赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第13話  免疫の克服  

 高杉はその後も、ウィルスの研究を重ねていたが、空気媒体だから目当て以外の人に吸われる

恐れもあり、正確さに問題があった。

それに、簡単に持ち運びできないのも欠点だった。

「何とか錠剤にできないかな」不真面目な高杉だが、この件だけは熱心に取り組んでいた。

「それに、免疫ができたら、二度と効かないと言うのも問題だな」熱心に顕微鏡を見ながらメモ

を取っていく。

そんな事を繰り返しながらも、何回も効くようになるまで改良したが、やはり、射精されると効

果が切れるのは改良されなかった。

「これで、試すか」高杉は容器に詰めて自宅に持ち帰った。

「あなた、お帰りなさい」妻の美沙が迎えに出た。

「何だ、そんな色気の無いのを着て」美沙が来ていたロングのスカートが不満だ。

「だって、もう子供は要らないわ。私だって、元の仕事がしたいわよ」確かに、美沙の方が、所

長だったから、肩書きが上だ。

「仕事もいいが、やる事もあるだろう」高杉は美沙に抱きつき、服を脱がそうとする。

「イヤよ、もうしたくない。できたら仕事に戻れないし」二人目を産むのをイヤがっている。

 

 (仕方ないな、あれを試してみるか)カバンからガラス瓶を取りだした。

「あなた、それ何なの?」

「臭い空気だよ、俺と、オ○ンコしたくなる空気が入ってるんだ」

「バカ言わないで、これでも防疫研究所の所長だったのよ。そんな嘘ぐらいわかるわよ」

「だったら、試して見ろよ」美沙は言われるまま、ガラス瓶を開けて臭いを嗅いでいく。

「何ともないわ。だから、あなたは出世が遅れるのよ、子供の事も考えてくれないと…」話し始

めたが、体が震え、口がパクパクしている。

(効いてきたぞ、後はどうでるかだ…)美沙を観察していると、目が潤い股間を撫でていく。

「どうしたんだ?」

「欲しいの、あなたが欲しいの…」そう言うと唇を押し付けてきた。

「オ○ンコはしたくないはずだが」

「意地悪言わないで。お願いだから私として」

「やって欲しいなら、ここで素っ裸になるんだ」高杉の言葉に美沙は急いで服を脱いでいく。

シャツ、スカート脱いで下着姿になっている。

「全部だ、全部脱がないとできないぞ」

「脱ぎます、ですから…」完全に美沙の理性が消えている。

 

 催眠術に掛かったかのように、美沙はパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

「して、あなたが欲しい…」高杉の服を脱がしていく。

「待て、その前にお前のオ○ンコを剃らせろ」

「後でして。セックスしてから剃って…」

「ダメだ、剃らせないならオ○ンコしないぞ」

「意地悪言わないで、もう待てないのよ」確かに、淫汁が太股で流れている。

「いくら夫婦でも、俺の言う事を効かない限りはダメだ」

「わかったわ、あなたの好きにしていい。その変わり一杯してよ」美沙が承知すると、高杉は美

沙の絨毛を剃りだした。

           mange038032.jpg


(あんなに、イヤがっていたのに、こんな簡単に行くなんて)満足そうに美沙の絨毛を剃った。

「もういいでしょ、早くしたいし」

「わかった、美沙が上だぞ」

「何でもいいわ、セックスできるなら」高杉が仰向けになると、跨って肉竿に淫裂を押し付ける。

「いいわ、凄く気持ちいい…」喘ぎ声を上げながら腰を振っていくと、淫汁が高杉の股間にまで

流れていく。

「美沙、気持ちいいのか?」乳房を揉みながら言うと「いいわ、凄くいい。あなたのエキスを早

く出して…」

「子供は産まないはずじゃないか」

「産みたい、あなたの子を産みたい…」

 

「そんなに欲しいなら、四つん這いだぞ」結婚以来、美沙は四つん這いでの性交渉はがんとして

受け付けなかったから試した。

「なるわ、四つん這いになる」打って変わって自ら進んで四つん這いになった。

「わかった、出してやるからな」腰を押さえて肉竿を突き刺す。

「もっと早くして。オチンチンをもっと深く…」美沙の豹変に満足しながら肉竿の振りを大きく

し、動きも速めた。

「あ、あ、あ~!」声を上げ、流す淫汁も多くなっている。

(限界だ、美沙のオ○ンコがチンポを締め上げていく…)美沙の淫裂が肉竿を絞るようにしてい

た。

高杉は堪えていたが「出る、出る!」一気に膣奥へと噴射していく。

「いいわ、凄くいい…」射精されるとグッタリし、高杉も入れたまま背中に被さった。

 

 2人は息を弾ませ、休んでいると「そんな、射精したなんて!」正気に戻りだした。

「美沙が、オ○ンコに出せって言うから出しただけだ」

「嘘よ。私がそんな事言うわけない。それに、四つん這いでしたなんて…」信じられないといっ

た顔つきで起きあがると「イヤよ、ヘアまで剃るなんて!」無毛の淫裂に声をあげた。

「お前から言ったんだ、俺のせいじゃないぞ」

「嘘よ、こんな変態な事やるわけない…」美沙は泣きながら浴室に入ってシャワーを浴びていく。

「これで、効果は確認できたな。やはり、射精されるとそれっきりなんだな…」持続性を長くす

る方法を考えているとタオルを巻き付けて美沙が戻ってきた。

「美沙、凄くよかったよ、あんな美沙が好きだ」高杉はタオルを解いて乳房を撫でる。

「私、変態じゃないわよね?」

「変態じゃないよ、普通だよ。だから安心しろ」唇も重ねて抱きしめる。

「できたら産むわよ、いいでしょう?」

「いいよ、美沙は俺の妻だし」いつになく、美沙を慰めていた。

 

 その夜、高杉はまた美沙を抱いている。

「痛いの、もっと優しくして」

「これが限界だよ。我慢しろよ」肉竿を押し込んでも淫汁は流れてこない。

「俺とやりたくないのか?」

「そんな事ないわ。いつもと同じよ」確かに、淫汁が流れ出ない。

(副作用か、一回やると、時間を置かないとダメなんだ…)副作用も体験した。

翌日、高杉が仕事で出かけると美沙は昔の同僚と電話した。

「実は、夫が変な研究をしているみたいなのよ…」電話の相手はかつて、高杉と抱き合った、厚

生労働省技官の坂本依子だ。

「そうなのよ、確かめて欲しいの」美沙の言葉で依子も気になったのか、週末に確かめるのを約

束した。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/128-5087a595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top