fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第22話 辞職

第22話 辞職

 陵辱ゲームが終わりると、東京に戻って普段の生活に戻っていた。
2人もいつものように勤務を終え、クラブで働いていると突然、警官がなだれ込んできた。
「ガサ入れだ!」2人は逃げようとしたが、行く手を警官に塞がれ掴まってしまった。

 「こっちへ来て貰おう!」従業員と客は一同に集められて、所持品を調べられ、名前と住所を聞かれていく。
(嘘を言っても通じないし…)職業柄、知っていたから諦めて事実を告げている。

 「職業は?」
「公務員です…」
「公務員と言っても色々あるだろう、先生とか、保母とか」
「け、警官です…」
「何、警官?」
「はい、警視庁の刑事です…」それだけ言うと、相手も黙ってしまい、席を立った。

 暫くしてから戻り「一緒に来て貰おう!」2人はクラブから連れ出され、パトカーに乗せられた。
「こんな事して、いいと思っているのか、警官だぞ!」
「警官だって人間です。刺激が欲しくて…」その後は沈黙したままだ。
「とにかく、署まで来て貰う」警察署に連れて行かれ、尿検査をされた。

 幸いな事に、クラブからは麻薬などの違法行為が見つからず、2人の尿からも何も出なかった。
「薬はやってないようだな。それにしても、女同士で抱き合うとはな…」取り調べの警官もあきれ顔だ。
(好きでやっている訳じゃないわ。脅されてやっているだけよ)反論を堪え項垂れたままだ。
「アルバイトが禁止されているのは知っているよな。辞表を書くなら今の内だ。とにかく、今日は帰ってもいい」釈放されアパートに戻った。

 翌日、良子が署に赴くと同僚からは白い目で見られた。
「あの人、レズの趣味があるんだって!」
「それだけじゃないわ。お金を貰って抱き合うって聞いたわよ」わざと聞こえるように言う。
(悔しいわ。そんな事言われる筋合いじゃないのに…)黙って耐えているが、署長に呼ばれ「首か、辞職か選んでくれ」用紙が渡された。

 (もう、やめるしかないんだ…)覚悟を決めて「辞めさせていただきます」と返事する。
「その方がいい。後はこっちでやるから書いてくれ」言われるまま記入して署から出たが、同じように、貴子も辞めさせられた。

 警官を辞めた2人は、アパートでくつろいでいると悦子から呼ばれ、悦子は2人を見るなり「警官を首になったそうね、これからはどうする気なの?」と尋ねる。
「予定はありません、これから考えます…」

 「それだったら、手伝ってくれないかしら。ただとは言わないわよ」
「手伝うって、何をですか?」
「キャバレーよ、新しく始めようと思っているの」
「キャバレーですか…」
「そうよ、そこで働いて欲しいのよ」

 (どうしよう、ホステスはイヤだけど、生活もあるし。それに…)弱みを握られた2人は「わかりました。やってみます」承知するしかない。
「良かった。早速だけど、明日から研修よ」劉の店で働くよう言われた。

 そして、2人は悦子と一緒に劉のバーに向かうと、麗華が待っていた。
「聞いているわよ。タップリしこんでからお返しする」2人は更衣室に連れて行かれる。
「分かっていると思うけど、逆らったらダメよ」注意しながら制服を手渡し、それを受け取ると、服を脱いでいく。

 「下着は着けないで。意味はわかるでしょう?」
「はい、わかっています」言われるまま、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になると、絨毛が短くカットされ、帯状に残されている。

 「あら、いいわね。手入れが行き届いて、いいわよ」麗華も気に入ったようだ。
(ヘアなんてどうでもいいわよ。好きでやっているんじゃないから)黙ったまま制服を着ていくが、やはり、胸の真ん中がくり抜かれて乳房の膨らみが見える。

 「いい、こうされても笑顔でいるのよ」麗華は穴から手を入れて、良子の乳房を掴んだ。
「そ、そんなのイヤです!」手を払おうとしたがやめた。
「そうよ、それでいいの。あなたもよ」貴子も掴まれたが堪えている。
「ここはどうかしら?」淫裂も触られたが2人は堪え「大丈夫みたいね。今の気持ちを忘れないで」麗華はそう言うと2人を連れて店内に戻った。

 戻ると、2人は先輩と一緒に客の相手をさせられていく。
勿論、客は手を忍ばせて乳房や淫裂を触っている。
「いいね、こんな大きくて。それに、パイパンもいいよ」満足そうに触っている。

 2人は店内の客席を漏れなく回っていたが、麗華から呼ばれた。
「今夜は。お客に付き合って欲しいのよ」
「付き合うって、まさかホテルじゃないでしょうね?」
「そのまさかよ、2人が気に入ったらしいの。大事なお客だから頼むわね」

 「イヤよ、セックスなんてイヤです!」
「わがまま言うんじゃないの。やらないなら、尻に消えない印を付けるわよ」
それには「わかりました、でも、今回限りにして下さい」項垂れて言う。
「わかっている、今回限りよ。それから、これは気持ちよ」2人に3万ずつ渡した。
(売春よ、これは売春だわ…)自分の行う行為に、罪悪感を感じながら閉店まで客の相手をした。

 そして、店が閉まると麗華から言われたホテルへと向かう。
「良子、行きたくないわ」
「私だってイヤよ。売春何てしたくないわ。でも、やらないと…」
「そうよね、一生消えない印が付けられるし」話しながらホテルに向かった。

 ホテルに着くと、2人は携帯で麗華から教わった番号に掛け、暫くして男がロビーに現れた。
「待っていたぞ、糸川に陣内!」声の主は前の捜査本部長、若林だった。
「どうして、本部長がここに…」
「本部長なんて呼ぶ必要はない。若林でいい。訳は部屋で話から来い!」2人は若林の後について部屋に向かった。

 部屋に入る良子は「あっ!」声を上げた。
部屋にいたのは、陵辱ゲームで散々辱められた男がおり「また、お会いしましたね」男は挨拶するが良子は下を向いたままだ。

 「糸川、知っているよな。知らないとは言わせないぞ!」
「は、はい。知っています…」
「陣内君も知っているよね、瀬戸の島で合っているはずだ」それには貴子も何も答えられない。

 「それはいいとして、島でやっていた事をやらせてくれ。話はその後だ!」
「ここで、やるとおっしゃるのですか?」
「そうだ、準備しろ!」

 「許して。もう警官はやめましたから、やりたくありません!」
「イヤでもやるんだ。これがどうなってもいいのか?」それは、悦子と奈美が撮った2人のレイプ写真だ。
「そんな、若林さんまで脅すなんて…」涙が止まらない。

 「やるのか、やらないのか、どっちだ?」
「やります…」良子が服を脱ぎだすと、それに倣い、貴子も「私もやります…」服に手を掛け脱ぎだした。

 2人は次々と脱いで下着姿になった。
「ダメだな。もっと派手なのを着ないと…」
「そうですね、これでは素人ですよ」下着に不満があるようだが、2人は黙ったまま脱いで、生まれたままになった。

 「ほう。初めて見るけど、いい体してるな」若林は良子と貴子の体を眺めると触わりだす。
乳房、淫裂と女性のシンボルを味わうかのように撫でて「糸川。ここにどれくらい入れられた?」指が淫裂に入れられた。
「わかりません、数えていませんから…」

 「陣内は?」貴子の淫裂にも指が入れられた。
「私も、数えた事がありませんからわかりません」
「そうか、わからない程やったのか。それなら安心してやれるな」若林は服を脱ぎだしたが、それに合わせてもう1人も脱ぎ始めた。

 やがて、2人は生まれたままの姿になると、抱きついていく。
「まずは、こうして…」ベッドに寝かせて覆い被さった。
(入れないで、お願いです!)目を閉じると胎内に熱い肉竿が押し込まれ、痛みを覚えた。
「うっ!」呻き声を上げてもなおも押し込まれ、ゆっくりとピストンが始まる。

 やがて、ピストンが速まると「あ、あ、あ~!」声を上げ、腰が動き出し、淫汁が流れていく。
「出してもいいよな?」
「はい。飲んでいますから、出してもいいです…」その言葉にピストンが停まって噴射が行われた。

 射精を受けた2人は淫裂から体液を流したまま、仰向けになっている。
「そのままでいい。話を聞いてくれ」若林が話し出すが、2人の手が乳房を揉み続けている。
「2人には大事な事を頼みたい。その前に、糸川と陣内は遺書を書くんだ!」

 それには起きあがり「何と、おっしゃいましたか?」驚いた顔になった。
「遺書を書くんだ。そして、戸籍から消えて貰う」
「イヤです、死ぬのはイヤです!」若い良子が泣き出した。

 「何も死ねとは言ってない。戸籍から消えるだけだ。それに、暫くの間は静養して貰う」
「もしかして、別な組織に潜り込むのでは?」
「そうだ、これからはこの男の指示に従え。今、言えるのはそれだけだ」
それには、2人とも黙り込んでしまった。

 「やるよな、この写真が表沙汰になるよりはいいだろう?」
「やります、ですから写真はなかった事にして下さい」
「約束する。白石や岡島が撮ったのも捨てさせる」
「約束ですよ」
「約束するから今夜は楽しませてくれ」2人は言われるまま、四つん這いや駅弁で淫裂を突かれ「あ、あ、あ~!」声を上げ続けた。

 翌日、2人は言われるままに遺書を残し、アパートからレンタカーで出かけ、富士山麓の青木樹海で降りた。
そこで、ホテルであった男の車に乗り込むと別な場所へと向かい、その数日後には「元刑事、青木樹海で自殺?」と新聞の見出しに載っていた。

 それから1年が過ぎ、警察や世間では良子と貴子の名を語る者はいなくなっていた。
そんな中、貴子と良子は東京にある、マンションの一室で生活していた。
顔を整形し、黒いブラジャーにパンティと黒ずくめの下着を着け、派手な衣装を着ている。

 「今夜の相手は稲川よ。バックはロシアだから気を付けるのよ」
「わかった。それとなく探りを入れる」2人は夜になると、電話で教わった場所に向かい、男に抱かれながら情報を集めていた。
その情報を元に、警察と公安が取り締まりを行っている。

 それがうまくいくと、若林が褒美と称して2人を抱いていた。
「良くやったな。今夜は後ろからしてやるぞ」
「後ろからじゃなくて、抱っこしてやりたい…」
「わかった。こうだな?」太股を抱え上げられ駅弁で結合し、太股が揺すられると「あ、あ、あ~」と声を上げていた。

 「私にもチンポで…」
「わかっている。終わったら交代するから」若林は公平に扱っていた。
しかし、若林の背後には白石や岡崎達がいて、糸を引いているのを2人は知らない。

~完~
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター