fc2ブログ

「淫獣の住む館」第8話 3人の剃毛

第8話 3人の剃毛

 「もういいぞ!」肉竿が抜かれ(良かった。これで、服を着られる…)安堵し「これから、患者さんの見回りをします…」そう言うと2人は下着を手に取った。
「それは要らない。今夜は着るな!」
「下着は、ダメですか?」
「そうだ。それに、白衣もダメだ!」その言葉に「ヌードです、そんなヌードで見回りだなんて!」泣き声になってしまった。

 「その変わり、これを着ろ!」袋を投げつけた。
それには、白いストッキングとガーターベルトが入っており「着るんだ!」強い口調で言われて、渋々ストッキングを履いていく。
「いいね、看護婦は白が似合うな」履いていく2人のお尻を撫でた。

 (イヤ、こんな姿はいやです!)涙を流しながらも履き終えると、ガーターベルトで下がらないように留める。
「いいな。看護婦さんのヌードも」福島は2人の姿をカメラに撮っていく。
「もう時間です。巡回しないと…」泣きながらも、2人は器具と記録簿を持ってナースステーションから出た。

 時計は10時を回っており、病院の中は薄暗い。
その薄暗い中を「ヒタ、ヒタ!」乳房を揺らせながら歩いていく。
(見られたら、首になるのを覚悟しないと…)緊張しながら廊下を歩いていくと「パチン!」閃光が瞬き、全裸姿で歩く2人を福島が撮っている。

 白いストッキングとガーターベルト、それにナース帽だけを身につけた2人が一瞬だけ浮かび、2人の目からは涙が流れていた。
(いいぞ。女の涙が最高にいい!)股間を膨らませて(撮らないで。患者が起きたら困るのよ。撮らないで!)だが、福島は「パチン!」スイッチを押していく。

 廊下を暫く歩くと、入院患者の病室があり(寝てて。起きてないでよ…)姉妹の鼓動が早まっている。
音が出ないようにドアを開け、中を懐中電灯で調べると(良かった、グッスリ寝ている!)患者はグッスリと寝ていた。
2人は次々と患者の様子を見回り、見終えると「ふー!」廊下に出て一息ついた。

 その後、次々と病室に入って、2人の額からは緊張の為か汗が流れている。
(これが、最後だわ)病室に入って患者を調べて「よかったわ!」2人はナースステーションに戻って来たが「つまんないな。何もなかったし…」福島は不満そうだ。
(何言っているのよ。こっちの身にもなって!)叫びたい気持ちを抑えている。

 「ところで、お前達姉妹でも、オ○ンコの毛の生え方が違うんだな?」
「仕方ないわよ。人それぞれだから…」
「個性か。俺はパイパンオ○ンコが好きなんだ。そうだ、剃ってしまえ!」
「ヘアを、剃れと言うの?」

 「そうだ。美智からだ。知代、剃ってやれ。得意だろう、看護婦なんだから」
「そんな、姉さんのヘアを剃るなんて、できないわ」
「イヤなら、お前の写真をばらまくぞ!」
「知代、剃って。私は構わないわ」美智は覚悟したのかベッドの上で足を開いている。

 「わかったわ。姉さん、剃るわよ」知代は石鹸液を絨毛に塗って、カミソリで剃っていく。
「もっと足を広げろ。うまく撮れないぞ!」
(イヤよ。性器ばかり撮らないでよ)顔を背けて、言われた通りにしていくが「こっちを見ろ。顔が写らないじゃないか!」嫌々、カメラを見つめていく。

 知代は慣れた手つきで、美智の絨毛の大半を剃ってしまった。
(姉さんの性器が、丸見えになってしまう…)右側の絨毛が消え失せ、ピンクの肉襞が現れた。
「いよいよ、オ○ンコのお出ましだな!」機嫌良く、カメラのスイッチを押していくが(撮らなくていいわよ、こんな姿は…)強ばった顔でカメラを見つめている。

 やがて、絨毛の全てが消えて、パックリ口を開いた淫裂が露わになり「いいね、パイパンオ○ンコが!」福島はスイッチを押しまくるが、足を開いたままの美智だ。
「もう、いいでしょう。恥ずかしいのよ」
「わかった。交代しろ!」今度は知代が足を開いて仰向けになっていく。

 「動かないでね」美智が、知代の絨毛を剃りだし「いいね、パイパンが」福島は相変わらずスイッチを押している。
(イヤ、剃っているのは、撮らないで)知代も強ばった顔でカメラを見つめていた。
美智も慣れているのか、絨毛はあっけなく消え去り、ピンクの割れ目が露わになっている。

 「並んで立て、記念写真だ!」2人は並んだ。
「いいね、素っ裸の姉妹が。しかもパイパンオ○ンコなんだからな」数枚撮り「知代、美智とオ○ンコやるんからお前が撮るんだ」福島は下半身を剥き出しにしていく。
「写真は許して。セックスはしますから」悲鳴に近い声だ。

 「ダメだ、オ○ンコを撮るんだ。うまく撮れていなかったら、素っ裸で町中を歩かせるからな」
「撮ります。うまく…」カメラを渡された。
「美智、この際だから楽しもうぜ」立ったまま、背後から淫裂に押し込むと「あ、あ、あ!」声を上げだす。
(お姉さんの膣に、オチンチンが入っていく…)障害となっていた絨毛が消えてしまったので丸見えになっている。
(恥ずかしい。知代に見られているなんて)泣きそうな顔をしながら、肉竿のピストンを受けていく。

 「いいね、こんな遊びも…」福島は乳房を揉みながら腰を振り「パチン!」知代はスイッチを押していく。
(許してお姉さん。裸で町中を歩きたくないし)詫びながらスイッチを押し(撮られている。セックスを撮られている…)今にも泣き出しそうな顔だ。

 「気持ちいいな、今度は知代のオ○ンコに出すか。交代しろ!」美智の淫裂から肉竿を抜いた。
「来い!」今度は知代の淫裂に肉竿が入って「あ、あ、あ!」喘ぐ知代だ。
「美智、うまく撮らなかったら、わかっているだろうな?」
「うまく撮ります!」スイッチを押した。

 (知代、許して。裸で町を歩きたくないの)
(気にしないで姉さん。うまく撮ってね)知代もカメラを見つめているが(姉さんに、セックスしているのを見られると、恥ずかしいわ)顔が赤くなっていた。
福島は乳房を握りながら、ピッチを上げ「あ、あ、あ!」知代は声を出すまいと堪えていて「パチン!」美智はカメラで撮りまくっている。

 やがて「出る、出る!」密着して動きを止めた。
(射精だわ、知代の膣の中に出した!)じっと股間を見ていると「抜くから、撮るんだ!」カメラを構えた。

 (イヤ、これだけは撮らないで…)首を左右に振ったが、それと同時に肉竿が抜かれ(精液が流れている!)淫裂からドロドロの液体が流れてきて「パチン!」スイッチを押しまくる。
(知代、ご免ね。こうしないと私が酷い目に遭うの)2人は涙を流していた。

 「良かったよ。2人とのオ○ンコが…」福島はズボンを履き「服を着ていいでしょうか?」射精された知代は股間を手で塞いでいる。
「その前にオ○ンコを拭かないとダメだろう。そうしたらいいよ。でも、下着は無しだからな」

 「この上に、直に着るんですか?」
「そうだ。それがイヤなら素っ裸だ!」ズボンを履き終えると、脱いであるパンティとブラジャーを仕舞い込んだ。
「わかりました、直に着ます…」2人は白衣に袖を通していく。

 「日曜日は、2人とも休めるか?」
「日曜は2人とも夜勤ですから、5時までなら休めますが?」白衣のボタンを掛けながら言う。
「そうか、それなら日曜日は空けておけ。面白いのが見られるから」
(また、何かを企んでいるわ。何をしろというのよ)不安になっていく。

 「夜勤が空けたら、俺の所に来るんだ。下着を返してやるよ」福島は言い残し帰ったが「お姉さん、オッパイが見えるわ」白衣から乳首が透けて見える。
「知代もよ。そうだわ。ガーゼをオッパイに張ったらどうかしら?」

 「いいわ、そのアイデア!」2人はボタンを外して、乳房に折ったガーゼを押しつけ、テープで留めた。
「いいわよ、見えないわ」
「姉さんのも見えないわよ!」2人は再び勤務に着いた。

 翌日「福島さん、いますか?」夜勤明けの2人が訪ねてきた。
「来たか、入れ!」2人が狭い部屋に入ると「ほら、これだろう?」パンティを取りだし、広げていく。
「か、返して下さい!」
「返すさ。その前に確認させろ。脱ぐんだ!」

 「ヌードですか?」
「そうだ、下着無しを調べる」
「着ていません!」
「だったら脱げ!」2人は言われた通りにスカートを脱いだ。
「この通りです…」下半身が剥き出しになると「いいよな、これが!」2人は白いストッキングとガーターベルトだけを身につけ、淫裂が露わになっている。

 「感想は、どうかな?」
「恥ずかしかったです。見られたら、どうしようって!」
「そうか、恥ずかしかったか。次は上だ!」シャツを脱ぐと「なんだ、それは?」乳房にガーゼが張ってある。

 「白衣から、透けてしまうんです。密着しますから…」
「外せ、そんなのはもう着けるな!」無理矢理剥がしてしまった。
「今回は許すが、これからはダメだぞ。オッパイだろうが、見せてやれ」
「それは許して下さい。同僚の前では見られたくありません。セックスのお相手をしますから許して下さい」額を畳みに付けた。

 「そこまで言うなら、仕方ないな。ほら、着てもいいぞ!」持ち帰ったパンティとブラジャーを放ると、それを急いで拾い、体に着けていく。
「言っておくが、今度の日曜は下着無しだからな。その姿だぞ!」
「わかりました…」服を着込むと、部屋に戻って行く。

 「今度は、人妻の番だな」隠しカメラのスイッチを入れた。
「何だ、1人か。だったら、やらせるか!」福島は瑞穂を脅しにかかったが「許して下さい、そんなことできません!」涙を流して言う。
「イヤならそれでいいよ。でも、あのビデオを旦那に見せるけど?」
「やめて、それだけはやめて下さい」
「だったらやるんだよ!」
「う、う、う!」福島は泣き続ける瑞穂を残して、戻ってきた。

 「どうするかな?」またカメラのスイッチを入れると、画面には泣いている瑞穂が映った。
瑞穂は立ち上がり服を脱ぎだし「そうだ、それでいい!」食い入るように見つめている。
服を脱いで、下着姿になるとそれも脱いで乳房と絨毛が映り、全裸になった瑞穂はドアに向かい外に出た。

 外に出た瑞穂は、乳房と股間を手で覆い走って「横山さん、お話が…」ドアをノックすと、ドアが開いた。
「お、奥さん!」美智がドアを開けたが、驚いた顔になっている。

 「お、お願い。中に入れて…」
「いいわよ。とにかく、中で話を聞きますから…」瑞穂は中に入った。
「奥さん!」中にいた知代も、全裸でここに来たのだから驚いた。

 「実はお願いがありまして…」瑞穂は言いにくい事なのか、顔を上げない。
「何でしょう。私にできる事ですか?」
「はい、できます。剃って下さい、ここを…」両手で絨毛を撫でていく。
「ヘアを、剃れって言われも…」後の言葉が出てこない。

 「無理は承知です。変態と思われるでしょうが、剃って下さい。美智さん!」
(どうしよう、こっちにも弱みがあるし)迷った末に「わかりました。剃ります!」と承知すると「助かります」やっと笑顔になった。

 「知代、手伝って」「いいわよ、お姉さん」知代も手伝っていく。
美智は慣れた手つきで石鹸液を絨毛に塗って「奥さん、もっと足を開いて下さい」
「これくらいで、いいですか?」
「はい、それで充分です」絨毛にまんべんなく塗り込むと、カミソリを持った。

 「後悔しませんね?」
「剃って欲しくて、お伺いしましたから」真っ赤な嘘を言う。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動いていくと(どう言い訳したらいいのよ。ヘアがない性器を、何て言い訳するのよ…)夫への言い訳を考えている。

 その間も美智の手が動いて、絨毛が次第に消えると地肌が見え「もうすぐですよ」淫裂も覗いている。
「ジョリ、ジョリ!」美智は絨毛の全てを消し去って「終わりました」瑞穂も恥丘も無毛になって赤黒い肉襞が飛び出ている。

 「それから、これで撮って下さい。ヘアの剃られたヌードを…」声が震えている。
「ヌードですか?」
「ええ。ヘアのない性器になった記念ですから」今にも泣き出しそうな顔になっていた。
「わかりました、撮ります」知代は受け取ったカメラで瑞穂の全裸を撮っていく。

 (イヤ、撮らないで、ヌードを撮らないで)太股が震えている。
「こ、ここもお願いします」腰を降ろして、足を開くと、淫裂が口を開いている。
「ホントに、いいんですか?」
「構いません。撮って下さい」知代は数枚撮った。

 「ありがとうございました」瑞穂はカメラを受け取ると、戻っていく。
「姉さん、あのカメラ見覚えあるわ。福島さんのよ」
「やっぱりね。奥さんも脅されているんだ!」真相を知って福島の怖さを知った。
一方戻った瑞穂は「う、う、う!」全裸のまま泣いていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
366位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘 連載中
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事数メーター