赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第10話 膣内射精  

 高杉は2人が抱き合うのを撮っていたが「美紀さん、お姉さんと愛し合うのを撮って貰えませ

んか?」服を脱ぎ始めた。

「愛し合うって、まさかセックスを…」それには美沙も声が出ない。

「本当に撮っていいんですか?」美紀も信じられないと言った顔だ。

「勿論です。美沙いいよね?」高杉は婚約者気取りだ。

「高杉さんが望むならいいです…」

「聞いたでしょう、お願いしますね」全裸になると美紀にカメラを渡して美沙に抱き付く。

「お願い、ここでは許して」耳元で呟くように言うが、高杉は無視して腰を押しつけてきた。

淫裂に肉竿が入り膣腔をゆっくり広げていく。「あ、あ~!」痛みに顔を歪め呻き声を上げる。

「美沙さん、これからもいいよね」先端が入り込むとなおも押し込んだ。

「あ、あ、あ!」それにはたまらず声をあげている。

「美紀さん、見てないで撮って下さいよ」乳房を握りしめ肉竿をピストンしていく。

「は、はい。撮ります…」結合している様子を撮っていく。

 

 美紀が数枚撮ると美沙は馬乗りにされ腰を振らされた。

「あ、あ、あ~!」乳房も揉まれ声をあげている。

その声に「私もセックスしたい…」カメラを撮っていた美紀が高杉に唇を重ねてきた。

「ダメ、美紀はダメ!」慌てる美沙だが「いいよ、交代でやったら」高杉は得意顔だ。

「やらせて、今度は私よ」美紀が馬乗りになった。肉竿を掴んで淫裂を押しつけてきた。

「あ、あ~!」膣にはいると背中を反らせ声をあげている。

「そんな、美紀が高杉さんとセックスだなんて…」涙を流す美沙だ。

それを後目に「お姉さん、セックスしている所を撮って!」腰の振りを早めていく。

「わかった、撮るわよ」美沙は高杉の肉竿が入り込んだ淫裂や揉まれている乳房を撮った。

 

 やがて、高杉も次第に登り詰めてきた。

「出そうだ、美紀さん、射精したいよ」

「ダメ、それはダメ、私がするから美紀はダメ!」カメラを置いて美紀を退かせた。

「高杉さん、私に出して、私が受け止めますから」泣き顔で馬乗りになり腰を動かしていく。

          narawasi8.jpg

「美沙、出してもいいんだね?」乳房を揉みながら尋ねる。

「ええ、高杉さんのエキスは私だけの物です」心にもない事をいいながら動きを早めた。

「う~!」高杉が唸り音と共に身震いを始めた。それと同時に美沙の体内に液体が噴射された。

「出したよ、美沙」「わかります、子宮が暖かいから…」手で淫裂を押さえ高杉から降りた。

「美紀さん、口でやって貰えませんか」

「これをですか?」精液で汚れた肉竿を掴んだ。

「そうです、口でされたらまたできますよ」

「わかりました」目を閉じ肉竿を口に入れ動かしていく。

「ウグ、ウグ!」口の動きと共に肉竿も膨らんでくる。

「今度は僕がやりますよ」美紀を四つん這いにして後ろから挿入した。

「きつい、膣の奥まで入っている~!」体をくねらせている。

「美沙、お前も入れよ。3人一緒に楽しもうよ」

「美紀には出さないでね。出すのは私よ」

「わかっているよ、最後は美沙だよ」それに納得したのか美沙は美紀に抱きつく。

「お、お姉さん!」美紀も淫裂に肉竿を入れられたまま、美沙の汚れた淫裂をなめ出す。

「あ、あ、あ!」美沙の喘ぐ声が響き渡り、また美沙の淫裂に肉竿を入れられ射精された。

 

 それから数日後、高杉は美沙の所長室を訪ねた。

「美沙、またオ○ンコしたくなった。やらせてくれ」

「ここじゃなく、仕事が終わってからにしましょう」

「だめだ。今すぐ脱げ。素っ裸になるんだ」美沙の頼みなど聞こうとはしない。

美沙はあきらめたのか服を脱いでいく。

「今度は風俗みたいな下着を着けるんだ。オッパイ丸出しにここが丸見えのパンツもな」露わに

なった淫裂を撫でていく。

「う、う、う!」嗚咽を上げながら堪えるしかない。

「ここでオ○ンコやっても面白くないな、あいつの前で…」美沙の腕を掴み外に出ようとする。

「イヤ、ヌードよ、ここ以外はイヤです!」どうしても所長室から出ようとはしない。

「来い、来ないなら、お前の素っ裸写真とオ○ンコビデオを売るぞ」そう言われれば部屋から出

るしかない。

大粒の涙を流しながら所長室から出た。

幸いな事に今日は他の研究員が役所との打ち合わせで皆出払い、残っているのは事務員の好恵だ

けだ。

美沙は好恵も高杉にウィルスで汚染されたのは知らない。

 

 体を震わせ美沙は高杉の後を追って好恵がいる事務所に入った。

好恵は美沙を見るなり「所長がヌードになっている…」呆然としている。

「伊藤、そんなに驚かなくてもいいよ。これから俺とオ○ンコするんだから」服を脱ぎ始めた。

「そんな、ここでセックスだなんて…」信じられないと言った顔つきだ。

「そうだ、伊藤も脱げよ。オ○ンコしてやるぞ」

「イヤ、セックスはイヤ。それにヌードもイヤです」首を振って拒んだ。

「素っ裸はイヤか。所長や俺が素っ裸になるのにいやか?」半ば脅している。

「わかりました、ヌードだけですよ」好恵も写真を撮られ、肉体関係を持った弱みで服を脱ぎだ

した。

 

 それを見ながら「所長、入れますよ」肉竿を掴んで美沙の淫裂に押し込んだ。

「あ、あ、あ~!」呻くような声をあげ顔を歪めていく。

「気持ちいいでしょう、俺のチンポは?」乳房を掴み、握りながら腰を振っていく。

「ええ、高杉さんのチンポでされると気持ちいいです…」言いたくないが言うしかない。

「伊藤、お前は自分の指でやれ。見てやるから」好恵は指を淫裂に入れて動かしていく。

「もっと足を広げて。所長もオ○ンコを見せてあげないと」見られたくないが横に足を広げた。

「見えるか、伊藤?」

「見えます、膣に入っているのが…」淫裂を掻き回しながら乳房も揉み出んでいる。

「あ、あ、あ~!」声をあげる美沙は好恵の顔をまともに見られなかった。

同じようにオナニーをさせられた好恵もまともに美沙を見られなかった。

そんな2人にお構いなしの高杉はピストンを早め肉竿から噴射した。

美沙は「そんな~!」悲鳴を上げ淫裂からポタポタと垂らしていくが、それを食い入るように好

恵が見ていた。

高杉はその後も機会を見計らい美沙と好恵を全裸にして楽しんでいた。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/125-97a16346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top