fc2ブログ

「失われた絆」第2話 地下室

第2話 地下室

 3人が地下へ降りていくとすすり泣く声が聞こえてくる。
それには「イヤ。怖いからイヤ!」恵が怯えて戻ろうとすると「子供じゃないでしょう、いい年なんだからね。それに裸だから、漏らしていいわよ」ニヤリと笑う。

 「そんな事しないわ。あれは、たまたまよ…」やはり、漏らした事を言われると恥ずかしい。
「だったら行くのよ」後ろから押されて、また歩きだし、鉄格子の所まで来ると、中にいる女性が「お嬢様、お店ではどんな事もしますから、お許し下さい!」腕を出して言う。

 さらに「もう逆らいません。ですから、お許し下さい!」泣きながら詫びて(ここは、一体何なのよ)気味が悪い。
「もう少し辛抱したら、戻してあげる。それまでは我慢しなさい」軽くあしらい、一番奥まで歩いていく。

 すると、治郎兵衛が出迎え、鉄格子を開いて恵は中に入れられた。
「そこに寝て」堅いベッドがあり、言われるままに仰向けになると、久美に足を押さえられ、開かれて「イヤ。イヤです、やめて!」慌てて股間を手で隠した。

 その瞬間、八重がムチで打ち「ピシー!」赤い筋が乳房にできた。
「久美の言う通りにするのよ。言う事を聞かないと、もっと打つわよ」またムチが打たれ、八重は人が変わったように乳房を打っていく。

 「打たないで。言う通りにします!」泣きながら手を退け、淫裂を露わにすると「そうよ。最初から言う事を聞けば痛い思いをせずに済んだのよ」息を弾ませ、目を輝かせている。
(サドよ、サドの気もあるわ…)泣きながら、八重の怖さを思い知った。

 久美は、そんな事など関係ないと言った感じで淫裂を覗き込み「少し、黒ずんでいるわね。あんた、セックスの経験あるわね?」
「はい、あります…」
「どれ位、してたの?」それには黙ったままだ。

 「まだわかってないわね!」またムチが飛び、今度は淫裂に当たって「ギャー。週2回程度です~!」途切れ途切れに言う。
「あら、ずいぶんお楽しみだったのね。一体誰とやっていたの?」
「彼氏です。婚約していましたから…」

 「それが、振られてこの有様なの?」
恵は「う、う、う!」声をあげて泣きだした。
「どうなのよ。答えなさい!」乳首をムチで突き刺し「ギャー。その通りです、借金で逃げられました…」嘘を言う。

 「可愛そうにね。オ○ンコのやられ損だったんだ。今度会ったら、仕返ししてやりなさい」乳房も突き刺していく。
「は、はい。そうします」嘘を並べたが、やっと言えた。

 八重は恵の体を丁寧に見て触りながら確かめていく。
敏感なクリトリスも触られ「あ、あ、あ!」喘ぎ声もあげている。
「かなり、いいですね。鍛えれば最高品になりますよ」
「そうみたいね。楽しみだわ」八重は恵を四つん這いにし、尻も調べて指を肛門に入れて「う~!」顔を歪めて痛みに耐えている。

 「ここは、まだ使っていないわね…」八重はその後も恵の隅々を調べた。
「お嬢様、終わりました。後は治郎兵衛に任せたいのですが?」
「ダメ、今日だけは私にやらせて!」
「わかりました。治郎兵衛準備して」治郎兵衛は黙ったまま準備を始めた。

 (何をする気なのかしら?)不安が募るが「ありがとう、治郎兵衛!」程なく、トレーに器具を乗せて現れた。
(もしかして、ヘアを…)器具を見て考えた。
確かに、恵が見た女性は絨毛がなく、淫裂が剥き出しになっており、尻には入れ墨のようなのがあった。

 「イヤ、ヘアは我慢しますが、肌を傷つけるのはイヤです!」
「勘がいいわね、気づいていたんだ。安心して、肌は傷付けないわ。言う事を聞いている限りはね!」床屋が使う泡立てを持った。

 「八重さん、お願いです。全部は剃らずに、ヘアが生えている証拠を残してください…」
「あら、パイパンはイヤなんだ。だったら、ポルノ女優のようにここだけ残すわね」指で恥丘をなぞる。
(性器の回りは全部剃られてしまう。恥丘にちょっと残しただけで剥き出しに…)想像すると情けなくなってきた。

 絨毛は数センチの幅でわずかに残されるが、淫裂が剥き出しになるので「う、う、う!」泡が塗られると泣きだしてしまった。
「泣かなくていいわよ、ヘアは直ぐ生えるから。それとも、肌に傷を残したいの?」
「もう泣きません。ですからお願いします…」

 「そうよ、それでいいのよ」八重は絨毛を撫でるとカミソリを持ち「動かないで!」それと同時に、恵は金属特有の冷たい感触を感じた。

 「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動き出し、絨毛が消えて地肌が見えてきた。
割れ目から飛び出している肉襞を丁寧に剃っていき「あっ!」一瞬だが腰が動き、八重は恵の反応を楽しみながらなおも動かし続ける。

 「大部剃ったわね。見てみる?」カミソリを鏡に持ち替え恵に見せる。
「見たくありません。こんな恥ずかしいのは、もういやです!」顔を背けると「見るのよ。お嬢様の好意を無にしないのよ!」久美が髪の毛を掴んだ。

 「見ています、ですから手を…」鏡を見ると淫裂の絨毛は左側半分が剃り落とされ、肉襞の間からポッカリ穴の開いた膣腔が見えて(見たくない。こんなの見たくない!)唇を噛んでこらえた。

 「ここに、オチンチンが入ったんでしょう?」八重は恵を辱めるかのように指を膣に入れた。
「そ、そうです。そこにオチンチンが入りました…」鏡越しだが膣に入った指が映っている。
「オチンチン入れられて気持ちよかった?」指が奥まで押し込まれた。
「そ、その時の気分です。いいときもあれば、良くないときもあります。ん、ん、ん!」また恵の腰が動いていく。
八重は笑顔で見ながら指を動かし(やめて。そんな事されたら声を出してしまう!)恵は鏡を見ながら、息を荒くしていく。

 「お嬢様、お遊びはそれくらいにして下さい。まだやる事がありますから…」
「そうね、久美の言う通りだわ。これくらいにする!」再びカミソリを持って動かしだす。
「ジョリ、ジョリ!」絨毛がドンドン消えて、淫裂が剥き出しになった。

 淫裂を剥き出しにした後は、恥丘も剃っていく。
「全部はイヤです。残して下さい!」
「わかっているわ!」絨毛は小さな三角形にされ、更に、ハサミで短くされ、わずか数ミリだけ残された。

 「終わったわよ。見なさい!」また鏡が当てられ「う、う、う!」剥き出しにされた淫裂に、嗚咽を上げた。
「どうしたのよ。お嬢様にお礼を言いなさい!」
「あ、ありがとうございました。これで満足です…」
「満足なら、やり甲斐もあるわ。それにしても、まだ形が崩れていないわね」肉襞が掴まれ「ん、ん、ん!」息を止め腰が浮く。

 「久美。百合はやりたいんじゃないの?」
「お嬢様、ダメです。後は治郎兵衛に任せましょう!」八重は手を退け、渋々治郎兵衛と入れ替わった。

 治郎兵衛は剃り終えた股間にクリームを塗り始め、掌が恵の淫裂に触れ「あっ!」声をあげまた腰が動いた。
治郎兵衛は、なおも淫裂を撫でて「ダメ。もういいです、それ以上はイヤです!」太股が震えだした。

 無理もなかった。
忠明が失踪してから、まだ一度もセックスはおろかオナニーもしてない。
久しぶりに、ゴツゴツした男の手で淫裂が反応してしまった。

 「あら、セックスしたがっているわ!」
「そんな事ありません…」強がりを言うが、膣の中は濡れている。
治郎兵衛はクリームを塗り終えると、恵をベッドから降ろし(何をする気かしら?)手招きをしている。

 「呼んでいるわよ。行きなさい!」手招きする治郎兵衛の元へと寄っていく。
治郎兵衛は、恵の手を掴み鎖に繋いだ。
そして、コテのようなのを取りだす。
「傷つけない約束です。お嬢様、助けて下さい~!」治郎兵衛が持ったのは、昔、家畜の所有者が誰だかわかるように尻に押した焼き印だ。

 「肌は傷つけないわ。その変わり、担保が欲しいの、私の言う事は何でも聞くという担保が!」
「担保とおっしゃられても、何もありません。家財も売られてしまいましたし…」
「あるわよ、あなたの体が。この体を担保にするの」

 「体ですか?」
「そう。ヌードを撮らせて貰うわ、性器丸出しのヌードよ。それに、治郎兵衛と抱き合った写真もね」
「そんな、ヌードだなんて。しかも、セックスしている写真も撮られるなんて…」恵はブルブル震えだした。

 「どう。どっちを選ぶ?」
「私のヌード写真を撮って下さい…」そう言うしかなかった。
尻に焼き印を押されたら、一生負い目になり、写真だったら、いつかは取り返せるからその方が賢明だ。

 「お嬢様、それはダメです、旦那様が知ったら、怒られるのは私ですから!」
「久美は気にしなくていいわ。百合は私が責任もって預かるから」
「旦那様に、そう伝えていいんですね?」
「いいわよ、私が責任持つから」
「わかりました。治郎兵衛聞いた通りよ。写真の準備をして!」
焼き印が片づけられて(良かった。あんなのを押されたら、忠明さんに申し訳が立たないし…)ホッとする恵だ。

 焼き印を片づけた治郎兵衛は、カメラを持ってきて、照明を付けて明るくし「まずは、鎖で繋がれたポーズからね」八重は恵を撮っていく。
(ぬ、ヌードを撮られている。しかも、性器まで…)生まれて初めての体験に、顔が強ばり震えている。

 (恥ずかしがっているわ、それでいいのよ)八重はスイッチを押し「治郎兵衛、太股も縛って!」指示する。
「お嬢様、性器は撮らないで。お願いです!」首を振ったが「何言っているのよ。約束したでしょう?」久美に乳房が打たれ「ヒー!」反動で体が揺れる。

 「あら、それもいいわね。早く縛って!」太股に鎖が巻かれ引かれた。
「いやー!」閉じたくても、足が開いていく。
「久美、ムチでオッパイを刺して!」
「こうですね?」「ヒー!」悲鳴と共に全身が反り「パチン!」八重は容赦なく撮っていく。

 「久美、性器を広げて!」「久美、オッパイをおムチで叩いて」と八重は恵の嫌がるポーズを撮り続け、それには堪えきれず「う、う、う!」泣きだしてしまった。

 「あら、ヌードを撮られてそんなに嬉しいんだ。だったら、治郎兵衛も手伝って!」黙って見ていた治郎兵衛が服を脱ぎ出す。
(イヤよ、セックス写真はイヤ。でも、肌にあれを押されたら忠明さんが悲しむし…)覚悟した事とはいえ、夫以外に抱かれるのはイヤだ。

 「後から抱き付いて!」縛られた恵は、後から抱き付かれた。
乳房を掴まれ、肉竿が淫裂に触れている。
(熱いわ、オチンチンが熱い!)目を閉じ、肉竿が入った姿を想像していると、自然に鼓動が高まり、息も荒くなっている。

 それに、膣の中が濡れていき「入れて!」「あ、あ、あ!」夫以外の肉竿が淫裂に入り込んだ。
(あなた、許して。あなたを助け出す為なのよ。好きでやった訳じゃないわよ…)忠明に詫びなら、子宮深く肉竿を迎え入れた。

 八重はそれを撮りだし「パチン、パチン!」スイッチを押しまくった。
「治郎兵衛、鎖を解いて。抱っこしてからやって!」両手、太股の鎖が外され、太股を持ち上げられた。
「いや、これはいやです。あ、ああ!」喘ぎ声をあげ、2人は駅弁での挿入をしている。

 「治郎兵衛、腰を振って!」肉竿のピストンが始まり「あ、あ、あ!」久しぶりの肉竿に、背中も反り返って(気持ちいいわ。あなた許して、これもあなたの為なのよ)淫裂から淫汁が流れていく。
「あら、お漏らししているわよ!」八重は意地悪く言いながらスイッチを押していく。

 「治郎兵衛、ワンちゃんスタイルでして!」四つん這いにされて(きついわ。でも、気持ちいい!)喘ぎながら登りつめていく。
「行きたいの、百合?」
「はい、行きたいです。凄く気持ちいいんです…」

 「まだ行ってはダメよ。あなたが上になって行くのよ」腰を押さえられ、馬乗りにされた。
「行きたいでしょう。行ってもいいわよ」恵は治郎兵衛の足首を押さえて、腰を振りだし、正面から八重が撮っている。
(もう、どうなってもいいわ。あなた、許して!)欲望に負けて腰を振り続け「あ、あー!」子宮の中が暖かく感じた。

 「ダメ。もうダメ!」恵は動きを止めたが、淫裂からは治郎兵衛の精液が流れていく。
「ハア、ハア!」胸を弾ませ、グッタリした恵を八重はなおも撮り(これで、百合は私の奴隷よ。思い切り教育してやるからね)笑顔でスイッチを押している。

 恵は(あなた、許して。こんな事久しぶりだから、押さえが効かなかったのよ…)忠明に詫びながら、淫裂から流れ出る精液を拭こうともせず、余韻に浸っていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター