fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第3話 女同士の楽しみ

第3話 女同士の楽しみ

 2人がメイドの案内で部屋に入ると「あら、凄いわね。今回は格が上だわ」「ほんとだわ、胸といい、割れ目と言い申し分ないわね」乳房と淫裂を露わにしている良子に歓声が上がった。
歓声を上げたのは、着飾った中年の女性で6人おり(恥ずかし。こんな姿を見られるなんて…)人前での全裸姿に良子は震えだした。

 「見て。この子ったら震えているわよ。オッパイがこんなになっているし…」震えで揺れる乳房が掴まれ「触るのはやめて下さいい…」すかさず、その手を押さえた。
「そんな事したら、お小遣いが減るわよ。こっちの言うことを聞いたら反対に増えるのよ」そう言われれば怪しまれないためにも手を納めるしかない。

 「そうよ、それでいいの。ここも震えているわよ」乳房から淫裂に手が伸び、割れ目からはみ出た肉襞が撫でられる。
「は、恥ずかしいです。そんな性器を触られるなんて…」声も上擦っている。

 その行為に「あら、抜け駆けなんてずるいわよ、まずはじっくり見てからよ」その言葉に女性は手を退け「聞いたでしょう、じっくりお見せしないとね」良子は言われた通り、手を後ろで組み立った。
(恥ずかしいわ。いくら女同士でもでも、裸を見られるなんて…)恥ずかして、下を向いたままの良子を、品定めのように見ていく。

 「いいわね、この初さが」「この子ならいいわ」女性達は品定めが終わると触りだす。
「イヤです。そんな触るなんて聞いていません!」
「聞いてなくてもやるのが決まりなの。お小遣いは多い方がいいでしょう?」
「それはそうですが…」
「だったら、おとなしくした方がいいわよ」弱みにつけ込み、乳房や淫裂、尻と確かめるかのように触った。

 暫く触ると「決まったわ。こっちに来て!」良子は別な部屋に連れ込まれた。
「まずはこれを着て貰うわ」用意した衣装を着させるが「これじゃ、着なくても同じですが?」着させられたのは隠す役目など全くしない下着だ。
(こんな、オッパイと性器を丸出しだなんて、下着じゃないわよ)良子は全裸姿に、金色の鎖を巻き付けただけだ。

 しかも、乳首と淫裂の突起にはピアスを付けられ「ヌードは我慢します。ですからこれは外してください…」泣き顔でピアスを外すように頼んだ。
「終わったらいいけど、それまではダメ。お小遣いも上げるから我慢して!」そう言われれば怪しまれないためにも従うしかない。

 「こんな姿もいいけど、娼婦スタイルも似合うかもね」次の準備をしていく。
「奈美さん。次の準備より早く始めましょうよ。皆さん待っているわよ」
「そうよね、楽しみに待っているしね」良子は悦子達がいる部屋に戻った。
部屋に3人が戻ると「凄いわね、こんな姿もいいわ」良子の鎖姿に声が上がっていく。

 「これは記念に残さないとダメだわ。最高の傑作だしね」良子にカメラが向けられる。
「イヤ。カメラはイヤです。ヌードは撮らないで下さい!」慌てて胸と股間を押さえた。
「何も、悪いことに使わないわよ、記念に残すだけなの」
「信用できないわ。何か証拠を見せてくれないと…」
「仕方ないわね。これが今までの傑作写真よ。他で見たことあるの?」屋敷の主はアルバムを広げた。

 「そんな、オッパイと性器まで晒すなんて!」驚きの声を上げたが(この子だわ、失踪したこの子が写真に乗っている!)写真のモデルにも驚いた。
「これは趣味でやっているの。だからいいでしょう?」甘えるように頼み込む。
「お小遣いも、ずっと弾むわ。それに、いい仕事も紹介するわよ。今までよりもお金になる仕事も」

 それを聞いて「私を撮って下さい。お金が必要なんです!」と全裸同然で写真に撮られるのを承知すると「そうこなくちゃ。その前に、ここを手入れさせてね」生えかけた絨毛が撫でられる。
「そ、剃るんだったら、割り増ししてください。そこは恥ずかしい部分ですから…」恥ずかしさに声が震えている。

 「わかっているわよ。オ○ンコしたことがないみたいだしね」
「そんな、オ○ンコだなんて…」顔を赤らめ俯くと「オ○ンコを知らない分けないわよね。男はここをオ○ンコって言うの。それにセックスも意味しているのよ」良子をからかうかのように言うが(卑猥だわ、オ○ンコの意味は知っているけど人前で話す言葉じゃないわよ)項垂れたままだ。

 そんな良子に「もういいでしょう、早く手入れしないと時間が勿体ないわよ」
「そうよね、手入れは私がするわ」奈美と呼ばれた女性が用意されたスプレーを股間に吹きかけ、手で伸ばしていく。
(やっと生えたのに、また剃られてしまうなんて。でも、失踪した女が写真に写っているなんてどういう事かしら?)カミソリが当てられても思案している。

 「良子さん、見て。これがあなたのオ○ンコよ」股間に鏡を押して見させた。
「は、恥ずかしいです、こんな性器にされて…」鏡に映った淫裂は割れ目からは、ピンクの肉襞が飛び出している。
「恥ずかしがることないわよ。女はみんな同じオ○ンコを持っているんだから。それより始めるからね」良子にポーズを取らせていく。

 (ヌードを撮られてしまう…。後で取り返さないと…)カメラを見つめながら思案していると、閃光が瞬いていく。
(撮られた、ヘアのない性器も…)顔が自然に強ばっていく。
「ダメよ。そんな怖い顔しないで笑顔にならないと。撮り直すからね」作り笑顔をしてカメラに収まった。

 「良子さん。次は私のを着て貰うわね」別な女性に連れられて部屋に向かう。
「私はこれが似合うと思うな。これを付けて貰うわよ」今度は黒いストッキングとガーターベルト姿にされていく。
(こんな娼婦みたいな姿にされるなんて。同僚が見たら何て言うかしら…)乳房も丸出しのブラジャーを着けさせれて戻ると「娼婦姿もいいわね」またカメラに納められた。
こうして、良子は次々と全裸同然にされて写真に納められた。

 下着のモデルが済むと「面白いこと教えてあげるから行こうよ!」良子に目を付けた女性2人に連れられ、別な部屋に連れ込まれた。
そこにはベッドが置かれてある。
「せっかくだから、全部脱いで楽しもうね」連れ込んだ女性は自分から服を脱ぎだす。

 (レズだわ。楽しむってレズの相手なんだ。ここはイヤだけど、何かの手がかりになるかも知れないし…)良子は逃げ出したいがそれを見守っている。
そんな事など知らない女性は下着も脱ぎ、生まれたままになると「あなたも脱ぎましょうね」抱きついてきた。

 (レズなんてイヤよ。でも我慢しないと…)堪える良子に「女同士が一番いいのよ。男はただチンポで突くだけだし」耳たぶをなめ、乳房を触り出す。
「くすぐったい。そんな事されたら変になる…」目を閉じされるがままにしていくと「ここもいいでしょう?」指が淫裂の中に入れられた。
「ダメ、そこはダメです!」叫んでも指が入れられ、舌でクリトリスがなめられて「あ、あ、あ~!」大きな声を上げてしまった。

 それは別な部屋で待っている悦子や女性達にも聞こえている。
「凄いわね。気持ちよさそうな声まで上げて」
「そうよね、私達も楽しみましょうよ」その言葉に悦子は抱かれ、服が脱がされていく。
「悦子さん、もっと見つけてちょうだい。お金ならいくらでも上げるわよ」
「わかっていますが、なかなか上玉は見つからなくて。その代わり、私がタップリとお相手を…」悦子は全裸にされると、反対に女性の服を脱がしていく。

 「そうして。男はチンポを膣に入れることしか考えてないから、女が一番いいの」満足そうに上擦った声で言う。
「そうですよ。こんな事もしてくれないし…」パンティを引き下げ露わになった淫裂を撫でていく。
「そうよね。そこにされると感じるし…。もう大丈夫だから、あれでして…」指さす先にはV型のレズ用バイブがある。

 悦子はそれを自分の淫裂に押し込み、ベルトで腰に留めると女性に覆い被さった。
「悦子さん、入れて、深く入れて…」女性は腰を動かし、バイブの先端に膣腔を押しつけた。
「入れます…」乳房を優しく撫でながら腰を密着させていくと「あ、あ、あ~!」と声を上げだす。
悦子はなおも押し込み、密着させるとゆっくりと腰を動かし「いいわ。チンポより凄くいいわ…」満足そうに声を上げていく。

 同じように、良子のレズを見ていた女性もペニスバンドを腰に付け、それを見て「イヤです。バージンが破けてしまう!」逃げようとした。
「大丈夫よ、オ○ンコに入れないわ。別な所に入れるから」ニヤリと笑うと樹脂にゼリーを塗っていく。
「そうよ、ここに入れないわ。だから安心して楽しみましょう」体を入れ替え良子を上にした。

 「約束ですよ。絶対に破らないって!」
「任せて。それよりもっと…」2人は乳房を潰し合うほど抱き合っているが、上に乗った良子の尻と淫裂が丸見えになっている。
「私も楽しみたいわ、3人でしましょうよ」ペニスバンドの準備を終えた女性が良子の尻を撫で出すと「いいわよ。早く奈美さんも来て!」その言葉に、良子の腰が両手で抑えられた。

 (もしかして、お尻に入れるのでは?)そう思った瞬間、肛門に押し込まれた。
「イヤ、お尻はイヤ。お願いですから入れないで~!」狂ったように声を上げ、抵抗したが、二人に抑えられ肛門から突き刺されて(お尻に入れられた…)体を反らせ、呻き声を上げた。
「痛いのは最初だけよ。直に気持ちよくなるから」なおも腰を密着させて根本まで押し込まれた。

 「抜いて。お尻はイヤです!」
「そうでもないわよ。直ぐにわかるから」ペニスバンドがゆっくりと動かし出すと「あ、あ、あ~!」今まで以上に声を上げた。
「気持ちいいでしょう。お尻もいいのよ」
「そうなのよね。これも病みつきになるわよ」下側の女が良子の頭を抑えて唇を重ねていく。

 (良くない。こんなの良くない…)首を振って拒むが、肛門への刺激が続けられ、次第に動きを速めて良子も次第に絶頂へと向かって「もうダメ…限界…」叫ぶなり、動こうとしない。
「行ったみたいね。敏感でこれからも楽しめそうね」
「前の子は下品だったけど、ここの子ならいいわね」
「そうよね。この子なら秘密を守れそうだし…」

 「もし、ダメだったら島送りにすればいいし。それにしてもバージンだとは驚きだわ」
「ほんとよ。この年で男に抱かれたことがないなんて珍しいわよ」
「この子となら、うまくやれそうだわ」なにやら話しているが良子は(島送り…。失そうと関係があるのかしら。間違いなく、何かあるわ。確かめないと…)仰向けになり、乳房と淫裂を晒したまま聞いていた。

 良子はその後も交代で女性に夕方まで抱かれ抱かれ「いい、この事は秘密よ」金の入った封筒が渡され屋敷から出た。
「いくら入っているのかしら?」車に乗り込むと覗いた。
「10万だわ。ヌードを撮ったのに、たったのこれしか出さないなんて…」わざと大きな声を上げると「だったら、もっといい小遣い稼ぎしてみる?」悦子が口を開く。
「風俗じゃ、ないですよね?」

 「勿論よ。何一つ不自由なく過ごせるわ。しかも、豪邸で!」
「もしかして、愛人ですか?」
「そうよ。ただし、男じゃなくて女の愛人よ」
「今すぐ返事は出せません。暫く考えさせてください」
「それもそうよね。じっくり考えた方がいいわ」ハンドルを握る悦子だが、目が怪しく輝いていた。

 良子は途中で降りてアパートに向かうが、そっと付け歩く陰に気づいている。
(付けられている。相手は誰かしら?)気が付かない振りしてアパートに入った。

 アパートに入ると浴室に入り服を脱いでいく。
「痛かった。お尻にあんなのを入れられたんだから」鏡を見ながら脱いでいくと「イヤだ、オッパイを吸った痕がある!」乳房に赤い痕があった。

 「どうしよう、こんな姿でエステにはいけないし…」恨めしそうに眺めながらパンティも脱いで全裸になった。
「ヘアも綺麗にやられたわ。こんな性器にされるなんて。でも、捜査だし…」鏡に映った淫裂を恨めしく思いながらシャワーを浴びた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター