fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第2話 レズの特訓

第2話 レズの特訓

 休暇を取った良子は、翌日もあのエステに向かった。
エステ店では「あら、どうしたの。会社はいいの?」突然現れた良子に、昨日のエステ嬢も驚いたようだ。
「辞めました。課長と言い争いになってやめました…」
「そう、辞めたんだ。それならお小遣いが欲しいわよね?」
「そうなの。だから紹介して下さい」

 「待ってね、支配人と相談するから」エステ嬢が去ってから暫くして「糸川良子さんでしたよね?」女性が現れた。
「はい、糸川良子です。あなたは支配人ですか?」
「そうよ、堀川悦子というの。お小遣いが欲しいなら、あなたを確かめないとね」
「身元でしたら、契約書に書いた通りですが…」

 「そんな事じゃないの。あなたの体を確かめるのよ。こっちに来て!」悦子は良子を支配人室に連れ込んだ。
「ここなら誰も来ないから安心して。まずは全身調査から始めるわね」ドアに鍵を掛けると良子の服を脱がそうとする。

 「イヤよ。裸にしてどうする気なの?」
「確認よ。大事なお得意さんに紹介するんだから確認しないと」そう言われれば、おとなしく従うしかく「悦子さん、私自分で脱ぎますから」と承知すると「それならいいわ。全部脱いで見せるのよ」悦子は笑顔に代わっている。

 良子は悦子が見守る前でスーツを脱いだ。
「いい体しているわね。あなたなら、いいお小遣いが入るわよ」下着姿になった良子を食い入るように見ている。
(恥ずかしいわ。いくら女同士と言っても裸になるなんて…)顔を強ばらせながら背中に手をやり、悦子に尻を向けた。

 「ダメ、こっちを向くの。お客に尻を見せるなんて失礼よ!」
「でも、脱ぐのを見せるなんて恥ずかしい…」
「恥ずかしがったら、お金にはならないわ。相手は女だから安心して脱ぐのよ」
「わかりました。そうします」悦子と向き合い、ホックを外して肩からブラジャーの紐を引き下げた。

 すると、今まで狭いカップに収まっていたDサイズの乳房が露わになって揺れている。
「大きいわね。それに乳首もいい色しているわよ」
「そんな事言われると、恥ずかしい…」ブラジャーを脱ぐと両手で乳房を押さえた。

 「そんな事したら、いつまで経っても調べられないわよ。手を退けて全部見せないと」
「このままではダメですか?」
「勿論よ。女性のシンボルを確認しないと、紹介はできないわ」
「わかりました。全部脱ぎます…」乳房から手を退け、パンティのゴムを掴むと(恥ずかしいけど、これも捜査のためだし…)引くに引けず、ゆっくりと両手を引き下げた。

 手が引き下げられると、股間を覆っていたパンティも引き下げられ、手入れされた絨毛が露わになっていく。
(性器まで見られてしまうけど、我慢しないと…)膝をガクガクさせながら、なおも引き下げ、背中を丸めて足を上げると、その瞬間、剃り上げられた淫裂が開いてピンクの膣腔が覗いた。

 (綺麗だわ。まだセックスしたこと無いかも。これは特上だから絶対に物にしないと…)食い入るように見ており、それは良子にもわかっている。
(膣の中まで見られてしまったわ。もう、どうなってもいい!)開き直ってパンティを放り、股間を露わにした。

 「そうよ、それでいいの。こんないい体なんだから下着は着けない方がいいわよ」それまで黙ってみていた悦子だが、全裸に興奮したのか、乳房を触り淫裂も触っていく。
それには(触らないで、そこは玩具じゃないわよ)体が震えていく。

 「あら、震えているのね。1人だけヌードではイヤなんだ。それなら私も脱がないとね」勝手なことを言い、悦子も脱ぎだした。
(脱がなくていいわよ。触られるのがイヤなだけなのよ)胸と股間を押さえて、脱ぐのを見守っている。
それには動じることなく、服を脱いで下着姿になると「そんな、丸見えよ!」良子は声を上げた。

 悦子は役目のしない下着を付けており、乳房と無毛の淫裂が透けた布から覗いている。
「そうよ、これは見せるための下着なの。あなたに私の全てをね」背中に手をやりホックを外すと乳房が揺れていく。
(レズだわ、私にレズの相手をしろというんだ。ここはイヤだけど、やるしかない!)それを真剣なまなざしで見ているが(そうよそれでいいの。白石さんに楽しんで貰えるし)隠し撮りされている。

 「良子さん、私もあなたと同じく手入れしてるのよ。ほらね」パンティを脱ぐと良子に淫裂を触らせる。
(イヤよ。やりたかったら他の人として!)叫びたいのを堪えて触っていくと「もっと、愛情を込めてやらないとお金にはならないの。意味わかるでしょう?」注意される。

 (レズなんて、やったことないからわからないわ。どうすればいいの?)戸惑いながらも乳房を揉み、乳首を吸うと「そうよ、それでいいの。オ○ンコにも指を入れて掻き回すのよ…」気持ちよさそうな顔をして良子の頭を撫でていく。

 (オ○ンコだなんて卑猥だわ。性器と言いなさいよ。女のくせに恥ずかしくないのかしら?)オ○ンコと言われ嫌悪を感じながらも指を膣の中に入れていくと「いいわ、もっと奥までして。チンポもいいけど、レズもいい…」声を上げだした。
(私はイヤよ。私の膣の入れないで。まだ処女なんだからね)指を動かしていくと濡れてきた。

 「良子、私にもさせて。あなたとオ○ンコにしたいのよ」良子を抱きかかえるようにしてテーブルの上に寝かせた。
(恥ずかしいわ。こんなの見られたらどうしよう…)目を閉じていると足を開かされ、舌が膣の中に押し込まれ「ダメ…。そこはダメ…」言葉とは裏腹に腰が動いていく。

 「あ、あ、あ~!」リズミカルに舌が動き、敏感なクリトリスも指先で撫でられ(気持ちいいわ。オナニーなんて目じゃない。これがセックスなのかしら?)処女の良子だが、淫裂からは白く濁った淫汁が流れている。
(思った通りだわ。この子はここが敏感なんだ。それに処女だから高く売れるし)時折、手を伸ばして乳房を揉みながら淫裂を舌で愛撫してく。

 暫くしてから、良子もテーブルの上に乗り、尻を良子に向ける。
「わかっているでしょう。オ○ンコを弄くり合うのよ。うまくやらないとお小遣いも貰えないからね」注意すると良子の果敢にまた顔を埋めて淫裂を触っていく。
「ダメ、そこはダメ!」声を上げながらも腰を動かしていく。

 (こんなのイヤ。レズされるならレイプされた方がましだわ)そう思いながらも、良子にされたように、目の前にある淫裂を舌と指で愛撫していく。
(そうよ、それでいいの。白石さん、後で見たいからうまく撮ってね)隠しカメラの方をちらりと見ると良子の淫裂を触り出し「あ、あ、あ~!」2人は声を上げ続けた。

 2人は1時間ほど抱き合ってから、やっと服を着ていく。
「どう、女同士の楽しみ方って面白いでしょう?」
「そんな事言われても、した事ありませんから…」
「そうよね、まだ初てだしね。これからは私にされた通りにやればいいのよ」
「わかりました。そうします」

 「素直でいいわよ。早速だけど、今度の日曜日にお小遣い稼ぎをしてみない?」服の乱れを直しながら言う。
「どんな事をすればいいのですか。風俗は絶対イヤです!」
「そんな事させないわよ。ちょっとモデルをして欲しいだけなの」
「モデルとおっしゃいますと?」
「下着のモデルよ。ちょっと、エッチな下着だけど。相手は女性だけだから安心していいわよ」

 「秘密は守れますか?」
「勿論よ。もしうまくいったら、もっといい仕事も紹介するわよ。風俗じゃないから安心して」悦子の話に「丁度良かったわ、会社も辞めてお金が必要な時だったし」と承知した。
「良かった、承知してくれて。早速だけど…」悦子は詳しく説明し、それを聞き漏らすまいと聞いている。

 話が済むと、エステを出て若林に電話を掛けようとした。
「もし、連絡したらやめろと言われるわ。そうしたら、せっかく掴んだが手がかりが…。それに、今は休暇中だし…」勝手な解釈をして、単独行動することに決めた。

 一方、エステ店では「うまく撮れているだろう。良子のオ○ンコもばっちり撮れているし」白石と悦子がビデオを再生している。
「恥ずかしそうで可愛かったわ。それに、間違いなく処女よ」
「そうか、処女か。それだったら、うかつにオ○ンコやれないな…」

 「そうよ。だから私が相手してあげる!」悦子は白石のズボンを引き下げ、肉竿を取りだすと「口か、オ○ンコにやらせろよ。ビデオを見ていると、収まり着かないし…」
「わかっています。後ろからでいいでしょう?」ズボンを引き下げると、四つん這いになった。

 「これなら、ビデオを見ながらオ○ンコやれるな」裾を捲ってパンティを引き下げ「おまえのオ○ンコと、良子のオ○ンコは大部違うな。おまえのは黒ずんでいるし…」
「言わないで。これも、あなたの性でこうなったのよ」首を振りながら言う。

 「そうだよな。毎日のようにやっているんだから当然だよな。入れるぞ!」白石の肉竿が悦子の淫裂を押し広げていくと「あ、あ、あ~!」と声を上げだした。

 「どうだ、気持ちいいか?」
「はい、気持ちいいです。ですから、オ○ンコの中に一杯のエキスを下さい…」
「わかっている。一杯くれてやるからな」白石は得意げに肉竿のピストンを始め「いいわ、凄くいい…」悦子も悶え声を上げている。

 それから数日が過ぎて日曜日が来た。
良子は悦子から教わった場所へ向かうと「待っていたわ。乗って!」悦子が車で向かえに来た。
それに乗り込むと走り出し、都内でも有名な住宅街へと向かう。

 「悦子さん。ここは有名人が住む町ですよね?」
「そうよ。しかも、お金持ちだけが住める所なの」平然とハンドルを握っているが(間違いなく、悦子も事件に関係しているわ。必ず黒幕を突き止めてやる…)自分に言い聞かせながら笑顔をしている。

 悦子はそんな良子を後目に車を走らせ「着いたわ、ここよ」車を停めると、そこでは警備員が出入りをチェックしている。
「凄く厳重な警備ね。誰が住んでいるのかしら?」
「そんな詮索はしないの。とにかく行くからね」悦子が注意して車を降り、その後ろを歩いて屋敷に入った。

 屋敷に入るとメイドが出迎え、部屋へと案内した。
「お呼びするまで、ここでお待ち下さい」メイドが出て行くと「全部脱いで、素っ裸になるの」悦子は平然と言う。
「そんな、裸だなんて話が違います。下着のモデルのはずですが…」
「違わないわ。下着は着るけど、ここからでなく、お客さんが用意したのを着るの」

 「それじゃ、ここからはヌードで行くしかない…」
「そう言う事なの。相手はお金持ちだからチップもあるわ。絶好の小遣い稼ぎなんだからね」声を張り上げて言うが(裸になんかなりたくないわ。でも、捜査のためならやるしかない…)口を尖らせながらもボタンを外してシャツ、スカートと脱いで下着姿になった。

 「あら、言ったはずよ、下着は着なくていいって。着ていると、ほら、痕ができてしまうでしょう?」腰と太股の部分にはパンティのゴムの痕がある。
「下着を着るなと言われても、恥ずかしいです」
「誰もわからないわよ。これからは着ないでね」
「わかりました」渋々承知してパンティから脱いでいく。

 「あら、手入れしてないのね。こんなに伸びているわよ。そうだわ、ここで手入れして貰おうね」淫裂の周りに生えかけた絨毛を撫でながら言う。
「そんな、恥ずかしいです。見知らぬ人にヘアを剃られるなんて…」
「我慢しなさい、これもお金になるのよ。それより、早くブラジャーも脱がないと」「わかっています…」恥ずかしさを堪えてブラジャーも脱いで全裸になった。

 「見て、ここにも痕があるでしょう」乳房の膨らみにもカップの痕ができていた。
(勝手なこと言わないで。あなたもやってみなさいよ)言い返したいが、黙ったまま全裸で立ってると、悦子は乳房や股間を確かめるかのように怪しい目で見続けた。
(イヤらしい目だわ。まるで変態みたい)黙ったまま、両手を後ろに組み、乳房と淫裂を晒している。

 そこに「奥様が…お呼びです…」メイドが入ってきた。
メイドは良子の全に驚いた顔をし(見られたわ、性器やオッパイを…)良子は恥ずかしいのか、太股が震え、顔を背けている。

 「ダメよ、そんな事では。堂々としないとお金は払わないわよ」
「そんな事言っても無理です。裸を見せるんですから…」
「言われたことをやらないと、違約金を払って貰うわよ。大事な仕事に穴を空けるんだから」悦子は脅し口調になった。

 (仕方ないわ。ここは言われた通りにしないと…)恥ずかしさを堪えてメイドの顔を見つめた。
「それでいいのよ。ほら行くわよ」急かされ2人はメイドの後ろを歩いくが、全裸の良子は乳房を左右に揺らし、淫裂も歩くたびに形を変えていた。
(恥ずかしい。こんな事を知られたら刑事は首になってしまう…)歩いている良子の目は真っ赤に充血している。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター