fc2ブログ

「失われた絆」第8話 同僚の凌辱

第8話 同僚の凌辱

  それから数日後、恵は慣れた手つきで客の接待をしている。
「百合さん。今夜は頼むよ」マスターが売春を進めてきたが「イヤです。体は絶対に売りたくありません!」キッパリ拒んだ。
「逆らったね、再教育覚悟なんだ。犬ともやるんつもりかな?」
(そうよ、大型犬とセックスさせられるんだ…)八重の屋敷での事を思い出し、泣きだした。

 「やるよね。客は優しい人だから」恵は渋々首を縦に振った。
「そうだよ、その方がいい。お客はこちらだ」マスターに連れられ、客の所に行くと見覚えのある顔だが「お待たせしました…」マスターに悟られまいと振る舞っている。

 客は忠明の同僚の刑事で、目黒俊介と言い、恵が独身時代にプロポーズされた事がある。
「百合さんか、いい子だね。ここに座りなさい」獲物を狙うかのような目をして隣に座らせると、首から手を入れて乳房を掴む。

 (いや、いやです!)恵は首を腕に押しつけたが「百合さん。今夜は僕が慰めてあげますよ」なおも乳房を握っていく。
「乱暴は嫌いです…」
「僕は優しいですよ。ここもいいでしょう?」今度は裾の中に手を入れ、股間を撫でだした。

 「やめて下さい。そこはイヤです!」さすがに、手で押さえた。
(イヤよ、こんな人に抱かれるなんて。でも、忠明さんとは離れたくない…)逃げ出したいが、逃げる訳には行かず、渋々接待している。
(この人に、忠明さんの事は言えないわ。信用出来ない人だし…)目黒には、夫が閉じこめられているのを告げなかった。

 そこに「百合さん。ショーをお願いします」マスターが迎えに来た。
(目黒さんの前でヌードになるなんて…)夫の同僚の前でヌードショーをするうえ、初めて売春だから、動揺が隠せない。
「慌てなくていいよ。ショーを期待しているからね」目黒に言葉を掛けられ、舞台へと上がった。

 「お待たせしました。当店自慢の百合さんが行う、生着替えショーの始まりです!」マスターの景気の良い掛け声で、恵は衣装を脱いでいく。
(目黒さんの前で脱ぐなんて…)体が震えており、衣装を脱ぐと下着も脱ぎだす。

 一方、目黒はそんな恵をグラスを傾け、ニヤニヤしながら見ていた。
下着も脱いで全裸になると、腰を降ろしてMの字開脚していくが、同じ警官に見られるのは耐えがたい事だ。
(忠明さん、許して下さい。性器を同僚に見せています…)いつもと違い、太股がブルブル震え、それに合わせて飛び出した肉襞も一緒に揺れている。

 「お待たせの抽選になりました。6番の目黒さんです!」マスターの呼ぶ声に、目黒が立ち上がった。
「いやよ。そんのいや!」顔まで震えだすが「偶然ですね、百合さん」機嫌良く舞台に上がって来た。
「これでお願いします」マスターがスプレーを手渡し、目黒はそれを股間に吹き付け、掌で伸ばしていく。

 指は淫裂を触っていき、クリトリス、膣と恥ずかしい部分を撫でるようにしている。
「もういいわ。早く剃って下さい…」これ以上、触られたくなかった。
「わかりました。それでは行きますよ」カミソリに持ち替え「ジョリ、ジョリ!」無毛の淫裂を剃っていく。
(早くして。早く終わって!)恵にとっては長く感じられる時間だ。

 「終わりましたよ」剃り終わると、淫裂を触られていく。
「ダメ、指は入れないで!」
「そうですよね。後でチンポが入りますしね」今度は乳房を揉み、乳首も吸い「あ、あ、あ!」敏感な部分をやられては声が出てしまう。

 「それより、服を着させて下さい…」
「わかりました」乳房から手を放して、パンティを広げ、それに足を通していく。
(悔しいわ。でも、マスターに気づかれたら、私と忠明さんの命が危ないし…)何気ない振りをしていた。

 そして、閉店の時間がきた。
ホステス達は出入り口に並んで客を見送り、外で待つ客と一緒に3階の自分の部屋に連れて行く。
恵も今夜、初めて目黒を連れ込んだ。

 「百合さん、やらせてくれ!」強引にベッドに押し倒して、衣装を脱がしていく。
「だめ、そんな乱暴はイヤです!」抵抗しても無駄だった。
まるで、強姦するかのように下着を脱がしだし「イヤ。レイプはイヤ!」拒んでも手を休めない。

 抵抗する恵は、両手首を後ろ手に縛られ、自由が効かない事をいい事に乳房を鷲づかみする。
「言えよ、私を買って下さいと…」
「いや、言いません!」拒むと、更に力が入って「か、買って下さい、私を買って下さい…」途切れ途切れに言う。

 「わかった。買ってやるぞ、礼を言え!」
「私をお買いあげ頂き、ありがとうございました。今夜はタップリご奉仕します」目からは涙が流れている。
「そこまで礼をされたら、タップリ楽しませてやるよ」肉竿を押し込み「ん、ん、ん!」苦痛で呻き声を上げた。

 それでは済まず、肉竿が強引にピストンを始めて「ヒー!」痛みに背中を反らせていく。
「気持ちいいよ。こんなオ○ンコは初めてだからな」乳房を揉みながら腰を振っているが「う、う、う!」その間、恵は泣き続けた。
(忠明さん、許して下さい。こうするしかなかったんです…)詫びながら泣いていた。

 やがて、目黒が絶頂を迎えた。
「イヤです。お腹はイヤです!」
「飲んでいるそうじゃないか。出させろ!」腰を押さえ、逃れないようにされて「う、う、う!」同僚からの屈辱に泣きながら、淫裂から白い液体を流していく。

 この後、目黒は恵を四つん這いにして、2回も淫裂の中で噴射してから帰った。
(許して。あなた、許して下さい!)初めての売春に浴室に入り、幾度も幾度も淫裂を洗っている恵だ。

 一方、近くのホテルでは男2人と女1人の3人がヒソヒソ話し合っていた。
「何で、あいつをよこしたんだ?」
「だって、あなたが信用できなかったからよ。私をかまってくれないから懲らしめたの…」

 「そうだよ、そうムキになるな。俺だって、いい思いをさせて貰ったしな」
「ねえ、どんな感じだった。セックスして?」
「最高さ。泣き続ける女を抱くのもいいもんだぞ」

 「ねえ、早く私を奪ってよ。この年で処女はいやよ」男の手を胸に導く。
「わかっているよ。でも、お前の親父がうんと言わないだろう。それまではダメだよ」
「イヤ、先にやっちゃう手もあるぞ、今、流行だからな」
「おいおい、俺の身になってくれよ。表にも出られないんだぞ!」

 「もうすぐだよ、種はまいたから。そうしたら、すぐに出られるさ」
「そうしたら、別れて。私、いい奥さんになるから」
「そうしたら、あいつは俺が頂くよ。しっかりビデオと写真も撮って置いたし」
「あれくらいじゃダメよ、もっと撮らないと…」

 「おいおい、程々にしてくれよ。たれ込まれたら困るから」
「わかっているわよ、程々にするわ。それから、あなたも動いて貰うわよ」
「わかっているよ。うまくやるから」3人は笑顔になっていた。

 その翌日、恵が知らない間に忠明がどこかに連れて行かれ、それと同時にキャバレーに、課長の中尾と愛子が客として訪ねてきた。
「やっと会えたな。ここにいたとは驚きだ!」

 「それより、地下室に夫が閉じこめられています、急いで下さい!」
「わかった、応援を呼ぶよ」それから数分後に、警官が数人店に来て「何のようですか?」マスターは慌て顔だ。
「地下を調べさせて貰うよ」中尾達は地下を調べ、鉄格子の部屋を見つけたが、もぬけの殻だった。
「遅かったか…」中尾は悔しさを現したが、愛子は複雑な顔だ。

 中尾は事情を聞く為に、マスターと恵を警察に呼んだ。
恵の事情聴取は愛子が行っている。
「恵さん。お願いですから、あの事は言わないで下さい…」
「わかっています。私だって、愛子さんに言われたら困るわ。あの事はお互いの秘密ですよ」
「そうして貰えれば助かります。それでは始めましょう」愛子は八重の屋敷でされたレイプを、黙っていると聞いて笑顔になっている。

 しかし、恵には目黒との事が脳裏から離れない。
金で体を売った事が忘れられず(忠明さんに、他の男に抱かれたのを知られたらどうしよう?)そればかり考えていた。

 警察からの事情聴取が済むと、恵は久しぶりに忠明と暮らしていたアパートに戻った。
「やっぱり自宅はいいわね」囮を始める前と何も変わらない。
ただ、ホコリで汚れているのが違っている。

 恵は家の中を掃除をし、今までの垢を降ろすかのように体を丁寧に洗っていく。
「恥ずかしい思いは、これで終わりだし」無毛の淫裂も丁寧に洗っているが「忠明さんは、どこにいるのかしら?」相変わらず不安だ。

 その夜は、久しぶりにグッスリと眠り、目覚めた時は7時を回ろうとしている。
「いけない、今日から勤務なんだわ」急いで化粧と、着替えを済ませて城北署に向かった。

 城北署では、すでに、連続失踪事件に付いての会議が行われていた。
「失踪したのは若い女性ばかりで、しかも、多重債務者ばかりです」
「多重債務者ばかりか?」
「はい。しかも、数人は国外に脱出したと思われます」
「失踪は、中国マフィアと接触してから直ぐにです」

 「その組織はわかるか?」
「はい、前々から調べていましたからわかります」
「そこを徹底的にマークしろ」会議が終わり、愛子や中尾が出てきた。

 「中尾さん、ここが本部になったんですか?」
「そうなんだ、小池君の拉致が確認されたから、ここが本部になったんだ」
「連れ去られた先は、わからないんですか?」
「多分、中国マフィアだと思う。ひょっとしたら、麻薬の取引現場を目撃したのかもしれんな…」

 「無事に戻れるでしょうか?」
「心配するな、我々が必死で捜査しているんだ!」肩を叩く。
そこに「課長、小池さんの奥さんからもっと詳しく事情を聞きたいのですが…」目黒が現れた。
「かまわないよ。そのほうが参考になるしな」

 「奥さん、申し訳ありませんがお聞かせ下さい。勿論、会議室でやりますから」
「君、当然だよ。取調室じゃあ失礼だよ」笑顔で中尾は去って行き(話なんかしたくないわ。私の体が欲しいだけでしょう)嫌がっても、目黒と一緒に会議室に入るしかない。

 目黒は「奥さん。売春までしていた理由を、お聞かせ願えませんか?」椅子に座るなり言い出す。
「そ、そんな事していません!」強ばった顔で言うと「嘘はいけませんね。これが、キャバレーで素っ裸になっている写真ですよ」テーブルに写真を並べた。

 それは、間違いなくキャバレーで生着替えの時の写真で、全裸になった恵が綺麗に写っている。
「これでも、知らないと言いますか?」
それには「う、う、う!」堪えきれず泣きだした。

 「僕は女性に泣かれると弱いんですよ。それにヌードにも。どうでしょう、黙っていますから、ここでヌードになって貰えませんか?」恵の体が震えている。
「なりますよね、ヌードに…」目黒は恵の制服のボタンを外しだした。

 「こ、これっきりですよ。約束して下さい…」
「わかりました。ヌードは今回限りです」
(脱ぐしかないわ。あの写真が公になったら、私は生きていけない…)ブルブル震える手で、ワイシャツのボタンを外すと、胸が開いてピンクのブラジャーが覗いている。

 「いいですね、ピンクですか。パンツもピンクですよね?」
「は、はい。そうです…」胸を広げ、背中のホックを外すと乳房がブラジャーから飛び出す。
「いつ見ても、いいオッパイですな。小池君がうらやましです。毎日こんなオッパイを吸えるんですから」ジッと見ている。

 「これで許して貰えませんか?」
「そうは行かないな。全部見せて下さい」仕方なくスカートを下げると、ピンクのパンティが股間を包んでいる。
そのパンティを掴み、引き下げていくとゴマ塩のような股間が露わになっていく。

 「できません。これ以上無理です…」パンティは膝までしか下げられてない。
「それ以上は無理ですか。仕方ありませんね。奥さん、オッパイをもっと見せて下さい」言われた通りに、ブラジャーを持ち上げ、制服を広げて乳房を露わにした。

 「いいですね。これも撮らせて下さい」
「い、いやです。約束が違います!」
「あれ、写真に撮らないとは約束していませんよ。撮らせないなら、この写真も捜査の資料にしますが?」
「それはやめて下さい。撮ってもいいですから…」

 「あれ、そんな言い方はないでしょう。私のヌードを撮って下さいでしょう?」
「目黒さん、お願いですから、私のヌードを撮って下さい…」言い終わると涙が流れていく。
「いいでしょう。そこまで言うなら撮って上げますよ」制服を広げ、乳房と淫裂を晒した姿を撮っていく。

 (イヤ、もういや。あなた早く助けて!)叶わぬ事を願っているが「奥さん。もっと笑顔になって下さいよ」言われた通りの作り笑いをし、それをカメラに収めるが、目黒の辱めはこれだけでは済まなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター