fc2ブログ

「淫獣の住む館」第3話 屈辱のモデル

第3話 屈辱のモデル

 それから数日が経った土曜日、福島がバックを抱えてアパートから出て行き、それを追うかのように、綾子も出たが2人は人目を憚って歩いている。
「もういいよ、綾子!」その言葉に、綾子が福島に寄り添うように歩いて駅の中に入った。

 2人は駅で電車に乗ると、郊外へと向かい「空いているね」乗客が少なく、それをいい事に、福島の手が胸に伸びていく。
「恥ずかしいわ。見られているかも知れないのよ」
「構わないよ。見たければ見せてやれよ」ボタンを外して、ブラジャーを捲り上げ乳房を露わにした。

 「いいね、これも」綾子は乳房を掴まれ「やめて。お願いですから」恥ずかしさに顔を背けた。
「待てよ。ここでも撮った方が面白いぞ」バックからデジカメを取りだすと「ほら、胸を広げて!」向かい合って座り直し「恥ずかしいです…。人が来ますから…」怯えて震えている。

 「あのビデオの方が恥ずかしいよ。『オ○ンコして!』って言っているし…」
「言わないで。やるから、あの事はもう言わないで…」首を振って自ら胸を広げ乳房を晒した。
「ダメだよ。顔を上げないと!」
「顔は許して。オッパイは出すから」

 「ダメだ、こっちを見ろ!」渋々福島を見つめるが(恥ずかしいわ。オッパイを電車の中で出すなんて…)目の下が赤く腫れ上がっており「いいよ、その顔が」スイッチを押していく。
(かなり、恥ずかしがっているぞ)綾子の恥ずかしがる顔を喜びながら撮っている。

 「今度は、オ○ンコを出して!」
「今は許して。オッパイだけで許して下さい…」
「ダメだ。スカートを持ち上げろ!」言われればやるしかなく、スカートを捲り上げて、パンティを膝まで引き下げた。
絨毛が露わになり、綾子の顔が赤く染まって、引き吊っている。

 「オッパイを出したまま、足を広げて!」シャツを広げたまま足を開いていくと絨毛に覆われたピンクの淫裂が覗いている。
「性器だけは、撮らないで下さい!」泣き声になった。
「ダメだ、全部撮るんだから」その淫裂を晒した姿も撮られていくと「う、う、う!」堪えきれずに嗚咽を上げていく。

 (泣いたってダメだ。もっと撮るんだから)「オッパイは隠していいぞ!」その言葉に、急いでブラジャーの中に乳房を収めボタンを掛けて、元通りになると綾子はホッとした顔になっていた。

 「オ○ンコを、指で弄って!」
「許して。これだけにして下さい」遂に泣き出してしまった。
「泣いたってダメだ。やらないと、知らないからな」綾子は泣きながら淫裂を指で触っていく。
「いいよ、それが」泣きながら、淫裂を弄っているのを撮っていく。
「もっと指を入れて」「広げて」色々ポーズを取らされた。

 「よし、いいぞ。オ○ンコを隠せ!」電車が駅に近づいたのか、スピードが落ちていき、綾子は急いでパンティを引き上げ、スカートを戻していく。
「ふー!」元通りに戻ってホッとしていると、電車のブレーキが掛かり、停車すると客が乗り込み(良かった、これで車内では撮れないわ)安堵する綾子だ。

 電車に乗ってから2時間経った。
周りは森林が生い茂った風景に変わり、電車のスピードが落ちている。
「次に降りるからね」「わかりました」降りる支度をしていると同時に止まって、ドアが開き2人は電車を降り改札口を出た。

 「田舎だわ、こんな所が今時あったんだ!」
「そうだよ、だからいいんだよ」改札口を通って外に出ると、すぐ目の前に山が迫っている。
「行こう」2人は歩きだし、30分も過ぎると汗が流れている。
「暑いわ、こんなに汗が…」綾子のシャツが汗で濡れている。
「どうせなら、ここから素っ裸になって歩こうよ」
「イヤ、ここからでなく、着いてからです!」首を振った。

 いつ、人が現れるか知らない山道を素っ裸で歩けと言う方が無茶だ。
「脱げよ。俺が言っているんだぞ!」
(イヤだけど…)「わかりました。ヌードになります」従うしかなく「脱いだ服は、ここに入れろ!」ナップザックをバックから取りだした。
(最初から、ヌードにさせるつもりだったのね…)黙って服を脱いでいく。

 福島は、ビデオに代えて撮りだし(イヤ、撮らないでよ!)唇を噛みながらも、シャツ、スカートと脱いでいく。
その後パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「いいね、オッパイとオ○ンコ丸出しが…」綾子は両手を後ろで組み、乳房と絨毛を晒している。

 「もう、いいでしょう。撮るのはやめて!」
「取り合えず、ここまでだ。服を片づけて!」綾子は脱いだ服を畳んで、ナップザックに仕舞い込むと「俺が持つよ」それを福島が背負った。
(綾子、素っ裸のままだぞ。服は着られないからな!)福島の目が輝いている。
綾子も(ここからはヌードだわ。見られても隠せないなんて…)緊張で体が震え、絨毛も揺れていた。

 「行こう」2人は再び歩き始めた。
(誰にも合いませんように…)綾子が祈りながら歩いて行くと「待って、撮るから」福島は突然走って、ビデオを構え「来て!」(イヤ、正面から撮るなんていやよ)恥ずかしい思いを我慢して歩いて行くと、乳房が左右に揺れ動いている。

 「いいね。そのオッパイが揺れる姿が…」肉竿が膨らんでいた。
(でも、ヘアが邪魔でオ○ンコが見えないな。そうだ、後で剃らせるか…)また、よからぬ事を考え付いた。

 2人が歩いて行くと、大きな木が生えていた。
「ここで撮ろう」荷物を降ろして、今度はカメラで撮りだす。
「足を組んで!」福島はポーズを取らせて(イヤ、ヘアはイヤです。せめてオッパイだけにして下さい…)目を赤くしながら、カメラに収まった。

 撮影が始まってから、30分は過ぎた。
「いいね。若い子の裸は綺麗で」老人が全裸の綾子を見ている。
(イヤ、見ないで、帰ってよ)綾子は恥ずかしさで、顔を上げられないが「ダメだよ。ちゃんと顔を上げないと!」渋々カメラを見つめていく。

 「そう。もっと、足を上げて!」
(イヤよ。性器が丸見えになっている…)付け根の淫裂が覗いており、「いいよ、そのオ○ンコも」カメラが淫裂を撮っていく。
(やめて。性器は撮らないで!)だが、その足を開かされたポーズを取らされた。
老人はその間、綾子の淫裂を見ているが、勃起はしてない。

 暫く経ってから「あんた、福島さんだろう?」老人が言いだす。
「はい、そうです。あなたは山形さんですか?」
「そうだ、山形だ。今夜はあんた達だけだから心配は要らないよ。思い切りやってもいいよ」

 「助かります。何せ、こういう撮影ですから…」
「その変わり、見ててもいいだろう?」
「構いません。見るだけでしたら」こうして、山形と名乗る老人が加わっての撮影が行われた。

 撮影が済むと3人は山形を先頭に歩いていく。
「しかし、素っ裸で歩くなんていい度胸だよ。今まで、そんな人はいなかったのに…」
「そうですか?」
「そうだよ。中では素っ裸になるけど、ここから素っ裸は、あんたが初めてだよ」綾子を見つめて言うが(言わないで。そんな事は…)下を向いて歩いていく。

 「あんたのオッパイ、整形かい?」
「自然です。整形はしていません」
「確かめていいかな?」
(何言っているのよ。ダメに決まっているでしょう!)綾子は首を振ったが「山形さん。いいですよ、触って両方を確かめても」
「そ、そんな~!」福島の言葉に悲鳴に近い声だ。

 「早速、確かめさせて貰うよ」老人は両手で綾子の乳房を掴み、揉んでいく。
(イヤ、やめて。オッパイなんか、触らないでよ1)俯いて顔を上げられない。
「いいね、それも。顔を上げないと」渋々顔を上げ、乳房を揉まれている綾子を撮っていく。

 (そうだ。着いたらビデオで撮るか。オッパイとオ○ンコを触られるのを…)よからぬ考えを思いついた。
「本物だね、いい感じだ。若いこのオッパイは最高だね1」満足したのか、手を退けて、また歩き出した。

 やがて、正面に建物が見え、その建物に向かって歩いて行く。
「ここは、よくヌード撮影に使われるんだ。有名な場所だよ」
「そうなんですか…」綾子は福島の説明を聞きながら建物の中に入った。
「夕食は、6時からでいいかい?」
「はい、構いません。その前に汗を流したいのですが…」

 「だったら、その入り口から、入って行けばいいよ」
「わかりました」福島は荷物を置くと服を次々と脱いで全裸になった。
「いいね、俺も昔はそうだったよ。風呂は混浴だから一緒に入ってくれ。俺も後から入るから」

 だが「混浴?」綾子の顔が曇った。
「行こう、どうせ、2人しかいないんだから」福島はカメラとビデオを持って、綾子と一緒に浴室に入って行く。
「ここでも撮るからね」綾子はポーズを取らされていく。

 「もう、やっているのか!」そこに山形が入ってきた。
「山形さん、カミソリはありませんか?」
「あるよ。ほら、ひげ剃り用だけど…」
「それで構いません。それから、オ○ンコの毛を剃って貰えませんか?」

 (何言っているのよ。ヘアを剃るなんて!)綾子は驚いた。
「構わないが、いいのかね?」
「剃る所を撮って欲しいと言うので。ほら、言わないと!」目がキツくなっている。
「剃って下さい、私のヘアを…」後は声にならない。
「わかった。それまで言われたら、オ○ンコを剃るぞ!」
(イヤよ、剃らないで。ヘアのない性器なんていやよ)泣き顔に変わっている。

 山形は綾子の事など無視して、石鹸を泡立てていく。
「綾子、ちゃんと立って。それに、足も広げないと…」福島はビデオを構え(イヤ、剃らないで!)足を広げるが、震えている。
「まずは、石鹸を塗ってからだな」泡立てた石鹸を、掌で絨毛に擦りつけていくと立っていた絨毛が肌に密着していく。

 「これで、大丈夫かな?」丁寧に恥丘を撫で回し(いいぞ、それでいい)ファインダーから覗く福島だ。
「いくよ!」絨毛にカミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えて、変わって赤黒い地肌が見えてきた。

 カミソリは、なおも絨毛を消して行き、淫裂の周りに少しだけ残された。
その残された絨毛も、カミソリは消していく。
(いや。こんなのいや!!)淫裂が露わになり、割れ目から2枚の肉襞がはみ出している。

 「いいね、こんなオ○ンコだと…」綺麗に剃り終えるとタオルで拭いた。
綾子の恥丘には、ピンクの割れ目が口を開いており「あまり使ってないね。綺麗だし」その淫裂を撫でていく。
(そうだ、それでいい!)泣きそうな顔の綾子をビデオが捉えている。

 「山形さん、少し手伝って貰えませんか?」
「構わないよ、何をするんだい?」
「撮って欲しいんですよ、こらからの事を」
「本番かい?」

 「そんな事はしませんよ。おしゃぶりですよ、チンポをね」
(イヤ、フェラを撮るというの?)
「いいよ、あんたのは元気だからいいね」福島はビデオを管理人に渡した。
「やってくれ」綾子は仕方なく正面に膝を落として肉竿を掴み(撮られている…。オチンチンを掴んだのを…)目を閉じそれを口に含んだ。

 「いいよ、綾子。すごくいい!」満足げに言うと「フグ、フグ!」唇で肉竿を擦っていく。
(どうして、こんな事になったのよ…)息苦しさを堪えて、振りを早めた。
すると「出る、出るぞ!」(イヤ、出さないで!)頭を押さえられて動けない。

 「うー!」動きが止まった。
(イヤ。飲みたくない!)不快な液体が咽に漂っている。
「すっきりしたよ」放出を済ますと手を放した。
「オェ~!」口から精液が糸を引いて流れ出し、その様子もビデオがしっかりと捉えていた。

 「飲め、だすな!」「ゴクン!」飲み込んだ。
「若いから威勢がいいね。俺はだめだよ」ビデオを福島に手渡した。
「山形さん、もう少し手伝って貰えませんか?」
「今度は何をするんだい?」
「綾子、剃ってもらったお礼をしないとダメだよな?」

 「ええ、そうですが…」(また、恥ずかしい事をさせる気ね)体が震えていた。
「山形さん、綾子を指で行かせて貰えませんか?」
それには「そ、そんな~!」綾子は悲鳴を上げた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園連載中
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事数メーター