赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第17話 美香の妊娠  

 3人での研究が始まったが、仕事前にはいつもの事が行われる。

「美香、変に思わないでね、こうしないと夫が冴えないの」美香の前で服を脱いでいく。

「夜ではダメなの?」

「ここだと、昔を思い出していいらしいの」下着姿になったが、スケスケで乳房と絨毛が丸見え

だ。

「姉さん、そんなの着てるの?」

「ええ、これだと、凄く燃えるって言うから」下着姿になると高杉の前に立った。

「いいよ、美沙。今日の美沙は最高だ!」満足そうに、パンティ、ブラジャーと脱がせて机に座

らせる。

「ヘアはダメよ、病院に行くから」

「わかってる、その変わり一杯出すからな」2人は美沙の見ている前で「あ、あ、あ~!」声を

あげていく。

「そんな、人前でセックスをするなんて…」見ている美香の方が興奮して膣が濡れている。

やがて「そんな射精までして!驚く美香の前では美沙の淫裂から液体が漏れ出ていく。

(私も、漏れたみたい…)美香もパンティをが濡らしていた。

そして、本格的な研究が始まった。

「どうやって、保存するかが問題だ」

「パックなんてどうかしら。ほら、点滴で使う奴よ」

「そうか、それなら培養液も漏れないな」

「それに、小分けするのよ」3人はアイデアを出し合い、実験していく。

 

 それから3ヶ月後、カプセルに詰まった試薬品が完成した。

「これがそうなんだ」何気なく、美香が持ち上げ、かざした瞬間「あっ!」手から滑って飲み込

んでしまった。

「そんな、美香が飲むなんて!」

「どうしよう、姉さんどうしたらいいの?」泣き出してしまった。

「待って、夫を呼んでくるから」美沙は急いで高杉を連れて戻ると、薬が効いていた。

美香は下半身剥き出しにして指で淫裂を触っている。

「そんな、もう効いているなんて…」妹の破廉恥な姿に涙が流れていく。

「仕方ないよ、これは新型ウィルスのせいなんだから。とにかく、セックスするまでダメなんだ」

「仕方ないわ、あなたがして。これ以上苦しめたくないし…」美沙は高杉とのセックスを認めた。

「わかった、これは治療だからな」そう言うと高杉は服を脱いで全裸になった。

「義兄さん、私とセックスして…」虚ろな目の美香は淫汁を太股まで流している。

「わかった、するから全部脱がないと」その言葉に上も脱いでいく。

ブラジャーも脱いで、全裸になると「して、早くして…」高杉の股間に顔を埋めて肉竿を口に入

れる。

「ダメだよ、そんな事したら…」美香の口によって一気に膨らんだ。

 

 「早くして、我慢できない…」膨らむと高杉を寝かせて馬乗りになった。

            narawasi8.jpg

「美沙、好きでやるんじゃないぞ!」その瞬間、美香の淫裂が肉竿を吸い込んだ。

「いいわ、気持ちいい。私と姉さんとどっちがいいの?」腰を動かしながら尋ねる。

「同じだよ、2人とも同じだ…」高杉は乳房を揉みながら言うと「これではどう?」腰の動きを

速めた。

「す、凄い、チンポがビンビンだ!」淫裂が肉竿を締め上げている。

「どう、どっちがいいの?」

「美香だ。美香のオ○ンコがいい…」

「そんな、私より、美香がいいだなんて…」聞いた美沙は泣き出した。

「そうよ、私の方が若いから、いいはずよね」

「そうだよ、その通りだ」2人は話していくが「う、う、う!」悔しさになく美沙だ。

やがて「出るよ、出る!」噴射した。

「気持ちいいわ。またしてよ…」ぱったり倒れて高杉に抱きついた。

(これは面白い事になったぞ。毎晩2人を抱けるかも…)よからぬ事を思いついたが「嘘よ、こ

んなの嘘よ!」効果が切れてくると美香は泣き出した。

「美香、あんた何言った覚えてる?」

「覚えてない、何か悪い事言ったの?」

「そうよ、あんたは…」

「よせ、これは新型ウィルスのせいなんだ。美香のせいではないぞ」

「それはわかってる、でも悔しいの、あなたを取られたくないし」

「そんな心配するな。それよりも、美香の方が心配だ」2人が振り向くと、淫裂から白い液体が

ドンドン流れていく。

「無理だわ、間違いなく妊娠しちゃう…」

「俺もそう思う、どうしたらいいだろう?」2人は途方にくれるが、美香は泣くだけだった。

 

 そんな事があったにも関わらず、研究が行われ、男性用も開発され、試薬品もできあがった。

「これで、両方できたわね」

「そのようだ。ところで、美香は大丈夫か?」

「それが来ないの、2回来ないの」

「美香、行きましょう、私も行くから」

「わかった。怖いけど見て貰う」2人は病院に行き、まず、美沙が診察を受け、順調に育ってい

ると知らされ、次ぎに、美香が受けると妊娠を告げられた。

2人は結果を高杉に知らせたが「中絶しかないよな…」呟くように言った。

「イヤよ、私産む。1人になっても産むわ」

「美香、誰の子かわかってるの?」

「義兄さんには迷惑掛けない。だから、1人で産むの」美香は中絶を拒否し2人は顔を見合わせ

るだけだ。

そうこうしている間にも美沙は陣痛を感じて入院し、替わりに美香が子供の世話を始めた。

「可愛いわ、私も絶対女を産むわ」美沙の子を撫でながら呟いた。

それには「このまま、放ってはおけないし。何とかしないとな…」高杉も苦慮している。

そして、美沙が出産して退院してくると「美沙、一旦、離婚しよう」切り出した。

「イヤよ、離婚なんてイヤ!」泣き出す美沙だ。

「違うよ、偽装離婚だよ。美香と一旦結婚して僕の子にすればいいんだ。そうすれば籍も作れる

し」

「わかった、美香が産んだら、また私と再婚ね」

「そう言う事、これなら、生まれてくる子も私生児じゃないしね」

「それなら我慢する。でも、必ず私と再婚してよ」

「約束するよ」こうして、高杉は美沙と離婚し、美香と結婚した。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/132-62fd4d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top