fc2ブログ

「失われた絆」第5話 屈辱の全裸

第5話 屈辱の全裸

 児童公園を追い出された5人は、再び車に乗って走りだし「まいったよ。何も怒らなくてもいいのにな」全く反省などはしていない。
「今度は町中を散歩しようよ」
「町中はまずいわよ、警察沙汰になるし…」
「そうだよな、警察沙汰になったら、困るしな」

 「だったら、エッチな服を買いに行かない?」
「いいね、店員も素っ裸には驚くよ。それを着れば、散歩も平気だしね」黙って聞いている恵だが(なにが平気よ。裸同然であなたも歩いてみなさいよ!)屈辱に泣くだけだ。
「百合、猫はニャーとしか鳴かないわよ」八重が睨むと、恵は一瞬にして泣きやんだ。

 やがて、車は町はずれにあるポルノショップの前で停まった。
「私、ここで待っている。首輪はない事にしてあげる」さすがに八重は行きづらい。
恵は立ったまま歩かされ「行こう!」3人に連れられて中に入ると「いらっしゃ…」全裸の恵を見て、店員は次の言葉が出ない。

 「見ての通りだ。この素っ裸を見せる下着が欲しいんだ」
「エッチ系ですね…」店員は乳房と無毛の淫裂を食い入るように見ている。
「そうだ。男なら意味がわかるよな?」
「勿論です」ガラスケースを開けて並べていく。

 並べられた下着は何の役目もしない物ばかりで、スケスケ、くり抜き、メッシュと並べられる。
「困ったな、どれにする?」
「そうだよな。これのほうがイヤらしくないかい?」スケスケのスリップだ。
「そうだよ。これだとワンピースと同じだし」

 「それよりも、こちらのほうがよろしいのでは?」黒色のカップのないブラジャー、ストッキング、ガーターベルトと黒尽くめを並べる。
「いいね。着けて見ろよ」恵はまずブラジャーを着込んが、カップがないから乳房を下から持ち上げて、余計に卑猥になっている。
「いいよ。これならいい!」乳房が掴まれた。

 「問題は下だよ。下はどうなっている?」ブラジャーを着け終わると、ストッキングを履かされ、ガーターベルトで留めたが、ピンクの淫裂が更に引き立っている。
「見ろよ、金色の靴だ。履いて見ろ」言われたままに履くと、金色のハイヒールに乳房、淫裂丸出しの黒尽くめは、まるで娼婦そのもので(イヤです。こんな姿で人前はイヤです!)恵は項垂れたままだ。

 代金を払うと恵は車に乗せられ「あら、いいのを選んだわね」八重も気に入って笑顔になっている。
「行くわよ」車がまた走り出し、今度は人が目立つ繁華街に来た。

 「降りて、ここから歩くのよ」
「お許し下さい、お嬢様。ヌードですからお許し下さい!」大粒の涙を流しているが「甘えないで。帰ったらお仕置きよ!」その言葉に黙り込んでしまった。

 「行くぞ」恵は乳房と淫裂を晒して人通りに飛び込んだ。
すると「す、素っ裸だ!」「キャー。性器まで出してる!」悲鳴が上がり、歩いていた人々が5人を取り囲んだ。
「イヤだわ。裸だなんて変態よ」
「ポルノ女優だよ。ドッキリカメラだったりして…」取り囲んで恵の乳房と淫裂を食い入るように見つめ(見ないで。そんなに見ないで!)全裸を晒す恵は顔が引き吊り太股が震えている。

 それでも八重は容赦なく「ねえ。ここで、芸を見せてあげなさいよ!」恵は泣き出しそうな顔で、腰を降ろすと足を広げた。
「お、オ○ンコまで見せた!」「キャー。性器まで見せている!」悲鳴がまた上がり、人垣は恵の一点を見つめている。
(見ないで。これ以上見ないで!)これ以上淫裂を見らるのはイヤだ。

 「もういいわ。行きましょう」立ち上がって歩きだすと、当然、人垣も一緒について来る。
それに、次第に人垣も大きくなって「まずいわね。あそこに入ろう!」八重はネオンが点灯するキャバレーに飛び込み、それを追って恵も飛び込んだ。

 「おや、元気のいい方で…」呼び込みも、全裸同然の恵を見つめている。
「少し遊びたいの、いいかしら?」
「どうぞ、どうぞ。ご案内します」呼び込みに案内されテーブルに座ったが「見ろよ、素っ裸だ。ホステスよりもサービスいいじゃないかよ」酔った客達も気づいてこちらを見ている。

 「八重。この際だから、こいつにショーでもやらせて稼がせたら?」
「そうね、この衣装代は稼いで貰いたいし」4人は話し合い、支配人と交渉を始めると「ぜひお願いします。時間は20分程度でいいです」承知する。

 「わかった。こっちも準備するわ」支配人が戻ると「百合、ここでオナニーショーをするのよ。わかったわよね?」
「お嬢様、お許し下さい。ヌードの上にオナニーだなんて、恥ずかしくてできません…」もう泣き声だ。
「また逆らったわね。帰ったらお仕置きよ」
「ショーをします。ですからお仕置きはお許し下さい!」
「うまく出来たら考える。とにかく内容次第ね」
「わかりました。一生懸命にやります…」恵は覚悟を決めた。

 暫くして「お待たせしました。準備が整いましたのでお願いします」支配人が迎えに来た。
「百合、うまくやるのよ」恵は支配人に連れられ、店内の舞台に上がると「これより、素人さんの特別ショーを行います」支配人が挨拶し、照明が暗くなり、恵をスポットライトが照らす。

 乳房、淫裂が照明に浮かんで余計に卑猥に見え(やるしかない…。痛い思いはイヤだし…)音楽に合わせてブラジャーを外して乳房を揉みだす。
乳首を摘み、淫裂も触わり「あ、あ、あ!」声も上げて、それらしくしている。

 「おい、見ろよ。本気らしく見えるぞ」
「鈴木も、ああやっているのか?」
「バカ。そんな事言えないわよ」顔を赤く染めながら八重は見ており、見られている恵は指の動きを早めていく。

 それに、足を開いて客に見せており、酔った客達は顔を伸ばして淫裂を覗き込んでいく。
(見られている…。オナニーを見られている…)夫にさえ見せた事のない行為を、酔った客の前でしている恵は、鼓動と呼吸が速まり、膣の中が濡れだした。

 (気持ちいいわ、本気で感じていく…)指が2本になった。
「見ろよ、本気だぞ。淫汁が出てる!」
「ホントだ。こいつは根っからの変態じゃないか?」客同士が淫汁を見ながら話している。
(変態じゃないわ、感じるだけなのよ)「あ、あ、あ!」声も上げ、腰も動かしていくと、客も圧倒され黙り込んでしまった。

「行く、行く~!」突然動きを止めた。
淫裂から指を抜くと、淫汁が尻まで流れ「ハア、ハア!」息も弾んでいた。
「ご苦労様でした。素人さんのショーはこれで終了です。これからは当店自慢のホステスさんが行います」支配人が恵に舞台から降りるよう催促する。

 恵はブラジャーを拾うと席に戻った。
「良かったぜ。オ○ンコがグッショリで!」
「言わないで。恥ずかしいですから」顔を背けたままブラジャーを着けていく。
5人は暫くショーを楽しんでから店を出たが、時間が遅いのか一通りは少ない。
(良かった。もうヌードを見られずに済むし…)恵は安心して車に乗り屋敷に戻った。

 だが、屋敷に戻ると「来なさい、お仕置きよ」「お許し下さい!」土下座しても許されない。
久美に腕を掴まれ、地下へと連れて行かれた。
「脱ぎなさい。素っ裸になるのよ」体を震わせながらブラジャーやストッキングを脱いでいく。

 「治郎兵衛、縛って!」両手が鎖で縛られ吊され「ピシー!」「ヒー!」悲鳴を上げ、八重と久美は恵をむちで打ち続けた。
やがて、全身が赤く染まっていく。
「お許し下さい、もう逆らいませんから…」途切れ途切れに言う。

 「それだったら、ここを噛ませて!」乳首を摘んだ。
「お嬢様、面白そうね。私にもやらせて貰えませんか?」
「いいわよ、久美と一緒にやろうよ」2人は乳首を口に含んだ。
(イヤ、噛まないで。そこを噛んだら…)「ギャー!」悲鳴を上げて、また失神した。

 「あら、また気絶したわ」
「だらしないペットね。もっと楽しみたかったのにね」笑顔の2人だが、両乳房には歯形がはっきりと残っている。
気絶した恵は治郎兵衛によってベッドに寝かされる。
こうして、恵は八重と久美に毎日のようにムチで打たれ、猫のように四つん這いになっていた。

 そのころ、城北署では恵が突然消えた事で会議が行われていた。
囮捜査を計画していた中尾は責任問題になるから焦っている。

 「佐藤君、何か手掛かりはないか?」
「課長、住民の証言から鈴木組が動いているのがわかりました」
「鈴木組か。確か、連続失踪事件にも関わっていたんじゃないかな?」
「はい、本庁でも囮を入れたと聞いております」

 「そうか。これは、本庁にも連絡して置いた方がいいな」中尾は本庁と連絡を取った。
「佐藤君、これからは本庁の指示に入ってくれ。今から、本庁任務だ!」
「わかりました。そうします」本庁は前から連続失踪には鈴木組の関わりを疑っていた。
こうして、愛子は恵の足取りを追いだした。

 恵が屋敷に連れ込まれて3週間ほどたった。
「百合、来なさい。面白いのを見せてあげるわ」八重に連れられ、地下に降りると両手を縛られた女性がいる。

 その回りを、数人の使用人が取り囲んでいた。
「こんな事して、いいと思っているの。警察を甘く見ないで!」縛られているのは私服の婦警だった。
(確か、愛子だわ。間違いない!)全裸でいる自分が恥ずかしいのか、項垂れたままだが、愛子は恵に気づかない。

 「何の目的で調べ回っていたんだ?」
「答える必要ないわ」
「そうか、だったら体に聞かせて貰う」愛子のスカートが脱がされていく。
「いや、やめて、やめなさい!」手が不自由だからどうする事もできない。
スカートが足下まで下げられ、白いパンティが覗いている。

 「お巡りさん、記念に撮ってあげる。初ヘアヌードだもんね」
「やめて。撮らないで、お願いよ!」叫ぶ姿はプライドが消えて、もう婦警ではない。
「だったら、言うのよ。何の為に調べていたのよ!」

 「…」愛子は黙ったままで「いい加減にしろ!」パンティが掴まれ引き下げられ、すかさず「イヤ~!」悲鳴を上げて顔を背けた。
「ほう。婦警さんは大部毛深いね」シャツの裾を捲り上げ、股間を見ている。
「イヤだわ、ヘアの手入れをしないなんて。でも、後で綺麗にしてあげるわよ」八重はデジカメで露わになった股間を撮った。

 「どうだ。これで、喋る元気が出たか?」
「許して。いくら何でも、それは言えないの。許して下さい!」泣きながら言うと「そこを頼んでいるんだよ。お巡りさん」今度はボタンを外しだす。

 上着、シャツとボタンが外されると、パンティと同じ白のブラジャーが見える。
「やめて、お願いです!」
「言うまではやめないぞ」ブラジャーのホックが外され、乳房が勢いよく飛び出し揺れている。

 「婦警にしては勿体ないオッパイだ。ポルノ女優が似合いだよ」その乳房が掴まれ、揉まれると「イヤ。触らないで、イヤ!」首を振って叫んだ。
「触られたくなかったら言うんだ。目的を!」乳首も掴まれ「ヒー。お情けです、それは聞かないで下さい…」顔を歪めて言う。
「あいにく、こっちは情けなんてないの。言うまで撮って上げる!」乳房と淫裂を晒した姿が撮られていく。

 「言います、失踪事件を調べています…」愛子の言葉に恵の息が停まった。
(言わないで、そんな事言ったら今までの苦労が無駄になってしまう…)全身が強ばっている。

 「ほう、何の失踪だ?」
「警官です。刑事が行方知れずになっています…」辛いのか途切れ途切れに言う。
「刑事が失踪だと…。そんな嘘言うな。言わないなら素っ裸だ!」両手を縛った鎖が一旦解かれ、腕から上着やシャツが脱がされていく。

 「ホントです。信じて下さい!」叫ぶ愛子は、生まれたままの姿にされ、その全裸を八重に撮られていく。
「全くの嘘を言いやがって。ニュースにも流れてないぞ!」
「本当です。信じて下さい」愛子は必死に頼み込んだ。

 「わかった、信じて上げる。でも、ここの事を喋られたら困るの。意味わかるわね」
「私を殺す気ね」
「そんな物騒な事はしないわ。婦警さんには、気持ちいい思いをして、お帰り願うのよ」
「気持ちいい思い?」

 「そうだ。俺が教えてやるよ」使用人達は次々と服を脱ぎだした。
「やめて。レイプしたら訴えてやるからね!」怯えて乳房と淫裂を手で押さえた。
「チクリたかったらチクリな。でも、笑い者になるだけだぞ。それに仕事もできないぞ」
「う、う、う!」愛子は悔しく泣きだした。

 「あら、嬉し泣きよ。久美、ビデオで撮って上げてね」
「もう撮っております。お嬢様」
「撮らないで、これは撮らないで!」
「そうは行かないんだよ」使用人が襲いかかり「いや~!」悲鳴を上げても無駄だった。
両手を押さえられ、大の字にされて「やめて。お願いですから、レイプしないで!」叫ぶ姿は哀れだ。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター