めてた。

「やりたいな、美沙とオ○ンコがしたいよ」泣きそうな顔をして淫裂を広げている写真をジッと

見ていた。

そこへ「高杉さん、私にも見せて」いきなり、好恵が入ってきて写真を奪った。

「何よ、これ。所長のヘアヌードじゃないのよ…」写真を見て呆然としている。

(まずい、こいつともオ○ンコやらないと)急いで培養器の蓋を開けてウィルスを拡散した。

「そうだ、所長のヌードだよ。強引に頼まれて俺が撮ったんだ」

「そんなの嘘でしょう。まさか、所長が高杉さんの前でヌードにはならないわよ」

「そんな事はないよ。好恵だって俺にヌードを撮って欲しくなるよ」

「そんな事ないわ、絶対に…」時間を稼ぐ為に話していると好恵の体が震えだす。

(効いてきたぞ。好恵ともオ○ンコがやれるぞ)笑顔でドアに鍵を掛けた。

 

 ウイルスが体内に入ったのか「あ、あ、あ!」せつなそうな声をあげ股間を押さえていく。

「好恵、これが欲しいんだろう?」勝ち誇ったようにズボンを下げて肉竿を取りだす。

「欲しいの、高杉さんとエッチがしたいの」もう理性が消えていた。

「だったら、お前も脱がないと。ヌードを撮らせたらやって上げるよ」

「脱ぐわ、だからセックスして」高杉はまたビデオを構え好恵の全裸を撮っていく。

そして、例によって淫裂の中に射精したが好恵も射精が済むと冷静さが戻って泣きだした。

「泣いたってダメだ。自分からセックスしたいと言って脱いだんだから」証拠のビデオを見せた。

(これで、口封じができたな。おまけに好恵の貧弱なオッパイも吸えたしな)満足そうな顔で小

振りな乳房を揉んでいく。
     
            uli9.jpg


「お願い、この事は誰にも言わないで下さい」乳房を揉む高杉の手を押さえて言う。

「わかっているよ、その変わり、また素っ裸になってくれるよな」脅迫していく。

そう言われれば「う、う、う!」と泣きながら縦に首を振るしかなかった。

射精された好恵は急いで服を着込み、具合が悪いからと言って病院に向かった。

「これで面白くなったな。ここの女を全員素っ裸にしたいな」笑顔で培養器にウィルスを入れ増

殖させていた。



 それから数日後の休日に、高杉は美沙のマンションを訪ねた。

「美沙、やって貰いたい事があってな」前から計画していた美紀とのレズをやらせる気だ。

「美紀とはイヤ、妹には手を出さないで」

「そうは行かないな。イヤでもやって貰う」電話で美紀を呼び出すように言う。

「お願い、セックスしたかったら私だけとして。美紀とはしないで欲しいの」

「美紀が俺とオ○ンコしたいと言ったらどうする?」

「その時はしていいです…」美紀が高杉と肉体関係を持ったとは知らないからそう答える。

「わかった、俺からは美紀には手を出さない」その言葉に美沙は美紀に電話を掛けて呼び出した。

しかし、高杉は前もって美紀には全裸写真をにちらつかせて脅して置いた。

そんな事を知らない美沙は妹を呼びだしてしまった。

そして、美沙が電話を切ると「脱げ、素っ裸になっての出迎えだ」と命じられ服を脱いでいく。

泣き顔でパンティ、ブラジャー脱ぎ全裸になった。

「この生え具合がたまらないよ。オ○ンコが見えるのがな」短く手入れされた絨毛と淫裂を撫で

ていく。

それに乳房も揉みながら乳首をも吸う。

「お願いです、辱めはこれで最後にしてください…」涙を流しながら高杉の頭を押さえていた。

 

 それから1時間程過ぎてチャイムが鳴った。

「美紀よ、美紀が来た!」美沙は急いで服を着ようとした。

「言ったはずだ。素っ裸になって出迎えろと」

「そんなの、できません。なんて言い訳すればいいのよ」

「素っ裸写真を撮っていると言えばいい」ニヤニヤしながらデジカメを構えた。

「わかりました。そう言います」体を震わせドアを開けると、当然「姉さん!」それだけで言葉が

途切れる。

「入って、話は後でするから」腕を掴み中に入れるとドアを閉めた。

「姉さん、どうしてヌードに?」

「記念よ、若い内にヌードを撮っておこうと思って…」俯いたまま乳房と淫裂を手で隠した。

「美沙さん、続けようよ。ヌードを撮って欲しいんでしょう?」

「ええ、綺麗にとって欲しいし…」

「だったら、こうして!」美香の前で乳房を揉み淫裂も触っていく。

(やめて、お願いです!)妹の前ではイヤなのか淫裂を撫でる手を押さえた。

高杉はニヤリと笑って美沙の全裸を撮りだした。

 

 その様子を美紀は黙ってみていたが「そうだ、妹さんも一緒に撮ろうよ」と高杉に言われ顔が

強ばった。

「そうね、私もヌードを撮っておきたいし。お願いするわ」

「やめなさい、ヌードなんてダメよ!」

妹をかばうが「姉さんだってヌードを撮っているじゃないのよ。自分はいいけど私がダメだなん

ておかしいわ」美紀の言葉に反論できない。

「美紀さん、その通りだよ。僕も手伝うから」美沙をチラリと見て美紀の脱ぐのを手伝う。

それには戸惑いながらも脱ぎ、美沙と同じく生まれたままになった。

「いいですね、姉妹ともこんな立派なオッパイで」美紀の乳房を揉んでいく。

「そ、そんな事より、写真を…」やはり、高杉には触られたくなかった。

「わかりました、撮りますよ」高杉はカメラを構えた。

「美紀、どうせならこうしようよ」震えながら美紀を抱きしめ淫裂を撫でていく。

「お、お姉さん…」恥ずかしさに体が震えている。

(そうだ、それでいい。もっとやれ!)高杉はスイッチを押しまくる。

「美紀、ここもいいでしょう?」2人はベッドに倒れ淫裂を触り合う。

「気持ちいい、お姉さんにして貰うと」目を閉じ美沙の指で淫裂の中を掻き回されている。

2人はその後も乳房も吸い合ってカメラに収まった。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/124-4e0bdea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top