fc2ブログ

「失われた絆」第4話 ペット

第4話 ペット

 恵への調教は翌日も行われた。
昨日と違って、首輪を付けられないから猫の格好はしなくても良い。
「百合、昨日の写真ができあがったわ。見せてあげるね」八重は自分で印刷した写真を見せたが、見るなり「う、う、う!」声を上げて泣きだした。

 「あら、写真に撮られて嬉しいんだ!」Mの字に開脚した写真をちらつかせる。
「はい、お嬢様に撮って貰えて嬉しいです…」
「何よ、その言い方は。気にくわないわね。お仕置きするから四つん這いになりなさい!」
「お、お許し下さい。お嬢様!」

 「ダメ。早くやらないと、鎖で縛り上げるわよ」
「それだけは、お許し下さい!」言われるまま四つん這いになると「ピシ、ピシ!」尻をムチで打たれた。
「ヒー。お許し下さい!」泣き叫ぶが、どうする事もできず「ピシ、ピシ!」背中も打たれた。

 「お許し下さい、お嬢様…」涙が流れ出ると「泣いているんだ。仕方ないわ、許してあげるから口でして!」八重がスカートの裾を持ち上げると、白いシルクのパンティが露わになった。
「わかるでしょう。意味が?」
「はい、わかります。お嬢様…」恵はパンティを両手で掴んで引き下げると、真っ黒な絨毛に覆われた恥丘が現れた。

 (レズをしろと言うんだわ。その気はないのに…)拒めばまたムチで打たれるからやるしかない。
パンティを膝まで下げると絨毛を掻き分け、淫裂を舌でなめていくと「ん、ん、ん!」八重の太股が震えている。
「く、クリにもして…」目を閉じ上擦った声で言い(汚いから、やりたくないのに…)渋々割れ目の上部にある、ピンクの突起をなめ出した。

 八重は「あ、あ、あ~!」喘ぐような声を上げだし「指でもして。破れないようにして…」恵の指が淫裂を撫でて、膣腔を捜していく。
(ここだわ、こんな事していいのかしら?)膣に指を入れて動かしていると「ん、ん、ん!」太股ばかりでなく、全身が震えている。

 (大丈夫かしら?)不安そうに膣に入れた指を動か続けると「あ、あ、ああ!」八重は喘ぎ声を上げた。
その声に「お嬢様に、何と言う事を!」声を聞きつけた久美が恵を打つ。
「お許し下さい。お嬢様に言われた通りにしました!」
「何言っているの。それじゃ、私が淫乱みたいじゃないのよ。百合が私をレイプしようとしたじゃないのよ!」
「そんな、レイプだなんて、とんでもありません!」体を震わせて反論した。

 「お嬢様。この際だから私がお仕置きして、教育し直します」
「イヤ、許して、痛いのはイヤです。どんな事でもしますからお許し下さい!」土下座する姿は、もう婦警ではなくプライドも棄てたただの女性だ。

 「久美、私にもやらせて。レイプされそうになったのは、私だし!」
「そうですね。お嬢様からのお仕置きも必要ですしね」
「イヤ、イヤです。お許し下さい!」叫んでも、2人に腕を掴まれ地下室に連れ込まれ、治郎兵衛に両手を鎖で繋がれ、足がどうにか立つほどに吊された。

 「まずは、私からね!」
「ギャー!」八重は思い切りムチを振り、両乳房に赤い筋ができている。
八重はなおも振って「ピシャ、ピシャ!」腹や太股と筋ができていく。

 さらに「お嬢様、私もやりますよ!」久美も加わり、背中を打ちだし「ギャー!」悲鳴が鳴りやまず、恵の全身が赤い筋だらけになっていく。
「お許し下し、もうしません…」泣きながらやっと言えた。

 「久美。むち打ちはこれくらいにしてあげようよ。後は消毒ね」
「そうね、治郎兵衛準備はいいわよね?」治郎兵衛は白い粉を差し出す。
「何だか、わかるわよね」八重は指先に付け、恵の口に入れた。
すかさず「やめて。お願いです、塩なんて付けないでください」恵の顔がブルブル震えだす。

 「ダメ。消毒しないと後が大変よ」
「お嬢様の言う通りよ。我慢しなさい!」2人は掌に塩を塗ると、赤い筋に刷り込んで「ギャー!」今までで、一番大きな悲鳴上げて、全ての動きを止めた。

 「あら、お漏らししているわよ」
「ビデオに撮れば面白かったのにね…」
「まだ機会はありますわ」
「そうね、これで終わりじゃないし。治郎兵衛、後は頼んだわ」散々恵をムチで叩いた2人は戻っていく。
治郎兵衛は鎖を解き、失神している恵を運んでベッドに寝かせた。

 恵は2時間ほど失神していた。
「やっと、気が付いたみたいね」恵が目を覚ますと全裸の女性がいるが、鎖では繋がれていない。

 「あんたも運が悪いわね。お嬢さんに見込まれて!」
「見込まれたんですか?」
「そうよ、これからも続くわよ。そして、最後はポイされるの」
「ポイですか?」
「そう、ポイよ。店に出されて売春させられるのよ」

 「売春なんてイヤよ。絶対にしないからね!」
「そんな事言っても無駄よ。昨日も、強がり言っていた子がいたけど、犬とセックスさせられて承知したわよ」
「そんな、犬とだ何て…」昨日の事を思い出し(八重さんは、一体何物なのかしら?)恐ろしさがヒシヒシと伝わってくる。

 「所であなたは?」
「私ね、松田征子というの」
「どうして、自由に行き来出来るんですか?」
「一応、言われた通りの事はしているから、特別なのよ」

 「売春もですか?」
「勿論よ。そうすれば、早くローンが返せて自由になれるし…」
「そんな、売春してローンの返済だなんて信じられません。第一、警察が黙っていないはずよ」
「それが、蛇の道は蛇と言ってね。とにかく、いろいろあるのよね」征子は言葉を濁した。

 「それよりも体を洗った方がいいわ。治郎兵衛に頼むから」征子は部屋を出て、治郎兵衛を呼んできた。
治郎兵衛は恵の両手を縛った鎖を解いていく。
「行こう。私も手伝うから」2人はでャワー室に入ると征子が恵の体を洗っていくと「ヒー!」傷が染みて悲鳴を上げていく。

 「我慢して。後で薬を塗って置くから」征子はくまなく洗い流し、タオルで拭いていく。
「これを塗るからね」チューブから軟膏をしぼり出し、恵に塗りだした。
掌で伸ばされ、白い軟膏は透明になり「ここは特に丁寧にしないと」両乳房を撫でていく。

 「あら、乳首が堅くなってきたわ。興奮しているのね」なおも乳房を撫でていく。
「もういいです。それ以上されたら…」
「それ以上されたら、何なの?」乳首を指で転がしていく。
「変になっちゃいます…」

 「これくらいで変になっちゃ、修行が足りないわよ。ここもやるからね」征子は淫裂も撫でだす。
(ダメです。そんな事されたら、忠明さんとの事を思い出しますから…)太股をブルブル震わせながら、忠明に抱かれた自分を想像していく。

 「気持ちいいでしょう。こうされると…」指が膣の中にも入った。
(ダメ、それ以上されたら声が出ちゃう…)「もういいです。充分ですから!」征子の手を押さえた。
「もっとしたかったのに…」不満そうな征子と一緒に、シャワー室から出ると、恵は再び両手を鎖で繋がれた。

 その日の夕方、久美が迎えに来た。
恵は首輪を付けられ、四つん這いで歩いていく。
「お嬢様、連れてきました」ドアを開けると、若い男性が3人おり「凄いや。ホントだったんだ!」信じられないと言った顔をしている。

 「ペットの百合よ。芸は「お座り」しか出来ないの。ここにお座り!」命令されるまま、腰を降ろすと足を広げた。
「お、オ○ンコだ。人間と同じのを持っている!」驚きの声に、恵は恥ずかしさで涙を流した。
夫にさえ、滅多に見せた事のない性器を、赤の他人に見られているのだから無理もない。

 「見ろよ。このペット、泣いているよ」
「嬉し泣きよ。あそこを見られると嬉し泣きするの。それに、もっと変な癖があるのよ」
「変な癖?」
「オチンチンを舐めたがるのよ」
「ホントか。是非見てみたいな」

 「百合、聞いたでしょう。いつものようにやっていいわよ」
(バカにしないで、フェラなんか好きじゃないわよ)そう叫びたかったが「やってくれ。まずは試してみる!」1人が正面に立った。
(やりたくない。でも、やらないと痛い目に遭わされるし…)覚悟を決めて、ベルトを外し、ズボンを引き下げた。

 「凄いや、本当だ!」驚く客で、その前でパンツも引き下げると、萎縮した肉竿が露わになり、その肉竿を口に入れた。
すると、肉竿は一気に膨らみ「ウグ、ウグ!」頭を振り出す。
「いいよ、凄く気持ちいい!」

 「オッパイも触ってみて。喜ぶのよ」
「こうかい?」乳房が掴まれ(やめて。これ以上恥を掻かせないでください)泣きながら頭を振りまくった。

 やがて、咽の奥に異様な液体が漂い出し(イヤ、射精なんてイヤ!)頭を上げると糸を引いている。
「飲むんでしょう?」
「ゴクン!」無理に飲み込んだ。
「百合、お味はどうだった?」
「ニャー!」屈辱の連続だ。

 「面白い。俺のもやれ!」八重の客が入れ替わった。
(こんな事やりたくない…。でも、やらないと…)ズボンを引き下げ、肉竿を口に入れて行く。
こうして、3人の精液を飲み込まされた。

 「凄いや。このペットなら俺も欲しいよ」
「あんたは、もっとエッチしたいんでしょう?」
「まあな、ここでやりたいんだ!」淫裂を触り「ニャー!」恵は首を振る。
「あら、猫にも嫌われたわよ」大爆笑だが、その中で浮かない顔の恵で(好きでやっているんじゃないわよ)悔しさが込み上げた。

 「ところで、鈴木。この猫面白いけど、散歩はしないのか?」すかさず、恵の顔が引き吊った。
屋敷の中なら全裸の四つん這いは我慢できるが、屋敷の外となると話が違い、怯えるのも当然だ。
「面白いわね。散歩に行こうか?」八重もその気になったが(イヤです。外には行きたくありません!)首を振る。

 「百合、ここにいたら運動不足よ。誰か抱っこしてあげて!」
「わかった、俺が運ぶよ」嫌がるが、男に抱かれて外に連れ出され、車に乗せられた。
(ヌードなのよ。何も着てないのよ!)恵がそう思っても通じる相手ではなく、5人が乗った車が屋敷から出て行く。

 「どこがいいかな?」
「児童公園がいいわ」八重は道筋を教え、その通りに車が走り、5分ほどして公園に着いた。
「降りなさい。ここからは猫よ!」
「ニャー!」俯いて四つん這いで歩いて行く。

 いくら夕暮れとはいえ、全裸は目立っていて「キャー!」子供連れの主婦達が悲鳴を上げた。
「ほら、驚いているわよ。お座りして見せてあげなさい」言われるまま芝生に腰を降ろし、足をMの字開脚した。
「変態よ、この人変態よ!」指差し走るように去って行き(違うわ、変態じゃないわよ!)涙が流れていく。

 「百合、散歩よ。歩きましょう!」革紐を引かれて歩いて行くと「何よ、この人!」すれ違う人が、全裸で四つん這いの恵に声を上げ驚いている。
「百合、お座りして芸をしなさい」その都度、Mの字開脚させられた。

 「ヘアを剃って性器を剥き出しにしている!」
「面白い。これは傑作だよ」
「そうだよ、この際だから臭い付けもやらせろよ!」恵は相撲の四股と同じように、両手を地面に付け、腰を降ろしていく。

 「早く出せよ!」催促しながら乳房を掴むと「ウー!」下半身に力を入れた。
「出たぞ。ホントにやったぞ!」黄色い液体が淫裂から噴き出したが「あんた達、ここには来ないで。ここは公園なのよ!」排尿は許されなかった。
「この、変態女!」缶ジュースが投げられ「う、う、う!」恵は泣きながら四つん這いで歩いている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター