fc2ブログ

「淫獣の住む館」第6話 姉妹がレイプ

第6話 姉妹がレイプ

 福島は綾子の勤務する会社の就職に的を絞ると「健康診断書を添えて頂きませんとね…」人事担当者が説明している。
「私はこの通り健康ですが?」
「こう言うのは規則なんです!」

 「わかりました」福島は美智と知代が働いている病院で診断を受ける事にし、直ぐに向かった。
病院の受付で「この検査をお願いしたいのですが…」と会社からの書類を見せ「ああ、健康診断ですね。美智さん、お願いするわ」受付で偶然にも美智と会う事になった。

 美智は「こちらで行いますから…」廊下を歩いていく。
「いいね、白衣を着た美智も」お尻を撫でると「ダメ、今は仕事ですから。それに人目もあるし…」周りを気にしながら、2人は測定室に入った。

 「はい、腕を捲って!」美智が福島に言うと「美智、そんな事よりもスカートを捲れよ」言い返す。
「そんなの、出来ません!」
「やらせろ。すぐ終わるから…」
「帰ったらお相手しますから、今は許して下さい」

 「捲れ、急いで!」
(ダメだわ。本気でセックスする気だ…)強ばった顔で白衣の裾を持ち上げて「いいね、白いパンツとストッキングが!」太股を隠す白いストッキングが悩ましい。
福島がその白いパンティを引き下げると、真っ黒な絨毛に覆われた恥丘が覗いている。

 「許して、勤務中ですから…」
「だから、やりたいんだよ」なおも引き下げ、足を開くと「いいね、オ○ンコが見えて!」後ろから覗くと、パックリ開いた淫裂が見えている。
福島はチャックを下げ、肉竿を背後から押し込んだ。
「お願い、帰ってからしましょう。帰ってから!」目を閉じ、横を向いたまま裾を持ち上げている。

「だめだ。安心日のはずだから出すぞ」肉竿がゆっくりと、ピストンを繰り返しながら奥まで入り込んできた。
「う、う!」美智は声を上げまいと堪えている。
やがて、肉竿のピストンが早まって「ピシャ、ピシャ!」股間と尻がぶつかっていく。

 「最高だね。このスリルがいいよ」白衣のボタンを外して手を入れた。
「これ以上はしないで。帰ったら何でもしますから」
「もう少しで終わるから我慢しろ!」福島の手がブラジャーを押し上げ乳房を掴んだ。
「いいね、これが!」乳房を揉みながら、腰を振っていくと「出すぞ、出すぞ!」福島が絶頂を迎えた。

 「許して。勤務中ですから許して!」首を振るが膣の中が暖かくなり(出された…。射精されてしまった…)淫裂から太股を伝わって精液が流れ出た。
「もういいぞ。服を直せ!」美智はガーゼで淫裂と流れた精液を拭き、パンティを引き上げていくが、股間を押さえる布が濡れている。
その後、乳房をカップに仕舞い込みボタンを掛け「始めても、いいでしょうか?」「いいよ、始めても」福島の測定が行われた。

 測定の後は医師の問診を受け、アパートに戻ってくると知代が夜勤に備えて昼寝をしていた。
「知代、オ○ンコを見せてくれ!」
「これで、いいですか?」スカートの裾を持ち上げ、パンティを引き下げて淫裂を露わにしている。

 「オ○ンコはヘアがない方が好きだがな…。知代、レズをしろ、腕を縛って無理にやるんだ!」
「レズをやれと言っても、相手がいないと…」
「永井さんだよ、永井の奥さんとレズをするんだ。これでオ○ンコを突き刺せ!」それは、V型の樹脂棒で自分の淫裂に片方を押し込み、もう片方をレズ相手の淫裂に押し込むタイプだ。

 「そんなことをしたら、警察に訴えられます!」樹脂棒を見ながら言うと「やってみればわかるさ。やらないなら、どうなっても知らないからな」自信ありげに言う。
「わかりました…」
「それから、戻る時は素っ裸だからな!」
「そんな~。素っ裸だったら、誰かに見られたら困ります!」
「ダメだ。素っ裸で戻れ。服は置いて来い!」福島から言われれば拒めず、姉との時に使っている、赤い紐も持って部屋から出た。

 知代は「永井さん、いますか?」瑞穂を訪ねた。
「どちらですか?」
「横山です。お話がありまして…」
「わかりました」ドアが開いた。

 「来たか。いよいよ、やるぞ!」画面には2人が映っており、ビデオのスイッチを入れた。
「お話って、どんな事ですか?」
「言いにくい事なんですが、私と愛し合ってみませんか?」
「愛し合うって、それって、レズでしょう?」
「はい。そうです…」

 「イヤよ、帰って。私にはそんな趣味がないからね!」
「イヤでも、して下さい!」真っ先に口を封じた。
ハンカチを押し込み、テープで塞いでいき、瑞穂は声が出せない。
その後、両腕を後ろ手に縛って自由を奪った。

 「奥さんとやりたかったの。悪いけど許してね」瑞穂のスカートを剥ぎ取ると黒いパンティが露わになった。
「これも、要らないわよね」両手で掴んで引き下げていく。
「綺麗よ。奥さんのオ○ンコが…」パンティを引き抜き、股間を撫でだすと「う、う、う!」首を左右に振る瑞穂だ。

 「ご免なさい。私の本能で、こうなってしまうの」今度は上半身を裸にしていく。
シャツのボタンを外し、ブラジャーのホックを外した。
そして、シャツを肩から腕まで引き下げ「奥さん、楽しませて…」露わになった瑞穂の乳房を揉みながら、乳首を吸う。

 「ヌードは、奥さんだけじゃないわよ。私もヌードになるわ」知代も服を脱で行く。
下着も脱いで全裸になると、渡された樹脂棒を淫裂に押し込んで行く。
(少し、痛い。まだ、膣が緩んでない…)顔を歪めながらも、根本まで押し込んでベルトで留めた。

 その姿は、乳房さえ無ければ立派な肉竿を持った男で「う、う、う!」瑞穂は樹脂棒を恐れて、首を振っている。
「痛くないようにするから、安心してね」仰向けに瑞穂を寝かせ、乳房を桃ながら淫裂に肉竿を押し込んでいく。

 「う!」目を閉じ、腰が浮いた。
「声を出さないと、約束するなら口を解くけど、約束できる?」瑞穂は首を縦に振った。
「約束は守ってね」テープを剥がしてハンカチを取りだした。

 「どうして、こんな事をするの?」
「奥さんが欲しかったの。こうして愛しあいたかったの」腰をゆっくり振っていく。
「やめて、変な感じになっちゃうわ。オチンチン以外ではしたくないのよ!」
「ダメ。奥さんとしたいの」頭を押さえ、唇を重ねた。
「う!」顔を逸らしたいが、押さえられていて無理だ。

 「嫌わないで、奥さん!」息を弾ませながら、腰の振りを早めていくと「あ、あ、あ!」瑞穂の口から声が漏れ、淫裂からも淫汁が流れてきた。
「気持ちいいでしょう。こういうのも…」乳房を揉みながら言う。
「よくないわ、女同士だなんてイヤ。おチンチンでするのが一番よ!」強がりを言うが、腰は知代の樹脂棒に合わせて、動いていた。

 「どう、後ろからしてみる。奥まで入るけど?」
「いや、やめて。それはいやよ!」
「だめ、やらせて!」瑞穂は今度は俯せにされ、顔を畳みに押しつけ腰を持ち上げられた。
「イヤ、入れないで!」だが、知代の樹脂棒が入り込むと「あん、あん、あん!」心地よい快感に声を上げた。

 「ほら、感じているじゃないの。お尻も撫でると感じるはずよ」肛門を撫でながら腰を振ると「して。もっと奥まで入れて…」遂に瑞穂も理性が消えた。
「こうね?」腰の振りを大きくすると「そうよ。それでいいのよ…」髪の毛を振り乱しながら、淫汁を流している。

 「どうせなら、奥さんがして!」今度は騎上位になったが、両手を縛られて自由が効かないまま腰を振らなければならない。
「やらないなら、これが痛い思いをするからね」両乳首を転がすようにしていく。
「やるわ。痛いのはイヤよ!」ゆっくり腰を振って「あ、ああ!」声を上げ、口を開いて体が反っていった。

 「クチャ、クチャ!」淫裂からも、音が出ていく。
「限界よ。行きそうなの…」
「いいわ、行っても」「あ、ああ!」声を上げて動きが止まった。
「奥さん、よかったでしょう?」抱きかかえると、4個の乳房が重なり合って潰れている。

 「凄いわ。こんな愛し方も合ったんだ…」息を弾ませて言うと「そうよ。また、いいでしょう?」知代は唇を重ねたが、瑞穂は拒まなかった。
2人は暫く抱き合ってから「今度は奥さんがして、私も行きたいの」
「いいわよ、してあげる。これなら夫も文句が言えないし…」両手が解かれた。

 「縛って。それからして…」樹脂棒を淫裂から抜くが、ヌルヌルになっている。
「感じたのね」
「そう。凄くよかったの」今度は知代の両手が縛られ、樹脂棒を固定してから淫裂に押し込んできた。

 「いいわ、すごくいい!」
「オッパイにも、してあげるわよ」乳房を撫でながら腰を振って「あ、あ、あ!」すぐに登りつめてしまった。
2人は抱き合ってから「奥さん、このとは誰にも言わないと誓える?」

 「誓うわ。夫にも…」
「それなら、証拠のヌードを撮らせて」
「イヤ、ヌードはいや!」
「私のヌードを撮ってもいいわよ。それならいいでしょう?」

「でも、ヌードを撮るのは初めてだし…」嫌がる瑞穂を、知代のカメラが捕らえて乳房と淫裂を撮った。
「これでいいわ。今度は私を撮って!」カメラを渡してポーズを取っていく。
勿論、乳房と淫裂を晒した姿だが(これで、また逃げられなくなった…)脅されるのを覚悟しなければならない。

 「奥さん。私、戻りますから」
「服は着ないの。素っ裸よ!」
「これでいいです。服は後で届けてください…」紐と樹脂棒、それにカメラだけを持って、知代はアパートの中を走るように歩いていく。

 (見られたら困るわ、こんな素っ裸を…)知代は両手で恥丘を押さえ、乳房を揺らせながら走って行くと「いいね、素っ裸も!」福島が外に出ていた。
「いや、いやです!」福島に停められて、乳房を掴まれた。

 「許して。言う事を聞いたでしょう?」乳房を掴む手を振りきり、カメラを渡すとまた走って自分の部屋に来た。
鍵は掛けていないから、すぐに入れ「バタン!」急いで入り込むと「う、う、う!」泣き出してしまった。

 カメラを受け取った福島はすぐに再生していく。
「いいね。これが瑞穂のオ○ンコか。知代のマン毛は丸だが瑞穂は銀杏だな」絨毛を比較している。
「どうせなら、パイパンオ○ンコがいいのにな…」2人の全裸画面を見ながら考えていた。

 一方、知代は5時まで泣き続けていたが「仕事だわ…」夜勤の時間が迫っていた。
顔を洗い、服を着込んでから勤務先へ向かうと、入れ替わって、7時には美智が帰ってきた。
「今度は美智に、綾子をレイプさせてやるか!」今度は美智を脅していく。

 「イヤです、出来ません!」首を振る美智に「やらなかったら、あのビデオを病院にばらまくからな」決め文句を言われては拒めず、承知すると、例の樹脂棒とカメラが渡された。
「うまくやれよ」福島は部屋から出ていき「イヤだけどやらないと…」覚悟を決めて、綾子の部屋に向かうと綾子も戻っている。

 「横山ですが、岩下さんにお見せしたいのがありまして…」
「あら、何かしら?」
「ここでは何ですから、私のお部屋でお見せしますが…」
「わかりました。伺います」2人は姉妹の部屋に入り「実は、これでして…」それは綾子のヌード写真で「どうしてこれを?」顔色が青ざめた。

 「それよりも、言う事を聞くのよ!」綾子の両手を押さえて、後ろ手に縛った。
「何するのよ。大きな声を出すからね」
「出してもいいわよ。そんな事をしたら、困るのはあなたよ。あのヌード写真があるし…」
(そうだわ、困るのは私だわ)綾子の力が抜けていく。

 その綾子が着ている、シャツのボタンが外されだす。
「やめて、何をする気なの?」
「いい事よ。私としましょうね」ボタンを外し、胸を広げると白いスリップが覆っている。

 「残念だけど、これはもう着られないわよ」ハサミで肩紐を切ると、白いブラジャーが露わになっている。
「やめて、そんなのやめて!」
「やめれないのよ。これも要らないわ」ブラジャーの肩紐を切った。
乳房を押さえていた布が捲れ、乳首が今にも見えそうだ。

 「大きいのね。羨ましいわ」背中のホックも外すと、乳房が飛び出し「いいわよ。これがいいの…」両手で乳房を掴み、乳首を吸っていく。
「やめて、私はそんな趣味無いの。やめて!」体を振っていくが、乳房を掴んだ手が放れず「あ、あ、あ!」乳首も軽く噛まれて、声をあげた。
その画面を「いいぞ。早くオ○ンコをだせ!」食い入るように見ている福島だ。

 その福島の願い通りに、綾子はスカート、パンティと脱がされ下半身を覆う物は何もなく、無毛の淫裂が露わになった。
「ヘアがないわ、剃っているの?」ニヤリと笑いその淫裂を撫でていくと「見ないで、性器は見ないで!」泣き出す綾子だ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター