fc2ブログ

「淫獣の住む館」第11話 採用条件

第11話 採用条件

 福島はそれから数日後、綾子が勤務する会社を訪問して「何とか、採用していただけないでしょうか?」担当者に挨拶している。
「岩下君と同じアパートだそうだから、試験を受けてもいいけど、手加減しないよ」
「ありがとうございます。頑張って受かります!」
「たいした自信だね。とにかく頑張ってくれ」福島は試験日を告げられて、受験する事にした。

 「うまくいったけど。綾子を利用するか…」その夜、綾子の部屋を訪ねた。
「お願いがあります。試験の内容が、何とかなりませんか?」
「ダメ、そんなことできないわ。不正で採用だなんて最低よ」
「そこを何とかしてくださいよ。綾子さんの色気で担当者を誘惑するとかして…」
「馬鹿にしないで。私はそんな女じゃないわよ!」怒った顔になっている。

 「俺が頼んでいるんだ。何とかしろよ。それでもやらないなら、お前のオ○ンコ丸出し写真で俺が頼むぞ!」
「やめて、それだけはやめて。何とかするから!」それには、泣きながら言う。
「初めからそう言えばいいんだ。綾子、今夜も泊まるからな」
「はい、わかりました。お風呂も一緒ですね?」
「そうだ、脱げ、一緒に入るぞ!」綾子は涙を流したまま、服を脱いでく。

 翌日、綾子は係長と話していた。
「係長、福島君だけど何か、他人のような気がしないんです。同じアパートに住んでいるせいか、弟のような気がして…」
「それは、君がそう思うだけで、相手は何とも思っていないよ」

 「それはわかっています。でも、助けてあげたくて…」わざと足を組みかえ、その瞬間に係長の目が動き(見られた…。パンティを見られた…)綾子は冷静さを装っている。
「私も何とかしてやりたいが無理だな。それよりも、大事な話があるから会議室へ行こう」係長は机から書類を取りだし、綾子を連れて会議室に入った。

 「岩下君、さっきの話しなんだけど、君次第では何とかしてあげるよ」
「助かります。あの子も喜ぶと思います」
「その変わり、言う事を聞いて欲しいな」係長の手が、綾子の胸のボタンを外しだす。
「こんなことが、条件ですか?」
「そうさ。これくらいの事をして貰わないとな」ボタンを外すと手を入れて、ブラジャーを捲り上げ、乳房を掴んだ。
「ダメ。まだ採用が決まっていませんから…」

 「決まったらいいだろう。君とは前から、オ○ンコをしたかったんだ」乳首を指と指の間に挟んで乳房を揉んでいく。
「そんな~。奥さんがいるでしょう?」
「家内とは別さ。君とオ○ンコをしたいんだ。採用が決まったら、やらせてくれるよね?」

 「セックスは許して下さい。ヌードだけなら構いませんから…」
「素っ裸を、見せてくれるんだね?」
「はい、ヘアも剃ってアソコもお見せします…」
「そうか、それでもいい。オ○ンコを見せてくれるなら」交渉が成立した。

 「わかると思うが、これは極秘だからね。必ず破り捨ててくれ。君が直接破るんだぞ!」コピーされた数枚を手渡した。
「わかりました。責任を持って処分します」
「そうしてくれ。写真もいいだろう?」

 「後で体を求められますから、それは困ります。その変わり、私が自分で性器を撮りますから…」恥ずかしそうに、顔を赤らめた。
「それだったら、それでいいよ」係長は今度は股間を撫でていく。
(イヤよ、性器を触るなんて!)「とにかく、よろしくお願いします」淫裂を触ってから会議室から出てきた。
綾子は渡されたコピーを大事に抱えバックに仕舞い込み(これでいいけど、ヌードを係長に見せるなんて…)新たな不安ができてしまった。

 退社時間になると、まっすぐにアパートに戻り、戻るなり福島の部屋に入り込んで「福島君、これを見てよ」コピーを手渡す。
「これは試験問題じゃないか!」
「そうなの。でも、直ぐに破らなければならないの。今すぐ覚えて!」
「わかった。ちょっと待って。後で持っていくから」綾子は自分の部屋に戻り、家事を始め、1時間程経ってから福島が尋ねてきた。

 「ありがとう、全部できたよ。助かったよ」ニコニコ顔の福島だ。
「もう、要らないわよね?」
「うん、もう要らないよ。覚えたし」綾子はコピーの全てを破り捨てた。
「でも、困った事があるの。採用が決まったら、ヌードになる約束をしたの。恥ずかしいわ、ヘアの剃った性器を撮るのよ」

 「それくらいは我慢して。オ○ンコを撮られるくらいは…」福島は綾子に抱き付いて行く。
「今夜も泊まるの?」
「うん、今夜も綾子さんとオ○ンコしたい」
「わかったわ。お風呂に入ってからしましょう」2人は夜遅くまで抱き合った。

 そして、採用試験が行われたが、居並ぶ有名大学の受験生を後目に余裕の福島だ。
(俺は採用が決まっているんだぞ!)自信満々といった顔で問題用紙を見つめていた。
その思惑通りに、1次試験は余裕で通過し、2次試験は面接だが、幸いな事に福島の面接が係長の井上だ。

 「君はどうして、我が社を希望したんだ?」ありきたりの質問だ。
(採用しないと岩下の素っ裸が見れないし。それに、うまくいったらオ○ンコもやれるかも…)福島を見つめながら尋ね、福島も模範解答で返していく。
井上はありきたりの質問を繰り返し、意味のない面接は30分程で済んだ。

 それから数日後、福島に採用内定の通知が届いた。
「やったぞ。これで俺も一安心だ!」笑顔になり、綾子に内定を知らせると「うまくいったのね。今度は私の番だよね…」憂鬱な顔になっていく。
「綾子さん。ヌードはいつやるんだ?」
「まだ決まってないわ。たぶん、明日に決まると思うけど…」
「頑張ってくれ。俺にできる事があったら、やるからね」
「その時は、お願いするわ」(あなたに一体何ができるのよ)憂鬱な綾子だ。

 その憂鬱な日が来た。
「お願い、立ち会って欲しいの。2人だけだと、レイプされるかも知れないし…」
「相手は承知したのかい?」
「そうなの。福島君なら、いいって!」
「わかった。立ち会うよ」綾子は福島と一緒にアパートを出た。

 「あそこなの。あそこでフルヌードになるの…」そこは小さな事務所で、中に入ると井上が待っていた。
「遅くなりました…」
「待っていたよ。早速、頼むよ」
「はい、すぐ脱ぎます」綾子はボタンを外しだすと、そんな綾子を食い入るように井上が見つめている。
(早く脱げ。オ○ンコを見せるんだ!)綾子の全裸しか考えていない。
(いやらしいわ。エッチな事を考えている…)項垂れて、前を広げ肩から脱いでいく。

 「いいね。白のレースか…」上半身が露わになって、レースの下から乳房の膨らみが見えている。
今度はスカートに手を掛け、ホック、ファスナーと手を掛け、スカートも脱いでいく。
「いいよ、パンツも!」やはり、白のレースだ。

 (恥ずかしい。係長の前でヌードだなんて)恥ずかしさを堪えて両手を腰にやった。
(いよいよ、オ○ンコが見られるぞ!)目を輝かせていると、綾子の手がゆっくり下がって恥丘が見えると(剃って来たのか…。俺が剃りたかったのに…)落胆の顔だ。

 それでも、綾子が下げていくと淫裂が見えてきた。
「いいね、綺麗なピンクじゃないか。ヒラヒラの先端までピンクかよ!」
「言わないで。恥ずかしいから言わないで下さい!」両手を膝まで引き下げ、足を上げると淫裂が口を開く。

 (オ○ンコだ。オ○ンコが見えた!)井上の鼓動が早まり、肉竿も勃起を始めた。
(見られた。性器を見られた…)綾子はもう片足も上げて、下半身を剥き出しにしていく。
「いいね、岩下君のオ○ンコが…」
「言わないで。オ○ンコなんて卑猥です…」両手に持ったパンティを畳んで、服の下に隠した。

 (いいよ、その恥じらいが)福島も綾子を見ている。
パンティを仕舞い込むと、両手を背中に回してホックを外し(これで、フルヌードだわ。隠す物は何もないし)ゆっくりと両手を下げていくとブラジャーが落ちて、乳房が露わになった。
「いいよ、そのオッパイも!」井上は興奮したのか、声が上擦っている。

 「これで、いいでしょうか?」ブラジャーも仕舞い込み、両手を後ろに組んで全裸を井上に晒すが、恥ずかしいのか、目の下が腫れていた。
「足を開いて!」
「こうですね?」言われたままの事をしていくと、淫裂が口を開いて肉襞が飛び出している。

 「いいね。このオ○ンコが…」淫裂を井上の手が撫でていく。
「見るだけの約束です、触るのは違反です!」
「そんな約束してないよ。セックスはしないと言ったけど…」
「そ、そんな~!」悲鳴を上げると「我慢して、僕の為ですから」福島に言われる。

 「そうだよ。これくらいは我慢しないとね」井上は大胆になって「ここもだな」両乳房を握りしめて乳首を吸っていく。
「だめ、そんなのだめ!」
「やらせてあげなよ。綾子さんのヌードを見たらどんな男も欲しくなるよ」福島は言うが(イヤよ。オッパイまで吸われるなんて!)井上の頭を押さえている。

 「ところで、ヌードは撮らないんですか?」
「そうだ、そうだった!」カメラを取りだした。
「ダメ、顔が写るからダメ。後で体を求められるし…」綾子は蹲って拒むが「顔は映さないよ。それに、これで隠すし…」マスクが用意されてある。
「これなら安心だわ」付けると誰だか、顔がわからず、井上はカメラで綾子のヌードを撮りだした。

 「撮っているけど、何かが足りないな…」
「何がですか、係長?」
「僕と一緒に撮ろうよ。福島君だったね、君が撮ってくれ」
「わかりました」承知すると、井上はカメラを渡して服を脱ぎだす。

 「イヤ、セックスはイヤです!」綾子は胸と股間を押さえて、蹲った。
「何をやっているんだい。ほら撮ろうよ!」全裸になった井上は、綾子の腕を掴んで立たそうとしたが「いや、いやです!」2人は揉み合いになった。
「あ、あぶない!」2人は倒れ、綾子の上に井上が重なった。

 「いや、いやです!」
「いいじゃないか。せっかく、こうなったんだから…」乳房を掴み、淫裂に肉竿を押
し当てていく。
「イヤ、セックスはしない約束よ。福島君助けて!」助けを求めると「オ○ンコはまずいですよ。お尻なら構わないと思いますが…」福島もやめるように言う。

 「そうか、ケツならいいよな?」
「いや、やめていやです!」綾子は四つん這いにされ、腰を押さえられた。
「イヤ、約束が違います!」必死に叫ぶが聞き入れられない。
「うるさいな。福島君、君のチンポでおとなしくさせたまえ!」
「そんな事は、できませんよ」

 「やらなかったら、内定取り消しだからな!」
「綾子さん、ご免なさい。内定を消されるわけには行かないんです…」チャックを引き下げ肉竿を取りだすと「いや、やめて。ウグ、ウグ!」綾子の口に肉竿が押し込まれる。

 「岩下君。行くぞ!」「うー!」(お尻にオチンチンが入ってきた!)息が詰まる思いだ。
「いいよ、岩下君。オ○ンコと同じだよ」肉竿を根本まで押し込み、ピストンしていくと「ウー!」悲鳴を上げたいが、肉竿が押し込まれて声をあげられない。

 「福島君、君も腰を振るんだ。こういう具合にな」綾子の乳房が揺れていく。
「わかりました。こうですね?」綾子の頭を両手で押さえ、井上に合わせて腰を振っていく。
(イヤ、動かさないで。こんなのいやです!)綾子はどうする事もできず、二つの肉竿に攻められている。

 「岩下君、出すよ。オ○ンコじゃないから平気だよな?」
(イヤ、射精なんてイヤ。出さないで!)「フガ、フガ!」首を振るだけしかできず井上は腰を密着させ、動きを止めて「うー!」震えていく。
「僕も、出そうです!」福島も動きを止めた。

 (イヤ、イヤです!)不快な液体が腸と咽に漂っている。
「岩下君、もう一回やろうぜ」今度は膝の上に抱きかかえられて、肛門に肉竿が押し込まれて、綾子は「あ、あ、あ!」乳房を吸われながら声を出していく。

(よくやるよな。出したばっかりなのに、もうカチカチだ…)福島はそれを黙って見ている。
「ほら、腰を振ってくれないと」乳房も揉まれて(いや、やりたくない!)顔を歪めながら腰を振って、再び腸の中に噴射された。

 「良かったよ、岩下君」放出が済むと綾子の淫裂を撫でていく。
「痛いです、お尻が痛いです!」
「どれどれ」福島が覗き込んむと「お尻が切れている。そうだ、美智さんに見て貰おうよ。休日だし」

 「イヤ、恥ずかしいわ。お尻をオチンチンで突かれたなんて、言いたくない!」
「美智さんは、そんな人じゃないよ。急いで行こうよ」
「わかったわよ」綾子は口を濯ぎ、尻も拭いてから服を着だす。
「岩下君。これは秘密だから忘れてくれるよね?」
「はい、こんな事はすぐ忘れます…」ブラジャーを乳房に押しつけてからパンティに足を通した。

 「綾子さん、これをお尻に当てた方がいいよ」福島はハンカチを渡し「ありがとう、助かるわ」それを押しつけ、パンティを引き上げると「悪いが先に帰るからね」満足した井上は出て行き、綾子達も服を着込むと出た。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
346位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ 連載中
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
記事数メーター