赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第16話  2人だけの研究所  

 「早苗よかったよ」唇を重ねるが、冷静になっていく早苗には意味がわかってない。

そして「嘘よ、こんなの嘘よ!」自分の姿に泣き出した。

「これは早苗のせいではないよ。僕も確かに見た」また唇を重ねる。

「嫌いになったでしょう?」

「そんな事ないよ、早苗が一番好きだよ」人目をはばからず抱きあった。

それには「もういいでしょう、確かめたし」見ていられないのか美沙が言葉を投げる。

「そうだよ、ほら服を着ないと」

「恥ずかしい、こんな裸を見られただなんて」急いで服を着だした。

服を着終えると冷静さが戻ったのか「副作用はないんですか?」苗が聞いた。

「あります、3日間はセックスしても何も感じません。感じるのは苦痛だけです」

「苦痛ですか…」

「そうなの、ただ痛いだけなの。オチンチンでされても、何も感じず、痛いだけなんです」

「どんな事をしてもダメなんです」

「そうですか、3日間はセックス禁止ですね」

「はい、そうした方が、夫婦のためにはいいかも」

「ところで、これを国民のために使う気はありませんか?」

 

 遂に本題が出た。

「ありませんね。私が苦労して見つけたんですから、独り占めするつもりです」

「それは勿体ないですよ、もっと研究して普及させないと」

「そうよ、高杉さんならやれるわよ」

「でも、私はバカにされ通しでしたから」

「それだったら、あなたが所長になればいいのよ」所長と聞いて高杉は目の色が変わった。

(そうか、俺も所長になれるんだ!)やっと笑顔が出てきた。

「所長なら考えますが、特許は私が取りますからね」

「構いませんわ、その変わり、極秘ですよ」

「心得ております」笑顔で話す高杉に「副所長は私にやらせて下さい」美沙が名乗り出た。

「あなたもですか?」

「はい、私は男性用のを研究したいんです」

「美沙、まさか俺以外の男が好きになったのか?」

「違うわよ、依子さんが言っていたでしょう、ダメな男もいるって。それに、監視してないと心

配で」

「何だ、信用ないんだな」

「当然よ、今まで事を考えてみなさいよ」そう言われれば高杉も言葉が出ない。

「わかりました。それなら夫婦だけではどうでしょう。万が一も心配ないし」

「わかりました2人でやります」こうして、2人だけでの研究が認められた。

 

 2人には東京の郊外にある細菌研究所の使用が認められ、その近くに越した。

子供は託児所に預けて2人で通っている。

2人の研究所は極秘扱いだから、塀で囲まれた建物だ。

出入りも厳重に監視され、中には誰も入れず、その中で、2人だけでの研究を始めた。

「何だか、昔を思い出すわ」

「俺もだよ、お前に嫌み言われっ放しだったし」

「まだ怒っているの?」

「当然だ。でも、このおかげで、美沙の体を奪ったしな」

「そうよ、ビデオまで撮ったんだからね」

「思い出すよ、あの時を」高杉の股間が膨らんでいく。

「何考えているのよ、今は仕事よ」

「その前に、やらせろよ」

「やめて、今はダメ!」

「誰もいないんだ、素っ裸になるんだよ」乱暴に、美沙の服を脱がしていく。

「やめて、お願い。こんなのイヤ!」パンティが脱がされ、無毛の淫裂が露わになる。


「まだ平気だな、これ以上伸びたら、剃るからな」

「イヤよ、ヘアはイヤ。セックスしていいから剃らないで」

「そうは行かないな、お前は俺の女だぞ」ブラジャーも脱がして全裸にして立たせた。

             paipan.jpg

 「恥ずかしい、いくら夫婦でも…」両手を後ろで組み、乳房と淫裂を露わにしている。

「昔のように、一発やるぞ」美沙を机に座らせ、太股を抱えて股間を突き出す。

「痛いわよ、まだ準備が…」痛みに顔を歪めるが、高杉は肉竿を押し込むとピストンを始めてい

く。

「濡れてきたぞ、気持ちいいのか?」

「よくない、夜なら気持ちいいけど」

「嘘付いたからこうだ」乳首が潰された。

「痛い、やめて。本当は気持ちいいの…」

「それはわかってるよ、お汁が漏れているし」

「変な感じなの。レイプされているみたいで…」

「昔を思い出すよ、こうやって、泣いてる美沙を無理矢理やっていたよな」

「そうよ、それが思い出されるのよ」美沙も興奮しているのか淫汁がドンドン流れていく。

「美沙、欲しいか?」

「欲しい、早く出して…」

「いいんだな?」

「いいわよ、だから早くエキスを…」高杉は登りきったって爆発した。

「いいわ、凄くいい気持ち…」淫裂から白い液体が漏れ出ていく。 

 

 2人は暫く結合したままだったが、服を着ていく。

「美沙、幸せか?」

「今はね。初めは嫌いだったわよ」

「そう言うな、この新型ウィルスのおかげで運も向いてきたし」

「そうよ、子供のために残さないとね」

「それじゃ、始めるか」2人は新型ウィルスと向き合うが、高杉は何時になく冴えている。

「あなた、凄いわね、そんな才能があったんだ…」

「そうなんだよ、美沙とオ○ンコしてからだと冴えるんだ」

「だったら、これからもしてみる?」

「やりたい、家よりもここの方が昔を思い出して燃えるし」

「わかった、エッチな下着も着てくるわ」

「そうしてくれ」それ以降、仕事前に美沙は服を脱いでいく。

「美沙、黒いのもいいよ、ガーターが最高だ」興奮気味に美沙の下着を脱がして抱きついていく。

「出して、早くエキスを…」美沙もねだりながら射精されていった。

 

 こうして、3ヶ月が過ぎた頃、美沙に、妊娠の兆候が現れた。

「あなた、できちゃった…」

「産めよ、俺の子だし。でも、仕事が困るな、もう1人いないと」

「そうよね、誰でもいいというわけには行かないし」

2人が思案していると、妹の美香が遊びに来た。

3人は昔話に華を咲かせていたが「美香、好きな人はいないの?」美沙が尋ねた。

「それが誰もいないの。地味な仕事だしね」

それを聞いて「だったら、一緒に仕事して。あなたなら信用できるし」「私は構わないわよ」美

香が承知すると、直ぐに早苗と連絡を取った。

美香、これから行くわよ」

「いくって、どこへ?」

「偉い人のところよ」強引に美沙は美香を連れて早苗の元を訪ねた。

対応に出た早苗はマタニティドレスを着込んでいる。

「あら、うまく行ったんだ!」

「そうなの、あのおかげでこの通りよ。それにしても凄い威力だわ」

「あれは特別効果が大きいのだそうです」

「色々あるんだ…」

「はい。それより、これからのことですが」美沙は自分の妊娠を告げ、妹を助手とするよう頼み

込む。

「いいわよ。それだったら手を打っておく」こうして、美香も仲間に加わった。

  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/131-b4a40797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top