赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第12話 結婚  

 美沙と高杉の婚約は防疫研究所中にアッという間に広がった。

美沙は結婚式は挙げず交代で自宅に招待してご馳走を振る舞う事にした。

だが、それは高杉の策略だ。その策略に最初の餌食が訪ねてきた。

「おじゃまします」何も知らず入ってきた研究員は全裸の美沙に驚きの声をあげた。

「驚かなくていいの。今日はヌードパーティだからあなたも脱いで」

「そうだよ、僕も素っ裸になるんだよ」高杉も服を脱ぎだした。

「そ、そんな~!」体を震わすが高杉に言われれば逆らえない。渋々服を脱いでいく。

そして、全裸になると美沙が抱き付きレズをしていく。

 

 「やめて、所長!」

「お願い、夫が見たがっているから付き合って欲しいの」そう言い乳房や淫裂を触っていく。

勿論高杉はそれをビデオで撮っていた。

「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声をあげ体を反らせている。

高杉は頃を見計らい「僕も仲間に入れて」と加わり肉竿を淫裂に押し込んでいく。

「ダメ、入れないでダメ!」逃れようとするが美沙と高杉に押さえられ根本まで押し込まれた。

「射精はしないわ、だから相手してあげてね」美沙も唇を吸いながら抱き付き3人で抱き合った。

こうして、研究員を招待していたが皆を招待し終えた頃には美沙の腹も膨らみだした。

そこで美沙は休職して主婦業に専念している。

一方、高杉は相変わらず研究室に女性を呼び入れ、生まれたままの姿にしていた。

研究員は「もう許して、これで終わりにして下さい」泣きながら乳房を揉まれ淫裂に肉竿を入れ

られていた。

「婚約したら許してやるよ。それまでは付き合ってくれ」肉竿をピストンしながらそう答えた。

そして、クライマックスを迎えると口に肉竿を押し込み咽の奥で爆発した。

 

 それから数か月後、美沙は男の子を出産し専業主婦を決意した。

それと入れ替わるように新しい所長が赴任したがやはり女性だ。

そこで高杉はまたよからぬ計画を練っていく。

「あいつともやらないとな。少し年増だが独身だし」またあのウィルスの増殖を始めていく。

そして、何も知らない新任所長が高杉の研究室にはいるとウィルスを拡散させていく。

それにはたまらず「せ、セックスして下さい。この私とセックスを…」と潤んだ目をしながら服

を脱ぎだす。

それを例によってビデオを構え全裸を撮った。

              nude_84.jpg


全裸を撮り終えると抱き付き肉竿で淫裂をピストンし子宮の中で噴射した。

新任の所長も射精されると次第に冷静になって泣き出すがビデオがある以上はどうする事もでき

ない。

「所長、これからも僕と楽しみましょうよ」乳房を吸われていくが泣く事しかできなかった。

 

 翌日、新任の所長は高杉も研究室を訪ねてきた。

「言われた通りにしますからビデオだけは誰にも見せないで下さい」泣き声で言うと服を脱いで

いく。

「わかっていますよ、僕だって騒ぎは起こしたくありませんからね」ビデオでそれを撮っている。

所長は全裸になるとハサミで股間の絨毛を切っていく。その絨毛をビニール袋に詰め、カミソリ

で残りを剃り始める。

カミソリが動き出すと淫裂が露わになり、先端が黒ずんだ肉襞も見えてきた。

それでも動きを停めず、残りの絨毛全てを取り払った。

「所長、まだ若いですよ。これからも楽しめますよ」泣き顔で立っている姿を撮っている。

「これでいいんですね?」

「はい、今度は研究員のヘアを剃りましょう」

「そんなの無理よ。絶対断られるから」悲愴な顔になっていた。

「それはどうでしょう、とにかく行きましょう」嫌がる所長の腕を掴み研究室に入った。

 

 女性研究員は全裸で現れた所長に顔が強ばった。

「所長が君と愛し合いたいそうだ。ヘアを綺麗に剃ってからね」ニヤリと高杉が笑う。

「そんな、ヘアを剃るだなんて…」口が震えている。

「お願い、ヘアを剃らせて。あなたの性器を見たいの」泣き声で言う。

それには(所長もヌードを撮られたんだわ。それに、セックスも…)高杉に脅されての事だとわ

かった。

「わかりました。剃って下さい」力無く言う。

「ありがとう、直ぐにやるわ」ホッとする所長を後目に研究員は服を脱いでいく。

そして全裸になると両手を後ろで組む。

「動かないでね、危ないから」ハサミで絨毛を短くしカミソリで剃っていく。

若い研究員の絨毛が消え淫裂が全貌を現しだした。

「いいね、君のオ○ンコも綺麗だよ」ビデオで撮っていく。

絨毛を剃り終えると2人は抱き合い、乳房と淫裂を撫で合いレズをして高杉のビデオに収まった。

 

 防疫研究所は高杉にとってパラダイス的存在だったがいつまでも続く事はない。

転勤を命じられ、東京から遠く離れた福岡へ転勤する事が決まったからだ。

それには所長を含め女性の皆が高杉から解放されるとあって喜んでいる。

「苦労して見つけたんだ。これも持っていかないと…」秘密にしてあるウィルスを持って美沙と

一緒に福岡に赴任した。

赴任した防疫センターにも東京都同じく女性職員が大半だ。

(いいね、あの子は女優に似ているぞ。オ○ンコやりたいな)全裸を想像しながら見ている。

 

 そして暫く過ぎてから研究室に入ってきた女性に増殖させたウィルスを嗅がせていく。

「せ、セックスして。私とセックスを…」潤んだ目で高杉を見つめ股間を撫でている。

「それでしたら、服を脱がないと」またビデオを構え全裸を撮った。

「あなたがやるんですよ」仰向けに寝て女性を馬乗りにさせての結合を始めた。

「あ、あ、あ~!」声をあげ腰を振る女性の乳房を揉みながら(今度の休みは美沙と3人で楽し

むか)と考えている。

やがて、膣の中に射精が済むと女性は冷静を取り戻し泣きながら研究室から出ていく。

が、高杉は「いいね、これがある限り天国だよ」ウィルスの入った培養器を眺めていた。

こうして、高杉は培養したウィルスを研究室で拡散させ女性を次々と全裸にしてビデオに収めて

いた。

また、家に帰るとそのビデオを見ながら「美沙、お前も素っ裸だ!」美沙を全裸にして抱き付い

ていた。

「あなた、気持ちいいわ。もっとして!」ビデオを見ながら2人は抱き合っていた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/127-f51df0d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top