fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第20話 新商売

第20話 新商売

 辱めはこれだけで済まなかった。
「最後は私よ、場所を変えましょう」主人と一緒に別な部屋へと移動するが、2人は入るなり「イヤです。痛いのはイヤです!」声を上げた。

 「イヤでもやって貰うわ。傷は付けないからいいでしょう、悦子さん!」
「傷さえ付けなければ、かまいません」
「聞いたでしょう。ほら、手を出すのよ」言われるまま両手を出すと、ロープで縛られ「ここは、お仕置き室なのよ」ボタンを押すとロープが引き上げられていく。

 それに怯えて「やめて、痛いのはイヤです!」叫ぶが聞き入れる様子はなく、2人の足が浮き上がる寸前でボタンから指が離れた。
「そんなに怖がらなくていいわよ。殺すような事はしないから」笑いながら、良子の乳房の上下に細い紐を巻き付けた。

 その後、両脇で上下の紐を縛り、乳房の根本から絞り上げると「ヒ~!」悲鳴を上げた。
「まだまだよ。ここにも」真ん中も縛り、両乳房が変形している。
「あなたにもやるわね」良子を縛り上げると、貴子も同じように縛って「イヤ~!」悲鳴を上げても、何も出来ないから乳房が哀れな形にされた。

 2人を縛り上げると写真に撮りだすが「あら、始まっているのね」先程の女性が入ってきて「そうよ、これがいいのよね」苦しそうな顔を撮っていると「ねえ、私にも手伝わせて!」見ていた1人が申し出た。

 「いいわよ。それだったら…」良子の太股にロープを巻き付け、引き上げた。
「やめて下さい。丸見えになっています!」
「それがいいのよ。オ○ンコを撮るんだから」平気な顔をして言い、淫裂が丸出しになった所で止めた。

 「悦子さん。ヘアを半分だけ剃らせて!」
「半分だけなの?」
「そう。そのほうが面白いし」
「いいわよ、剃っても」悦子が承知すると「わかったわ、私が剃るのね?」「そうよ、それを撮るの。でも、片側半分だけよ。片方はそっくり残すの」良子の生えそろったばかりの絨毛は消され出した。

 しかし、右側だけ剃り落とされているから、卑猥さが際だっている。
「イヤらしいオ○ンコよ。全部剃った方が綺麗に見えるのに…」
「この方がいいのよ。面白いし」剃っていく様子も撮られ、程なくして、淫裂の右半分が剥き出しにされた。

 「見て。あなたのオ○ンコよ!」鏡で見せた。
「イヤ、剃るなら全部にして下さい。こんなのイヤです!」
「イヤでも我慢して。終わったら自由にしていいから」主人が撮りだすと「う、う、う!」嗚咽を上げていく。

 それを見て「こっちは、私にやらせて!」また1人が申し出た。
「いいわよ。こっちは左半分ね」貴子も太股にロープが巻き付けられ、引き上げれていく。
「イヤ、剃らないで。イヤです!」叫んでも「ダメよ、あなたもやるの」聞き入れようとはせず、カミソリが当てられた。

 こうして、2人は淫裂の半分を剥き出しにされ、残り半分はそのままにされた。
「面白いわね、こうやるのも」
「そうよね、上下を剃るにはあるけど、左右で分けるのは初めてだわ」撮られるのを笑いながら見ていた。

 絨毛を剃り終えると太股が解かれた。
(やっと終わった…)そう思ったが、両手も一旦解くと後ろ手に縛り直し、隅に置かれた台車を押してきた。
その台車には、三角形の尖った角材が乗っていて、見るなり「イヤ、お尻が切れます!」悲鳴を上げる。

 「切れないわよ。オ○ンコに食い込むだけよ」2人の足下まで押して跨らせる。
「いや、いやです!」
「まだ始まっていないわ。これから始まるのよ」台車のペダルを踏むと、角材が浮き上がり、2人の足も浮いて「やめて…ギャー!」尖った部分が淫裂に食い込んでいく。

 「降ろして。お願いです、降ろして下さい!」手も使えず、痛みが襲っていく。
「これくらいで、いいわね」ペダルから足を降ろして撮りだすが「降ろして…」淫裂の痛みは半端でないらしく、涙まで流している。

 「いいわよ、その顔が!」サドの気があるのか、苦しむ姿を撮りまくってから「だらしないわね、これくらいで泣くなんて」呟きながら降ろし、両手、乳房と全部解いた。

 だが、終わりではなく、今度は鎖で繋がれた。
首にも巻き付けられ、引き上げられたが、さすがに苦しくて、目を閉じ、爪先で立っている。
「そうよ、それでいいの!」苦しむ様子を撮っていく。

 それには「奥さん、これまでにしましょう、大部撮りましたし…」あの悦子がやめさせようと声を掛けた。
「そうね、これくらいでいいか。後は普通でね」やっと鎖から解放された。

 しかし、2人の股間には卑猥にされた絨毛がある。
(恥ずかしい、こんなのない方がいい…)両手で押さえたまま歩いて元の部屋に戻った。
「お待たせ。これからは奈美さんもいいわよ」
「ありがとう。小華も一緒に撮ろうよ」
「そうね、3人のほうが面白いわね、ほら、ここに並んで!」言われるまま並ぶが、良子と貴子は両手で股間を押さえて離そうとはしない。

 「ほら、手を退けて。それじゃ、ヌードにならないわよ」
「でも、ヘアが…」
「いいから退けるのよ!」怒鳴り声が上がり、渋々手を退けると「あ、はははは!」何も知らない奈美が笑い出した。

 「笑わないで。好きでやったんじゃありません…」泣き声になっている。
「でも、面白くて。こんなヘアは始めてよ」笑いを堪えながらスイッチを押しているが「う、う、う!」と泣き出した。

 「泣かないのよ。そのヘアがイヤなら全部剃りなさいよ」
「はい、剃ります」2人は皆の見ている前で剃りだした。
「いいわね、それも」カメラのスイッチが押されるが(何も撮らなくていいのに…)黙って剃り続け、少女のような淫裂になると「終わったわね、撮るから準備して」撮影がまた始まった。

 撮影は1時間程で終わった。
「服を着てもいいわよ」3人は急いで服を着だし「良子に貴子。良くやったから飲ませてやるわよ」機嫌良く悦子が言い(断ったら、何されるかわからないし…)渋々、付いていく事にした。

 車に乗って町に向かうと、薄暗くなっておりネオンも点滅している。
「ここよ、ここがいいわね」店の前で停まり、3人は車から降りて中に入ると、すでに客がいた。
その客の隣には、ホステスが寄り添うように座っている。

 暫く、話をしていると、そこに女性が現れ「あ、あの人は!」見覚えのある顔に声を上げた。
その声に「お久しぶりね。おかげで、刑務所送りになったわ。今は仮出所だけど」笑いながら話しかけてきた。

 「沙羅さん、どうしてここに?」
「あそこが潰れたからよ。こっちだって、生活がかかっているしね」
「そうなの。是非、沙羅さんの力が欲しくてね…」悦子が説明していく。

 それを黙って聞いているが(同じだ、蛇島と同じ事をする気だわ。一体何のための捜査だったのよ…)怒りが込み上げてきた。
説明が済むと2人はヤケを起こしたように飲んでいると、店内が客で溢れ返ってくる。

 「行こう。これから面白いのがあるから」悦子と一緒に2階に上がると、店内の中央に小さなリングがある。
「ま、まさか、殴り合いをさせる気なの?」良子が声を上げると「そんな暴力はしないわよ。とにかく見てなさい」言われるまま見ていると、リングに女性が上がり、それと向き合うように客の男性も上がっていく。

 二人が上がると、ゴングが鳴らされ組み合った。
だが、女はあっという間に押し倒され、着ていたコスチュームが脱がされていく。
「やめてよ~!」悲鳴を上げるが、なおも引き下げられて胸が露わにされ、客も満足なのか歓声を上げている。

 戦っている男はなおも引き下げて、足首から脱がして女性を全裸にした。
女性は手で股間を押さえ悲鳴を上げるだけだ。
「手の込んだストリップじゃないの?」
「そうかしら。これからよ」その言葉通りで、男は全裸にした女性に乗ってズボンを引き下げた。
「まさか、セックスを…」
「そうよ、その通り」悦子は得意顔だ。

 2人が思った通り、ズボンを引き下げた客は、女を四つん這いにして腰を押しつけていく。
「いや、いや~!」悲鳴を上げても、誰も助けようとはしない。
良子は心配になって「いいんですか、このままで?」悦子に聞くと「いいのよ。お金を貰ってやっているの。対戦料は2万よ」

 「それじゃ、手のこんだ売春よ!」
「違うわ、客が勝手にやっているだけよ。いい、もう一度、そんな言い方したら、お仕置きだからね」2人には返す言葉がない。

 その間にも「やめて、イヤ~!」本心から叫んでいるのかわからないが、客は歓声を上げ喜んでおり、やがて、男は動きを停めた。
「イヤ、出さないで~!」悲鳴が大きくなり、肉竿が抜かれると白い液体が流れ出て「う、う、う!」本気で泣いている。
「平気なんですか、出されても?」
「飲んでいるわよ。そうでなかったら、やらせないわよ」ニヤニヤして見ていた。

 暫くすると、相手が入れ替わった。
ゴングが鳴らされ、対戦するが男性客は酔っていても強く「やめて~!」悲鳴を上げながらコスチュームが脱がされ全裸にされた。

 「焼き印よ、焼き印がある!」全裸にされた女性にも、奴を丸で囲んだ印が押されていた。
「気づいたでしょう、蛇島の手先よ。今度、内の下で働く事になったの」
「それじゃ、乗っ取った訳ですか?」
「そんな、人聞き悪い事は言わないで。買収よ、買収!」

 「凄いわね、あの蛇島がよく売ったわね…」
「そこはお金よ。それに、権力かな」
(ワイロだわ。政治が絡んでいる)それは明らかだが、今の2人にはどうする事も出来ず、黙ったままで、その間にも、次々と対戦相手が変わっていく。

 「どう、あなた達もやってみる?」
「イヤです。やる気もしません!」
「そうよね。あなた達には別な事をやって貰いたいし…」ニヤリと笑い3人は一回の店内に戻った。

 一階に戻ると、ショータイムが始まり、けたたましい音楽が鳴る中、ホステス達は制服を脱ぎだした。
ワンピースのボタンを外し、肩から下げていくと、下着は着ておらず乳房が露わになる。
それでも、下げると無毛の淫裂も露わになり、その淫裂の上には金色のリングが取り付けられていた。

 「そんな、性器ピアスだなんて!」驚く2人だが、全裸になったホステスは、向かい合うように立ってリング同士が紐で結ばれていく。
「まさか、綱引きでは?」黙ってみていると、尻が叩かれ後ずさりを始めた。
「ヒ~!」「痛い~!」悲鳴を上げながら堪えていると、淫裂が変形していく。

 それでも、尻にムチが当てられて引き合った。
当然、淫裂も限界まで伸びきっているから血が滲んでいる。
「もうダメ、許して!」痛みが堪えきれずに前に出ると「お仕置きです。お願いします」沙羅の声に客が手を挙げた。

 「はい。あなたにお願いします」ムチが渡された。
「打たないで。お願いです!」
「そうは行くか、尻を出せ!」渋々四つん這いになると「行くぞ!」ムチが尻をたたき出し「ピシー、ピシー!」打たれるたびに赤い筋ができ「ギャ~!」悲鳴も上がっていく。

 ムチで10回打たれると「お礼です!」打たれた女性が、打った男の手を胸に導く。
「そんな、打った男にするなんて…」呆然と見ている中、両手で乳房を揉み、乳首も吸うがホステスはされるがままにしている。
それが済むと、別なホステスが向き合い、淫裂のリングが繋がれ引き合いが始まった。

 「どう、前とは違っておとなしくなったでしょう?」
「でも、性器にピアスなんて…」
「焼き印やダーツよりいいわよ。外せば、いずれは塞がるし」
「それは、そうですが…」返す言葉もなく、水割りを飲も続けた。

 それから半月後、女性だけのクラブが営業を始めた。
クラブと言っても、酒場もあればエステや浴室もあり、個室もあるから暇な女性には丁度良かった。
そんな女性が押し掛ける中、良子と貴子は勤務が終わると酒場に出て相手をさせられている。

 客は巧みに話しかけ、個室に連れ込むと抱きついてくる。
「わかっているでしょう。して欲しいの」
「心得ております」唇を重ねると全裸になって抱き合い、客の淫裂に樹脂のペニスを押し込み「いいわ。もっと激しくして…」飢えた客の相手をしていた。

 悦子が考えたこの商売は、以外にも受けて、思わぬ収入となったが、それを良く思わない者もいた。
「たかが、エステの成り上がりじゃないのよ。あなた、何とかして!」奈美は嫉妬していた。
「そんなに怒るなよ。生まれてくる子供に良くないぞ!」
「でも、悔しいのよ。悦子が出しゃばるから」

 「そうだよな。最近、白石の態度もでかくなったよな。この辺で一発、噛ますか」
「そうして。そうしたら、毎週セックスしてもいいわ」
「お前がそこまで言うとはな。小華ともいいんだな?」
「いいわよ。あなたが悦子を懲らしめてくれるなら」
「わかった。すぐに手を打つよ」岡林夫婦は策を巡らせた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
279位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
狙われた女教師 連載中 
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事数メーター