fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第4話 特別会員室

第4話 特別会員室

 翌日、エステ店に行くと悦子が待っていた。
「あら、今日は早いのね」
「会社を辞めましたから、暇でして…」
「そうなんだ。それなら手伝ってみない。どうせ暇でしょうから」
「私にできますか?」
「できるわよ。丁度、練習にもなるし」

 「それって、レズの相手ですよね?」
「そうよ、お金になるのよ」悦子の話に(ここは確かめた方がいいわ。きっと黒幕もいるはずだし…)思案して「やらせて下さい、お金が欲しいし」と承知した。
「そう来ると思った。11時に来るからこれに着替えて」悦子からそれを受け取って着替えだした。

 良子は言われた通りに、下着は着けていないから、服を脱ぐと生まれたままになっている。
「言いつけは守ったのね。いい心がけよ。素直でいい子ね」露わになった乳房を掴み吸い出し「ダメ、そんなのダメ…」嫌がるが拒もうとはしない。
悦子は良子の反応を確かめるかのように淫裂にも指を入れ「許して。そこは許して下さい…」太股を震わせ上擦った声を上げる。

 それには満足したのか「そうよ、それでいいの。初々しく振る舞ってね」笑顔で手を退ける。
(何が初々しくよ。嫌々相手する身にもなってよ)不満を堪えて、渡されたストッキングに足を通していく。
「いいわよ。それを見せたら、お小遣いも貰えるわよ」声を上げてガーターベルトを巻き付けていくが、悦子の顔が淫裂の所にあり、呼吸が淫裂に拭き掛かって(性器で遊ばないでよ!)震えながら悦子のされるがままにしていく。

 「悦子さん、パンティはないですか?」
「それは要らないの。後はこれだけ着ればいいのよ」短い白衣を肩に掛けた。
それの腕を通してボタンを留めるが、うっすら乳房が透けている。
「これで人前に出るんですか?」
「そうよ。個室だから他の人は来ないわ」その言葉に(そうよね、ここは我慢だし)一安心した。

 良子が着終えると同時に「支配人、お見えになりました!」従業員が入ってきた。
「わかったわ。この子にも手伝わせてね」
「一緒にですか?」
「そうよ、あの方は特別な方なの。だから…」
「わかりました。あなたも来なさい」エステ嬢に連れられて個室に入ると、昨夜の奈美と呼ばれた女性がいた。

 (失踪した女の写真を撮った人だわ、どうして、ここに?)不安げに挨拶すると「あら、昨日の子ね。よろしく頼むわよ」挨拶してくる。
「わかりました。できる限りやらせていただきます」
「素直でいいわね。まずは脱ぐのを手伝って」奈美に言われ、白衣を脱がせて全裸にするとベッドに仰向けに寝かせた。

 「奥様、始めます」エステ嬢が液体を体に塗りだし「あなたもやるのよ。足の付け根を丁寧にね」それは淫裂を意味している。
(やりたくないけど、仕方ないわ)言われた通りに。手のひらで撫でていくと「気持ちいいわ。今日は特別コースでお願いするわ。相手はこの子よ」「わかりました。マッサージを済ませたらお楽しみ下さい」意味ありげなことを言っている。

 良子はエステ嬢の指示された通りのことをして行くと1時間が過ぎた。
「奥様、今日はここまでです。後はあちらで…」
「そうね。ここでは仕事の邪魔だしね。行きましょう」奈美は白衣を着ると、良子の腕を掴んで出ていく。
「私は何をすればいいんですか?」
「昨日と同じ事よ」素っ気なく返事して、特別会員の部屋に入ると見覚えのある男がいた。

 男は岡林太郎と言って、産廃処理会社を経営している。
岡林は失踪事件の走査線に一端浮かんだが、消えた経過があり、良子とは面識がないが忘れられない男だ。
2人が入ると、岡林は「奈美、またやるのか?」と声を掛ける。

 「そうよ、だから邪魔しないで!」
「それはないだろう。たまには俺の相手もしろよ」不満そうに抱きつくが「男は嫌いなの。子供を産む時まで相手しないの。今日は特別に見せてあげるから我慢して!」

 奈美の言葉に「男の前でやるなんて、約束が違います!」悲鳴に近い声を上げると「見せるだけよ。指一本触らせないから安心して。それに、支配人も立ち会わせるから」置かれてある電話で悦子を呼んだ。
(いくら捜査のためとはいえ、男に裸を見せるなんていやよ…)顔が真っ青になり、声も上擦っている。

 それから暫くして「お待たせしました」悦子が現れた。
「支配人、今日は俺にも見させてくれ。謝礼も弾むからさ」
「今回限りですよ。もうダメですからね」悦子は謝礼と聞いて承知したが「イヤよ、男の前では絶対にイヤです!」良子は聞き入れない。

 「良子さん、私も裸になるわ。それならいいでしょう?」悦子は岡林が見ている前で脱ぎだした。
「そうよね、その方が私も楽だし。やってくれるわよね?」奈美が言っても首を横に振る。
「仕方ないわね。昨日の写真を週刊誌に売ろうかしら」遂に脅しに出て「やめて、それだけはやめて下さい…」堪えきれず泣き出した。

 「ほら、泣かないの。一生恥ずかしい思いをするなら、我慢しないと…」悦子はもう下着姿になっている。
「わかりました、我慢します。でも、絶対に言わないで下さいね。それに、見るだけですから…」
「勿論よ。この際だから、あなたも脱いで、良子さんに男のいやらしさを見せなさいよ!」

 「そうだよな。俺だけ服を着ていると、返って恥ずかしいよ」岡林は笑顔で脱ぎだすと「良子さんだったわね、あなたも脱がないとね」奈美も脱ぎだした。
(脱ぐしかない、これも捜査のためだわ…)泣きながらも震える手で白衣のボタンを外していく。

 そして、外し終えると背中を向けて脱いだ。
「いいね、ガーターベルトなんて最高だよ!」ストッキングとガーターベルトだけを身につけた姿に岡林は興奮している。
「イヤねえ、チンポを膨らませて。だから男は嫌いなのよ。愛情って無いのかしら」ぶつぶつ言いながらも、奈美も白衣を脱いで全裸になった。

 良子も白衣を脱いで全裸になったが、手で乳房と股間を押さえている。
「恥ずかしがらなくていいわ。ペットと思っていれば何ともないわよ」奈美は平然と胸から手を退かせて吸い付いた。
「ダメ。そんな事されたら声が出ます…」頭を退けたいが、股間から手を退けると、岡林に淫裂を見られるから、されるがままにしている。

 「良子。手を退けなさい、見られたって平気よ。私だってこの通りなんだから」悦子は乳房と無毛の淫裂を隠そうとはしない。
(そんな事言われたって、ここだけは見られたくないわよ)体を震わせ出した。
「あら、初ね。震えているわ。恥ずかしくても、やらないとダメなのよ」奈美は股間から手を退けさせた。

 すると「ほう、綺麗なオ○ンコじゃないか。まだやったことなさそうだな」岡林は声を上げた。
「そうよ、処女なの。だから手を出さないで!」
「そう聞いたら、こんなに元気になった。奈美、手でいいからやってくれ」
「イヤよ、今日はこの子と楽しむんだから邪魔しないで!」夫の事など無視して良子を寝かせると上に被さっていく。
そして、2人はお互いの乳房を撫で合い、シックスナインの体位で淫裂をなめ合う。

 それには、岡林も我慢しきれず「お願いだから、オ○ンコやらせてくれ!」見ている悦子に抱きつく。
「ダメ。セックスはイヤです!」
「やらせないなら、手を引くぞ。それでもいいのか?」その脅しに悦子は「お、お口でなら我慢します。それがダメならお尻で…」

 「ケツは嫌いだ。オ○ンコでやらせろ、仕上げは口だ!」
「そんな、私とセックスだなんて…」
「悦子さん、してもいいわよ。私が見ている前では許してあげる」
「奥様が、そうおっしゃるなら、お相手します」

 「そうこなくちゃな。まずは普通で一発だ!」岡林は悦子を寝かせると足を開かせ、股間を押しつけていく。
「早いです…。まだ準備が…。う~!」前戯なしの挿入に顔を歪め、痛みに耐えている。
(そんな、人前でセックスするなんて変態よ)良子は横目で身ながら淫裂を舌と指で愛撫していく。

 2人が淫裂を触り合う間にも、岡林と悦子は結合を繰り返している。
「後ろからだ。四つん這いになれ!」悦子は言われるままに従い、四つん這いになると後ろから肉竿が突き刺して「あ、あ、あ…体の奥まで…オチンチンが…入って来る…」髪の毛を振り乱しながら声を上げた。
良子は(動物と同じ格好でするなんて…)初めて見る光景に驚き顔になっているが、岡林の肉竿はピストンを繰り返している。

 「ダメ。後ろからは、もうダメです。私がしますから、別なやり方で…」
「仕方ないな。おまえが上だぞ」今度は騎上位になっての結合だ。
岡林は悦子の乳房を揉み、悦子が自分のペースで腰を動かしていくが、良子には丸見えになっている。
(膣にあんな太いのが入るなんて、痛くないのかしら?)狭い膣を押し広げながら入り込む肉竿に自然と興奮している。

 それは奈美にもわかっている。
(膣の中が濡れてきたわ。処女でも、オ○ンコを見せられると興奮するのね。そろそろ仕上げないと)今度は敏感なクリトリスの包皮を捲り、半透明の粒を舌でなめだした。

 「ダメ、そこは…。あ、あ、あ~!」急所を愛撫されては一溜まりもなく、声を上げ腰が浮いて動き出した。
(それでいいの。これからは私の玩具になるんだからね)奈美はなおもクリトリスを愛撫していくと、良子の淫裂からはネバネバした液体が流れてくる。

 それと同じように、岡林も登り詰めようとしている。
「仕上げだ。駅弁部やるからな!」悦子を抱き上げ、太股を抱えながら腰を動かしていく。
「ダメ、奥まで入ってくる~!」両手で首を押さえながら体を反らせていると、岡林は肉竿のピストンを続けて絶頂へと向かっていく。

 それは悦子にもわかって「出さない約束よ、お願いだから、お腹には出さないで!」淫裂から淫汁を流しながら言うが岡林は聞こうとはせず、反対に腰の動きを速めて「う~!」うなり声と共に、肉竿の全てを淫裂に押し込んだまま動きを停めた。
「出さないで、イヤ~!」悲鳴に近い声を上げたが、2人の結合部からは白い液体が「ポタ、ポタ!」と落ちていく。

 「そんな…。射精だんて酷いです…」悦子は泣き声になりながらも、落ちまいと岡林の首にすがりついている。
「仕方ないよ。間に合わなかったんだから」全てを出し切ると、肉竿を抜いて悦子を降ろした。
悦子は降ろされるなり淫裂を押さえたが、指と指の隙間からは白い液体が漏れ出ている。

 「良子、見て。男はあの通りよ。ただオ○ンコに出すだけで満足なの。だから、男としちゃダメだからね」言い聞かせるように奈美は良子の淫裂を撫でていく。
(そうよ、セックスしか考えないなんて嫌いだわ。愛情込めてしない男はイヤよ…)良子も岡林を見下すように見ている。
しかし、当人は満足顔で奈美と良子の絡み合う姿を見ている。

 奈美と良子はその後も抱き合い、2時前にエステを出たが、悦子は白石と話している。
「好きでやったわけではないの。これもあなたを思ってのことなのよ」セックスしたのを詫びるかのように話している。
「モニターで見ていたからわかっている。それにしても岡林は凄くタフな奴だな」
「そんな感心しないで。やられた私の身にもなってよ!」

 「そう怒るな。いずれはあの嫁さんに謝らせてやるよ」
「約束よ。この仕返しを忘れないでね」
「勿論だ。それより、中だしされたオ○ンコを見せてくれ」
「そんな、見せるもんじゃありません!」
「俺が見せろと言っているんだ。聞けないのか?」

 「も、申し訳ありません。直ぐにお見せします」慌てて服を脱ぎだした。
「それにしても、あの良子とか言う女はいい女だな。俺もやりたくなった…」
「私を捨てないでください。あなたのためにこんな事までしていますから」
「わかっている、あいつとは遊びだ。本命はおまえだから安心しろ!」
「そう言われると嬉しいです。白石さん、これが射精されたオ○ンコです」パンティを脱ぎ、淫裂を露わにすると指で広げた。

 「ほう、まだ残っているな。妊娠は心配ないのか?」
「あれを飲んでいますから…」
「そうか、それなら俺にもオ○ンコに出させろ!」
「心得ました」悦子は白石のズボンを引き下げ下半身を剥き出しにしていく。

 「悦子、どんなやり方でされたい?」
「抱っこして下さい。あれですと、子宮の奥までオチンチンが入ってきます…」
「そうか、駅弁か。よし、抱っこしてやるぞ!」悦子を抱きかかえると腰を動かし出した。
「凄くいいです。奥まで感じます…」

 「そうか。俺のチンポがそんなにいいなら、もっとくれてやる!」肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」喜びの声を上げて子宮深く噴射された。
「良かったです、凄く良かったです…」満足そうな悦子だが、白石は何かを考えている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター