fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第15話 密入国者

第15話 密入国者

 それから2週間、貴子と良子は劉の屋敷で過ごしていたが「出かけるから服を着なさい!!」麗華から言われる。
「わかりました」2人は急いで服を着て、麗華と一緒に車に乗って屋敷を出た。
「どこへ行くのですか?」心配なのか貴子が尋ねると「行けばわかるわよ」麗華は行き先を教えようとはしないから、返って不安になっている。

 車は郊外に出るとスピードを上げ、工場が並んだ地帯を走り抜けて、その一つに入って停まった。
「着いたわよ」ドアから降りて見渡せば高い塀で囲まれ、粗末な建物があるだけだ。
その粗末な建物に入って行くと数人の男が1人の女性を取り囲んでいる。

 「姉御、こいつですよ。こいつが仲間を警察に売ったんです!」
「いい度胸してるわね。蛇島と知って売ったのかい?」
「そんなの知らないわ、あいつが私をレイプしたから訴えただけよ」
「ふざけるな、売女のくせに。金さえ払えばいいだろうが」

 「馬鹿にしないで。娼婦だってプライドがあるのよ、嫌いな男にやらせる訳には行かないわ!」
「おやおや、強気だこと。でも、仲間を売った罪は償って貰わないとね。暫くの間はうちで稼いで貰うわよ」
「イヤよ。あんたの手下なんかには、ならないからね」
「手下がいやなら、痛い思いをして貰うだけなの。その前に、気持ちいい事してあげる」

 麗華が合図すると取り囲んだ男が一斉に襲いかかった。
「やめて、やめて~!」強がり言っても、やはり女で、服を脱がされていくと悲鳴を上げる。
「あら、さっきの元気はどうしたのかしら。あなたの嫌いなレイプが始まるのに」

 「やめさて。謝るからやめさせて~!」
「ふざけないで。今更遅いわよ、タップリとオ○ンコでザーメンを受けなさいよ!」麗華は容赦しなかった。
「いや~!」悲鳴を上げる中、女は全裸にされ男に犯されていく。
(かわいそうよ、何もこんな事しなくていいのに…)まともに見ていられず顔を背けた。

 すると「目を逸らしちゃダメよ、よく見ておくのよ。あなた達もこうならないためにも」麗華に言われ最後まで見させられた。
女は10人によって犯され、淫裂からは白い液体が流れている。
「これで懲りたかしら。何なら、妊娠させてあげるわよ」

 「イヤ、妊娠はイヤ。膣を洗わせて!」
「人に物を頼むよ、その言い方は何よ!」麗華はハイヒールを履いたまま踏みつけた。
スカートなのでパンティが覗いたが気にする様子はない。
「あ、謝ります。ですから、私に、膣を洗わさせてください…」涙を流して土下座した。

 「いいわよ、オ○ンコを洗いたいなら。でも、もっと償って貰うからね。しかも、客の前で!」
「客の前で?」
「そうよ、男を取るよりいいでしょう。少し痛いけど。ほら洗ってきなさいよ!」麗華に言われ股間を押さえたまま建物の中に入った。

 そして、淫裂を洗い終えて、戻って来ると手下に女を連れて行かせる。
「あの人、どうなるんですか?」
「見せ物よ。プロレスかマゾのどっちかね」
「それだけですか?」
「もちろん、男に抱かれて貰うわよ。監視付きでね」それだけ聞くと2人は黙ってしまった。

 「姉御、この際だから品定めをしてはいかがで…」手下が言い出す。
「そうね、見て置いた方がいいわね、使えそうなのがいたら稼がせたいし」粗末な建物に入って、2人も後を追って入った。

 建物の中には作業員が50人程いて、小さな部品を組み立てている。
「姉御、こいつらが新入りです」指さす先には、男女6人がグループで仕事をしている。
それを見ていくと「あら、いいんじゃないの。この子は使えそうだし…」女性の肩に手を掛けたが、女性は戸惑った顔をしている。

 「あなた、名前は何て言うの?」
「椿小華です…」たどたどしい日本語に、麗華は中国語でなにやら話していく。
(密入国者だ。大がかりにやっているんだ…)意味がわからないまま聞いていると、麗華は女性の胸を撫でだす。
それには、恥ずかしいのか下を向いたが、乳房を確かめるかのように触ってから腰も触っていく。
(風俗で働かせる気だわ。間違いなく…)貴子と良子には理解できた。

 その思い通りで「この子を預からせてもらうわ」手下に言う。
「わかりました。補充しておきます。それから、返品ですが…」
「何時着くの?」
「明後日になりそうです」
「そう、明後日ね…」緊張した顔の麗華に(何かある、ただの返品じゃなさそうだわ。まさか、麻薬では…)鎖に繋がれた失踪者を思い浮かべた。
そんな2人だが「行くわよ」笑顔になった麗華は、建物を出て屋敷に戻った。

 屋敷に戻った2人は全裸にならなければならず、麗華や小華の前で服を脱ぎ出す。
「そんな…」始めて見る光景に小華は声を上げた。
「驚かないで。あなたも脱ぐのよ」麗華は笑顔で小華に言うと、恥ずかしいのか首を振っている。

 「真美、来て!」麗華が怒鳴ると「お呼びでしょうか?」革ベルトを巻き付けた真美が現れた。
「新入りなの。教えてあげて!」
「わかりました。来なさい!」小華の腕を掴んで連れて行き、その後を3人が歩いていく。

 真美を仕置き室に連れ込むと、異様な雰囲気に小華は怯えた顔に変わったが、麗華は「貴子に良子、小華を裸にして。少し痛い思いをさせてもいいからね」手を抜かない。
「わかりました…」2人が小華を抑えると「イヤ~!」危険を察したのか、悲鳴を上げ抵抗し「う!」柔道をしていた良子が投げられた。

 良子は仰向けになり、足を広げて淫裂を晒したまま驚いた顔をした。
(ただ者じゃないわ。私を投げるなんて…)それでも、言われた事はやらねばならず、強引に襲いかかったが同じだ。
「何やっているのよ。プロレスで鍛えたいの?」イラだったのか麗華が怒鳴り(やるしかないわ、貴子さん、手伝って!)今度は2人で襲いかかった。

 やはり、2人掛かりでは力負けしている。
押さえつけた2人は、服を脱がせに掛かったが、抵抗も大きくなっている。
「おとなしくしなさいよ!」業を煮やした良子は顔を叩きだした。
「いや、いや~!」手を貴子に押さえられているから、まともに叩かれていく。

 それには、抵抗もおとなしくなり、上半身が露わにされた。
「思った通りだ、スタイルもいい。お得意の接待に丁度いいわ」乳房の形と大きさに麗華は満足げだ。
そんな麗華を後目に、小華は両手を鎖で繋ぐとフックに繋いで引き上げて、爪先がやっと付いている。
「さっきはやってくれたわね。思い知って貰うわ」良子は投げられた恨みか、乳房を鷲掴みし「ヒ~!」悲鳴を上げ体を震わせていく。

 「やっぱり女ね。ここが弱いのね」勝ち誇ったように爪を食い込ませると「ヒ~!」悲鳴が大きくなった。
「良子、そこばかりじゃないでしょう。早くパイパンにするのよ」
「わかりました…」作業ズボンを引き下げていくと、水玉模様のパンティが露わになっていく。
「何よ、こんな子供じみたの履いて」ズボンを脱がすと恥丘を叩いた。
「ギャ~!」急所を叩かれては一溜まりもなく、体を震わせている。

 「思い知ったでしょう。これからはおとなしくするのよ」憂さがはれたのか、やっとパンティを引き下げた。
「イヤ~!」足をバタバタするが無駄で、絨毛に覆われた股間が露わになっていく。
なおも小華のパンティが引き下げて全裸にされると「麗華様、始めてよろしいでしょうか?」真美が聞いた。
「私にやらせて。それに、処女みたいだから、あれも…」耳打ちすると「わかりました。準備します」真美が部屋から出ていく。

 「小華。ここは要らないの、これからは自分でやってね」絨毛に石鹸液を塗っていくと「やめて、お願いだからやめて!」たどたどしい日本語だ。
「ダメ、ヘアは不潔なの。それに、オ○ンコが見えないし…」なも塗り込んで行くと、絨毛も肌にひれ伏してしまった。
麗華はそれを見て、カミソリを持ち「危ないから、動かないのよ」見せてから絨毛に当てて、動かして行くと「う、う、う!」悔しいのか嗚咽を上げている。

 「あら、泣いているんだ。いずれ、パイパンに慣れるわよ」笑いながらなおも剃り続けて淫裂を露わにしてしまった。
「ほら、終わったわよ」剃り上げると股間に鏡を当てて、無毛になった淫裂を見せた。
それには「う、う、う!」声を上げ、大粒の涙を流しているが「泣くのは早いわよ、もっといい事するから」淫裂を撫でだした。

 そこに「お持ちしました」真美がなにやら運んできた。
(玩具だわ、あれを小華の膣に入れるんだ…)自分がされているから、良子にはわかっている。
小華も異様な形に意味が飲み込めたようで「イヤ、やめて、イヤ~」声を上げた。
「これが、なんだかわかっているんだ。でも、やめないわよ」麗華も服を脱ぎだす。

 そして、生まれたままの姿になると、股間にペニスバンドを取り付けた。
「どう。これが小華のここに入るのよ」淫裂に指を入れる。
「イヤ、やめて、何でもしますから、入れないで下さい」涙の量も多くなっている。
「そうは行かないわ。いずれ、チンポでやられちゃうから、私がやるのよ」背中から抱きついて淫裂に押し込んだ。

 「ギャ~!」無理に膣が広げられ、痛みを堪えきれずに悲鳴を上げたが「痛いのはこれからよ、まだ入ったばかりなの」なおも押し込んだ。
すかさず「ギャ~!」大きな悲鳴と共に、鮮血が流れ出す。
「処女だったんだ…」良子と貴子は食い入るように見ているが麗華は腰を振っていく。

 「う、う、う!」破瓜の悔しさに泣く小華を後目に、血で汚れたペニスがピストンしている。
(かわいそうに。私と同じ事をされた…)奈美にされた事を思い出している。
麗華は乳房も掴み、揉みながら腰を振り出したが「う、う、う!」抵抗できない小華は泣くだけだ。

 やがて、麗華も満足したのか、動きを停めてペニスを抜いた。
「もういいわよ」ベルトを外し、それと同時にフックも下げられ小華も降ろされる。
「小華、わかったでしょう。私に逆らったら、もっと酷い目に遭わせるわよ」仰向けになったままの小華に、足を乗せ乳房を踏んだ。

 「ギャ~!」悲鳴を上げが「返事はどうしたのよ?」足を動かし、乳房を更に踏んでいく。
「逆らいません…。言う事を聞きます…」詰まりながらやっと言った。
「それなら許してあげる。真美、風呂に連れてって!」小華は両手を繋がれたまま浴室に連れて行かれた。

 「良子、さっきのざまは何よ。投げ飛ばされるなんてだらしないわ」
「お、お許し下さい、小娘と思って気を許していました」
「そのようね。明後日は、お仕置きとして、お客を取って貰うわ」
「そ、それだけはお許し下さい。麗華様!」

 「イヤなら、商売させるわよ。それとも格闘がいいかな?」
「我慢します…。ですから、どちらもお許し下さい…」土下座していく。
「そこまでするなら、明後日だけで許してあげる。それに、今夜は夫に抱かれて貰うからね。私が相手の日だけど、その気になれないし」
「わかりました、今夜も抱かれます…」泣きたいが堪えて承知すると「頼んだわよ、良子」機嫌良く服を着ていく麗華だ。

 それから2日後、屋敷に2人の中国人が現れ、良子や貴子は全裸で接待をやらされている。
勿論、小華も全裸で手伝わされていた。
2人は麗華や賢民と商談を話している。

 「返品が届きましたか?」
「はい、確かに受け取りました。損害として約束通りお支払いしますよ」
「それはいい事です。これからもよろしく頼みますよ」意味ありげな事を言いながら商談を行い「よろしければ、今夜はお泊まり下さい」良子と小華を紹介する。

 「それでは、お言葉に甘えまして、私はこちらを!」2人の相手が決まり、お客と一緒に部屋に向かった。
部屋に入るなり、良子は乱暴に扱われ肉竿の洗礼を受けた。
(イヤよ、これじゃ、売春とおなじよ…)閉じた目からは涙を流している。
同じように小華も肉竿で突かれ「ヒ~!」悲鳴を上げ続けた。

 客に抱かれた良子は淫裂の中が体液で汚れていた。
「洗わないと。飲んではいるけど、このまま汚れたのはイヤだし…」眠っている客を残して浴室へと向かった。
「あら、小華がいるわ」浴室に入ると小華が泣きながら淫裂を洗っていた。

 「小華、大丈夫なの?」気になったのか声を掛けると「痛いの。ここが痛い…」乱暴に扱われたのか膣が痛いようだ。
「これならすぐに直るわ、我慢して」良子も汚された淫裂を洗い出した。

 すると、小華が寄り添い「良子さん、捜査は進んでいるの?」小さな声で聞いた。
「あ、なたは一体…」驚きのあまりそれだけしか言えない。
「知っています。若林さんから聞きましたから」また小さな声だ。

 「仲間ね、同じ仲間なんだ…」
「そうです。でも、レイプされた上、お客も取らされるなんて、絶対に言えない…」それだけ言うと声を上げて泣き出した。
「私だってそうよ。散々レイプされ、客を取らされたのよ」良子は堪えきれず泣き出した。

 2人が誰もいない浴室で泣いていると、泣き声が外まで響いていく。
「思い知ったようね。これでやりやすくなったわ 」麗華は笑顔で浴室の前を通り過ぎた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター