fc2ブログ

「淫獣の住む館」第7話 勤務先

第7話 勤務先

 「ヘアはどうでもいいの。私は楽しみたいだけなのよ」美智は服を脱ぎだした。
「イヤ、そんな趣味は無いわよ!」怯える綾子だが「趣味が無くても、付き合って貰うわよ」美智も全裸になった。

 そして、樹脂棒を淫裂に押し込み、ベルトで留めると「イヤ、そんなの膣に入れないで!」叫ぶが「ダメよ、入れないと…」自由の効かない綾子の上に覆い被さり、乳房を口に押しつけた。

 「吸って。お願いだから、吸って!」「イヤ、イヤです!」首を振って、吸おうとしない。
「吸わないなら、こうよ!」乳首を摘んで潰すと「ヒー!」顔を歪めて悲鳴を上げた。
「やるわよね?」今度は黙って差し出された乳首に吸い付いた。

 「そうよ。いい気持ちよ」美智も乳房を撫でだすが(イヤ、やめて、こんな事イヤよ)綾子は渋々乳首を吸っている。
やがて、樹脂棒が綾子の胎内に入ると「あ、あ、あ!」声を上げていく。
「いい気持ちでしょう?」腰をゆっくりと動かすと「ダメ。動かしちゃ、ダメ!」上擦った声で言い(感じる。凄く気持ちいい…)淫裂が潤っていく。

 それを見て「どれ、そろそろ時間だな」福島は知代から預かっていた鍵で外し(これで、慌てるぞ)部屋に戻って画面を見つめている。

 そんな事とは知らず「あ、あ、あ!」綾子は、乳房を掴まれながら声を上げていた。
そこに「知代さん!」声を上げて瑞穂が現れ「きゃー!」「イヤ、見ないで!」慌てるが、どうする事も出来ない。
「れ、レズですか、2人は…」持っていた知代の服が落ちて「これには訳がありまして…」それ以上何も言えない。

 「失礼しました…」瑞穂はバツが悪そうに出たが「見られたわ、瑞穂さんに…」落胆しながらも、再び綾子と抱き合い腰を振っていく。
「ダメ、もうやめて、お願いよ」
「ホントは欲しいでしょう。濡れているし」

 「そんな事ないわ」強がりの綾子だが「クチャ、クチャ!」樹脂棒がピストンする度に淫裂から音がしていく。
(濡れている…。膣から漏れていく…)美智に言われる迄もなく、淫裂が濡れていた。
それに、強がりにも限界があり「あん、あん、あん!」本能が理性を越えて腰が動いていく。

 「こんなのも、たまにはいいでしょう?」乳房を揉みながら言う。
「いいわ。初めてだけど、気持ちいい…」2人は乳房を重ね合いながら、唇を重ねてそれには(そうだ。それでいい!)福島も、画面を見て頷いている。
やがて「行くわ。行きそうよ。もうだめ!」綾子の動きが止まり「よかったわよ」美智は唇を重ねた。

 「お願い、ヌードを撮らせて。私のも撮っていいから…」福島から言われた通りにすると「いいわよ。私ので良かったら」2人はお互いの全裸を取り合うと、服を着ていく。
「この事は、妹には言わないで下さい…」美智はバツが悪そうに言う。
「わかっている。悪いようにはしないわ」破かれたブラジャーとスリップを持って綾子は戻り、部屋には美智が1人残された。

 「あら、これは知代の服だわ。それに下着も…」もしやと不安になり、気になった美智は福島の部屋をノックした。
「お話がありまして…」部屋に入ると「約束の事をやりました。妹とはやっていませんよね?」
「オ○ンコか、やったよ。知代さんが『オ○ンコしたい』と言うもんで!」

 「そんな~。約束が違います。妹には手を出さないと、誓ったじゃありませんか!」泣きながら美智が言う。
「泣くな。それより、お前達、集団レイプされたんだってな、知代が告白したよ」
すると「う、う、う!」思い出したくない事に、泣き出してしまい「そんな過去は忘れろ。それよりも楽しもうよ」美智を押し倒し、服を脱がし「あ、あ、あ!」美智は福島に抱かれて、声を上げだした。

 翌日、福島は綾子の会社を訪問した。
「これを持参しました!」健康診断書だ。
「預かるよ。岩下君、僕は忙しいから、キミが相手をしてくれ!」
「わかりました」綾子は福島を会議室に案内する。

 「どんな仕事がしたいの?」綾子が希望を聞くと「その前に撮りたいんだ。綾子さんのヌードを!」言い出す。
「撮ったでしょう、この前!」
「ここで撮りたいな、事務所でのヌードを」

 「許して、それだけは出来ないの」綾子は今にも泣き出しそうだ。
「やりたくないなら、仕方ないな。その変わり、これがどうなっても知らないよ」印刷したヌード写真を見せた。
「やめて、それだけはやめて!」
「だったら、脱いでよ」強い口調に「わかったわ。脱げばいいんでしょう」綾子は会議室で制服を脱ぎだした。

 それを福島がカメラで撮っていき「いいね、そんな姿も!」下着も脱いで全裸になった。
「もう、いいでしょう。見られたら、首になってしまうから…」泣き顔になっている。
「わかった。今回はこれまでだけど、休みの日に撮ろうね」
「それなら、いいわよ」安請け合いをして、服を着込むが、急ぐのか下着を着ないで、いきなり制服を着込んだ。

 「これ、欲しいな」パンティを掴んだ。
「ダメ。返して。それは、あげられない!」
「そうは行かないよ。これは、貰うからね」ポケットに仕舞い込んむと、あきらめ顔の綾子だ。

 「それよりも、昨日、楽しかったのかい。美智とのレズは?」
「そ、そんなことしてないわよ。どうして、私がレズをするのよ」動揺を隠せない。
「何だ、勘違いか。永井さんの奥さんが言っていたから、信じたのに…」

 (これで、かなり動揺しているな。今度の休みは面白い事になるぞ)綾子のスカートの中に手を入れて、淫裂を触っていく。
「やめて、今日はしたくないの。許して!」
「わかった。今日はしないよ」素直に引き下がり、綾子から採用についての条件を聞いた。

 会社の説明を受けた後は、試験日を告げられ、アパートに戻ってきた。
「あの姉妹がいるかな?」部屋をノックした。
「どちら様で?」
「福島ですが…」ドアが開くと「何だ、2人ともいたのか。丁度いいや」中に入っていく。

 「今日は、2人とも夜勤か?」
「そうなんです。2人一緒なんです」
「夜勤は、何人でするのかな?」
「3人です。看護婦が2人に、医師が1人です」
「そうか、2人ね。だったら、今夜行ってもいいだろう?」
「構いませんが、どうして?」
「撮りたいんだ。看護婦が病室でレズするのを!」
「やめて、病院ではやめて。ここでならレズをしますから」

 「俺は病院で、看護婦姿を撮りたいんだ。こんな所で撮ってもつまんないし…」その言葉に「う、う、う!」泣き出してしまった。
「セックスの相手をしますから、病院でのレズは、許して貰えませんでしょうか?」
「ダメだね、オ○ンコぐらいじゃだめだ。素っ裸で、町を走るならいいけど」
「う、う、う!」泣き声が、大きくなってしまった。

 「いいな、今夜の9時に行くからな。それから、避妊薬はちゃんと飲んでいるだろうな?」
「はい、それは大丈夫です…」泣きながら答え「それなら、安心だ!」福島は自分の部屋に戻っていくが、泣き声はなかなか止まらなかった。

 そして、美智と知代の姉妹は5時にアパートを出て病院に向かった。
福島も8時半にはアパートを出て「今日は面白いのが撮れるぞ」ビデオとカメラを持ち、笑顔で病院へと向かい9時過ぎに着いた。

 「お、やっているね!」病院のナースステーションに2人がいる。
美智は強ばった顔で「ホントにやるんですか?」と尋ね「勿論だよ。ほら」カメラを見せる。
「ここを、空けるわけには行かないんです。ですから、ここで許して貰えませんか?」
「構わないよ、ここでも」

 「それでしたら、こちらへ」仮眠室に案内していく。
「しかし、いつ見ても看護婦姿には興奮させられるな。毎晩2人に着て貰いたいよ」美智の白衣の上から胸を撫でた。
「レズをしますから、見るだけにして貰えませんか?」胸を撫でる手を押さえて言う。

 「我慢できたら、見るだけにするよ。やりたかったら、やらせろよ!」今度は知代の胸を撫でだした。
「お相手しますから、お腹の中には出さないで貰えませんか?」
「ダメだ、オ○ンコの中に出すのが一番いいんだ。それより始めろ。撮るからな」福島はビデオを構えた。

 「姉さん、行くわよ」知代は美智と唇を重ねながら、白衣のボタンを外しだす。
胸が開いて白いブラジャーが覗いてきた。
「知代、可愛いわよ…」美智も知代の白衣のボタンを外していくと、胸が開いて淡いピンクのブラジャーが覗いている。

 「姉さん、脱ごうね」知代は白衣を肩から外し、引き下げていくと、上半身は白いブラジャーだけになった。
そのブラジャーのホックも外して、脱がせると乳房が揺れている。

 「知代、恥ずかしいわ。こんなオッパイだから…」
「そんなことないわ。姉さんのは綺麗よ」揺れる乳房を掴み、揉みながら乳首を吸っていく。
「いいわよ。知代のオッパイも吸わせて…」目を閉じ、胸に埋めた頭を抱きしめている。

 知代は乳首を吸いながら、腰にまとわりついた白衣を下げた。
やはり、白いビキニのパンティで、うっすら絨毛が透けている。
「これも、要らないわよね?」
「そうよ、、要らないわよ」パンティが引き下げられ、真っ黒い絨毛が露わになった。

 「お姉さん!」その股間に顔を埋めて、淫裂を触っていく。
「待って、知代も脱がないと」今度は美智が、知代の白衣を脱がしていく。
「可愛いわよ、知代」唇を合わせながらブラジャー、パンティと脱がして知代も生まれたままの姿にされたが、2人の股間の絨毛は形が違っている。
知代は丸形だが、美智は縦型で、その絨毛の中から淫裂が覗いている。

 「姉さん!」「知代!」2人はナース帽だけを身につけ、ベッドの上で抱き合って「そこよ。気持ちいいわ!」知代は美智の股間に顔を埋めて、舌と指で愛撫している。
「知代、一緒にしよう!」知代が上のシックスナインになって、お互いの淫裂を愛撫し、それをビデオで福島が撮っていた。

 しかし「俺も仲間に入れろ!」始めはおとなしかったが、下半身を剥き出しにしていく。
(イヤ、セックスはしたくない!)そんな思いだが「あ、あ、あ!」知代の淫裂に肉竿が入っていく。

 「知代、大丈夫?」目の前で行われている行為に尋ねたが「大丈夫よ。続けるからね」美智の股間にまた顔を埋めた。
「あ、あ、あ!」美智も腰が動いていく。
「いいね、3人プレイも…」知代の腰をしっかり押さえて、ピストンを始めた。

 「う、う、う!」肉竿が入るたびに呻き声を上げる知代に「福島さん、私にもして」美智は耐えられず、自分を犠牲にしてでも知代を助けるつもりだ。
「いいね、姉妹愛が。だったら、入れ替えろ」肉竿が抜かれ、それと同時に体を入れ替え美智が上になっていく。

 「いくぞ!」「あ、あ、あ!」美智も喘ぎ声を上げた。
(キツいわ、膣が裂けそう…)堪えながら知代の淫裂に愛撫をしていく。
「気持ちいいな。美智のオ○ンコのほうがいい感じだ!」ピストンを始めて「う、う、う!」肉竿が入り込む度に呻き声を上げている。
(お姉さんの性器に、オチンチンが入っていく…)それを下から見ている知代だ。

 やがて。福島は腰の振りを早めていく。
「ピシャ、ピシャ!」誰もいないナースステーションに卑猥な音が響いている。
(もう痛くないわ、膣も潤ってきたし)淫裂からも蜜が流れて痛みは感じていない。
「出すぞ、出すからな!」
「お腹の中は、許して貰えませんか?」

 「ダメだ。知代が飲むのなら別だが…」
「飲みます。ですから、私の口に入れて下さい」
「ダメ、そんなことなら、私のお腹でいいわ」
「お口です、私のお口に」

 「わかった。2人にやって貰うよ」腰の動きが止まった。
「うー!」痙攣をし「出た、今度は知代だ!」肉竿を抜いて、下の知代の口に押し込むと、また腰を振っていく。
「あ、あ、あ!」すぐに痙攣を始め、体に溜まっていた精液の全てを、淫裂と口の中に放出した。 

 「出したぞ、オ○ンコと口に…」肉竿を抜いた。
「わかっています。膣の中が暖かいですから」美智の淫裂から白い液体が流れ、知代の口からも白い液体が流れている。
「飲め、飲むんだ!」知代はそれを飲み込んだ。

 「知代、大丈夫?」
「平気よ、でも苦い、変な感じだった…」
「もうやめるのよ。汚いから」
「何言っているんだ、汚くはないぞ。美智、お前もなめろ!」福島は放出を終えた肉竿を突き出した。

 「わかりました…」それを口の中に入れた。
「そうだ。それでいい!」福島は上擦った声になっているが(イヤ、知代の前でオチンチンをなめるなんて)渋々肉竿をなめていた。

 「知代。これで撮るんだ!」カメラが渡された。
「姉さん、撮るわよ」
(イヤ、撮らないで!)全裸で肉竿を口に入れた姿が撮られた。
「よし、今度は知代がやれ。美智が撮るんだ!」同じように、知代も肉竿を口に入れた姿が撮られた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター