fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第12話 生け贄

第12話 生け贄

 杉下と貴子は腕を組み、夫婦を装いながら入ると「会員証を!」覗き窓から言われる。
杉下がポケットから取りだし、何やら見せるとドアが開けられ、2人が中に入るとまた鍵が掛けられた。
(厳重だわ、一体なんだというのよ)周りを気にしながら歩いていくとリングがある。

 (何のためにリングがあるのよ…)疑問で見ていると「いいか、ここで面白いをやるんだ!」なれなれしく肩を抱いた。
(やめてよ、レイプしたくせに…)避けたいが、されるがままにしていと「お~!」声があがった。
「貴子、いよいよ始まるぞ」杉下が喋ると同時に、リングに2人の女性が上がった。

 (あの子だわ。捜している子だ…)捜査本部で捜査している人物がリングの上にいる。
しかも、2人は生まれたままの姿で、乳房と無毛の淫裂を晒している。
唖然と貴子が見ていると「カーン!」ゴングが鳴らされ、2人が組み合う。
「レスリングだわ…」呟くように言うと「そうだ。ただし、何でもありのレスリングだ」杉下の言葉通りで、足で蹴ったり、殴り合ったりしていく。

 やがて、足蹴りが股間に当たり、苦しいのかマットにうずくまった。
それでも容赦なく背中に蹴りを入れていく。
足を上げてけるたびに淫裂が口を開くが、恥ずかしがる様子は全くない。
(こんな事って許されるのかしら?)怯えてなおも見守ると、顔面にもパンチを入れ、血が噴き出した。

 「もうすぐ決まるぞ」杉下が呟くと、その言葉通りに仰向けに倒れて動かない。
「貴子、見ろよ。ションベン漏らしたぞ!」倒れた女性の淫裂から液体が噴いて、歓声が上がっていく。
その歓声を沈めるかの用に「カーン、カーン!」ゴングが連打された。
そのゴングに歓声も治まり、女性が降ろされ、変わって別な2人が立ったが、やはり、生まれたままの姿だった。
(この子もそうだわ。どうしてここにいるのよ…)疑問が疑問を呼んでいくが「カーン!」ゴングの音と共に戦いだした。

 こうして、3組の女性が戦い終えると静けさが戻った。
その静けさに不安を感じ「ねえ、これで終わりなの?」杉下に尋ねた。
「気になるなら、見に行くか?」
「見たいわ、どうなったのかを…」失踪した女性だから当然だ。
「わかった。その代わり、もう一回オ○ンコやらせてくれよ」

 「イヤよ。セックスなんていやよ…」
「イヤなら、教えないぞ」
「わかった、軽くよ。それに、お腹に出さないと誓って!」
「誓うよ、オ○ンコできるなら」貴子がセックスを承知すると、2人は別な部屋に入るり、声を上げる寸前だった。

 先ほど負けた女性が両手、両足を縛られ大の字になっている。
「何が始まるの?」
「負けたバツとしてダーツだ。貴子もやるんだぞ、ここまで来てやらないと怪しまれるからな」
「わかったわ、やるわよ」覚悟するとダーツが一本渡された。

 (ご免なさいね。外すようにするから)当てないつもりでいると「貴子、外したら素っ裸にされるぞ、ちゃんとやれよ」注意された。
「そんな、ヌードだなんて…」自分が大勢の前で裸にされるとあっては話が違ってくる。
(やるしかないわ、痛くないように…)ダーツを当てる事にした。 

 「それでは、始めます」司会が開始を告げると「俺はこいつだ、負けやがって!」向き合うと「次は勝ちます、お願いですから投げないで~!」悲鳴を上げた。
「そうは行かないな、オ○ンコもやらせて貰うぞ」そう言って、ダーツを投げた。
その瞬間「ギャ~!」悲鳴を上げ、全身を震わせ出した。

 ダーツが乳房に刺さって血が流れている。
(そんな、酷すぎるわ…)顔を青ざめる貴子だが「許して、セックスしますから許して下さい」詫びを入れたが「オ○ンコだ、オ○ンコに当ててやる」ダーツを投げると「ギャ~!」悲鳴が上がった。
ダーツは恥丘に刺さり、血が流れている。
「ちぇ、もう少しでオ○ンコだったのにな」苦笑いをしている。

 その後も、次々とダーツが投げられ3人の体に突き刺ささり、血まみれになっていく。
そして(やるしかないわ、裸にはなりたくないし…)貴子も放った。
「ギャ~!」太股に刺さって悲鳴を上げた。

 こうして、皆が投げ終わると女性は降ろされ、手当を受けてからテーブルに寝かされ、足を開かされた。
「セックスなの?」
「そうだ。負けると、こうされるんだ!」杉下が言う通りで、3人の淫裂に肉竿が押し込まれ「許して、許して~!」悲鳴を上げている。

 (酷いわ、酷すぎる…)目を背けたくなる光景に、貴子は杉下に抱きついたが「もういいのか。次は楽しめる場所だぞ」部屋を出て隣の部屋に入った。
その部屋はギャンブル場らしく、ルーレット台が置かれている。
「やってみるか?」
「レートが高いんでしょう?」
「まあな。こっちも不景気だから、別なのにするか」隅にあるソファーに座ると「お飲物はいかが致しましょう?」全裸の女性が現れた。

 「水割りをくれ。それから、家内があんたとレズをしたいそうだ。勿論、俺ともオ○ンコするけど」杉下が言うと少し考え「わかりました。それでしたらこちらへ」2人を案内していくが(イヤよ、レズなんて絶対イヤ。まして、3人でセックスだなんて変態のすることよ)逃れたいが無理だから一緒に付いて部屋に入った。

 「水割りをお持ちしますから、暫くお待ち下さい」女性が出て行った。
「貴子脱げよ。これから楽しまないと」
「わかったわ、軽くよ。まだ膣が痛いから優しくして」貴子が脱ぎ出すと杉下も脱いでいく。
そして、2人が全裸になると「お待たせしました」水割りを運んできた。

 「貴子、早速やれよ」杉下が催促するが、なかなか踏ん切れない。
「奥様、私がリードを…」女性が貴子の胸に顔を埋めて乳房を揉み出した。
「優しくして、優しくよ…」貴子が言うが、慣れた手つきで乳房を揉み、淫裂へと伸びる。
(何よ、この感触。レズってこんなに気持ちいいんだ…)生まれて初めて味わう感触だ。

 「私にも…して、あそこにも…」体が入れ替わり、貴子が淫裂撫でだすと「貴子、我慢できないよ」背中から杉下が抱きつき淫裂に肉竿が入れられた。
すかさず「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げ出すと唇を吸われる。
(変態よ。こんな事変態がすることよ…)頭ではそう思うが、貴子も吸い返した。
それに、もう淫裂のなかがヌルヌルになっていて(昨日は痛かったけど、今日は気持ちいい…)杉下の肉竿に満足している。

 やがて、肉竿が登り切ったのか「でる、でる!」声を上げた。
「ダメ、お腹はイヤ。出さないで!」その声に抜いた肉竿を女性の口に入れた。
「う~!」全てを出し切るように身震いするが、拒もうとはせず放出を待ち、出し終わると「ゴクン!」と飲み干し「お拭きします」汚れた肉竿をタオルで拭き取る。

 「楽しかったぞ、もう少し休ませてくれ」
「わかりました」女性は出ていき、2人きりになった。
「貴子、気持ちよかっただろう?」
「良くない。レズだなんて良くない…」
「嘘言うな。オ○ンコが濡れたじゃないか。それより飲めよ」貴子も一口飲んで「ところで、ここは…」聞こうとすると口が塞がれた。
(そうだった。ここでは詮索しない方がいいわ)夫婦を装い、また飲みだし30分ほど休んでから服を着て出た。

 建物から出ると、2人は一緒に歩いていくが(どうして私を連れて行ったのかしら?)杉下の行動が気になっている。
それを悟ったのか「知りたいか、連れて行った訳を?」と尋ねた。
「勿論よ、知りたいわ」
「あんたに潜り込んで欲しいからだよ。相手は中国マフィアで、大物政治家と絡んでいるようだ。潰して貰わないと、こっちが危なくてな」

 「それで、私を連れて行ったんだ…」
「それだけじゃないぞ。あんたと一緒に暮らしたくてね。オ○ンコが一番良かったし」
「馬鹿にしないで。散々レイプしておきながら、何が一緒に暮らしたいよ!」
「そう怒るな。これを報告したら手柄になるぞ」

 「その通りかも。でも、レイプされたビデオはどうなるのよ」
「俺が預かるよ。あんたに虐められないようにするために。それに、これからもオ○ンコしたいしな」
「勝手にしなさいよ。私はもう相手はしないからね」機嫌悪くアパートに戻った。

 貴子は戻るとすぐに若林と連絡を取っていく。
「はい、そうです。確かにいました…」
「相手ですか、杉下泰三と名乗っています…」
「はい、わかりました。そうします…」指示を聞くと電話を切ったが、散々犯された事は報告しなかった。

 一方、杉下も鈴木と会っていた。
「うまくいきました。何とかなりそうです」
「そうなればいいがな。うまく、奴らに目を向けさせないとな」
「そうですよ、その間にタップリ稼がないと」

 「そう言う事だ。それより、別な刑事とやったか?」
「まだですが…」
「やってみないか。いい女だぞ、最近まで処女だったんだ」
「やりたいのはやまやまですが、やったばかりでして…」
「そうか、残念だな。とにかく、見るだけ見ておけ」2人は特別会員室に入ると、良子が3人の男に抱かれていた。

 「許して。もう膣が痛くて無理です…」
「まだ時間があるんだ。やらせろよ!」嫌がるが四つん這いにされ、後ろから挿入されていく。
「あ、あ、あ~!」首を振り喘ぐ声を上げると、別な男に乳房を掴まれ「乳もいいじゃないか。素人はこれだからいいんだよ」満足そうに揉んでいる。

 「お気に召しましたか?」鈴木が声を掛けると「ああ、最高だよ、これなら安いよ」満足そうに応えると、2人は部屋から出た。
「上玉がいると、もっと稼げるのにな…」
「でも、程々がベターです。余り派手にやると、警察が…」
「そうだな。前の失敗は繰り返したくないし」2人はこれからの事を話し合った。

 翌日、良子が署に出向くと若林から呼び出され、捜査本部に出向いた。
「糸川君、休養はこれで終わりだ。これからは捜査に加わって貰う!」
「わかりました、全力を尽くします」
「早速だが、陣内君が思わぬ手がかりを掴んでね。それで2人一緒に潜り込んで貰うよ」

 「それでしたら、私1人で出来ます」
「イヤ、そうは行かない。相手はただ者じゃないぞ。人殺しも簡単にやる相手だ。一緒にやってくれ」
「わかりました、相手は誰ですか?」
「陣内君だ。君より先輩だが、修羅場をくぐっているから頼りになるよ」若林は貴子を紹介した。

 「陣内です、これからはよろしくお願いします」
「糸川です、こちらこそお願いします」2人は握手をするが目と目で火花を散らし合っている。
(ふん、この若造が…)(何よ、年寄りのくせに…)口にこそ出さないが火花が燃えたぎっている。
そんな2人に、若林が説明をし、それを聞いている2人だが心中穏やかでない。
(イヤよ、どうしてこんな人と一緒よ)顔を見合わせている。

 だが、若林の命令と会っては従うしかなく「これから、会うから来てくれ!」2人は若林に連れられて捜査本部を出て行く。
本部を出た若林は、人目をはばかるようにしながら静まりかえった建物に入り、2人も後を追うように入っていくと驚き顔になっていく。

 (なんでよ。どうして、あんたがいるのよ…)2人とも同じ事を喋る寸前だ。
若林が会おうとしたのは、鈴木と、杉下だからだ。
「警視、久しぶりですね」
「挨拶はいい。この2人を送り込んでくれ」

 「それはかまいませんが、責任は持ちませんよ。相手は、情け容赦ない相手ですからね」
「わかっている、2人もその覚悟だ」
「そこまでおっしゃるならかまいません。ですが、こっちの頼みも聞いて貰えませんと…」
「わかっている。好きにしていいぞ」若林の言葉に鈴木と杉下の目が輝いた。

 「本部長、好きにしていいってどういう事ですか?」貴子と良子も不安そうに尋ねたが「抱かれろ。その後は2人に従え!」それだけ言うと外に出ていく。
「待って、本部長!」後を追うとしたが「聞いただろう、まずは素っ裸になって貰うぞ!」行く手を塞いで襲いかかった。

 「イヤよ、イヤ~!」悲鳴を上げるが外には聞こえない。
「おとなしくやらせろ!」2人は乱暴に服を剥ぎ取りだし「やめて、お願いです!」抵抗しても力負けし、ブラジャーからは乳房が飛び出している。
それでも、抵抗するが次々と服を脱がされ全裸にされた。

 「やめて、レイプはイヤ!」手で淫裂を隠すが、燃えたぎる2人は容赦なく淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「イヤ~!」痛みに悲鳴を上げたが、入った肉竿はピストンを始めて「う、う、う!」2人は嗚咽を上げるだけだ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター