fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第8話 囚われた良子

第8話 囚われた良子

 翌日も良子は車に乗せられ、ダンス教室に向かった。
レッスン場に入るなり「来たわよ。あの変態が…」指さされる。
「あら、今日は裸じゃないわね。ちゃんと着てるわね」
「そりゃそうよ。あんな変態と一緒にされたら、たまんないわよ」当てつけを言っているが、それを聞き流すかのようにレッスンの準備をしていく。

 それが1週間ほど続けられ、岡林が主催するパーティの日となった。
「良子。分かっていると思うけど、今日だからね」
「はい、準備は出来てます」
「それならいいわ。今日はエステで特別に仕上げて貰わないとね」奈美は良子を悦子の店へと連れて行く。

 エステ店に入ると「わかっているわよね。どうせ脱ぐんだから、ここから脱ぐのよ!」入るなり命令された。
(逆らったら、痛い思いだし。それに、今日のパーティで糸口が広がるし…)捜査のこともあるから、言われた通りにロビーで脱ぎだし、下着も脱いで全裸になった。

 それには「見て、ヌードよ。しかもヘアがないわ!」居合わせた女性客が声を上げると皆が良子を向いた。
「イヤだ~。性器が丸出しだなんて」
「きっと変態よ。ああいうのを露出狂って言うそうよ」指さしながら声を上げている。
(そんな事言わないで。好きでヌードになった訳じゃないわよ。これも捜査のためなんだから…)

 乳房と股間を晒したままでいると、良子をジッと見ている女性と目があった。
女性は陣内貴子と言って、所轄こそ違うが良子と同じ女刑事だ。
貴子は休暇を取ってエステに来ただけだが、見覚えのある顔に驚いている。

 (確か、失踪事件の捜査をしている糸川さんだわ。でもどうしてヌードなの?)良子を見つめていると、バツが悪いのか良子のほうから目を背けた。
(どうしよう、同僚にヌードを見られてしまった…)震えの停まらない良子に「良子、行くわよ」助け船を出すかのようにエステ室へと向かった。

 エステ室に入った良子は動揺を隠せない。
(もし、ヌードのことを喋られたら、やめるしかない…)エステを受けている間も不安で落ち着きがない。
「良子、どうしたのよ。落ち着きがないわよ」
「ヌードを見られましたから…」

 「これくらいでどうするのよ。パーティには50人も来るのよ」
「そんな大勢にヌードを晒すなんて…」言葉が途切れた。
「そうよ、大事なパーティだから、へまをしたらお仕置きよ」
「痛いお仕置きはイヤです」
「痛いなんて言ってられないわ。死ぬかも知れないのよ」

 「イヤです、お仕置きなんてイヤ!」
「だから、うまく盛り上げるの。この体を使って…」股間を撫で出す。
(本気だわ。もしかして、奈美に殺されているのかも…)思案しながらエステを受けていると「ここもよ、綺麗にしてね」淫裂からはみ出た肉襞を掴んだ。

 「わかっております、今からやります」エステ嬢も肉襞を引っ張って、ファンデーションを塗っていく。
「ここは念入りに…」クリトリスにもファンデーションを塗っていくと、淫裂が綺麗なピンクに染まっていく。

 エステは1時間ほどで終わり、全裸のまま部屋から出ていくと、貴子とまた顔を合わせてしまった。
「そんな、ヘアを剃ったうえに、性器にまで化粧するなんて…」それには(仕方ないのよ、捜査のためだから。お願いだから誰にも言わないで下さい)目を見つめた。
(そうか、きっと例の事件の捜査をしているのね。わかったわよ、誰にも言わないから安心して)貴子が頷くと(ありがとう、必ず黒幕の尻尾を掴んでみせるからね)良子も頷く。

 それに気づかない奈美は「いつまで裸でいるのよ。そのままでは帰れないわよ」怒鳴る。
「今すぐ着ます…」急いで服を着ると、車に乗り込んで屋敷に戻り準備をさせられた。
「いい、これで踊るのよ。その後はホステス代わりになってね」

 「こんな姿で回ったら触られます!」良子は長いネクタイと太股までのストッキングを身につけ、乳房はまる出しで長いネクタイが辛うじて淫裂を隠している。
「触られるぐらい我慢して。オ○ンコされる訳じゃないし」奈美が言うからには従うしかなく、素直に引き下がり出番を待った。

 そして、時間と共に招待客が屋敷を訪れ、広い屋敷も50人が入ると狭く感じられる。
それには(恥ずかしい。いくら捜査とはいえ、性器まで晒すなんて…)足がガクガク震えている。
そんな良子に「出番よ。元気良くやってよ!」昌子が呼びに来て「わかりました…」返事もかすれている。

 「言っておくけど、変な事したらお仕置きよ。それに、あなたのオ○ンコとお尻に、チンポが入れられたの写真が雑誌に載るからね」
「そんな事しません。ですから写真だけは…」泣き声だ。
「それならいいわ。元気良くやるのよ」昌子に背中を押されて会場に入った。

 良子は会場に響く音楽に合わせて手を振りながら踊り出した。
腰を振り、手を動かしていると乳房と長いネクタイが揺れて、綺麗に化粧された淫裂が覗いていく。
(性器を見られている…)客の目が淫裂を突き刺すように見ているのがわかる。
それでも良子はレッスンで習ったように足も高く上げているが「どこかで見た顔だな…」サングラスを掛けた男が見つめている。

 やがて音楽が収まりい、良子は客の接待を始めたが「いいね。整形かい?」乳房が掴まれた。
「生です、整形はしていません…」乳房を掴んだ手を退けたが淫裂も触られた。
「ダメ、指はイヤ。大事な部分だから、入れないで下さい」
「触るだけならいいだろう?」指が肉襞も撫でていく。

 「そんな事されたら、声が出ちゃいます」笑いながら相手していると、サングラスを掛けた男に乳房を握られた。
「痛いわ。そんな乱暴にされると」手を押さえると「これくらい、いいじゃないかよ。乳がダメなら、ここはいいのか?」今度は淫裂を触っている。

 「入れないで。指を入れないで!」それでも男は淫裂から指を離さない。
それには「やめて、お願いよ!」手を掴んで退けさせた。
「わかったよ。それにしても、気の強いストリッパーだな」苦笑いしている。
(ふん、何がストリッパーよ。こっちは捜査でこんな姿をしているだけよ)その場から離れて別な男と話を始めた。

 それから数日が過ぎ、良子は岡崎夫婦と一緒に車で屋敷を出た。
車は都内を走り抜け、那須の山岳地帯を走っていると、大きな建物が見えてきた。
良子は(もしかして、ここがアジトでは?)緊張するが平然を装っている。

 建物は塀で囲まれ、外からは見えにくくなっている。
車は唯一の出入り口から入って、停まった。
「着いたわよ」3人は車から降りて建物の中に入ると、見慣れない男達が数人いて「お待ちしていました。白石さんもお待ちです」声を掛けられる。

「案内してくれ」男の後ろを歩いて行くと金属製のドアが開かれた。
(間違いない、ここがアジトだ。きっとこの中に女性がいるんだ…)良子の直感が働き、3人は後を追って中に入ると見た事のない男がいた。

 「白石さん、お待たせしました」岡崎が挨拶すると(白石か、聞いた事のない名前だわ。この人が黒幕かしら?)ジッと見つめる。
「そんな肩ぐるしい挨拶はいいです。それよりも本題ですが…」白石が言い終わらない内に「お久しぶりですね、糸川刑事!」背後から声がした。

 その声に振り返ると(そんな。どうしてあなたがここにいるのよ!)顔が真っ青になり、全身が震えだした。
「鈴木さん、良子は刑事だったんですか?」奈美は信じられないと言った顔で「そうです。忘れたくとも忘れられない人ですから。刑事さんのおかげで、加藤組は解散させられ、この有様ですよ」良子の頬を撫でた。

 「ち、違います。私は刑事なんかでありません。OLです!」ここで認める訳にはいかない。
「何も嘘を言わなくてもいいですよ。殺すような事はしませんから」
「本当です。私は刑事じゃありません!」
「そこまで言うなら、これは何かな?」良子の婦警姿の写真だ。

 「違います、私に似ているだけです!」
「嘘はいけませんよ。ほら、ここに、黒子がありますよ」首を指さす。
「ぐ、偶然です。同じ所にあるだけです!」良子の叫びが、むなしく響いていく。
「そこまで言うなら、体に聞くしかないな。やれ!」鈴木の合図で良子が抑えられた。

 「良くも今まで騙したわね。思い知らせてやるわ!」
「奥さん、そう興奮なさらないで。それより、タップリ面白い事をしましょうよ。罪滅ぼしに!」
「そうね、今度は手加減なくやるわ。まずは素っ裸にしておやり」奈美が言うと、男達は良子の着ている服を剥ぎ取りだした。
「やめて。イヤ~!」悲鳴を上げるが、両手を押さえられているから何も出来ない。

 「いい眺めだわ。あなた、撮ってあげないと…」
「撮りたいけど、こんな暗いとうまく撮れないよ」
「心配要りません。今、点けますから」スイッチを入れると電球が灯り「これならうまく撮れるな」岡林はビデオを構えた。

 「撮らないで。ヌードはイヤ~!」屋敷にいる時は、捜査のためにと我慢していたが、今回は自分の意志に反して裸にされから悲鳴を上げている。
「いいね。刑事さんの悲鳴も最高だよ。ところで、良子はバージンだったよね?」
「そうよ、誰が最初にやるの?」

 「3人で抽選にしよう!」
「待って、私も仲間に入れて。私も裏切られた1人だし」
「奥さん、女同士でやるんですか?」
「そうよ、いけないかしら」
「奈美、我慢しろ。ここは男のチンポで撮った方が効果があるよ」
「あら、バイブで破瓜もおつなものよ。一生の負い目になるし」奈美の説得に皆も納得し、4人でくじ引きする事になった。

 「ボス。終わったら、俺たちもいいですか?」
「勿論だ。今までの憂さ晴らししていい。ただし、傷つけるなよ。叩かれるからな」
「わかっております。早く素っ裸にしようぜ」下着姿にされた良子は、パンティから脱がされた。
「イヤ、イヤ~!」足をバタバタしても足首まで下げられ、無毛の淫裂が露わにされた。

 それを見た手下が「パイパンだ、婦警がパイパンとは…」驚き顔だが「う、う、う!」嗚咽をあげている。
「散々、オ○ンコ見せて置いて、今更泣くとは情けないわよ」
「違うよ。オ○ンコを見られてうれし泣きしているんだ」
「そうかもね。人前でも裸が好きだったしね。ほら、早くオッパイも出さないと」奈美の侮辱に何も出来ず、ブラジャーも外されていく。

 「いいね、こんな立派なオッパイだったら、ソープでもやっていけるぞ!」手下も露わになった乳房を撫でるが「イヤ、触らないで、イヤ~!」悲鳴しか上げられない。
「あなた、充分撮ったでしょう。早く抽選をしないと」
「わかっている。白石さん、やりましょうよ」奈美を含めた4人でクジ引きが行われた。

 「やった、1番くじだ!」声を上げたのは鈴木で「刑事さんよ、これも何かの縁だよな。あんたに叩かれた俺が、初めての男になるんだからな」笑顔で脱いでいく。
「鈴木さん、私も撮りますがいいですか?」白石もビデオを構えた。
「その方がいいでしょう。でも楽しめるし」鈴木が服を脱ぎ出すと、良子は万歳する格好で両手を縛られ、更に、足も開かされ淫裂が口を開いている。

 「良子、自分のオ○ンコを見て御覧よ」奈美はコンパクトを股間に当てて見させたが「イヤ。見たくもない!」顔を背ける。
「奥さん、そんな小さいのではダメですよ。これでないと」白石はビデオをテレビと繋いでいく。
「凄いわね。アップも出来て…。興奮してきたわ」
「奥さんもやるんだったら、ヌードですからね」

 「わかっているわ、見られるくらいは平気よ。それより、早くチンポでしてあげないと」
「今やりますよ」服を脱ぎ終えた鈴木は背中に抱きつき乳房から揉み出す。
「入れないで。お願いですから、入れないで…」何も出来ない良子は首を振るだけだ。
「そうは行きませんよ、今までの事をオ○ンコで償って貰わないとね」肉竿を掴んで、開いた淫裂に押し込んだ。

 「う、う~!」狭い膣が広げられて、痛みで呻き声を上げ、涙が流れ出ている。
「それくらいでどうするのよ。もっと奥まで入るのよ」その通りで、肉竿がなおも入り込んで来た。
「やめて。もう入れないで~!」体を震わせている。
「バージンだ。処女膜にチンポが当たっている。行くぞ!」肉竿が更に押し込まれ「ギャ~!」悲鳴と共に淫裂から鮮血が落ちていく。

 (バージンが、バージンが…)破瓜した淫裂に容赦なく肉竿でピストンされていく。
「良かったわね。これで女になれたわよ」
「そうだな、このビデオがある限りこっちの言うがままだしね」犯されている良子を笑顔で見ていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター