赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第14話 依子との再会  

 美沙は高杉が帰宅すると「今度の週末に、依子さんが来るの」と告げる。

「依子って、あの生意気な技官か?」

「生意気かどうかはわからないけど、その依子さんが来るのよ」

「わかった、丁寧に挨拶しないとな」

「それから、あの空気も見たいそうよ」

「お前、話したのか?」

「当然よ、私が変態か、空気のせいか、確かめて貰わないと」

「まだこだわっているのか、そんなくだらないのに」

「くだらないとは何よ、私は絶対に変態じゃないからね」

「そんなのわかっているよ。それより今夜もいいだろう?」

「痛かったらダメよ。昨日も痛かったし」そして、夜になって2人は抱き合った。

「美沙、痛いか?」

「痛くはないけど、濡れないの」

「昨日よりは大部いい感じだぞ」

「私、不感症じゃないわよね?」

「そんな事ないよ。今までだって、普通にやってたし」慰めながらピストンを続けた。

 

 そして、週末になると、依子が訪ねてきた。

「お久しぶりですね」高杉が声をけると「本当ですね」返事をするが、顔が強ばっている。

(相変わらずだな、こんな奴ならオ○ンコで懲らしめないと)高杉は顔を見ながら思ったが(セ

ックスをしたがってる、もうその手は食わないからね)依子も警戒はしている。

「美沙さん、早速だけど、例の話を聞かせて」

「あなた、あれを出して」

「そうは行かないな、俺がやっと探し出したんだから」

「わかったわよ、あなたが説明しなさいよ」美沙もイラだっている。

高杉は例のガラス瓶を取りだし「これがある限り、夫婦の間が壊れる事はないんだ」

「夫婦が壊れないですって?」依子は興味ありげな顔になった。

「そうです、これは女性の本能を晒し出す新型ウィルスですから」

「女性の本能をさらけ出すってどういう事なの?」

「早い話が、セックスしたがる新型ウィルスです」

依子は「そんなバカ言わないで。お腹痛い!」笑いながら腹を押さえた。

「仕方ない、美沙で試します」蓋を開けると美沙の鼻先で振った。

「私にしないで、もうあんなのイヤよ」振り払ったが「そんな…また欲しくなってきた…」美沙

の目が潤み、口をパクパクさせてきた。

 

 「依子さん、美沙が効いてきましたよ」それは依子にもわかる。

「あなたセックスして。我慢できない…」

「だったら脱げよ、ここでやるから」

「人前ではイヤ、2人きりでしましょう」

「ダメだ、ここで脱げ、依子さんに素っ裸を見せろ」

「脱いだらしてくれるよね?」

「勿論だ、だから脱げ」美沙は催眠術に掛かったかのように、依子の前で次々と脱ぎ、全裸にな

った。

「よし、その前にオ○ンコの毛を剃ってこい!」

「後で剃るするから、セックスして」

「ダメだ、剃ってこないとオ○ンコしない」

「剃ってくる、だからあなたも早く脱いで」美沙は全裸のまま浴室に入っていく。

そして、戻ってきた時には股間の絨毛が綺麗に取り除かれ淫裂が剥き出しになっており、淫汁が

流れている。

「これでいいでしょう、早くセックスを…」

「わかった、やってやるから、ここに乗れ」下半身剥き出しにすると、依子と向き合うように座

り、美沙を膝に乗せた。

              座位

「依子さんに見えるようにやらないと」

「恥ずかしいわ、これじゃなくて別なので」

「ダメだ。依子さんと向き合ってやるんだ」美沙も依子と向き合い、腰を沈めた。

「いいわ、凄くいい!」淫裂に肉竿が吸い込まれ、淫汁も多くなっている。

(凄いわ、恥ずかしがらずにセックスしてる…)目を丸くして見ている。 

 

 「美沙、依子さんにお願いしないとダメだろう?」

「意地悪言わないで、早く出して」

「ダメだ、見て貰うように頼め」

「依子さん、セックスしてますから見て下さい…」腰を振りながら言う。

「そんな…美沙さんがそんな事を言うなんて…」信じられないと言った顔だ。

「依子さん、見えますか、私のオ○ンコにチンポが入ってるのが」

「見える、それにグッショリ濡れているのも」

「気持ちいいの、凄くいいのよ…」依子の前にもかかわらず、腰を振り続けた。

「あなた、早く出して。これ以上したら声が出ちゃう…」

「出してもいいよ、恥ずかしい事ではないから」そう言うが、高杉の方が先に行った。

「暖かい、あなたのエキスが温かい…」

「射精した!」淫裂から流れる精液に声をあげた。

「美沙、出したよ」

「わかる…」返事したが次第に意識が戻り「イヤよ、こんなのイヤ!」声をあげて泣き出した。

 

 「美沙さん、あなたのせいではないの。とにかく洗わないと」

「そうね。まだ二人目は早いし」浴室に向かい、依子と高杉が残された。

「わかったでしょう、この効果が」

「わかったわ。それで、私のヌードを撮ったんでしょう」

「そうだよ、でも楽しかったな。依子さんが俺に『オ○ンコして』って言ったんだから」

「それは、誰にも言わないで。私には夫がいるの」

「わかっているよ、もうそんな事しないよ」

「それなら安心だわ。でも、高杉さんがこんな研究している何てね」

「これは極秘だよ。漏れたら困るし」

「わかってる。でも、これを利用できたらいいんだけどな」

「利用ですか?」

「そう、今子供を産まない夫婦が多いでしょう、だからこれで無理矢理作らせるのよ」

「そんなにうまく行くかな」

「そうだよね、そんなうまい話はないよね」2人が話していると美沙が戻ってきた。

「酷いわ、私に恥を掻かせて」

「美沙さんのせいではないわ。私が見てたし。それにしてもヘアを剃っても何ともないの?」

「恥ずかしいわよ、こんな性器じゃ医者にもみせられないし」

「そうよね、副作用はないの?」

「それがあるんだ。3日間はセックスができないみたいなんだ」

「そう、3日間ね」

「そうなの、やると痛いだけなの。普通の痛いのとは違うの。全然濡れないし、感じないの」

「そうなんだ、これにそんな副作用があるなんて」依子はガラス瓶を逆さにして覗いた。

「ダメ、依子さん!」「遅いよ、もう遅い!」慌てる高杉と美沙だが、依子の目が潤んでいく。

「効いてきた。俺のせいじゃないよ」

「ダメ、あなたのせいよ。どうする気よ、旦那さんもいるのよ」

「そんな事言っても、やるしかないよ。射精するまで治まらないんだから」慌てる2人を後目に

「欲しい…。セックスしたい」譫言のように言い出した。 

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/129-17787c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top