赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「新型ウィルス」第18話 試薬品の完成  

 美沙が退院してから一月が過ぎ、試薬品も実験段階になっている。

「実験は、私の弟夫婦でいいかしら」政務次官の早苗が言い出す。

「僕は構いませんが、本当にいいんですね?」

「いいわよ。でも、秘密にしてよ」

「心得てます」高杉は早苗と一緒に、とある屋敷に入った。

「待たせたわね」

「いいえ、今までの苦労が報われるなら、何ともないですよ」

「それより、準備はどうなの?」

「用意してあります。外に漏れないようにもしてあります」

「それならいいわ、この人がやるから」高杉は弟夫婦と一緒に、密閉された部屋に入った。

「いいですか、これは治療でして、決して、相手を変態と思わないで下さい」その言葉に頷く夫

婦だ。

それを確認すると2人にカプセルを手渡す。

「飲み込んだら、お互いに、見つめ合って下さい」夫婦は言われるまま、薬を飲み込むと、見つ

め合う。

それから1分ほど過ぎると、兆候が現れ口をパクパクしだす。

(効いてきたぞ、以外と早く出るな…)2人を観察していると「あなた、セックスがしたい…」

妻が言い出し服を脱ぎだした。

「俺もやりたい…」夫も脱ぎだすが肉竿はすでにカチカチになっている。

妻は下着も脱いで全裸になると「欲しいの、このオチンチンでされたい…」淫裂から淫汁を流し

ながら撫でている。

          houyou.jpg


「俺も、このオ○ンコに入れたい…」夫も淫裂を撫でていく。

 

 「して、あなたの好きなのでしていいから」

「それならこうだよ」四つん這いにして後から肉竿を突き刺した。

「いいわ、もっとして…。もっと奥まで突いて~!」乳房を揺らせながら悶えている。

(うまく行ってるな。それにしても、チンポがでかいな。俺も、あれぐらい膨らむのかな?)恨

めしそうに結合部を見ていた。

やがて「いいわ、あなたのが暖かい…」淫裂から白い液体が漏れ出し、次第に意識が戻っていく。

「イヤ~。人前で裸になってるなんて!」全裸に慌てて服を着だした。

「それにしても凄いですね。こんなに燃えたのは初めてですよ」息を弾ませながら言う。

「いいですか、これから3日間はセックスしないで下さい。しても不幸になるだけですから」

「不幸ですか?」

「ええ、セックスしても何も感じないんです。ただ痛いだけしか…」

「だから、するなと言うんですね」

「そうです、傷つくのは互いにイヤでしょうし」その言葉に頷く夫婦だ。

夫婦が服を着込むと3人は部屋から出たが「どうだったの?」心配なのか、早苗が声を掛けた。

「凄かったわ、あんなの初めて。恥ずかしい位燃えたみたい」顔を赤らめた。

「僕もそうなんだ、別人になった感じがしてる」

「そう、よかったわね、後は待つばかりよ」早苗も満足そうだった。

 

 それから、一週間後、高杉の元を早苗が訪ねてきた。

「ありがとうございました。妊娠したようです」

「そうですか、うまく行ったんですね」

「はい、検査薬で確認されました。今まで不妊治療を受けてもダメだったのに一回で行くとはね。

それから、これを預かってきました」早苗は封筒を渡した。

それを見るなり「困ります、そんなつもりでやったわけじゃありませんから。それに、流れるか

も知れませんし」

「流れる心配はないそうよ。とにかく受け取って!」強引に渡すと帰っていく。

「参ったな、金なんかいらないのに。素っ裸を見られただけで満足してるのにな」

「何言っているのよ、お金は大事よ、イヤなら預かるわ」美沙が取り上げた。

「金が大事か、だったら、事業を興せばいいじゃないか」

「それよ。きっとうまく行くと思うわ。セックスがうまく行ってない夫婦も多いはずだし」

「でも、どうやってやったらいいのかしら?」

「そうよ、そうだ。依子と相談する」美沙は思いつくと依子に電話を掛けた。

「そう、うまく行ったの。それでね…」長々と話した。

電話が済むと「あなた、明日合いたいですって」内容を告げた。

「そうか、それなら行くしかないな」高杉もこれからの事を考えている。

 

 翌日、2人は依子の元へと向かうが「いい、あの事は絶対喋っちゃダメよ」釘を刺される。

「わかってるよ、依子とのオ○ンコだろう」

「バカ、またそんな下品な言葉使って!」

「仕方ないだろう、男は皆こうだ」そう言いながらも依子の家に来た。

依子は2人を見るなり「待っていたわ、上がって」中に入れる。

「早速だけど、試させて欲しいの」

「構わないけど、相手は旦那でしょう?」

「そうなの、今呼んでくる」庭から声を掛けると男性が現れた。

「すみませんね、お世話になります」

「あなた、それより準備よ、声が漏れたら恥ずかしいから」依子に言われ、窓が閉められていく。

「これでいいわね、どうするの?」高杉はカプセルを渡すと説明した。

「わかったわ」2人は飲み込み、顔を見つめ合う。

すると「依子、欲しいよ…」「私もセックスしたい…」潤んだ目に替わり、抱きつき、服を脱が

せあっていく。

やがて、全裸になって結合を始めた。

「いいわ、凄くいい!」「俺もいいよ、最高にいい!」こうして、肉竿はピストンを続け、膣奥

に噴射した。

射精が終わると、直ぐに冷静になった。

「イヤだわ、2人に素っ裸を見られて」恥ずかしさが込み上げて服で体を隠す。

「依子、そんな事より、大丈夫か?」

「大丈夫みたい、あなたが一杯出したから」依子は流れ出た液体を拭いていた。

「それなら安心だ。こんなに効果があるなら協力させて貰うよ」話がまとまったようだ。

 

 こうして、計画は着々と進んでいくが、それと同時に、美香の腹も膨らんでいき出産を迎えた。

「あなた、約束よ、美香とは別れて貰うわ」

「それはいいけど、美香が可愛そうだな。何とか、一緒に暮らせないかな」

「何言っているのよ、美香とセックスしちゃうでしょう」

「いいじゃないか、昔のようにやろうよ」

「イヤよ、あなたは、私だけの物なの。無理矢理に私を奪ったのよ」

「それはそうだけど、美香が可愛そうで」

「それじゃ、約束して。もう美香とはセックスしないって」

「わかった。しないよ」

「それならいいわ。後は美香次第だけど」この事を美香に話すと「嬉しい、一緒に暮らせるなら

この子も安心だし」承知して3人での生活が始まった。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/133-9978d3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top