fc2ブログ

「淫獣の住む館」第13話 プレゼント

第13話 プレゼント

 瑞穂は太股までのレースが入ったストッキングを履いて「これで、いいんですか?」太股までが黒い生地に覆われた。
その後、肩までの手袋をして(恥ずかしいわ。こんな姿だなんて…)やはり、レースが入っており、乳房と淫裂が生々しい。

 「欲しいよ。瑞穂さん!」福島は乳房に顔を埋め、乳首を吸いながら揉むと「やめて、夫がいます。もう許して下さい」嫌がる。
「浮気よりいいじゃないか。触るだけだし…」それには「う、う、う!」屈辱的な言葉に瑞穂は泣き出した。

 「今日はその姿で旦那を迎え入れろ。それに、オ○ンコの毛が伸びているから剃って貰うんだぞ」
「はい。そうします…」瑞穂は下着を受け取り、泣きそうな顔をしてドアを開けると一気に走った。

 「帰ったか。綾子さん、コーヒーが欲しいな」
「気が付きませんでした。今、入れます」綾子は立ち上がりお湯を沸かしていく。
「綾子さん、綺麗だよ、オ○ンコがいいね」背中を向けた綾子の太股の付け根から、無毛の淫裂が覗いている。

 「イヤよ。性器ばかり見ないで!」慌てて、左手でお尻を隠した。
「隠さなくたっていいよ。オ○ンコを出したままやってくれ」仕方なく、渋々手を退けて(イヤよ、後ろから性器を見るなんて!)足を閉じるようにしている。
暫くして「お待たせしました」綾子はカップに入れて運んできた。

 「ところで、今夜の当番は誰だっけ?」
「私ですが、何か?」
「お尻で、やろうよ」
「もう許して下さい。お尻では、もうやりたくないです」泣き顔になっている。
「わかったから、もう泣くなよ。綾子さんの泣き顔は見たくないし」真っ赤な嘘を平気で言う。

 2人がコーヒーを飲み、話し合っている内に夕方になり「あの2人が戻ったかな?」福島はスイッチを入れた。
画面には全裸で抱き合う2人が映っており「イヤだ~。レズをしている!」綾子は驚いて声を上げた。
「あの姉妹は集団レイプされて男嫌いになったんだ。だから、僕が男の良さを教えてあげないとね」(何言っているのよ。セックスが目当てのくせに…)綾子は黙って聞いている。

 「そうだ。2人にも渡さないと。綾子さん呼んできて!」
「もう、ヌードは許して下さい。電話にしていただけませんか?」
「だったら、綾子さんが掛けて」
「そうさせて下さい」(もうヌードで歩くなんてイヤよ)早速電話を掛けた。

 暫く話してから「お願いだから私の言う事を聞いて頂戴!」綾子は説得し、受話器を置いた。
「まとまったか?」
「はい、すぐ来るそうです。それに、お尻も消毒だそうです」恥ずかしそうに言う。
「そうか、来るか…」暫くして「バタバタ!」足音がしてドアが開き全裸の2人が現れた。

 2人が入ると綾子はドアに鍵を掛けたが「綾子さん、まずは消毒よ」と言い出す。
「わかりました。お願いします」恥ずかしそうに四つん這いになり、肛門を剥き出しにする。
その肛門に薬が塗られ「ヒー。凍みる~!」悲鳴を上げた。
「我慢して。切れているのよ。ワセリンを塗っておけば良かったかもよ…」

 「ワセリンか。あれなら、すんなりチンポが入って行くしな」
「福島君、私はもういやよ。お尻はイヤだからね!」
「わかっているよ。そんな事はしないよ」福島は消毒されていく綾子を見つめた。

 消毒が済むと「用事って何なの?」尋ねるが、2人は乳房と股間を晒したままだ。
「ヘアを剃らせろ。話しはそれからだ」
「いいわよ、剃っても!」美智は足を開いて立ち、その股間に電気カミソリを押しつけると「ビーン!」振動が伝わって「あ、あ!」美智は声を上げ、太股を震わせている。

 (いいわ、凄くいい。膣の中が濡れてしまう…)振動が心地よい快感を与えており「お姉さん!」それに気づいた妹の知代が抱き付く。
「知代、欲しくなったの…。凄く変な感じなの…」声が上擦っている。
「わかるわ。行く時は一緒よ」唇を重ね合いお互いの乳房を撫でだした。
「知代も伸びているな。次は知代だぞ!」美智の絨毛を剃り終え、今度は知代の股間に電気カミソリを押しつけた。

 やはり「あ、あ、あ!」声を上げて「お姉さんいいわ。変な感じがいい!」声が震えている。
「気持ちいいでしょう。こんなのも」福島は得意げに電気カミソリを動かしていく。
「ええ、すごくいい!」2人の淫裂からはヌルヌルした液体が流れ出ていた。

 「よし、終わったぞ。思い切りやってもいいぞ!」2人は待っていましたとばかりに畳の上に倒れ、美智は知代の足を開き、覆い被さり乳房を吸っていく。
そして、もう片手が淫裂に入って「いいわ、お姉さん、そこがいいの。膣が感じる…」指が二本膣に入っていく。

 「綾子さん、手伝ってあげないとダメだよ。消毒してもたっらお礼もしないと」
「気が付きませんでした」綾子も、美智の乳房を撫でながら淫裂に指を押し込んでいくと「あ、あ、あ!」声を上げ体を反らす。
(凄いわ。膣の中がグジョグジョだわ)指がベトベトしている。

 「綾子さん、二本にして、指を二本入れて…」美智に催促され「こうね?」指を二本入れて行くと「あ、あ、あ!」腰が動きだす。
「姉さん、行きそうよ、行くわ!」
「私もよ、行こうね!」2人は登りつめて「いく、いく~!」叫ぶと動きを止め(行ったんだ!)綾子は指を抜いた。

 暫くして2人が起き上がると「これは僕からのプレゼントだよ。僕が言った日はこれを着るんだ。手袋とストッキングは普段は着なくていいからね」美智と知代に手渡すと「これじゃ、仕事では無理よ。恥ずかしくて、無理だわ…」顔が曇る。
「イヤでも着るんだ。命令された日に!」
「わかりました、そうします」小さな声だ。

 「今度、4人の下着姿を撮りたいな。場所はどこにするかな?」
「そんな~。もう写真は、許してい下さい…」
「記念だよ。一生の記念に撮っておかないとね」それには(言っても無理だわ…)諦める3人だ。

 「用が済んだから、戻ってもいいよ」美智と知代は渡された下着を持ち、全裸のまま戻っていく。
「綾子さんも戻っていいよ。でも、当番忘れないでね」
「はい、お待ちしています」綾子も全裸で、下着を持って戻った。

 「さてと、瑞穂さんはどうなったかな?」スイッチを入れると、画面には泣いている瑞穂が映っている。
突然、瑞穂が立ち上がりドアに向かっていく。
「亭主が戻ってきたか、やれよ、早く一発を…」画面を食い入るように見ている。

 『瑞穂、凄いよ、ありがとう』
『恥ずかしいけど、気に入ってもらえた?』
『当然さ、いいよ。オ○ンコが丸見えの上、手袋だなんて』
『良かった、喜んで貰えて。それから剃って、ここを…』丈二の手を掴んで淫裂に導いていく。

 『いいんだね。前からやりたかったんだ。瑞穂をパイパンオ○ンコにしたくてね』
『そう思って用意して置いたわ』丈二は瑞穂の生えかけた絨毛に石鹸液を塗り、カミソリを当てた。
「そうだ、それでいい!」見ている福島も肉竿を膨らませている。

 『瑞穂、欲しいよ』
『私もよ、一杯出してね』2人は抱き合った。
『あん、あん!』喘ぎ声が聞こえて来た。
「俺もやりたくなったな」スイッチを切って綾子の部屋に向かう。

 「お待ちしていました…」綾子は全裸で迎え入れた。
「悪いな。腹が減ったけどオ○ンコが先だ」
「食事の準備は出来ていますから、布団を準備します」福島は綾子を抱いて朝まで過ごした。

 翌日、福島は大学に向かっていた。
いつもと違う道を歩いていくと「売り出し中」と書かれた看板が目に止まる。
「いいよな。こんな家なら4人を一緒に抱けるしな…」そんな目で眺めていた。
そこは倒産した会社の従業員用の寮で、できて間もないから痛みもないようだ。

 「金があったらな…」諦めて大学に向かった。
大学で3時まで講義を受け、アパートに戻ってくるとあわただしい。
「何か、あったんですか?」
「永井さんの旦那さん、事故で亡くなったのよ!」

 「今朝まで、元気でしたよね?」
「そうなの。高速道路で追突され、反対車線に飛び出しちゃったんですって!」
「それじゃあ、即死になってしまうよ」
「そうなんですって!」普段は言葉を交わさない、おばさんと話していた。

 (そうか、亡くなったのか。と、言う事は?)内心笑顔に変わり、部屋に入るなり、スイッチを入れて覗き見をしていく。
『会社としては、誠意に対処します』
『よろしくお願いします』軽く挨拶を済ますと帰って行った。

 夕方になって、綾子や、美智、知代も事故を知って驚いている。
「とにかく、告別式には行かないと。明日が通夜で、明後日が告別式だからね」年長の美智が指示していた。

 4人は翌日、通夜の弔問に出向くと、喪服を着た瑞穂は泣いたままで(いいよな、あの姿が…)不謹慎な事を考える福島だ。
(パンティや、ブラジャーもスケスケだった面白いだろうな。それにストッキングやガーターベルトまでしていたら最高だな)考えている福島の肉竿が膨らんでいく。
それを美智が知り(こんな時にエッチを考えて…。不謹慎だわ)白い目で見ている。

 通夜は1時間ちょっとで終わり、4人はアパートに戻ってきた。
「いいかい、明日はプレゼントした下着を着て貰うからね」
「イヤ、そんなの不謹慎よ」
「イヤでも着るんだ。パンツは履かなくていい!」
「そんなの、イヤです!」

 「やらなかったらわかっているだろうな。必ず、確認もするからな」泣き顔のまま首を縦に振るしかない。
「それでいい。後は瑞穂さんだ」福島は携帯から瑞穂にメールを送った。
「これでよしと…」笑顔になっていた。

 そして、告別式の日が来た。
4人は始まる前に瑞穂を訪ねると、泣き顔だったが福島の顔を見るなり顔が引き吊っている。
「この度はなんて言っていいやら、言葉がありません」
「わざわざご苦労様です」一行は親戚を気遣っている。

 「こちらへ」瑞穂は一行を小さな部屋に案内し、狭い部屋に5人が入ると「瑞穂さん。確認させてくれ」
「許して。守っていますから」
「だったら、見せてくれ」喪服を広げて下半身を露わにすると、綺麗に剃られた淫裂が露わになっている。

 「オ○ンコはわかった。オッパイはどうかな?」
「それは、しています…」袖から手を入れられ胸を撫でられていく。
「着けているのか?」
「はい、あれを着けています」

 「そうか、信じるよ」ブラジャーをずらして乳房を揉んでいく。
「今日だけは許して、今日だけは…!」声を上げて泣き出した。
「わかった。瑞穂さんにはいい話を持ってきたんだけど、後で話すよ。他を確認したいけど…」

 その言葉に美智は裾を持ち上げた。
ストッキングとガーターベルトだけで淫裂が丸見えになっている。
同様に綾子や知代も捲り上げていく。
「いいね、オ○ンコの並んだ姿が…」やはり、パンティは履いておらず、ストッキングとガーターベルトだけで下半身を覆っていた。
「もう、いいでしょう?」美智は裾を戻すと皆が降ろしていく。

 やがて、告別式が始まり瑞穂は丈二の遺体と一緒に霊柩車に乗り込み、見送った4人はアパートに戻ってきた。
「喪服を脱いでオ○ンコを見せろ!」
「お願いです。今日だけは、セックスを許して下さい…」
「それは、脱いでから考える」仕方なしに3人は喪服を脱いで、お揃いの下着だ。

 皆がパンティを履いて無く淫裂が露わになり、それにスケスケのブラジャーで乳房が丸見えだ。
「許して、今日だけは…」
「わかっているよ、美智。それにしても3人とも可愛いよ。お嫁にしたいな、できる事なら3人と…」

 「そんな無理です。3人をお嫁にだなんて!」
「そうだよな。そんなムシのいい話はないよな」福島は3人の淫裂を撫でていく。
(イヤ、あるぞ。この3人と瑞穂を側に置く方法が…)目を輝かせていく。

 「いいよ、確認したから。今夜は1人で寝るから、帰っていいよ」
「済みません。明日からは当番でしますから」美智達は喪服を着込むと、それぞれの部屋に帰った。
「問題は瑞穂だな…」スイッチを入れて瑞穂の帰りを待っている。

 「遅いな」夕方になっても、戻らないが、それでも福島は画面を見続けた。
「来た、瑞穂が!」7時近くになって、やっと喪服を着た瑞穂が画面に映し出された。
「かなり参っているけど、仕上げだしな」福島は瑞穂の部屋のドアをノックした。
「福島ですがお話がありまして」ドアが開いたが、瑞穂の顔色が悪い。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター