fc2ブログ

「淫獣の住む館」第15話 汚された花嫁(最終話)

第15話 汚された花嫁(最終話)

 翌日、福島は秋子の部屋を訪ねたが、勿論昨日撮ったビデオを持参しての事だ。
福島はいつものように話して、ビデオを再生していくと「いや、いやー!」秋子も泣き出し「これからは一緒に暮らそうね」なだめるよ秋子の服を脱がし出す。

 「やめて、お願いです!」脱がされまいと抵抗し「縛られるのが好きだったよね、縛ってやるよ」上半身を剥ぎ取るとロープで縛っていく。
「これが、いいんだろう?」変形している乳房を揉むと「イヤ、男は不潔だから嫌い。セックスだけが目当てでしょう?」

 「それもあるが、それだけじゃないよ。秋子さんを満足させるのも、僕の仕事だからね」下半身も露わにし「いや。そこは、いや!」淫裂を触りだすと、指が膣の中に入って「あ、ああ!」声を上げた。
「気持ちいいでしょう。今度はチンポだからね」指を動かしながら言うと「イヤ、オチンチンはイヤ。指だけでして!」

 「ダメだ、これもしきたりだから!」ゆっくりと、肉竿を押し込んでいく。
秋子は「抜いて。入れないで!」叫んだが「あ、ああ!」ゆっくりと動く肉竿に声を出していく。
「秋子さん、これからは僕の物だからね」唇を吸うと(気持ちいいわ。久しぶりにいい…)秋子も虚ろな顔になっている。

 福島はピストンを早め登りつめ「あ、あ!」秋子の膣の中で噴射してしまった。
「秋子さん、出しちゃった!」
「わかっている。膣の中が暖かいし…」
「お風呂で洗わないといけないね」
「大丈夫よ、私は妊娠できない体にされたの…」意味ありげに泣き出した。

 「泣かないで、秋子さん」優しく抱きかかえる福島に「私ね、好きな人の子を妊娠したの。でも、中絶させられて、もう妊娠できない体にされたの…」話し掛ける。
「それで、男が嫌いになったんだね?」
「そうなの。でも、福島君は違うのね、綾子さん達の気持ちがわかるわ」

 「これからは一緒だよ。僕がここの主人だから」
「はい、御主人様!」縛ったロープが解かれると福島に抱き付いていた。
(これで、秋子も俺の物になったぞ!)笑顔の福島だが、秋子はまだ福島をわかっていない。

 そして、夕食になると「あ、秋子さん!」生まれたままの姿でダイニングに秋子が来た。
「暫くはフルヌードで居ます。私の全てを知って欲しくて…」今にも泣き出しそうな顔で言い「そう、ヌードでね…」(可愛そうにね。これからは福島さんの言うがまましなければいけないのよ)綾子達は項垂れた秋子を哀れみの目で見ていた。

 「秋子さん、綺麗だね。そうだ、記念に撮ってあげるよ」福島の言葉に「ぜひ撮って下さい、初ヌードですから…」声が上擦っている。
福島は秋子の全裸をカメラに収めていくと「そ、剃って下さい、ヘアも…」小さな声で言う。
「えっ、何て言いましたか?」
「知代さん、私のヘアを剃って下さい。ツルツルにしたいんです」涙が流れている。

 「わかったわ、剃ってあげる」知代は慣れた手つきで準備をし「ホントに、いいんですね?」確認すると「ヘアがあると汚いし…」なおも言う。
「わかりました」絨毛に石鹸液を塗っていくと立っていた絨毛が肌に密着していく。
「危ないから動かないでね」カミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えていくと(イヤ、ヘアのない性器だなんてイヤ!)「う、う、う!」嗚咽が上がっている。

 「秋子さん、嬉しいんだ、ヘアを剃られて」福島はカメラに収め「はい、これで、仲間入りですから…」流れ出る涙が多くなっていた。
知代はカミソリを動かし続け、絨毛の全てを剃り終えると「終わったわよ」タオルで拭いてから、消毒クリームを塗っていく。
「綺麗なオ○ンコだ。撮らせて!」カメラで淫裂を撮っていくと「それより、やりたいんでしょう。やってもいいわよ、オ○ンコを…」泣き声で言う。

 「オ○ンコしてもいいの?」
「いいわよ、福島さんは御主人様だから。これからはそう呼んでいいでしょう?」
「いいよそれで。だったら、お言葉に甘えて、秋子さんとオ○ンコだな」カメラを綾子に渡すと(私に撮れというのね?)困った顔になっている。

 (そうだ、オ○ンコしているのを撮るんだ)綾子を睨み付けながら服を脱ぎ(イヤだけど、やらないわけにはいかないし…)秋子に詫びながらカメラを構えた。
「準備はいいよ、秋子さん。いくよ」福島は後ろから抱き付き「あっ!」肉竿が淫裂に入ると、瑞穂達が見ていて(イヤ、見ないで、セックスを見ないで!)顔を背けた。

 「秋子さん、しきたりだから、撮らないと…」
「そ、そうよね。しきたりよね」泣きながらもカメラを見つめ(ご免なさいね、秋子さん!)秋子はスイッチを押していく。

 福島は腰の振りを早めて噴射した。
「いい、うまく撮ってよ」肉竿を抜き、その瞬間を逃すまいとスイッチを押しが(イヤ、射精したのを撮られるなんて)項垂れていく。
「秋子さん、お風呂で洗わないと。私がしてあげる」看護婦の美智は職業柄、妊娠を心配した。

 「大丈夫なんです。私、男に騙されて妊娠できない体にされましたから…」
「辛かったでしょうね。でも、これからは一緒よ、皆一緒に暮らしましょうね」
「はい、そうさせて下さい」同じような境遇で結ばれる5人だ。
「でも、万が一があるから、洗った方がいいと思うな。美智さん、洗ってあげて」
「そうよ、万が一もあるわよ」
「それはないと思うけどけど、洗わないとね汚いしね…」2人は浴室に向かい、秋子も当番を命じられている。

 それから数週間後に美智に、結婚話が持ち上がった。
「美智さん、いいじゃないか。幸せになれるし…」
「御主人様、ホントにいいんですね?」
「勿論だよ、それに、美智さんのビデオと写真は全て壊しておくから、安心してお嫁に行きなよ」

 「ありがとうございます、御主人様。今夜はご奉仕させて下さい」
「わかった。今やろう、ここで!」
「はい、ここでさせて下さい」福島は仰向けに寝て、それに馬乗りになり、淫裂に肉竿を吸い込んでいく。

 「御主人様、美智のオ○ンコの感想はいかがですか?」腰を振りながら尋ねた。
「いいよ、最高に。美智とオ○ンコできる旦那さんは幸せだな。これでやり納めだもんな」
「はい、これが御主人様と最後のオ○ンコです」淫汁を流しながら腰を振っていく美智だった。
福島は言葉通りに、美智を当番から外あうと写真を破って(ホントだ、御主人様はいい人なんだ…)善人ぶりに騙されている住人だ。

 美智の縁談がうまくまとまったが、福島は内定先の研修に1週間出かけなければならなかった。
「暫くいないけど、うまくやってくれよ」
「はい、うまくやります」瑞穂は元気のいい返事をし、それに部屋の改装が行われた。

 留守を預かった瑞穂達は改装された部屋で毎夜、抱き合っている。
「秋子さん。一緒でいいでしょう?」
「勿論、一緒でいいわよ。それから、縛って欲しいの…」
「わかっているわ。秋子さんはこれがいいのね」秋子は両手を縛られ、美智と知代によって乳房と淫裂を触られていく。

 改装された部屋は、天井や周りが全て鏡張りで「いいわ、凄くいい!」鏡に縛られた姿を見た秋子は悶え声を上げている。
それに吊られるかのように「綾子さん、私も欲しい!」「私も欲しいの、瑞穂さん!」綾子と瑞穂も抱き合うが、鏡に写った自分の全裸姿に興奮していた。
(いいわね、オッパイと性器を触られるのが見えるなんて…)淫裂を触られながら悶えている。

 また、美智の縁談は福島がいない間にまとまり、日取りも決まった。
美智は婚約者と楽しい日々を過ごしているが「お姉さん、幸せにね」残された知代は寂しそうな顔になっている。
「知代さん、元気出しなさいよ。お姉さんの為にも」
「そうよね、私が頑張らないとお姉さんも悲しむしね」
「そうよ、元気をだして」励まされている知代だ。

 やがて、研修から福島が戻り、それと同時に美智が新居に越して行った。
「瑞穂さん、もう1人入居させないと。部屋が一つ空くと収入も減るしね」
「そうよね。ここまでうまくいっているんだからね」瑞穂はあの看板を塀に貼り付けた。
だが、そんなにうまくは行かず、女性の希望者が訪れない。

 そんな中、美智の結婚式の日が来て、アパートの住人皆が招待された。
「ここよ、お姉さんがいる!」知代が姉を見つけた。
「あら、知代、来てくれたのね」
「私も来たわよ」皆が部屋に入っていくとウエディングドレスを着込んだ美智がいる。
全ての肌を隠すように、肩まで白い手袋をしている。
「綺麗だよ、美智さん。綺麗だ!」純白のドレスは眩しく、福島は美智の体を撫でていく。

 「お知り合いですか。それでしたら、10分程お話をしても構いませんよ」気を遣って式場の担当者が部屋から出た。
担当者が出るなり「美智さん、やりたいよ。やらせてくれ!」抱きつく。
「イヤ、許して。もうしないと、約束したじゃないのよ!」ウエディングドレスの裾が持ち上げられていく。

 「福島さん。今日はやめて、お姉さんの新しい門出だから。帰ったら私が倍しますから」知代が言っても「ダメだ。オ○ンコするから手伝え。手伝わないならどうなっても知らないぞ!」そう言われれば従うしかない。

 綾子や瑞穂達が長い裾を捲っていくと、白いパンティが露わになっている。
「やめて。ホントにやめて。今日はイヤです!」その白いパンティが福島によって引き下げられた。

 「ほら、ここに手を付くんだ!」テーブルに手を置いて足を広げさせられ、膝まで下がったパンティが今にも切れそうだ。
「行くぞ!」「あ、あ、あ!」悲鳴を上げる美智に(美智さん、ご免なさい…)綾子達は詫びながら美智の裾を持ち上げていた。

 「いいよ。花嫁姿でのオ○ンコが…」腰を押さえながら腰を振っていく。
「お願いです。せめて、姉さんのお腹の中には出さないで下さい」姉を気遣う知代だ。
「ダメだ。まだ薬が効いているはずだから、オ○ンコに出させろ」動きを早めていく。
「あ、ああ!」泣きながら堪えると、膣の中に噴射され 「そんな、射精だなんて…」淫裂から液体が流れてきた。

 「お姉さん!」知代はハンカチでウエディングドレス汚すまいと淫裂に押し当てた。
「大丈夫だった。汚れてない?」綾子や瑞穂もハンカチを押し当てている。
「秋子さん、チンポを綺麗にしないと」
「は、はい、御主人様!」ヌルヌルした肉竿を舌でなめていく。
その傍らでは「お姉さん、ナプキンを付けて置いた方がいいわよ」淫裂を拭き終えると生理ナプキンを淫裂に押し当ててパンティを引き上げ、裾が戻された。

 「美智、これで最後だ。ホントに最後だからな」
「約束して下さい、幸せを壊さないって!」
「約束するよ。みんなも証人になってくれ」福島は本気だが信用されてない。

 やがて、結婚式が始まった。
福島に神聖な式の直前、犯された美智は真っ青な顔のままで、新郎はそんな美智を気遣い、2人を羨ましく思う綾子だ。
「綾子さんも、いい人が見つかるわよ」
「それならいいけどね」綾子は美智を見つめ、2人の結婚式と披露宴は2時間程で終わった。

 結婚式が済むと福島達は一緒にアパートに戻って来た。
「あら、入居希望かしら?」看板を見つめる若い女性がいる。
「ここの管理人だけど、中を見てみる?」
「いいんですか、見ても?」
「構わないわ、空き部屋が一つあるからいいわよ」瑞穂は女性を中に連れ込んでいくが(いいお尻だ。それに、オ○ンコもあまり使っていないみたいだぞ)獲物を見つめる福島だ。

 そして、数日後「いや、いやです!」入居したばかりの女性が瑞穂達4人によって衣服を剥ぎ取られ、全裸にされていく。
それを隠し撮りしていく福島だ。

 最初は嫌がっていた女性だが、4人の愛撫に「いいわ、いいわ!」声を上げだす。
「気持ちいいでしょう。これからは仲間よ」
「はい、仲間です。これからは…」淫裂に入った指に、気持ちよさそうに腰を動かしている。

 それからまもなく、新しく入居した女性が全裸で皆の前に現れ、「う、う、う!」泣きながら福島に馬乗りになり腰を振っていた。
「いいか、これからは交代でオ○ンコするからな!」
「はい、当番でセックスをします」無理に言わされている。

 それから数日後、黒いストッキングだけを履いて女性が並んでいた。
「御主人様、今夜は私が当番ですからオ○ンコして下さい」あの女性が福島を裸にしてから馬乗りになっていく。
「御主人様。四つん這いでして貰えませんか、あれが気持ちいいんです…」

 「何だ、里香はバックからのオ○ンコが好きか?」
「はい。四つん這いでのオ○ンコが、一番気持ちいいです」四つん這いになった女性の淫裂にピストンしていく。
「いいわ、凄くいいです!」魔法に掛かったように、里香と呼ばれた女性は鏡に写った姿に興奮して悶えている。

 その傍らで、瑞穂達がペアを組んで抱き合い、鏡に写った姿に興奮している。
「入れて、指を入れて!」「私にも指を入れて!」悶え声を上げあっている。
ここのアパートでは毎日、獣のように悶え声を上げていた。

ー完ー
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター