fc2ブログ

「淫獣の住む館」第10話 ヌードは芸術

第10話 ヌードは芸術

 電車に乗って10分程経ち「着いたぞ!」電車から降り、駅を出ると繁華街がある。
「行こう!」歩いていくと美術館があり「入ろうよ」福島が誘う。
「私、興味ないけど…」「無くても入るんだ!」福島に言われれば逆らえず、入場料を払って中に入った。

 「あら、彫刻があるわよ。オチンチンも付いている!」「ホントだ、可愛いわ」
ここは私立の美術館で、所狭しと裸像が置いてある。
「ここで、裸像と本物とを比較して見ようぜ!」
「まさか、ここでヌードになれとでも?」瑞穂の口が震えている。
「そうだよ。ここで比較するんだ、どっちが綺麗かを!」

 「できません。こんな大勢の前でヌードだなんて、できません!」「私もイヤです。誰もいないならなりますが…」皆が拒んだ。
「だったら、どうなってもいいんだな。あの写真とビデオが!」脅し文句が出た。
「卑怯です。そんなことでやらせるなんて…」
「卑怯でも、何でもいい。やらないなら責任持たないからな」

 それには「う、う、う!」嗚咽を上げながら、シャツを捲っていく。
「いいか、素っ裸だぞ、ストッキングも全部だ!」福島の言葉に黙ったまま、シャツを脱ぎ終えると、スカートも脱いでいく。
その後、ストッキング、ガーターベルトと脱いで全裸になった。

 「服は俺が預かるから、裸像と同じポーズを取るんだ!」4人は渋々、裸像の隣に立って同じポーズを取っていると、気づいたのか「あれー。素っ裸じゃないか~!」大きな声が上がり、その声のほうに、一斉に眼が向いた。

 「ホントだ、素っ裸だ。しかも、ヘアまで剃ってアソコを丸出しじゃないか!」その声に人垣ができていく。
「いいね。こんな若い女の裸は…」
「綺麗だわ、嫌らしさがないし。私も、もっと若かったらヌードになってもいいのにね」皆が褒めている。

 しかし(恥ずかしいわ。こんな大勢に、性器まで見られるなんて…)じっとポーズを取っていると「いた、いた。こんな所にいたか!」福島は4人が全裸でポーズを取っている姿をカメラに収めていく。
「何だ、撮影か?」
「違いますよ。裸像と本物とではどっちが魅力的か、調べているんですよ」知ったかぶりで、撮りまくっていく。

 (やめて。返って人が集まってきたわ)泣きたいのを堪えており(かなり効いたな。そろそろ許してやるか)「もういいです、ご苦労様でした!」
「終わったんですね。撮影が…」
「はい、終わりました。もう服を着ていいですよ」
「わかりました」急いで着れば怪しまれるから、4人は冷静に振る舞っている。

 シャツ、スカートと直に着込んで、ストッキングなどはバックに仕舞い込んでいく。
4人が着終えると人垣が消え、それに安心したのか「う、う、う!」今まで堪えていた思いが一気に込み上げてきた。

 そこに「失礼ですが、素人さんとお見受けしましたが…」見知らぬ男が声を掛けてきた。
「ええ。まだ慣れないもんでして…」福島はとっさに言い「やっぱりね。どうでしょう、4人で私のモデルをやって貰えないでしょうか。お礼も弾みますが?」

 「モデルといっても、今日しか4人は揃いませんよ。それに3時には帰らないといけないし…」あまり、乗り気ではない。
「今すぐです。それに、すぐそこですから」見知らぬ男は強引に福島を連れて行き、瑞穂達もその後を追う。

 「実は、素人さんの緊縛画像のモデルを捜していまして」
「困りますよ。それじゃ、顔が写ってしまうし…」
「アイマスクをしますから、その心配は要りません。とにかく入って下さい」ドアを開け、中に入れると「先生、モデルさんですか?」助手らしいのが3人いる。

 「そうだ。ほら、急いで!」その言葉に助手達が準備を始めていく。
「本当に、顔は映しませんよね?」
「はい。アイマスクをしてから撮ります。絶対に、隠し撮りや変な事はしません!」
「それならやるよな。お金にもなるし」
だが(イヤです。そんな、いやらしいモデルなんて、イヤ!)黙ったままだ。

 だが「喜んでやるそうです。お願いします!」(言ってないわよ。そんな事は!)唖然とする4人だ。
「良かった。早速着替えて下さい。ほら、案内して!」助手達は4人を小さな部屋に連れ込んだ。

 「あの~。僕も撮らせて欲しいんです。素人なので、プロの方を参考にしたいんです。決して邪魔はしませんから」福島は何か考えがあるようだ。
「緊縛に、興味がおありで?」
「はい、縛られた女性を見ると興奮しますが…」

 「それでしたら、いいでしょう。でも、公にされては困ります。こっちは、それで食べているんですから…」
「そんなつもりは、毛頭ありません。ご安心下さい」
「信用しましょう、モデルを紹介して頂いた恩もあるし」2人が話しをしている間に4人が現れた。

 美智と知代は看護婦姿、瑞穂は和服、綾子はナイトドレスを着込んでいた。
「馬子にも衣装ですか…!」福島は、妖艶な4人に声も出ない。
「プロですからね。早速始めましょう」照明が灯され、それと同時に4人にロープが巻き付けられていく。

 「顔は映しません。でも、オ○ンコは撮りますよ」顔にマスクがかけられ、瑞穂から撮影が始まり、両手首を縛られて吊り下げられた。
「いいね、いいよ」シャッターが押されていく。
「帯を解いて!」助手が帯を解いていき(プロは違うな…)福島も感心しながらスイッチを押していく。

 やがて、乳房と股間を露わにした姿にされた。
「いや、これはいやです!」両乳房が縛ら「ヒー!」乳房が引き上げられている。
「いいよ、いいね!」変形した乳房を撮っていくが、瑞穂は撮影中悲鳴をあげ続けた。

 瑞穂が済むと美智と知代の番だ。
両手を後ろ手に縛られて、白衣が破かれていく。
「いや、いやです。やめて!」2人は、過去の忌々しい思いが蘇り(そうだったな、2人は集団レイプされたんだっけ…)福島も2人を撮っていく。

 やがて、2人が着ていた白衣はボロ切れと化し、乳房や股間は露わになっている。
「やめて、お願いやめて!」泣き叫ぶが容赦なく撮影が行われた。
2人は悲鳴と泣き声を上げ続け「はい、ご苦労様でした!」撮影が終わっても、2人は泣いていた。

 最後に綾子が縛られ、吊されていく。
「いや、やめていや!」綾子は全裸にされ、逆さ吊りになっている。
足がVの字に開かされ、淫裂を丸出しの姿にされた。
「いいね、これも…」
「イヤ、撮らないで。恥ずかしいから性器は撮らないで!」綾子が叫んでもシャッターは押されて、福島も押し続けた。

 こうして、撮影は3時間程で終わった。
「助かりましたよ、これは謝礼です」紙袋を渡し(かなり厚いな。20万はあるぞ)「ありがたく頂きます」それを受け取る福島だ。

 そこに、着替えを済ませた4人が戻り「ご苦労様でした。帰りましょう」福島は4人と一緒に出た。
出るなり「もう、あんな事は許して下さい」泣き声で言う瑞穂だ。
「私もイヤです。あんな、イヤな事をさせられるなんて」美智と知代も泣いていた。
「わかった、痛い思いはこれっきりだ。それより、早い夕食をおごってやるから機嫌を直せ」5人は有名なレストランで早めの夕食を済ませてアパートに戻ってきた。

 アパートに戻ると看護婦の美智と知代は夜勤なので出かけ、瑞穂も丈二の世話をしている。
「何だ、俺だけ1人か…」福島は1人部屋で考えていた。
「どうせなら、あの4人と一緒に暮らしたいな。でも、無理だろうな…」瑞穂達4人に囲まれた夢を考えている。

 「無理だよな。どう考えても…」諦めてカメラの画像をパソコンに吸い上げ、吸い上げが済むとそれを見ていく。
「いいね、これが!」やはり、緊縛された画像が気に入り、その中から数枚を印刷していく。
「これもいいや」乳房に食い込むロープや淫裂が写っている。

 「そうだ、綾子がいたっけ!」印刷した画像を持って綾子の部屋に向かう。
「福島ですが…」ドアが開いた。
「何かご用で?」
「きょっと、見て貰いたくて」
「これから、お風呂なんですが…」
「だったら、ご一緒させて下さい」
「えっ!」驚く綾子だ。

 「一緒に入りたいんですよ、綾子さんと」
「そ、そんな~!」眉間に皺ができている。
「そんなことより、これを先に見て下さい」強引に中に入り込み印刷したのを見せると、見るなり「イヤ、見たくもありません!」泣き出してしまった。

 「綺麗ですよ、この姿が」綾子が逆さ吊りされた画像で、顔がアイマスクで誰だかわからないが、淫裂まで映っている。
「これをどうする気なのよ。また、脅すつもりでしょう?」泣きながら言う。
「顔がわからないのに脅せないでしょう。これは芸術ですよ、大事にとっておかないと。その内、僕が綾子さんを縛ってあげますから」

 「イヤ、あんな事もうやりたくない!」
「いやか、仕方ないな。それよりお風呂じゃなかった?」
「そうよ、お風呂だった。ホントに一緒に入るの?」
「はい。何か、久しぶりにお姉さんの感じがしたもんで、甘えたくて…」心にもない言葉を並べている。

 「わかったわ、一緒に入るわよ」うんざりした顔で服を脱いでいき、福島も脱いでいく。
「綾子さん、綺麗な体つきだね。お嫁さんに欲しいな」
「何言っているのよ、まだ学生でしょう。私を養えいないでしょう」綾子はもう全裸になっている。

 「綾子さん、手伝って!」
「わかったわ、手伝うわ」福島のズボンを脱がしていくと(膨らんでいる、またやる気なのね)膨らんだ肉竿に不安を感じている。
パンツも引き下げ福島も全裸になって「入るわよ」2人は小さな浴室に入っていく。

 「体を洗って欲しいな」
「わかっているわよ。座って!」石鹸を泡立て、背中に塗っていく。
「はい、今度は前よ」向き合った。
(イヤ、オチンチンが、まだ膨らんだままだわ…)目を逸らしながら洗っていく。

 「ここもだよ!」
「そこは自分で洗って。お願いだから」
「ダメだよ、洗って!」福島は無理に肉竿を掴ませた。
「痛いわよ。やるから、放してよ」綾子は肉竿を洗っていく。

 「今度は、僕が洗うね」綾子の体に石鹸が塗られていく。
「そこはいいわ」乳房が掴まれた。
「ダメだよ。僕の番だから」丁寧に撫でられて(イヤ、触らないで!)乳首が堅くなり、その乳首も洗われる。

 「ここは、特に丁寧にしないと…」
「いや、そこはいや!」福島の手を退けた。
「ダメだよ。洗わないと…」淫裂に手が伸び「ん、ん、ん!」声を上げまいと、堪えている。

 暫く我慢していると、淫裂を丁寧に洗い終えた。
「終わったよ。入ろうよ」狭い浴槽に2人が入ると、体が触れ合い「綾子さん、いい臭いがする」綾子に唇を押しつけながら乳房を撫でていく。
「だめ、もうだめ!」逃れようとするが、狭い浴槽では無理で、乳房を掴まれ、淫裂に肉竿が押し当てられている。

 「あがらないと…」(これ以上、一緒にいると危ないわ…)立ち上がろうとした。
「もう、あがるんですか?」
「だって、体も洗ったし…」
「だったら、僕も一緒に上がります」
(いいわよ、来なくても)迷惑顔だ。

 浴室から上がり、体を拭いていくと「服は着なくていいよ。今夜は僕と愛し合うから」言いだした。
「そんな事、困るわ。人目もあるし…」
「平気さ、もう知られたって構わないよ」福島は綾子に抱き付く。

 「ダメ。そんなこと、ダメよ」しかし、強引に敷かれた布団に押し倒され「わかったわ。乱暴にしないで、優しくしてよ」観念する綾子だ。
「今夜は愛し合おうね、綾子さん!」胸に顔を埋め、乳房を握りしめ、綾子も(やるしかないわ。これからも…)肉竿を掴み、擦っていく。

 (そうだ。それでいい)福島は覆い被さって、淫裂に肉竿を押し込むが「あ、あ!」目を閉じていく。
「綾子さん、オ○ンコが気持ちいいよ…」もう、肉竿がピストンを始めて(良くないわ。こんなの良くない!)堪える綾子だ。

 そんな綾子に、お構いなしの福島はピッチをあげて淫裂の中で放出した。
「良かったよ、綾子さん」
「わかったわ。遅いからもう寝ましょうよ」
「ダメ、もう一回やるんだ」

 「許して。もうやりたくないの…」
「ダメ。今度は四つん這いだ!」強引に四つん這いにして「あ、あ、あ!」綾子は深夜まで、福島の肉竿で突かれた。
これを契機として、福島は4人の部屋に泊まるようになった。

 それは、人妻の瑞穂も例外ではなかった。
「お願い、夫がいつ帰るかわからないのよ。許して!」
「そうは行かないよ。昼に出ていったから、今夜は戻らないだろう?」瑞穂のパンティを引き下げ撫でていく。
「う、う、う!」泣き出す瑞穂だが、無視して肉竿を押し込んだ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター